武蔵坊弁慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『和漢英勇画伝』より「義経 弁慶と五条の橋で戦ふ」(歌川国芳画)
五条大橋での戦いを描いた江戸時代浮世絵

武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい、武藏坊辨慶[1]、? - 文治5年4月30日1189年6月15日)?)は、平安時代末期の僧衆僧兵)。源義経郎党

義経記』では熊野別当の子で、紀伊国出身だと言われるが詳細は不明。元は比叡山の僧で武術を好み、五条の大橋で義経と出会って以来、郎党として彼に最後まで仕えたとされる。講談などでは、義経に仕える怪力無双の荒法師として名高く、ほか創作の世界でも義経と並んで主役格の人気があり、怪力の者や豪傑の代名詞としても広く用いられている。

生涯[編集]

誕生[編集]

熊野別当湛増(『義経記』では「弁しょう」、『弁慶物語』では弁心)が、二位大納言の姫を強奪して生ませたとされる。母の胎内に18ヶ月(『弁慶物語』では3年)いて、生まれたときには2、3歳児の体つきで、髪は肩を隠すほど伸び、奥歯も前歯も生えそろっていたという。父はこれは鬼子だとして殺そうとしたが、叔母に引き取られて鬼若[注釈 1]と命名され、で育てられた。

牛若との出会い[編集]

鬼若は比叡山に入れられるが勉学をせず、乱暴が過ぎて追い出されてしまう。鬼若は自ら剃髪して武蔵坊弁慶と名乗る。その後、四国から播磨国へ行くが、そこでも狼藉を繰り返して、播磨書写山圓教寺の堂塔を炎上させてしまう。

やがて、弁慶は京で千本の太刀を奪おうと悲願を立てる。弁慶は道行く人を襲い、通りかかった帯刀の武者と決闘して999本まで集めたが、あと一本というところで、五条大橋で笛を吹きつつ通りすがる義経と出会う。弁慶は義経が腰に佩びた見事な太刀に目を止め、太刀をかけて挑みかかるが、欄干を飛び交う身軽な義経にかなわず、返り討ちに遭った。弁慶は降参してそれ以来義経の家来となった。この決闘は後世の創作で当時五条大橋はまだなく、決闘の場所も『義経記』では五条の大橋ではなく堀川小路から清水観音での出来事とされている。また現在の松原通が当時の「五条通り」であり、また旧五条通西洞院に五条天神社が存在し、そこに架かる橋であったとも言われている。決闘の場所を五条大橋とするのは、明治の伽噺作家、巌谷小波の書いた『日本昔噺』によるもので、『尋常小学唱歌』の「牛若丸」もこれにしたがっている[2]

義経の忠臣[編集]

その後、弁慶は義経の忠実な家来として活躍し、平家討伐に功名を立てる。兄の源頼朝と対立した義経が京を落ちるのに同行。山伏に姿を変えた苦難の逃避行で、弁慶は智謀と怪力で義経一行を助ける。

一行は加賀国安宅の関で、富樫左衛門(『義経記』では富樫介)に見咎められる。弁慶は偽の勧進帳を読み上げ、疑われた義経を自らの金剛杖で打ち据える。富樫は弁慶の嘘を見破りながら、その心情を思ってあえて騙された振りをして通し、義経一行は無事に関を越える。

義経一行は、奥州平泉にたどり着き、藤原秀衡のもとへ身を寄せる。だが秀衡が死ぬと、子の藤原泰衡は頼朝による再三の圧力に屈し父の遺言を破り、義経主従を衣川館に襲った(衣川の戦い)。多数の敵勢を相手に弁慶は、義経を守って堂の入口に立って薙刀を振るって孤軍奮闘するも、雨の様な敵の矢を身体に受けて立ったまま絶命し、その最期は「弁慶の立往生」と後世に語り継がれた。

なお、義経主従は衣川館では死なず、平泉を脱して奥州の北端蝦夷地へ逃れたとする、いわゆる「義経北行伝説」にも、弁慶に関するエピソードは数多く登場する。

史実の弁慶[編集]

上記のような広く知られる弁慶の生涯は、『義経記』を中心とした後世に成立した創作を基にしたもので、当時の文献においては『吾妻鏡文治元年(1185年11月3日条に

前中將時實。侍從良成〔義經同母弟。一條大藏卿長成男〕伊豆右衛門尉有綱。堀弥太郎景光。佐藤四郎兵衛尉忠信。伊勢三郎能盛。片岡八郎弘經。弁慶法師已下相從。彼此之勢二百騎歟云々。

11月6日条に

相從豫州之輩纔四人。所謂伊豆右衛門尉。堀弥太郎。武藏房弁慶并妾女〔字靜〕一人也。

と、義経郎党の一人として名が記されているのみである。これは『平家物語』においても同様で、いずれも出自や業績、最期等については全く触れられていない。

『吾妻鏡』ほか『玉葉』によると、都落ちの後、周辺に潜伏する義経を比叡山の悪僧(僧兵)らが庇護しており、その中の俊章(しゅんしょう)という僧は、義経を奥州まで案内したとされる。また文治5年(1189年)1月13日には、義経が京に還る意志を書いた手紙を持った比叡山の悪僧・千光房七郎(せんこうぼう しちろう)が北条時定時政の甥)に捕縛されている。この七郎は『吾妻鏡』文治四年(1188年)8月17日条によれば、悪徒浪人を集めて悪行を働いた咎でお尋ね者になっていた僧侶である。これら義経を庇護した複数の比叡山悪僧の所業が集められ、誇張されて武蔵坊弁慶の伝説が構成されたのではないかとする説がある。

能・歌舞伎[編集]

安宅住吉神社の弁慶像。これとは別に弁慶・義経・富樫の像が近くにある

弁慶は猿楽の『安宅』やそれを歌舞伎化した『勧進帳』でも主役を張っている。義経が頼朝と不仲になり、都落ちして奥州藤原氏のもとに身をよせることになった途上、義経一行は山伏に扮して安宅の関を越えようとした。ところが一行は関守の富樫に見咎められ、「勧進帳を出せ」と言われた。もとより一行はそのようなものを持っていなかったが、弁慶は機転を利かせ、もともと寺で修行経験もあったことも幸いして持ち合わせの巻物を広げ、朗朗と読み上げていく。この機転によって無事関を越えられそうにはなったのだが、「一行の中に常に傘で顔を覆っていて不自然な行動をする者が義経に非常に似ている」と富樫の部下が言い出したため、なおいっそう疑われてしまう。だが、そこでも弁慶は機転を利かせ今度は手に持っていた杖で「お前が義経に似ているために、あらぬ疑いをかけられてしまったではないか!」とののしりながら主君である義経を何度も何度も殴った。「いくらなんでも杖で主君をぶつ者はこの世にいるはずが無い」と関の者たちにそう思わせることに成功し、一行は無事に関を越えることが出来た。そして弁慶は、無事関を越えられた後、主を殴った事について義経に泣きながら謝った。という筋である。

五条の橋での義経との戦いを扱った『橋弁慶』という能や、義経の西国落ちの道程を扱った『船弁慶』という猿楽・能にもなっている。また、義経を主人公とした『義経千本桜』などの歌舞伎にも、主要人物の一人として登場する。

弁慶ゆかりと伝えられるもの[編集]

弁慶の墓(岩手県平泉町)
中尊寺表参道入口前の広場に、竹垣に囲われたの生えた塚があり、その根本に弁慶の墓と伝わる五輪塔が立っている。傍らには中尊寺の僧・素鳥が詠んだ「色かへぬ 松のあるしや 武蔵坊」の句碑が建つ。「伝弁慶墓」の名で、中尊寺境内の一つとして特別史跡に指定されている。
弁慶石(京都府京都市)
中京区三条通麩屋町東入(御幸町との間)の歩道脇にある石。男の子が触ると力持ちになる等という言い伝えがある。この他にも7つ、全国で8つ弁慶岩と呼ばれるものが存在する。すべて弁慶が平泉に渡る旅路にあり、弁慶が運んだ、弁慶が座った、弁慶が刀で切った、比叡山から弁慶が投げ飛ばしたなどの伝承がそれぞれに残っている。
弁慶の鏡池(兵庫県姫路市圓教寺
いたずら書きをされた顔を映して、激怒したといわれる。
弁慶のお手玉石(同上)
丸みのある岩で、お手玉代わりに投げたとされる。
弁慶の土俵跡(北海道寿都町
アイヌの力自慢と相撲を取ったとされる。
弁慶七戻り(茨城県つくば市
筑波山中にある、弁慶ですら恐怖のあまり7度後戻りしたと伝えられる大岩。
弁慶の手掛石(長野県佐久市安原)
弁慶が背負った石。手を掛けたとされる跡や、縄の痕跡がある。
弁慶あぶみ石(長野県佐久市下平尾)
弁慶が浅間山平尾山に足をかけ弓を射た足形とされるものがある。
弁慶腰掛の松(長野県御代田町真楽寺
弁慶は寺を参拝した際、松の木に腰かけたという[3]
弁慶塚(神奈川県茅ヶ崎市藤沢市
茅ヶ崎市の鶴嶺八幡宮参道脇と藤沢市の常光寺裏手にある、弁慶の墓と伝わる塚。
弁慶の足跡(北海道江差町
義経と共に蝦夷地(現在の北海道)に逃げ延び、江差にいたという伝説が伝わっており、江差町の鴎島にある岩の2つの窪みが、弁慶が付けた「弁慶の足跡」と伝えられている[4]
弁慶の力石(北海道江差町
上記の「弁慶の足跡」と共に「義経伝説」として、現在の江差町・鴎島の鴎島灯台下部あたりに、同じ鴎島にある瓶子岩とほぼ同じ10mほどの大きさの巨石がかつてはあり、弁慶が鍛錬に使っていたと言われていたが、昭和9年(1934年)の函館大火の日に発生した高波でさらわれたと伝えられている[4]

弁慶に因むことば[編集]

弁慶の立往生を表した菊人形

弁慶は古くから豪傑や怪力の代名詞として用いられており、それに因んだ様々なことばがある。

弁慶の立往生
義経が衣川の館を攻められた際、弁慶は並み居る敵兵を次々倒すが、ついには無数の矢を受けて薙刀を杖にして仁王立ちのまま息絶えたと伝えられている。ここから命を投げ出して主君を護っていた忠義の臣を表す。単に「立往生」と記した場合、進退窮まることの喩えに用いられる。なお、この立往生については医学的見地から様々な議論がなされている。法医学の立場からは、著しい肉体疲労や即死時のショックからくる即時性死後硬直ではないかと考察されているが、あり得ないとする意見もあり、真偽は定かではない。
また、かつて民家で用いられた、などを束にして囲炉裏端に吊るし、に通したや獣肉を刺して煙で燻製を作れるようにした道具も「弁慶」と呼んだが、これは藁束に大量の串が刺さっている様子を、弁慶の立往生に見立てたものとされる。
弁慶の泣き所
弁慶ほどの豪傑でもここを打てば涙を流すほど痛いとされる急所のこと。最もよく知られているのが(膝頭の下から足首の上まで)で、皮膚のすぐ下、脛骨)のすぐ上を神経が通っている。他にアキレス腱や中指の第一関節から先の部分もこのように呼ばれる。
弁慶の七つ道具
弁慶が持っていたと伝えられる七種の武器(薙刀[注釈 2]、鉄の熊手大槌大鋸刺又突棒袖搦)から転じて、7個で一式のものを七つ道具と呼ぶようになり、「選挙の-」、「探偵の-」のような使われ方をされる。
内弁慶、外地蔵
「陰弁慶」「炬燵弁慶」とも。家の中では強気になって威張り散らすが、外では意気地が無くおとなしい人間のこと。転じて、特定の場面においてのみ威勢を張る様を以って「-弁慶」等と組み合わせて用いる。
弁慶ぎなた式
ぎなた読み」とも。「弁慶が薙刀を持って刺し殺した」という文を「弁慶がな、ぎなたを持ってさ、し殺した」と区切りを間違えて読むこと。句読点の付け方(または息継ぎ)を変えると文章の意味も変わるということを示す例。「ここではきものをぬいでください」なども同様。

弁慶にちなむ名前[編集]

弁慶蟹
海に近い河口域に住む小型のカニ。名前の由来は、甲羅の模様が弁慶の厳つい形相を連想させるからと言われる。戦に敗れ海に沈んだ平氏を連想させるヘイケガニと対比させたともいわれる。
弁慶縞
「弁慶格子(べんけいごうし)」とも。紺色茶色浅葱色など、二色の色糸を格子状に碁盤の目のように織った文様。茶と紺のものを「茶弁慶」、紺と浅葱のものを「藍弁慶」という。縦横の縞が交差するところは色が重なって濃くなっている。名の由来は歌舞伎十八番「勧進帳」に出てくる、山伏姿の弁慶の舞台衣装にちなんだ名称と言われているが詳細は明らかではない。
弁慶草
別名イキクサ。分厚い葉と群をなす淡紅色の小花が特色の多年草。由来は、刈り取って放置してもなかなかしおれず、再び植えれば根を張るともいわれる生命力の強さを喩えたと思われる。
辨慶號
北海道官営幌内鉄道で使用されたアメリカ製のテンダー型蒸気機関車の第2号機に付けられた愛称で、ほかにも「義経」(1号機)や「しづか」(6号機)など弁慶に縁のある歴史上の人物にちなんだ愛称が付けられた。国鉄7100形蒸気機関車として鉄道博物館に保存。
弁慶岬
北海道寿都町の寿都湾西口にある。衣川で死んだとされた弁慶は傷つきながらも命を取り留め、ようやくこの地に流れ着き再起の機会をうかがっていたという伝説が残る。

弁慶を介した交流[編集]

和歌山県田辺市は、弁慶の生誕地であると観光資料などに記しており、毎年10月第1金曜・土曜日に弁慶誕生の地に因んだ「弁慶まつり」を開催している。死没地である岩手県平泉町と1982年(昭和57年)に姉妹都市提携を締結。近年では世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道(田辺市)・平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―(平泉町))を抱える自治体としての交流も盛んになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『義経記』では「鬼若」、『弁慶物語』『橋弁慶』『じぞり弁慶』では「若一(にゃくいち)」、『武蔵坊弁慶物語』では「わか一」の幼名となっている。
  2. ^ 弁慶の薙刀の銘は「岩融(いわとおし)」と伝わっており、作者は不明だが三条宗近とする説もある。

出典[編集]

  1. ^ 他に「瓣」「辧」「辯」などの異字体で表記する文献も在る。
  2. ^ 唱歌「牛若丸」のふしぎ”. 注文の多い山猫軒. 2008年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月14日閲覧。
  3. ^ 佐久教育会歴史委員会編 『佐久口碑伝説集 北佐久編 限定復刻版』 佐久教育会、1978年11月15日、123-163頁。 
  4. ^ a b 江差町公式ホームページ「弁慶の力石」2017年9月4日閲覧

参考文献[編集]

  • 上横手雅敬編著 『源義経 流浪の勇者』 文英堂、2004年。

関連作品[編集]

小説
漫画
映画
TVドラマ
ゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]