関西フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関西フォーク(かんさいフォーク)とは、1960年代後半から1970年代初頭にかけて、関西から生まれたフォークソングにメッセージをのせたプロテストソング及びその全国で旋風をおこしたムーブメントのこと。

関西フォークの歴史[編集]

アンダーグラウンドとしての関西フォークの誕生[編集]

「商業主義的」なカレッジ・フォークを中心にしていたフォークソングが大きく変化したのは、京都の学生のフォーク・バンドであるザ・フォーク・クルセダーズの登場であった。ザ・フォーク・クルセダーズは、1967年に京都で開催された第1回フォークキャンプに参加し、自主的な音楽活動の中心的な役割を果たしていた。ザ・フォーク・クルセダーズがアマチュア時代に自主制作したアルバム『ハレンチ』に収録されていた「イムジン河」が京都、「帰って来たヨッパライ」が神戸のラジオで放送されたことが話題となり、メジャーデビューし、大ヒットとなる。

これまでのフォークソングと違ったメッセージ性の強い、アンダーグラウンドな音楽の登場に人々は驚きブームとなった。

関西フォークのブーム[編集]

フォーク・クルセダーズが活動を終えると、高石ともや中川五郎五つの赤い風船などが続き、高田渡遠藤賢司などが関西に活動の拠点を移し、岡林信康の登場で最高潮を迎えた。1967年から関西フォークキャンプやフォーク・スクールなどを端緒として、各地にフォークが広がりを見せた。

全共闘運動激化の時代背景の中、理不尽な差別や社会への批判を歌詞にした関西フォークは学生たちから支持を受けて、新宿駅西口広場の『フォーク・ゲリラ』による反戦集会には数百人が参加した。

1969年から岐阜県恵那郡坂下町(現在の中津川市)で『全日本フォークジャンボリー』、1971年から大阪で『春一番』がはじまった。

ブームが去った後[編集]

全国的に一気に火がついたブームであったが、全共闘運動などの消滅により、フォークソングが「アングラ」から「メジャー」へと移行していった。 『春一番』も1979年を最後に中断するなか、京都では高石ともやなどが中心に1985年まで『宵々山コンサート』や『コンサート 夏の時代』などの活動を継続していた。

復活への取り組み[編集]

1994年から京都での『宵々山コンサート』が復活。阪神・淡路大震災のあった1995年には、京都の『春一番』が復活。

1999年フォークキャンプのリーダー的存在だった藤村直樹高石ともや高田渡、豊田勇造、中川五郎中山ラビ中川イサト遠藤賢司ら往年のフォークキャンプ参加者に呼びかけて、京都市の円山公園音楽堂で『京都フォークキャンプコンサート』を開いた。

きたやまおさむ企画の『コンサート 夏の時代』は、2000年に大阪で一度だけ復活。

京都での宵々山コンサートは、その後も続き、2009年に終了を迎えたが、同年、中津川で『全日本フォークジャンボリー』を受け継ぐ『'09 椛の湖フォークジャンボリー』が開催された。福岡風太がプロデュースする大阪の『春一番』は、その後も継続中。

文化的人脈とメディアのサポート[編集]

関西フォークは、京都を中心に発展したが、その背景には京都を中心とした文化的人脈とメディアのサポートがあった。

オーラル派の詩人たちと訳詞者たち[編集]

まず、京都の喫茶店「ほんやら洞」を拠点に活動していた秋山基夫有馬敲片桐ユズルオーラル派と呼ばれる詩の朗読に取り組む詩人たちの存在が知られる。片桐ユズルは、関西のフォークの状況などを伝えるミニコミ「かわら版」に執筆し、有馬敲の詩に関西フォークのミュージシャンたちが曲をつけて歌ったオムニバスLP『ぼくのしるし わらべうた24』が1970年3月に発表されるといった動きもあった。

また、中山容は、片桐ユズルとともに、ボブ・ディランの楽曲の歌詞の翻訳に力を入れた。それらは、フォークキャンプコンサートなどの取り組みを通じて、さらに補作され、普及していった。

メディアのサポート[編集]

近畿放送(現在の京都放送)で1960年代から70年代に音楽番組を担当していたディレクターの川村輝夫は、ザ・フォーク・クルセイダーズの「イムジン河」が1968年に発売中止になった後もラジオでかけ続ける[1]など、関西フォークのシンガーたちの楽曲を積極的に放送して応援した。

[編集]

  1. ^ 「朝日新聞」2009年10月18日社会面、加藤和彦の自殺を報じる記事。

主なミュージシャン[編集]

関連項目[編集]