甚句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甚句(じんく)は日本の伝統的な歌謡の一形式である。

概要[編集]

詳細は不明だが江戸時代に発生したと見られる。歌詞が7、7、7、5で1コーラスを構成するのが特徴。様々な歌詞が生み出された。5、7、7、7、5となる場合もある。全国各地の民謡にこの形式が多い。メリスマ型もシラブル型も有る。囃子言葉が挿入されたり前後に付く場合が多い。ヤンキードゥードゥル等、外国曲にこの形式の歌詞を当てはめたものもある。

有名曲[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]