高麗楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高麗楽(こまがく)は、朝鮮から日本に伝わった雅楽の一種である。高麗笛篳篥三鼓鉦鼓太鼓が使われる。高麗楽には 高麗壱越調、高麗平調、高麗双調の三種類が使われ、これらの調は唐楽に使われる壱越調、平調、双調より長2度(全音)高い。 高麗楽の拍子には、高麗四拍子、揚拍子、唐拍子の三種類がある。 高麗楽は道楽のように来を使わず、付点のリズムを持つのが特異である。高麗楽の古楽譜は三五要録仁智要録に記録されている。

参考文献[編集]

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。

関連項目[編集]