出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
厳島神社の能舞台

(のう)は、日本の伝統芸能である能楽の一分野。

江戸時代までは猿楽と呼ばれ、狂言とともに能楽と総称されるようになったのは明治維新後のことである。

解説[編集]

能という語は、元々特定の芸能をさすものではなく、物真似滑稽芸でない芸能でストーリーのあるもののことを全般に指す語であり、猿楽以外にもこれが用いられていたが、猿楽が盛んになるとともにほとんど猿楽の能の略称となった[1]1881年明治14年)に能楽社の設立を機として猿楽を能楽と改称したため、能楽の能を指す語となったものであり、能楽のうち超自然的なものを題材とした歌舞劇のことで比較的高尚なものである(実世界に題材を求めた世俗的な科白劇が、狂言である)。

往々にして「能楽」と「能」を同義に用いたりする向きもあるが、誤りである[2]。「能楽」については2008年にユネスコの無形文化遺産に登録された[3]

主な曲目[編集]

本節では中世に成立した古典の曲目のうち、現在でも頻繁に上演されているものを紹介する。これらは現行曲と呼ばれ、流派によって異なるが、おおむね二百数十番が現行曲とされている。しかし歴史的にはこれらの他にも2000番から3000番程度の曲が作成されている。これら廃曲となった曲の中には、現代になって再演を試みられる(復曲)こともある。また、近代や現代においても新しい曲が書かれることがある。これらは新作能と呼ばれる[4][要ページ番号]

物狂・執心・怨霊・人情など他のジャンルに分類できないものは「雑能」(四番目物)と呼ばれる[要出典]

脇能物(初番目物)
二番目物
三番目物
四番目物
四・五番目物
五番目物

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国指定文化財等データベース - 重要無形文化財 能楽
  2. ^ 『新版 能・狂言事典』、310頁
  3. ^ Le théâtre Nôgaku
  4. ^ 氷川まりこ・梅若六郎『能の新世紀』(小学館、2002年3月、ISBN 9784093431514

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]