続日本紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

続日本紀』(しょくにほんぎ)は、平安時代初期に編纂された勅撰史書。『日本書紀』に続く六国史の第二にあたる。菅野真道らが延暦16年(797年)に完成した。文武天皇元年(697年)から桓武天皇の延暦10年(791年)まで95年間の歴史を扱い、全40巻から成る。奈良時代の基本史料である。編年体漢文表記である。

編纂[編集]

編纂は、前半部と後半部で異なる事情を持つ。

前半ははじめ、文武天皇元年(697年)から天平宝字元年(757年)、孝謙天皇の治世までを扱う30巻の曹案として作られた。光仁天皇が、修正を石川名足淡海三船当麻永嗣に命じたが、彼らは天平宝字元年紀を紛失した上、未遂に終わった(この年の前後には政争絡みの事件も多かったため、執筆者間で意見を纏めることが出来ずに紛失という事にしたとする説もある)。桓武天皇の命により編纂を菅野真道、秋篠安人中科巨都雄が引継ぎ、全20巻とした。

後半は当初、天平宝字2年(758年)からおそらく宝亀8年(777年)、淳仁天皇から光仁天皇までを扱うものとして、桓武天皇の命で編纂された。石川名足、上毛野大川が詔によって編集した20巻を、藤原継縄、菅野真道、秋篠安人が14巻に縮め、延暦13年(794年)にいったん完成した。菅野真道、秋篠安人、中科巨都雄は、さらに6巻、すなわち桓武天皇の治世のうち延暦10年(791年)までを加え、全20巻とした。

以上あわせて40巻の編纂が成ったのは、延暦16年(797年)であった。

内容[編集]

「日本」という国家が形成されていく過程を描いた『日本書紀』とその国家が形成された後の歩みを描いた『続日本紀』以後の勅撰国史ではその内容に違いが生じてくる。また、律令国家が整えられたことにより、内記外記図書寮などに不十分ながらも記録や公文書が蒐集される仕組が形成されてきた事が記録の充実をもたらすことになる。

全般に記述が簡潔で、事件の要点のみを記して詳細に及ばない。簡潔が過ぎて養老律令のような重要事件が脱落した例が見られる。一部の人物の死亡記事に簡単な略伝を付し、これは後続の史書に踏襲された。このような略伝を特に薨伝(こうでん)という。

政治的配慮は、桓武天皇の治世の記述において顕著である。天皇の心痛となった早良親王廃太子の記事は、事件の発端となった藤原種継暗殺事件とともに、いったん記載されたものが後に削除された。削除部は平城天皇の代に復活したが、嵯峨天皇によって再び消されて今に至る。消された部分は『日本紀略』に採録されている。この背景には早良親王が怨霊になったとする説と関係があると言われている[注釈 1]

また、藤原広嗣の乱における謀反人・藤原広嗣に対する好意的な記事や宇佐八幡宮神託事件及び道鏡に関する記述に政治的意図が含まれているという説もある。ただし、『日本書紀』と比べれば、続紀の信頼性はずっと高いと考えられている。“天平文化”をとりまく諸側面を解明し、本格的な実録として最初に整備された史書である。

『続日本紀』には、『官曹事類』と『外官事類』が付属した。前者は本文に掲載しなかった文書類を原文そのままに項目別に配列したもの、後者は内容不明でおそらく前者に似たものであろう。どちらも失われた。

『続日本紀』目次 (主要事項)[編集]

  • 天之眞宋豊祖父天皇(あめのまむねとよおおじのすめらのみこと)(第四十二代)文武天皇
  • 日本根子天津御代豊國成姫天皇(やまとねこあまつみしろとよくになりひめのすめらのみこと)(第四十三代)元明天皇
    • 卷第四 元明紀一 慶雲四年七月より和銅二年十二月まで
    • 卷第五 元明紀二 和銅三年正月より和銅五年十二月まで
    • 卷第六 元明紀三 和銅六年正月より霊亀元年八月まで
  • 日本根子高瑞浄足姫天皇(やまとねこたかみずきよたらしひめのすめらみこと)(第四十四代)元正天皇
    • 卷第七 元正紀一 霊亀元年九月より養老元年十二月まで
    • 卷第八 元正紀二 養老二年正月より養老五年十二月まで
    • 卷第九 元正紀三 聖武紀一 養老六年正月より神亀三年十二月まで
  • 天璽国押開豊桜彦天皇(あめしるしくにおしはらきとよさくらひこのすめらみこと)(第四十五代)聖武天皇
    • 卷第十 聖武紀二 神亀四年正月より天平二年十二月まで
    • 卷十一 聖武紀三 天平三年正月より天平六年十二月まで
    • 卷十二 聖武紀四 天平七年正月より天平九年十二月まで
    • 卷十三 聖武紀五 天平十年正月より天平十二年十二月まで
    • 卷十四 聖武紀六 天平十三年正月より天平十四年十二月まで
    • 卷十五 聖武紀七 天平十五年正月より天平十六年十二月まで
    • 卷十六 聖武紀八 天平十七年正月より天平十八年十二月まで
    • 卷十七 聖武紀九 孝謙紀一 天平十九年正月より天平勝宝元年十二月まで
  • 宝字称徳孝謙皇帝(ほうじしょうとくこうけんこうてい)(第四十六代)孝謙天皇
    • 巻十八 孝謙紀二 天平勝宝二年正月より天平勝宝四年十二月まで
    • 卷十九 孝謙紀三 天平勝宝五年正月より天平勝宝八年十二月まで
    • 卷二十 孝謙紀四 天平宝字元年正月より天平宝字二年七月まで
  • 淡路廃帝(あわじはいたい)(第四十七代)淳仁天皇
    • 卷二十一 淳仁紀一 天平宝字二年八月より天平宝字二年十二月まで
    • 卷二十二 淳仁紀二 天平宝字三年正月より天平宝字四年六月まで
    • 卷二十三 淳仁紀三 天平宝字四年七月より天平宝字五年十二月まで
    • 卷二十四 淳仁紀四 天平宝字六年正月より天平宝字七年十二月まで
    • 卷二十五 淳仁紀五 天平宝字八年正月より十二月まで
      • 孝謙天皇譲位、大炊王即位(淳仁天皇)、藤原仲麻呂に恵美押勝の姓を賜う。小野田守帰国し、唐の安禄山の乱を報告。
      • 唐招提寺建立。新羅の攻撃を準備。
      • 藤原仲麻呂、大師に任ぜられる。光明皇太后崩。
      • 近江保良宮を北京とする。
      • 孝謙上皇と淳仁天皇不和となる。孝謙出家。多賀城秋田城など整備。全国的に飢饉、疾病。
      • 藤原良継らの仲麻呂打倒計画挫折。鑑真没。道鏡少僧都に任じられる。
  • 孝謙天皇重祚 (第四十八代)称徳天皇 
    • 卷二十六 称徳紀一 天平神護元年正月より十二月まで
    • 卷二十七 称徳紀二 天平神護二年正月より十二月まで
    • 卷二十八 称徳紀三 神護景雲元年正月より十二月まで
    • 卷二十九 称徳紀四 神護景雲二年正月より神護景雲三年六月まで
    • 卷三十 称徳紀五 神護景雲三年七月より宝亀元年九月まで
      • 藤原仲麻呂(押勝)、道鏡の排除を企てるが敗死。道鏡大臣禅師となる。淳仁天皇を淡路に流し、孝謙上皇重祚する。
      • 墾田永年私財法停止。淳仁天皇、幽閉所脱走を図り死亡。道鏡太政大臣となる。
      • 道鏡、法王となる。
      • 法王宮職を設ける。
      • 筑前大台城が完成。
      • 県犬飼姉女ら、称徳女帝を呪そしたこと発覚、遠流。
  • 天宗高紹天皇(あめむねたかつぎのすめらみこと)(第四十九代)光仁天皇
    • 卷三十一 光仁紀一 宝亀元年十月より宝亀二年十二月まで
    • 卷三十二 光仁紀二 宝亀三年正月より宝亀四年十二月まで
    • 卷三十三 光仁紀三 宝亀五年正月より宝亀六年十二月まで
    • 卷三十四 光仁紀四 宝亀七年正月より宝亀八年十二月まで
    • 卷三十五 光仁紀五 宝亀九年正月より宝亀十年十二月まで
    • 卷三十六 光仁紀六 桓武紀一 宝亀十年正月より天応元年十二月まで
  • 日本根子皇統弥照尊(やまとねこみすまるいよよてらすのみこと)(第五十代)桓武天皇
    • 卷三十七 桓武紀二 延暦元年正月より延暦二年十二月まで
    • 卷三十八 桓武紀三 延暦三年正月より延暦四年十二月まで
    • 卷三十九 桓武紀四 延暦五年正月より延暦七年十二月まで
    • 卷四十 桓武紀五 延暦八年正月より延暦十年十二月まで

版本[編集]

刊本[編集]

  • 国立歴史民俗博物館蔵 貴重典籍叢書本 一~五
(臨川書店、1999~2000年) 一 ISBN 4-653-03527-X、二 ISBN 4-653-03528-8、三 ISBN 4-653-03529-6、四 ISBN 4-653-03530-X、五 ISBN 4-653-03531-8
有栖川家旧蔵本を底本、永正12年(1515年)に三条西実隆公条父子が卜部家相伝本を書写して7冊本に編成した三条西家本より出た写本群の一つに属し、江戸時代初期の書写と推定される。
吉川弘文館、1968年) 前篇 ISBN 4-642-00003-8、後篇 ISBN 4-642-00004-6
(吉川弘文館、2000年) ISBN 4-642-00303-7
  • 『続日本紀 蓬左文庫本』 八木書店影印本
巻11~40の30巻が鎌倉時代書写の金沢文庫本である。これらは卜部家本系統以外の極めて希少な写本であり、価値が高い。

注釈・訳注[編集]

(古典文庫本全7分冊、1985~1989年) 1 ISBN 4-329-00375-9、2 ISBN 不詳、3 ISBN 4-329-00377-5、4 ISBN 4-329-00378-3、5 ISBN 4-329-00379-1、6 ISBN 4-329-00380-5、7 ISBN 4-329-00381-3
(全4巻、1986~1992年) 1 ISBN 4-582-80457-8、2 ISBN 4-582-80489-6、3 ISBN 4-582-80524-8、4 ISBN 4-582-80548-5
(訳文のみ、1992~1995年)上 ISBN 4061590308、中 ISBN 4061590316、下 ISBN 4061590324
岩波書店、1989~2000年) 一 ISBN 4-00-240012-3、二 ISBN 4-00-240013-1、三 ISBN 4-00-240014-X、四 ISBN 4-00-240015-8、五 ISBN 4-00-240016-6、別巻 ISBN 4-00-240103-0

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 記述が復活された平城朝では藤原種継の遺児である藤原薬子が平城天皇の寵愛を受けていた時期と重なる。また、平城天皇自身が早良親王の廃太子によって皇太子となった人物であり、早良親王怨霊説の否定は天皇の皇位継承の正当性を主張する上で必要であったとも言われている。

出典

参考文献[編集]

外部リンク[編集]