劇伴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

劇伴(げきばん)は、映画テレビドラマ演劇アニメで流れる伴奏音楽をいう。また、音楽におけるジャンルの一種でもある。

概要[編集]

映画やテレビドラマなどの劇中で流れる音楽のことである。基本的にはオーケストラやシンセサイザーなどで演奏された「Instrumental」であるが、スポンサーやタイアップの関係などでInstrumentalではなく「挿入歌」と言う形で「」が劇伴として使用されるケースもある。

劇伴は登場人物の感情や作品のイメージを演出する非常に重要な位置づけである。よって作曲にあたっては音楽的感受性に優れているだけではなく、脚本などから作品の情景をイメージできる能力が必要である。主に映画やドラマの始まりの際に流れるメインテーマと芝居の中で流れる音楽で構成される。

一般的に映画音楽と呼ばれる音楽は映画に限定される劇伴である。

サウンドトラックBGMという語もあるが、次のようにそれぞれ微妙に意味が異なる。

サウンドトラック
本来は、音声つき映画用のフィルムに設けられた、磁気式あるいは光学式の音声信号(サウンド)用の帯部分(トラック)のこと(転じて、劇伴が収録されたレコード商品等もそう呼ぶようになった)
BGM
「背景」音楽のことで、ドラマ以外、さらには映像作品などではなく雑踏や飲食店で流されているものも指す。一方、劇中で前面に出される形になる音楽は指さない(場合がありえる)。

ミシェル・シオンの著書「映画の音楽」では次のように論じられている。映画の中の音(音楽あるいはそれ以外の広範囲の音も含む)にはイン、画面外、アウトの3種類があり、インは画面の中で実際に鳴らしている音。画面外は画面に映っていないが劇中世界の中で鳴って登場人物にも聞こえている音。アウトは劇中世界の外で流れている音や音楽で、劇伴はここに含まれる。映画作品によっては画面外とアウトの境界をうまく利用した演出を用いる場合もあり、例えば『間諜最後の日』(アルフレッド・ヒッチコック監督)では、冒頭に教会の中でオルガンの音がずっと鳴っている。ここではアウトとしてのBGMのように聞こえるが、実はそれはオルガンを弾く男が死んでいて、それが鍵盤にもたれかかって鳴っている音であり、画面外からインになる劇中の音だった、というような演出である。また『野良犬』(黒澤明監督)で、終盤に主人公の刑事と殺人犯が格闘するシーンでは、背景に近所の家で弾いている清楚なピアノの曲が流れ、画面外の(劇中で鳴っている)音楽にわざとドラマの雰囲気とは異なる曲調のものを当てる「映画音楽の対位法」という手法が用いられている。(対位法とは本来は複数の声部を書くときの作曲上の技術を指すが、ここでは異なる意味に用いられている。)

劇伴作曲家[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
わ行

アニメ[編集]

関連項目[編集]