龍笛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
龍笛

龍笛(りゅうてき、竜笛)とは、雅楽で使う管楽器の一つ。吹き物。

龍笛奏者(神奈川県鎌倉市)

概要[編集]

龍笛はの管で作られ、表側に「歌口(うたぐち)」と7つの「指孔(ゆびあな)」を持つ横笛であり、能管篠笛など和楽器の横笛全般の原型・先祖であるとも考えられている。 現在では入門用にプラスチックでできた物も存在する。更に、プラスチック製より高価で、竹製より安価な花梨製の物も作られている。

雅楽の楽器の中では広い2オクターブの音域(E5~D7)をもち、低い音から高い音の間を縦横無尽に駆け抜けるその音色は「舞い立ち昇るの鳴き声」と例えられ、それが名前の由来となっている。同じ運指(指使い)であっても、息の吹き方によって、低音である和(フクラ)と高音である責(セメ)とに吹き分ける事ができる。

音量を高めるために、管の中にを入れたり、外側をで巻いたりするなど意匠が凝らされている。

奈良時代の楽人、尾張浜主が龍笛を広めたといわれ、「笛之楽祖」と称えられる[1]

龍笛は古くから貴族や武将に好まれ、堀河天皇源義経源博雅(みなもとのひろまさ)などの、龍笛にまつわるエピソードはいくつも伝えられている。また、清少納言も『枕草子』の中で、「楽器の中では、がとても良い」と書いている。

合奏では、主旋律を篳篥が担当し、龍笛はその音域の広さを活かし、主旋律に絡み合うように演奏する。 また通常、楽曲の最初の部分は龍笛のソロ演奏となっている。このソロ演奏は、その楽曲の龍笛パートのリーダー(音頭(おんど)、または主管とも呼ぶ)が担当する。

龍笛は唐楽をはじめ、催馬楽朗詠などでも用いられる。雅楽の横笛には龍笛のほか、神楽で用いられる神楽笛と、高麗楽などで用いられる高麗笛があるが、前者は龍笛より全音(長2度)低く、後者は龍笛より全音(長2度)高い音域を持つ。

龍笛はシルクロードを伝わって、ヨーロッパフルートになったといわれている。[要出典]

指孔名(譜字)と音程[編集]

龍笛の指孔は、吹き口に近い順に「六」「中」「夕」「丄」「五」「〒」「ン」と名付けられている。運指の形もそれぞれの孔名と同じ名称を用いるが、その場合は孔名の指孔を開け、その直前までの指孔を閉じた形を基本とするが、「丅」など孔名にない運指もある。

名称
読み かん じょう しゃく ちゅう ろく
和の音程 (C#5) (D#5) E5 F5-F#5 G5 A5 B5 C6-C#6 D6
責の音程 (C#6) (D#6) E6 F6-F#6 G6 A6 B6 C7-C#7 D7

このうち全ての指孔を閉じた形である「口」と「ン」は実際の曲(少なくとも古典曲)では用いられない。また、神楽笛と高麗笛には「ン」に相当する指孔がない。

音楽[編集]

龍笛奏者Ron Korb

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『神社有職故実』102頁昭和26年7月15日神社本庁発行

関連項目[編集]