平曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平曲(へいきょく)は、語りもの音楽の一ジャンルもしくは一演奏様式[1]。盲目の琵琶法師琵琶をかき鳴らしながら語った『平家物語』のメロディおよびその演奏様式で、物語琵琶[注釈 1]のひとつ。

沿革と概要[編集]

平家物語』の語り本は、当道座に属する盲目の琵琶法師によって琵琶を弾きながら語られた。これを「平曲」と呼ぶ。ここでいう「語る」とは、を付けて歌うことであるが、内容が叙事詩的なので「歌う」と言わずに「語る」というのである[注釈 2]。平曲に使われる琵琶を特に平家琵琶と呼び、構造は楽琵琶と同じで、小型のものが多く用いられる。なお、近世以降に成立した薩摩琵琶筑前琵琶でも『平家物語』に取材した曲が多数作曲されているが、音楽的にはまったく別のもので、これらを平曲とは呼ばない。

平曲は、音楽史的には、盲僧琵琶の流れに属し、声明のなかの語り部分である「講式」の大きな影響を受けて鎌倉時代中期に成立し、楽琵琶を採用している[2]伝承では、12世紀の末頃、東国生まれの盲目の僧生仏が語ったのがはじまりであるといわれる[3][注釈 3]

平曲は、今日伝承されている語りもののなかでは最も古く、読み物である『平家物語』をテキストとしていることに名称の由来があり、『平家物語』の一章段「祇園精舎の鐘の声」が平曲の一曲となっている[4]。平曲の起源については、諸説あるものの、一説には鎌倉時代における天台宗の民衆教化のための唱導芸術として成立したともいわれる[4][注釈 4]。また、田辺尚雄による、雅楽の大家である行長叡山盲僧盲僧琵琶の大家生仏、それに声明の大家で蓮界坊浄心の高弟慈鎮の三人の合作であるという説を、吉川英治はすなわち、雅楽盲僧琵琶声明との混合による音曲であるとした。また、口説、初重、三重、拾という大きな型で構成された平曲の旋律は、各々、アタリ、ユリ、ツキ、マワシなどの細かな節の肩でつくられており、これらは謡曲や古浄瑠璃へも影響を与えたところは大きいという。

また、平曲は、娯楽目的ではなく、むしろ鎮魂の目的で語られたということが本願寺の日記などで考証されている。『平家物語』は、後世の音楽や芸能に取り入れられていることが多く、ことに修羅物というジャンルにはこれに取材した演目が多い。

平曲の流派としては当初は八坂流(伝承者は「城」の字を継承)と一方流(いちかたりゅう。伝承者は「一」の字を継承)の2流が存したが、八坂流は早くに衰え、現在ではわずかに「訪月(つきみ)」の一句が伝えられているのみである。一方流は江戸時代江戸の前田流と京都の波多野流に分かれたが、波多野流は当初からふるわず、前田流のみ栄えた。この時代、平曲は江戸幕府の保護のもと、職屋敷に伝承された[3]安永5年(1776年)には名人と謳われた荻野検校(荻野知一検校)が前田流譜本を集大成して「平家正節(へいけまぶし)」を完成、以後同書が前田流の定本となった。

明治維新後は、明治政府の盲官制度の廃止にともなって当道座が公儀の庇護を離れて解体し、そのため伝承者も激減した。昭和期には仙台館山甲午1894年-1989年)がおり、名古屋荻野検校の流れを汲む井野川幸次三品正保土居崎正富の3検校が伝承者として平曲を伝えるのみであった。

1990年平成2年)時点でも前田流に属する演奏家が数名のこるにすぎない状態であった[4]2008年平成20年)現在では、三品検校の弟子であった今井氏が生存するのみとなっている。なお、全段を語れるのは晴眼者であった故館山甲午のみといわれている。

平曲は、1955年(昭和30年)3月19日に国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されて保護の対象となっている[3]

平曲の構成と音楽的特性[編集]

平曲は、「曲節」と称される類型的な旋律の組み合わせによって構成されている[4]。そのうち、旋律をともなわない語りの部分は「語り句」、旋律をともなう句は「引き句」と称される。

「語り句」には、素声(しらごえ)、ハズミの2種がある[4]

「引き句」は、

  • 「口説(くどき)」の類
  • 「拾(ひろい)」の類
  • 「節(ふし)」の類

に分類される[5]

「口説」類は、1つのシラブルに1音をあてて作曲され、四度ないし五度程度の音程を上下する比較的単純な旋律をともなうものであり、「拾」類は、シラビックではあるものの「口説」類に比較すると、より複雑で数多くの音を用いるものであり、「拾」のほか「上音」「下音」などと称される旋律をふくむ[5]。「節」類は、旋律の聴かせどころとなる部分であり、多くの場合メリスマとなって、「三重」・「中音」・「下り」などと称される旋律をふくんでいる[5]

これらの曲節は、具体的に例示すると、合戦場面で拾、一曲のクライマックスとなる韻文箇所では三重、和歌の部分では上音や下音など、詞章の内容や一曲における位置などに応じて互いに異なる曲節同士を組み合わせて全体を表現する[5]。そして、こうした曲節と曲節のあいだを結びあわせる地の部分には口説が用いられる[5]

言語学からみた平曲[編集]

平曲はまた、言語学からみた場合、中世末から近世にかけての日本語アクセントを知るための重要な音声資料となっている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 平曲をはじめとする物語琵琶のなかに『浄瑠璃姫物語』と称する演目を手がける一派があり、かれらのレパートリーの総称として後世「浄瑠璃」の呼称がうまれている。吉川(1990)p.43
  2. ^ 歌いもの」は、旋律やリズムなど、その音楽的要素が重視される楽曲であるのに対し、「語りもの」は詞章が何らかの物語性をもつ楽曲であり、語られる内容表現に重点が置かれる音楽である。薦田(1990)p.116。また、吉川英史によれば、「語る」ことは、事件や事象を聴く人にわかるように伝達することを目的とし、そこに説得力が必要であるのに対し、「歌う」ことは感情を表現することを主目的であるとしている。吉川(1990)p.38-40
  3. ^ 卜部兼好随筆徒然草』226段によれば後鳥羽天皇の時代、遁世して天台座主慈円のもとにいた信濃前司行長が『平家物語』を著し、それを盲僧生仏に語らせたという。
  4. ^ 平曲の発生として、芸能史の立場から東大寺大仏殿開眼供養の盲目僧までさかのぼると説かれることもあるが、平曲の音階譜割の検討から、天台宗大原流声明の影響下に発生したと考える説が有力である。

参照[編集]

  1. ^ 吉川(1990)pp.37-38
  2. ^ 吉川(1990)p.42
  3. ^ a b c 国指定文化財等データベース(文化庁)
  4. ^ a b c d e 薦田(1990)p.116
  5. ^ a b c d e f 薦田(1990)p.117

参考文献[編集]