十二律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「和漢洋十二音律対照表」。大塚寅蔵『明清楽独まなび』1909年刊より。この表では黄鐘をDとし、西洋の音名・階名(数字譜によるドレミ)、日本の雅楽、明清楽の工尺譜による階名との対応関係を示している。

十二律(じゅうにりつ)とは、中国朝鮮日本の伝統音楽で用いられる12種類の標準的な高さの音。三分損益法に基づく、1オクターヴ内の12の音である。律とは本来、音を定める竹の管であり、その長さの違いによって12の音の高さを定めた。代において確立した。

中国の律を低いものから高いものへと並べ、西洋音楽の音名と対照すると以下のようになる(規準音である黄鐘をAとした場合)。

この名称は朝鮮でも用いられる。

  1. 黄鐘こうしょう – A
  2. 大呂たいりょ – A♯
  3. 太簇たいそう – B
  4. 夾鐘きょうしょう –C
  5. 姑洗こせん – C♯
  6. 仲呂ちゅうりょ – D
  7. 蕤賓すいひん – D♯
  8. 林鐘りんしょう – E
  9. 夷則いそく – F
  10. 南呂なんりょ – F♯
  11. 無射ぶえき – G
  12. 応鐘おうしょう – G♯

なお十二律は陰陽に分けられ、奇数の各律は陽律であり、と呼ばれ、六律りくりつと総称される。偶数の各律は陰律であり、と呼ばれ、六呂りくりょと総称される。よって律呂の名がある。

日本における十二律は、中国とは異なる。

  1. 壱越いちこつ – D
  2. 断金たんぎん – D♯
  3. 平調ひょうじょう – E
  4. 勝絶しょうぜつ – F
  5. 下無しもむ – F♯
  6. 双調そうじょう – G
  7. 鳧鐘ふしょう – G♯
  8. 黄鐘おうしき – A
  9. 鸞鏡らんけい – A♯
  10. 盤渉ばんしき – B
  11. 神仙しんせん – C
  12. 上無かみむ – C♯

関連項目[編集]