加茂町 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かもちょう
加茂町
加茂町旗 加茂町章
加茂町旗 加茂町章
廃止日 2007年3月12日
廃止理由 新設合併
山城町木津町加茂町木津川市
現在の自治体 木津川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
相楽郡
市町村コード 26363-0
面積 36.97km2
総人口 15,483
推計人口、2007年3月1日)
隣接自治体 相楽郡山城町木津町
笠置町和束町
奈良県奈良市
町の木 クロマツ
町の花 アジサイ
加茂町役場
所在地 619-1195
京都府相楽郡加茂町大字里小字南古田156番地
Kyoto Kamo town-office.jpg
外部リンク 加茂町 (Internet Archive)
座標 北緯34度45分07秒 東経135度51分59秒 / 北緯34.75197度 東経135.86644度 / 34.75197; 135.86644座標: 北緯34度45分07秒 東経135度51分59秒 / 北緯34.75197度 東経135.86644度 / 34.75197; 135.86644
京都府加茂町府内位置図.svg
拡大表示(SVGファイル対応ブラウザのみ)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

加茂町(かもちょう)は、京都府相楽郡にあったである。2007年3月12日山城町木津町と合併し木津川市となった。ただし、合併後も「加茂町」は市内の町名として残っている。

奈良時代の一時期、恭仁京)が置かれたという歴史があり、多数の史跡・文化財を有する。日本最初の流通貨幣「和同開珎」が造られた地でもある。

「文化が薫る暮らしよい町」を町の標語に掲げていた。特産品は、壁紙、襖紙椎茸

地理[編集]

木津川(恭仁大橋から西を望む)

河川

  • 北山(標高476.5m)

歴史[編集]

承平年間(931年 - 938年)の辞書、『和名類聚抄』に相楽郡七郷の一つ「賀茂郷」としてあらわれる。その名は賀茂氏の居住地であったことから。加茂の字に改められたのは江戸中期の正徳年間に大洪水が起こり、その復興の際であったことが常念寺の什物記録に見える。中世には東大寺興福寺荘園となり、江戸時代には兎並(苧並)・里・大野・高田・北・観音寺の6か村(のちに兎並から南が分村して7か村)の広域地名として加茂郷の名が確認でき(「享保村名帳」)、いずれも伊勢津藩領であった。江戸期は木津川の水運が発達し、伊賀街道信楽街道の交差する交通の要衝として栄えた。明治22年の町村制施行により9村合併し加茂村が発足。[1]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長:難波久士(なんばひさし)(2003年5月就任)

教育[編集]

文化施設[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

奈良県の県庁・奈良市に隣接していることから、大きな影響を受けている。

鉄道[編集]

道路[編集]

一般国道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡[編集]

祭事[編集]

出身有名人[編集]

その他[編集]

関連文献[編集]

  • 加茂町『京都府相楽郡加茂町史』加茂町、1928年。NDLJP:1094231

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 26 京都府