高田渡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田 渡
出生名 高田 渡
生誕 1949年1月1日
出身地 日本の旗 日本岐阜県北方町
死没 2005年4月16日(満56歳没)
ジャンル フォークソング
職業 歌手
活動期間 1960年代 - 2005年

高田 渡(たかだ わたる、1949年1月1日 - 2005年4月16日)は、1960年代から2000年代にかけて活躍したフォークシンガー

父親は、詩人・活動家・元共産党員の高田豊。 マルチ弦楽器奏者の高田漣は息子。

人物[編集]

岐阜県北方町出身、材木商の実父は資産家で篤志家でもあったが破産し、東京都深川の援護施設で父子生活をする。少年時代の一時期、佐賀県鹿島市で育てられた。 東京都立市ヶ谷商業高等学校卒。

山之口貘金子光晴草野心平らの現代詩にフォークのスタンダードを組み合わせ全く別物をつくり上げる作業を得意とし、添田唖蝉坊の流れを汲み時事の話題を辛辣に滑稽に取り上げ、皮肉たっぷりの作風は大いに客を惹きつけた。「人間は、なにかコンプレックスがあると、ほかの方法でそれを乗り越えようとする。その方法というのが僕にとっては歌だったのかもしれない」という[1]

岡林らとの「三億円強奪事件の唄」「自衛隊に入ろう」、「転身」「しらみの旅」「生活の柄」「長屋の路地に」「鉱夫の祈り」など数多くのアメリカ民謡に詞を乗せた曲を生み出している(上記の曲、全て原曲はアメリカ楽曲)。「自衛隊に入ろう」は、1968年の第3回関西フォークキャンプ1969年の第4回関西フォークキャンプのコンサートのライブ録音が有名。

経歴[編集]

フォーク集団「アゴラ」[編集]

1960年代後半に、遠藤賢司南正人金子章平(後に音楽プロデューサーとして活躍)、真崎義博(ボロディラン)らと東京でアマチュアシンガーの集団「アゴラ」として活動。

1968年第3回関西フォークキャンプ(8月9日-11日、京都・山崎「宝寺」)に参加。「自衛隊に入ろう」を唄い、観客に衝撃を与える。

関西時代[編集]

1960年代末、京都に拠点を移す。高石ともや岡林信康中川五郎早川義夫加川良岩井宏らと関西フォーク・ムーブメントの中心的存在となる。

1969年URCレコードから五つの赤い風船とのカップリングアルバムでデビュー。また後に、京都ひがしのひとし古川豪らと親交を深める。全日本フォークジャンボリーには第1回から参加。また第2回ではURC関連の出版社にいた加川良をステージ上に引っぱり出し、フォークシンガーとしてデビューさせる (後にステージ上に引っぱり出したのは演出であり、フォークジャンボリーで加川をデビューさせるのは予定されていたことだと加川によって明かされる)。

弾き語りと対話形式の『汽車が田舎を通るそのとき』をリリース。キングから、はっぴいえんどを従えた『ごあいさつ』をリリース。この『ごあいさつ』には、高田の代表曲でシングルカットもされ、後に真心ブラザーズがカバーした「自転車にのって」、後述する「値上げ」等が収録されている。

「吉祥寺フォーク」の仲間たちと[編集]

1970年代初頭、東京に拠点を移し、シバ友部正人いとうたかおなぎら健壱佐藤GWAN博林ヒロシ林亭佐久間順平大江田信)らを率い、「吉祥寺フォーク」の第一人者的存在に。

1971年第3回全日本フォークジャンボリージャグ・バンド武蔵野タンポポ団を編成。吉祥寺派に加えて中川イサト山本コウタローが参加。また、シバいとうたかおが武蔵野タンポポ団により人気者に。そのときの模様は、『武蔵野タンポポ団の伝説』『もうひとつの伝説』としてベルウッドからリリース。

系図』では、タンポポ団を従えてレコーディング。いとうたかおの唄う「あしたはきっと」が収録され、それが好評で、いとうのアルバムデビューの布石となる。 1970年代半ば、カントリーブルーグラス色をより深める。

1973年薗田憲一薗田憲一とディキシーキングス)、柳田ヒロを従えた『』をリリース。

1976年細野晴臣中川イサトヴァン・ダイク・パークスらをバックに、『FISHIN' ON SUNDAY』をリリース。春一番コンサート、ホーボーズコンサートなどに参加。

1977年、佐久間順平らとヒルトップ・ストリングスバンド結成。フォーライフ・レコードから『バーボンストリート・ブルース』を発表。

1983年、『ねこのねごと』リリース。

1993年、『』リリース。

1999年、ライヴアルバム『ベストライブ』発表。

晩年[編集]

2001年、『日本に来た外国詩…。』リリース。

2004年、彼の日常のドキュメント映画『タカダワタル的』が発表され注目を集める。監督タナダユキ

2005年4月3日北海道白糠町でのライブの後に倒れて入院4月16日午前1時22分、入院先の北海道釧路市病院心不全により死去。56歳没。死の直前に病院でカトリックの洗礼を受け(洗礼名パウロ)、葬儀ミサはカトリック吉祥寺教会で執り行われた。

2008年、『タカダワタル的』に続くドキュメント映画『タカダワタル的ゼロ』が公開。

2016年赤城乳業の主力製品「ガリガリ君」が25年ぶりに値上げすることを受けて、お詫びのTV-CMが作られ、高田の「値上げ」がCMソングに起用された。放映期間は2日間のみではあったが、情報番組等でもこのCMが取り上げられ話題となった。

作品[編集]

高田渡のレコード・CDはURC音源の販売権の移動により、同一の作品が時期により違ったレコード会社から発売されている(詳細はアングラレコードクラブを参照)。

  • ヴァーボン・ストリート・ブルース (1992年11月20日発売・フォーライフミュージックエンタテイメント
  • 渡 (1993年5月25日発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • さびしいといま (1997年6月18日発売・アゲント・コンシピオ
  • 高田渡/五つの赤い風船 (1998年9月30日発売・東芝EMI)
  • ベストライヴ (1999年1月20日発売・アゲント・コンシピオ)
  • ごあいさつ (2000年2月4日発売・キングレコード
  • 石 (2000年7月26日発売・キングレコード)
  • 系図 (2000年7月26日発売・キングレコード)
  • 日本に来た外国詩…。(2001年4月21日発売・アゲント・コンシピオ)
  • 高田渡/五つの赤い風船 (2002年9月11日発売・avex io
  • 汽車が田舎を通るその時 (2002年10月9日発売・avex io)
  • ねこのねごと (2003年1月22日発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • 高田渡BOX (2004年1月10日発売・ベルウッドレコード)
  • タカダワタル的 (2004年4月14日発売・アルタミラミュージック
  • 高田渡アンソロジー(2006年3月29日)発売・avex io)
  • "27/03/03"高田渡/高田漣(2006年4月発売・エイベックス・マーケティング)
  • 高田渡、旅の記録(上巻)
  • 高田渡、旅の記録(下巻)

脚注[編集]

  1. ^ 高田渡『バーボン・ストリート・ブルース』(ちくま文庫)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]