ネオ渋谷系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネオ渋谷系とは、音楽ジャンル/スタイルの一つである。NEO渋谷系と表記されることもある。

経緯[編集]

1990年代初頭、欧米のロックポップスネオアコといった要素をJ-POPに取り混ぜた「渋谷系」と呼ばれる音楽ジャンルが流行した。その後2000年代に入りその渋谷系下にカテゴライズされるミュージシャンに影響を受けて育った若手ミュージシャンらが活動を始め、それらが次第に「ネオ渋谷系」とカテゴライズされるようになっていった。

「ネオ渋谷系」という呼称の始まりは定かではないが、tetrapletrapの初期のインディーズ作品「Filmcut in the Siesta」(2003年2月3日発売)に「第二次渋谷系ムーブメント」と記載されていることから、これがシーンの始まりと想定される。また、中田ヤスタカこしじまとしこから成るcapsuleは、2003年3月19日発売の作品「CUTIE CINEMA REPLAY」にてPizzicato Fiveを彷彿させるガールポップサウンドへ方向性の転換を果たし、さらに2004年1月23日には音楽ゲーム「pop'n music」の楽曲を多数手がける杉本清隆のソロプロジェクトORANGENOISE SHORTCUTが初期のコーネリアスを髣髴させる作品「POP QUIZ CIDER」を発表。さらに、時期を同じくして後にメジャーデビューを果たすクノシンジYMCKといったミュージシャンがabcdefg*recordVroomsoundbluebadge labelといったいくつかのインディーズレーベルより初期作品を発表するなど、この頃が現在まで続くネオ渋谷系の土壌が出来上がった時期だと考えられる[誰によって?]

尚、2005年10月26日にアルバム「CYPRESS」でインディーズデビューを果たしたアナのデビュー後のプロモーション資料に「NEO渋谷系」との表記があり、この頃には既に一般的な言葉になりつつあったことがうかがえる。[1]

2006年11月に自由国民社より発行された「現代用語の基礎知識2007」に掲載されている。

脚注欄[編集]

  1. ^ Timemarket Net Magazineインタビュー(No.112)より

代表的なレーベル[編集]

  • abcdefg*record[1]
  • Vroomsound
  • Softly!
  • Sucre
  • bluebadge label

代表的なアーティスト[編集]