高田渡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高田 渡
出生名 高田 渡
生誕 1949年1月1日
出身地 日本の旗 日本岐阜県北方町
死没 (2005-04-16) 2005年4月16日(56歳没)
ジャンル フォークソングブルーズ
職業 フォークシンガー
活動期間 1968年 - 2005年
共同作業者

佐久間順平
シバ
若林純夫
岩井宏
岡林信康
細野晴臣
ヴァン・ダイク・パークス
薗田憲一
鈴木慶一

柄本明
公式サイト http://takadawataru.com

高田 渡(たかだ わたる、1949年1月1日 - 2005年4月16日)は、フォークシンガー。使用楽器はギターマンドリンオートハープ。 父親は、詩人・労働者・活動家の高田豊。 マルチ弦楽器奏者の高田漣は息子。

人物[編集]

岐阜県北方町出身、材木商の祖父は資産家で篤志家でもあったが美濃の大震災で財を失う。8歳のときに母を亡くし、父である高田豊は末っ子の渡を含む息子たちを連れて東京へ宛てなく旅立つ。そして、東京都深川の援護施設やアパートで貧困生活を送る。のちに三鷹に落ち着くが、早くに父も亡くす。中卒であかつき印刷に就職、佐賀県鹿島市の親戚の家での生活、新宿での一人暮らし、東京都立市ヶ谷商業高等学校夜間部への通学などを経て、フォークシンガーへの夢を一歩ずつ実現していく。 音楽評論家の三橋一夫、ギター教室の講師であった灰田勝彦、そして憧れのピート・シーガーとの交流の中で、目標に向かってまっすぐ歩いていった。

山之口貘金子光晴草野心平らの現代詩にフォークのスタンダードを組み合わせ全く別物をつくり上げる作業を得意とし、添田唖蝉坊の流れを汲み時事の話題を辛辣に滑稽に取り上げ、皮肉たっぷりの作風は大いに客を惹きつけた。「人間は、なにかコンプレックスがあると、ほかの方法でそれを乗り越えようとする。その方法というのが僕にとっては歌だったのかもしれない」という[1]

岡林らとの「三億円強奪事件の唄」「自衛隊に入ろう」、「転身」「しらみの旅」「生活の柄」「長屋の路地に」「鉱夫の祈り」など数多くのアメリカ民謡に詞を乗せた曲を生み出している(上記の曲、全て原曲はアメリカ楽曲)。「自衛隊に入ろう」は、1968年の第3回関西フォークキャンプ1969年の第4回関西フォークキャンプのコンサートのライブ録音が有名。

経歴[編集]

フォーク集団「アゴラ」[編集]

1960年代後半に、遠藤賢司南正人金子章平(後に音楽プロデューサーとして活躍)、真崎義博(ボロディラン)らと東京でアマチュアシンガーの集団「アゴラ」として活動。

1968年第3回関西フォークキャンプ(8月9日-11日、京都・山崎「宝寺」)に参加。「自衛隊に入ろう」や「事だよ」を唄い、観客に衝撃を与える。

関西時代[編集]

1960年代末、京都に拠点を移す。高石ともや岡林信康中川五郎早川義夫加川良岩井宏らと関西フォーク・ムーブメントの中心的存在となる。フォークキャンプなどで全員でプロテストソングを歌う際は、口をパクパクさせて積極的には歌っていなかった。

1969年URCレコードから五つの赤い風船とのカップリングアルバムでデビュー。また後に、京都ひがしのひとし古川豪らと親交を深める。全日本フォークジャンボリーには第1回から参加。また第2回ではURC関連の出版社にいた加川良をステージ上に引っぱり出し、フォークシンガーとしてデビューさせる (後にステージ上に引っぱり出したのは演出であり、フォークジャンボリーで加川をデビューさせるのは予定されていたことだと加川によって明かされる)。

弾き語りと対話形式の『汽車が田舎を通るそのとき』をリリース。キングから、はっぴいえんどを従えた『ごあいさつ』をリリース。この『ごあいさつ』には、高田の代表曲でシングルカットもされ、後に真心ブラザーズがカバーした「自転車にのって」、後述する「値上げ」等が収録されている。

「吉祥寺フォーク」の仲間たちと[編集]

1970年代初頭、東京に拠点を移し、シバ友部正人いとうたかおなぎら健壱佐藤GWAN博林ヒロシ林亭佐久間順平大江田信)らを率い、「吉祥寺フォーク」の第一人者的存在に。 拠点となった「BLUES HALL / [武蔵野火薬庫 ぐゎらん堂」は、様々な音楽や演芸や芸術の空間だった。青林堂の初代社長である長井勝一や、詩人の金子光晴も常連だった。

1971年第3回全日本フォークジャンボリージャグ・バンド武蔵野タンポポ団を編成。吉祥寺派に加えて中川イサト山本コウタローが参加。また、シバいとうたかおが武蔵野タンポポ団により人気者に。そのときの模様は、『武蔵野タンポポ団の伝説』『もうひとつの伝説』としてベルウッドからリリース。

系図』では、タンポポ団を従えてレコーディング。いとうたかおの唄う「あしたはきっと」が収録され、それが好評で、いとうのアルバムデビューの布石となる。 1970年代半ば、カントリーブルーグラス色をより深める。

1973年薗田憲一薗田憲一とディキシーキングス)、柳田ヒロを従えた『』をリリース。

1976年細野晴臣中川イサトヴァン・ダイク・パークスらをバックに、『FISHIN' ON SUNDAY』をリリース。春一番コンサート、ホーボーズコンサートなどに参加。

1977年、佐久間順平らとヒルトップ・ストリングスバンド結成。フォーライフ・レコードから『バーボンストリート・ブルース』を発表。

1983年、『ねこのねごと』リリース。

1993年、『』リリース。

1999年、ライヴアルバム『ベストライブ』発表。

晩年[編集]

2001年、『日本に来た外国詩…。』リリース。

2004年、彼の日常とライヴ映像を写し撮ったドキュメント映画『タカダワタル的』が発表され注目を集める。

2005年4月3日北海道白糠町でのライブ後に倒れ、隣の釧路市内の病院入院同月16日午前1時22分、入院先の病院で心不全により死去した。56歳没。死の直前に病院でカトリックの洗礼を受けていた。(洗礼名パウロ)

没後[編集]

葬儀ミサはカトリック吉祥寺教会で執り行われた。葬儀委員長は筑紫哲也が務めた。

小金井公会堂で開かれた「高田渡を送る会」では、多くのミュージシャンや俳優やアーティストが、ひとりずつ壇上に上がり歌を歌ったり思い出を語った。出演者は、中川五郎シバ柄本明高田漣笑福亭鶴瓶加川良なぎら健壱坂崎幸之助中山ラビ井上陽水遠藤賢司山崎ハコシーナ&ロケッツ杉田二郎みなみらんぼうスズキコージほか多数。

2008年、『タカダワタル的』に続くドキュメント映画『タカダワタル的ゼロ』が公開。

2016年赤城乳業の主力製品「ガリガリ君」が25年ぶりに値上げすることを受けて、お詫びのTV-CMが作られ、高田の「値上げ」がCMソングに起用された。放映期間は2日間のみではあったが、情報番組やニューヨークタイムズなどでもこのCMが取り上げられ話題となった[2][3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 大・ダイジェスト版三億円強奪事件の唄(1969年4月 URCレコード) - A面はスタジオ録音、B面は同曲のライブ録音
  • 転身 / 電車問題(1969年6月 URCレコード)
  • 自衛隊に入ろう / 東京フォークゲリラの諸君達を語る(1969年 URCレコード)
  • 大ダイジェスト盤三億円強奪事件の唄 / 砂漠(1970年 URCレコード) - B面の「砂漠」は西岡たかし
  • 自転車にのって / 珈琲不唱歌(コーヒーブルース)(1971年5月20日 キングレコード
  • 当世平和節 / 火吹竹(1973年 ベルウッド)
  • さびしいと いま / ブラザー軒(1997年6月18日 アゲント・コンシピオ)
  • よろん小唄 / ラッパ節(1998年4月1日 B/C RECORD) - 金城恵子とのデュエット

アルバム[編集]

  • 高田渡 / 五つの赤い風船(1969年 URC) - 五つの赤い風船とのカップリングアルバム
  • 汽車が田舎を通るそのとき(1969年 URC)
  • ごあいさつ(1971年6月1日 ベルウッド / キングレコード)
  • 系図(1972年 ベルウッドレコード)
  • 石(1973年 ベルウッド / キングレコード)
  • FISHIN' ON SUNDAY(1976年 フィリップスレコード)
  • ヴァーボン・ストリート・ブルース(1977年 フォーライフレコード
  • ねこのねごと(1983年)
  • 渡(1993年5月25日 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • Best Live(1999年1月20日 アゲント・コンシピオ)
  • 日本に来た外国詩…。(2001年4月21日 アゲント・コンシピオ)
  • 高田渡BOX(2004年2月25日 ベルウッド / キングレコード)
  • タカダワタル的(2004年6月12日 アルタミラミュージック)
  • 高田渡アンソロジー(2006年3月29日 avex io)
  • 高田渡 高田漣 27/03/03(2006年4月12日 Long Happiness)高田漣と
  • 高田渡、旅の記録 上巻(2008年5月10日 アルタミラミュージック)
  • 高田渡、旅の記録 下巻(2009年5月20日 アルタミラミュージック)
  • ゴールデン☆ベスト(2012年11月28日 ウルトラ・ヴァイヴ)
  • イキテル・ソング〜オールタイム・ベスト〜(2015年4月15日 キングレコード)

バンド名義[編集]

  • 武蔵野タンポポ団「武蔵野タンポポ団の伝説」(1972年 ベルウッド / キングレコード)
  • 武蔵野タンポポ団「もうひとつの伝説」(1975年 ベルウッド / キングレコード)
  • 高田渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド「ヴァーボン・ストリート・ブルース」(1977年 フォーライフ)
  • 武蔵野タンポポ団BOX(2004年 ベルウッド / キングレコード)

ほか参加作品[編集]

  • 早川義夫「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」(1969年 URC)シャンソン(作詞)
  • V.A.「唖蝉坊は生きている」(1973年 キングレコード)
  • 岩井宏「30才」(1973年 ベルウッド / キングレコード)小さな歯車に油をさそう(作詞)
  • 加川良「アウト・オブ・マインド」(1974年 ベルウッド / キングレコード)子守唄を歌えない親父達のために(vocal)
  • なぎら健壱「永遠の絆 なぎらけんいちリサイタル LIVE AT 日本青年館」(1976年 ワーナーパイオニア)
  • さとう宗幸「バラ色の人生」(1976年 自主制作盤)
  • V.A.「ASAKUSA DOWN TOWN FESTIVAL 1982.3.31~4.11」(1982年 ツーパーワンレコード)
  • V.A.「Mushroom a Go Go!」(1998年 HOREN)それはぼくぢゃないよ(vocal)
  • V.A.「KUROちゃんをうたう」(1998年 ユニバーサルミュージック)Good Night(vocal)
  • V.A.「貘」(1999年 B/C RECORD)(vocal/Guitar/監修)
  • V.A.「no media 1」(2000年 ミディ)今日はとても良い日だ(詩の朗読)
  • オクノ修「帰ろう」(2001年 Friends Label)ライナーノーツ
  • シバ「シバ、高田渡を歌う」(2003年 Seals Records)ライナーノーツ
  • V.A.「高田渡トリビュート」(2004年 )調査節(vocal)
  • はっぴいえんどBOX(2004年)自転車に乗って(Vocal/Guitar)
  • 佐久間順平「最初の花」(2004年 Ren's records)ライナーノーツ

[編集]

著書[編集]

  • 個人的理由
  • バーボン・ストリート・ブルース(2001年 山と渓谷社 / 2008年 ちくま文庫)
  • マイ・フレンド: 高田渡青春日記 1966-1969(2015年 河出書房新社)

インタビュー・対談など[編集]

  • 「高田渡(新譜ジャーナル別冊)」(自由国民社)
  • 「高田渡の世界(新譜ジャーナル別冊)」(1974年 自由国民社)
  • ゲッツ板谷「わらしべ偉人伝」(2003年 扶桑社)
  • 「ぐるり 創刊号」(2004年 ビレッジプレス)
  • 「たのしい中央線」(2005年 太田出版)
  • 「松本隆対談集 風街茶房 1971-2004」(2017年 立東舎)

連載していた雑誌[編集]

  • 新譜ジャーナル
  • 月刊カメラマン

高田渡について語られている本[編集]

  • 三橋一夫ほか「われらフォーク世代」(1975年 荒地

出版社)

  • 友部正人「ジュークボックスに住む詩人 2」(1993年 思潮社)
  • なぎら健壱「日本フォーク私的大全」(1995年 筑摩書房 / 1999年 ちくま文庫)
  • 「アコースティックギターマガジン Vol.27 」(2006年 リットーミュージック)
  • 「高田渡読本(CDジャーナルムック)」(2007年5月 音楽出版社)
  • 本間健彦「高田渡と父・豊の『生活の柄』」(2009年12月 社会評論社)
  • 「こだわり人物伝 2010年2月-3月(NHK知る楽/水)」(2010年1月 NHK出版)
  • 「雲遊天下 121 特集:高田渡と」(2015年 ビレッジプレス)
  • 本間健彦「高田渡と父・豊の『生活の柄』--増補改訂版」(2016年5月 社会評論社)
  • 「雲遊天下 125 特集:高田渡の夜」(2017年 ビレッジプレス)

CM[編集]

  • 井村屋製菓「たい焼きアイス」
  • ハウス食品「ハウスシチュー」(1993年)
  • キンチョー「金鳥120時間マット」(2001年)
  • 養命酒製造「養命酒」(2004年)
  • 赤城乳業「ガリガリ君」(2016年)

映画[編集]

  • 吉祥寺発・赤い電車(1972年)
  • 吉祥寺夢影(1991年)
  • 海賊版=BOOTLEG FILM(1999年)
  • 赤い橋の下のぬるい水(2001年)
  • タカダワタル的(2004年)
  • タカダワタル的ゼロ(2008年)
  • まるでいつもの夜みたいに(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 高田渡『バーボン・ストリート・ブルース』(ちくま文庫)。
  2. ^ Jonathan Soble (2016年5月18日). “In Japan’s Slow Economy, Rare Price Rise Prompts Surplus of Remorse”. New York Times. 2018年5月29日閲覧。
  3. ^ 高田渡の名曲が「ガリガリ君」値上げ謝罪CMソングに”. ナタリー (2016年4月1日). 2018年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]