数え歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数え歌(かぞえうた)は、の一種で、歌詞の各行(バース)の頭に数字を読み込んで、1 から順に数え上げて歌うもの。

民謡として、古くから伝えられているものも多い。言葉遊び的な要素もある。たとえば一をひとつと読むのを人にひっかけ、歌詞を紡いでいくような感じである。

日本では、古くは降神(神がかり)の儀式の際の呪言として用いられたと言われ、『古今和歌集』仮名序に「かぞへうた」、『倭儛歌譜』には「計歌」として記載されている。近世に入ると、和歌神事祭文より、浄瑠璃・庶民歌謡まで幅広い分野で行われ、童歌としては手毬御手玉羽根突と組み合わされて発達した。

著名な数え歌[編集]

関連項目[編集]