恭仁京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恭仁京 大極殿跡(山城国分寺 金堂跡)

恭仁京(くにきょう、くにのみやこ)は、奈良時代の一時期、都が置かれた山背国相楽郡の地。現在の京都府木津川市加茂地区に位置する。大養徳恭仁大宮(やまとのくにのおおみや)とも。わずか3年余りで難波宮に移ったため、「幻の都」と呼ばれる[1]

概要[編集]

藤原広嗣の乱の後、天平12年(740年12月15日聖武天皇の勅命により、平城京から遷都された。相楽が選ばれた理由として右大臣(のち左大臣)・橘諸兄の本拠地であったことが指摘されている。

741年(天平13年)の9月に左京右京が定められ、11月には大養徳恭仁大宮という正式名称が決定され、大極殿が平城京から移築され、大宮垣が築かれていき、宮殿が造られた。条坊地割りが行われ、木津川に大きな橋が架けられた。しかし、都としては完成しないまま743年(天平15年)の末にはこの京の造営は中止されて、聖武天皇は近江紫香楽宮に移り、742年(天平14)秋には近江国で宮の建設が始まり、さらに744年(天平16年)2月に、穂積老を留守官に任じて難波京に遷都、さらに745年(天平17年)5月に都は平城京に戻された。

748年(天平18年)恭仁宮大極殿が山城国分寺に施入された。

宮は平城宮を簡略化した程度で、南北750メートル、東西560メートルの南北に長い長方形であった。朝堂院も平城宮より東西に幅が狭く、板塀で囲まれていた。西側は狭い谷間、東側は木津川の氾濫原によって宮や京の造営が制約され、全体的に小規模であったとみられ、条坊制を示す遺構も確認されていない。

山城国分寺[編集]

遷都後、宮城跡地は山城国分寺として再利用されることになった。大極殿は金堂に転用されたという。

南北3町(約330m)、東西2町半(約275m)の広大な寺域を有していた。金堂の東側は国分寺の鎮守社である御霊神社の境内地だったとされる。

現在は広大な平原となっており、金堂(大極殿)礎石七重塔礎石が地表にのこされている。

発掘・調査[編集]

1957年7月1日「山城国分寺跡」として、国の史跡に指定された。その後の学術調査の進展に伴い、2007年2月6日付で史跡指定範囲が拡大され、指定名称も「恭仁宮跡(山城国分寺跡)」に変更された。

2015年10月8日、京都府教育委員会は、新年を祝う儀式である「元日朝賀」に用いる旗やのぼりを立てたとみられる柱穴の跡が恭仁宮跡で見つかったと発表した。このような遺構の発見は、還都後の平城京、長岡京の遺跡に次ぐ3例目であり、「正月を祝う習俗の跡としては国内最古」という。京都府教育委員会は、741年(天平13年)と742年(天平14年)の正月に儀式をした跡とみている[1][2]

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
平城京
日本の首都
740年 - 744年
次代:
難波京

座標: 北緯34度45分56秒 東経135度51分46秒 / 北緯34.76556度 東経135.86278度 / 34.76556; 135.86278