津藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津藩(つはん)は伊勢安濃郡安濃津(現在の三重県津市)に置かれた安濃津藩(あのつはん)と呼ばれることもある。藩庁は安濃津城(津城)。石高は伊勢・伊賀2を合わせた22万石(大坂の陣後、32万3,000石に加増で大和国などにも飛び地領が存在)。

藩史[編集]

戦国時代の津は安濃津と呼ばれ、長野工藤氏の支配下にあった。永禄11年(1568年)、織田信長の伊勢侵攻で長野工藤氏は信長に降伏し、信長の弟・信包養子に迎えて当主とした。信長没後、信包は豊臣秀吉に仕え、文禄3年(1594年)に2万石を削減されて近江に移封された。

代わって、富田知信が5万石で入った。知信は慶長4年(1599年)に死去し、後を子の信高が継いだ。信高は徳川家康に接近し、家康主導による会津征伐に参加し、石田三成ら西軍が挙兵すると本国に戻り、西軍の伊勢侵攻軍である毛利秀元長束正家と戦い、敗れて高野山に逃れた(安濃津城の戦い)。関ヶ原の戦い後、家康は信高を2万石加増の7万石で安濃津城主として復帰させた。慶長13年(1608年)8月24日、信高は伊予宇和島藩に移封された。

翌日の8月25日、伊予今治藩10万石から藤堂高虎が22万石に加増された上で入った。内訳は伊予越智郡今治2万石、伊賀国内10万石、伊勢安濃郡一志郡内10万石で計22万石である。

高虎は江戸城の普請などにも功を挙げて家康から絶大な信任を受け、外様でありながら早くから別格譜代の厚遇を受けることとなる。慶長19年(1614年)からの大坂の陣でも家康側に与して戦功を挙げた。伊賀上野藩主・筒井定次改易もあって伊勢津藩は伊賀国内と伊勢鈴鹿郡安芸郡三重郡・一志郡内で5万石を加増され計27万石となり、更に元和3年(1617年)新たに伊勢度会郡田丸城5万石が加増され、高虎の弟藤堂正高下総国の所領3千石も津藩領に編入し、最終的に32万3,000石を領する大大名となった。

なお、田丸5万石は元和5年(1619年)に和歌山城徳川頼宣が移封されてくると紀州藩領となり、藤堂家には替地として大和国と山城国に5万石が与えられた。

藩政は初代藩主・高虎の時代に行なわれた城郭普請や家臣団編成、農業制度改革、城下町建設などで確立する。

第2代藩主・藤堂高次寛文9年(1669年)9月29日に隠居する際、子の第3代藩主・藤堂高久に命じて次男藤堂高通に5万石を分与して、支藩である久居藩を立藩させた。このため、津藩は27万3,950石となった。高久も元禄10年(1697年)10月5日に藤堂高堅に3,000石を分与して、27万950石となった。高久は藩財政再建のため、地方知行制の廃止と蔵納制の移行、田畑永代売買の禁止、新田開発、商業統制などを行なったが効果はなかった。

第4代藩主・藤堂高睦の在職期には3度にわたる地震などの天災に見舞われた上、藤堂家の嫡流も彼をもって早くも終焉し、以後は支藩・久居藩から招かれて藩主となった者が多い。第5代藩主・藤堂高敏、第6代藩主・藤堂高治、第7代藩主・藤堂高朗(藤堂高豊)らはいずれも久居藩主を経て、津藩主になった面々である。なお、これら養子藩主時代は幕命による手伝い普請などによる出費や天災・凶作が相次いで藩財政は悪化した。

第9代藩主・藤堂高嶷も久居藩から津藩主となった養子藩主で、藩財政の再建を中心とした藩政改革を行なったが、あまりに急性すぎる改革は周囲の反発を受け、寛政年間に津藩最大の百姓一揆が発生して改革は挫折した。

特筆すべき藩主が、第10代藩主・藤堂高兌である。彼も久居藩から転任した藩主で高嶷の実子だが、すでに久居藩主時代からその敏腕を持って藩政の再建に成功していた。このため、津藩の藩政でも綱紀粛正・倹約・植林や養蚕の奨励、福祉政策、文武の奨励などを実行して藩政改革を成功させ、藤堂家中興の英主と讃えられた。

高兌の後を継いだ第11代藩主・藤堂高猷の時代には、凶作や地震などの天災が相次ぎ、藩の借金は明治に至るまでに212万両にまで達したといわれる。1868年慶応4年)1月の鳥羽・伏見の戦いでは当初は幕府側であったが、山崎高浜砲台の津藩守備隊の機転で官軍側を支援し、対岸の幕軍砲台を砲撃するなど官軍の勝利に大きく貢献することになった。しかし、幕府側の将兵からは突然の裏切り行為であり「その行い、藩祖(高虎)に似たり」とそしられた。その後、藤堂軍は戊辰戦争で東海道の先鋒となって、各地で旧幕府軍と戦った。

1869年明治2年)の版籍奉還で、高猷は津藩知事に任じられる。しかし1870年(明治3年)には高猷が行なった藩政改革で平民による部隊が編成され、これに不満を持った士族派の長谷部一(藤堂監物)らが反対して処刑されるという庚午事変(監物騒動)が起こるなどしている。また、伊賀4郡で打ちこわし(平高騒動)も起こっているなど、高猷の失政が目立った。

1871年(明治4年)6月28日、高猷は隠居し、第12代藩主と津藩知事には藤堂高潔が就任したが、直後の7月14日に行なわれた廃藩置県で津藩は廃藩となり安濃津県となった。1872年(明治5年)に三重県と改称され、1876年(明治9年)には度会県が三重県に編入された。

歴代藩主[編集]

富田家[編集]

外様。5万石→7万石(1595年-1608年)

  1. 知信
  2. 信高

藤堂家[編集]

外様。22万950石→27万950石→32万3950石→27万3950石→27万950石(1608年-1871年)

  1. 高虎
  2. 高次
  3. 高久
  4. 高睦
  5. 高敏
  6. 高治
  7. 高朗
  8. 高悠
  9. 高嶷
  10. 高兌
  11. 高猷
  12. 高潔

幕末の領地[編集]

明治維新後、山辺郡1村が柳生藩領から柳生藩・津藩の相給となって領地に加わった。

支藩[編集]

久居藩[編集]

久居藩(ひさいはん)は、伊勢国久居周辺(三重県久居市、現在は合併により津市)を支配した津藩の支藩。

藩史[編集]

寛文9年(1669年)、津藩の第2代藩主・藤堂高次が隠居して家督を子の藤堂高久に譲ったとき、次男の藤堂高通に5万石を分与して津藩の支藩である久居藩を立藩した。しかし城主格の大名でありながら、築城を許可されず、久居陣屋と城下町を建設するに留まった。

久居藩は高次が本家の嗣子が絶えた場合の無嗣子による改易に備えて設置した藩である。元禄10年(1697年)に高通の後を継いだ藤堂高堅は、3000石をさらに分与されて5万3000石を領する藩主となる。久居藩の内部状況であるが、常に津藩の本家の慣習を踏襲し、相談も行なうこととなった。しかし5回にもわたって江戸藩邸が焼失し、さらに連年にわたって凶作が相次ぐなどの悪条件も重なって、第5代藩主・藤堂高豊、第6代藩主・藤堂高雅の頃から財政悪化が顕著となった。

そのため、倹約令を出して俸禄の借り上げを行なったが、その後も天明の大飢饉天保の大飢饉甲州の諸川の手伝い普請などから、遂に財政は破綻寸前となった。しかし名君で有名な第12代藩主・藤堂高兌の藩政改革により、藩財政は再建された。しかし高兌の死後(高兌は本家の藩主となっていた)、再び久居藩は財政が悪化し、第15代藩主・藤堂高聴は新田開発や雲出川の治水工事に取り組むことで藩政を再建しようとした。この改革は成功し、再び久居藩は再建された。

幕末期は本家の津藩と共に天誅組討伐に参加した。明治2年(1869年)、第16代藩主・藤堂高邦版籍奉還により知藩事となる。明治4年(1871年)の廃藩置県で久居藩は廃藩となって久居県、安濃津県、翌年には三重県に編入された。久居藩領の一志郡は久居県を経て度会県となり、明治9年(1876年)には三重県に編入されることとなった。

歴代藩主の多くは若死、もしくは本家の津藩を継承した者が多い。

歴代藩主[編集]

  • 藤堂家

外様。5万石→5万3000石→5万8700石。

  1. 高通
  2. 高堅
  3. 高陳
  4. 高治
  5. 高豊
  6. 高雅
  7. 高敦
  8. 高朶
  9. 高興
  10. 高衡
  11. 高矗
  12. 高兌
  13. 高邁
  14. 高秭 - 「やつ」は「秭(禾+弔に似た字)」
  15. 高聴
  16. 高邦

幕末の領地[編集]

  • 山城国
    • 相楽郡のうち - 14村 
  • 大和国
    • 添上郡のうち - 4村
    • 広瀬郡のうち - 1村
    • 式上郡のうち - 1村
    • 十市郡のうち - 7村
    • 山辺郡のうち - 15村
  • 伊勢国
    • 三重郡のうち - 11村
    • 河曲郡のうち - 16村
    • 鈴鹿郡のうち - 7村
    • 安濃郡のうち - 15村
    • 一志郡のうち - 16村

家老[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
伊勢国伊賀国
行政区の変遷
1595年 - 1871年 (津藩→津県)
次代:
安濃津県
先代:
(伊勢国)
行政区の変遷
1669年 - 1871年 (久居藩→久居県)
次代:
度会県