国民歌謡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国民歌謡』(こくみんかよう)は、戦前の1936年から1941年の期間、月曜から土曜の午後0時35分から5分間、新しく作った曲を1週間連続して流した、日本ラジオ番組である。

概要[編集]

1941年2月12日から同年12月8日の期間は名前が「われらのうた」と変わり、さらにその後の、1945年8月15日までは、「国民合唱」となり、戦後は「ラジオ歌謡」となった。

歴史[編集]

新歌謡曲[編集]

1936年4月29日の午後2時15分から50分までの35分間、JOBK(大阪放送局)は「新歌謡曲」という番組を、桃谷演奏所から全国放送した。この番組の発案者は、当時JOBKの文芸課長だった奥屋熊郎で、その主旨は、「家庭で歌える流行歌を独自に作ろう」というものであった。

放送した曲目は、「夜明けの唄」、「防人のうた」、「早春の物語」、「乙女の唄」、「心のふるさと」、「野薔薇の歌」、「希望の船」、「旅から旅へ」、「日本よい国」の9曲。初めの3曲を奥田良三、後の4曲を関種子が歌ったが、後の曲は時間がなく放送できなかった。この曲は、このために作られた新しい曲であった。

第2回は、同年5月17日午後8時15分から20分間全国放送された。曲目は、「祖国の愛」、「ヨットの唄」、「若き妻」、「娘田草船」、「若葉のハイキングに」と前回放送できなかった「日本よい国」であった。唄は、内本実四家文子が歌った。ところがこの時も時間の都合で、「日本よい国」が放送できなかった。当時は、まだ支那事変日中戦争)前で、戦時歌謡を押し付けられることはなく、今でも歌えるような格調高い曲が多かった。

国民歌謡[編集]

前述した、「新歌謡曲」の放送が成功したので、JOBKはこの番組を定期放送することになった。その際、「新歌謡曲」に代わる良い名称はないかと考えたが、あまり良い案が出ず、「国民歌謡」ということに落ち着いた。

初回の放送はJOBK大阪放送局から、1936年6月1日の午後0時35分から始まった。月曜から土曜の5分番組としてのスタートであった。この時になってようやく、「日本よい国」(作詞・今中楓渓、作曲・服部良一)が放送された。

定期放送第一週「日本よい国」の後、6月8日からの第二週は、詩吟の放送だったが、6月15日からの第三週は、島崎藤村作詞の「朝」だった。定期放送になって初めて、JOAK(東京中央放送局)が制作した曲で、歌は、テノール歌手永田絃次郎が行った。これが、国民歌謡のヒット曲第一号になった。それからも定期的に「朝」を放送し、普及に努めた。

国民歌謡は同じ曲を何度も取り上げるのが特徴で、1940年までに、国民歌謡で放送された同曲を歌ったのは、永田絃次郎、オリオンコール、青山薫、日置静、奥山良三、阿部幸次、鈴木秀雄、吉村寿、藤山一郎、大阪放送合唱団、嘉納愛子、ルナ・オリオンコール、ブリランテ混声合唱団、ユーフォニック、柴田睦陸、日本放送合唱団、蒋玉柞ら17組に及んだ。

「朝」に続くJOAKが作ったヒット曲は、同じ島崎藤村作詞の「椰子の実」で、7月13日から放送された。最初に歌ったのが、東海林太郎で、今までクラシック系の歌手を使っていた国民歌謡だったが、初めて流行歌歌手の起用だった。この曲も、たくさんの歌手に歌われ、二葉あき子、関種子、松田トシら数十名の歌手に及んだ。

1936年[編集]

1936年10月20日付けで、「国民歌謡選曲集」という楽譜が発売された。「心のふるさと」、「祖国の柱」という曲を収録している。

第二集から「国民歌謡」と改題され、二曲収録の物が月に一冊から三冊のペースで発行された。

1937年[編集]

1937年になると、JOBKも新しい曲をヒットさせた。新年早々に出した「月の出島」が好評で、これは佐藤惣之助の詩に内田元が曲を付けたものである。内田は続いて、「春の唄」を作曲した。3月1日から月村光子の歌で放送され、喜志邦三の詩もよかったので、多くの人々に愛唱されヒットした。

JOAKでは、「牡蠣の殻」が評判がよかったが、やはり、「新鉄道唱歌」(土岐善麿作詞、堀内敬三作曲)が一番だった。鉄道唱歌といえば、明治に作られた「汽笛一声新橋を・・」を思い浮かべるが、いつまでも明治ではと、現代のモダンな鉄道を歌おうと作られたものである。5月3日から、加藤梅子(由利あけみ)と中野忠晴の歌で放送された。

最初は、「新鉄道唱歌」として放送されたのだが、好評なので、続編を数々作った。曲は同じで詞が違うというものである。西條八十作詞の「東海道編」、佐佐木信綱作詞の「伊勢路」、「尾張、美濃、近江路」、与謝野晶子作詞の「近畿」、翌年には、杉山長谷夫が新しく曲を付け、「上野-仙台」、土井晩翠が「高崎-直江津」、相馬御風が「直江津-金沢」を作詞している。

1937年7月7日に盧溝橋事件が起こると、歌の世界にもだんだん戦時色が濃くなって来た。そして、国民歌謡の本来の主旨とは違った方向へ曲げられつつあった。それは、国民歌謡が誕生してわずか1年のことであった。

8月23日から放送した「千人針」もこうした一つである。この千人針は、作詞のサトウハチローポリドール専属、作曲の乗松昭博がビクター専属と会社が違うためレコードは出来なかった。そこでポリドールは、長津義司が似たような曲を付け、関種子の歌でレコード発売した。ビクターは、佐伯孝夫が別の詩を付け、「街の千人針」と題し、江戸川蘭子の歌でレコード発売されている。

同年、12月27日からは「愛国行進曲」が放送された。この曲は、JOBK、JOAKが作った曲ではなく、内閣情報部が選定し、放送されたものである。この曲は、各レコード会社から発売されている。

戦時中とあれ、戦時歌謡ばかりという訳ではなく、10月18日からJOBKで放送した「愛国の花」(作詞福田正夫、作曲古関裕而)のように、渡辺はま子の歌で広く愛唱された曲もある。この年の国民歌謡は、午後0時23分から7分間に2曲聞かせる形の放送に変更していた。この時に放送されたのが、「海ゆかば」であった。

1938年[編集]

1938年になると、国民歌謡は、昼の番組から夜の番組に変わった。番組としては、昇格という形であった。

1月5日の午後7時30分から、「国民唱歌」という番組が放送された。東京シンフォニック・オーケストラの歌で、「金塊集より」、「子等を思う歌」、「戦勝の春」、「愛国行進曲」の4曲が登場した。

そして10日から同じ時間帯10分間、「国民唱歌」の題で、「愛国行進曲」の指導が始まった。まるで、「国民歌謡」が「国民唱歌」という題に変わったようであるが、31日からまた「国民歌謡」に戻った。この番組は2月7日に終了した。しかし、2月11日、20日にはまた「国民唱歌」が放送されている。そして、22日から、国民歌謡のレギュラーが再開した。この原因としては、前記した曲を国民唱歌として分離しようとしたが、うまく行かず、国民歌謡に組み込まれたということであろう。特に「海行かば」は、第二の儀礼的国歌として制定したかったという思惑があったかもしれない[独自研究?]

1939年[編集]

1939年には、夜番組になって聴取率が上がった弊害が出た。緊急番組のためしばしば放送が中止になってしまったのである。

割り込んでくる番組は、軍人や役人の講演が多かった。そこで考えられたのが、第二放送を行うということである。これは、1月6日から実行された。第二放送の併用は国民歌謡が終了するまで続けられた。

1940年[編集]

1940年にもなると、もう国民歌謡の当初の主旨はどこかへ行ってしまい、戦争遂行のための新体制を称えるものや、国民を陽動させるような歌ばかりになっていた。

その中でもそうでないのが、「隣組」というユニークな曲がある。新体制によって。隣組が組織され、その宣伝のために作られたような歌であるが、「トントントンカラリと隣組」という岡本一平の詩がコミカルで、飯田信夫の曲も明るく、歌唱した徳山璉声も合っていた[独自研究?]。国民歌謡からの久々のヒットであった。

1941年[編集]

1941年1月27日からは、「めんこい仔馬」が放送された。東宝映画」の挿入歌として作られたものであるが、映画では使われず、国民歌謡として、松原操が歌い、レコードは二葉あき子高橋祐子が歌ってヒットした。

しかし、国民歌謡の新曲はこの「めんこい仔馬」が最後であった。放送は、2月7日の「歩くうた」を最後に、国民歌謡は5年足らずで幕を閉じた。その後は、「われらのうた」として復活するが、これはもう、国民歌謡の枠を超越したものであった。

放送された曲[編集]

参考文献[編集]

  • 国民歌謡〜ラジオ歌謡大全集解説書(1990年)
  • 日本の流行歌史(社会思想社、1994年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]