LINE MUSIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LINE > LINE MUSIC
LINE MUSIC
LINE MUSIC logo.svg
URL music.line.me ウィキデータを編集
言語 日本語
タイプ 定額制音楽配信
運営者 LINE MUSIC株式会社
設立者 LINE MUSIC株式会社
収益 月額課金
営利性 営利
開始 2015年6月11日
現在の状態 運営継続中
ライセンス
プロプライエタリ
LINE MUSIC株式会社
LINE MUSIC CORPORATION
LINE MUSIC logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷1-6-1
設立 2014年平成27年)12月11日
事業内容 音楽配信サービス等
代表者 舛田 淳 (代表取締役社長)
資本金 4億8000万円
主要株主 LINE株式会社(33.4%)
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(33.4%)
エイベックス・デジタル株式会社(20%)
ユニバーサル ミュージック合同会社(13.2%)
外部リンク music.line.me ウィキデータを編集
テンプレートを表示
「Symbol」[1]

LINE MUSIC(ラインミュージック)は、LINE株式会社株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントエイベックス・デジタル株式会社の3社共同出資によって設立されたLINE MUSIC株式会社[注 1][3]が提供する定額制の音楽配信サービスである。

概要[編集]

LINEMUSICのサービス開始当初のアイコン

2015年6月11日からサブスクリプション型(月額定額型)サービスとして提供開始[4]。ただ楽曲を再生するだけでなく、LINEの友だちへの楽曲のシェア、LINEのプロフィールのBGMの設定、LINEの無料通話の着信音呼出音の設定、楽曲やアルバム[注 2]購入などができるサービスである[5]

2020年のICT総研の調査によると、音楽サブスクリプションサービスの国内利用者数ではAmazon Prime MusicSpotifyApple Musicに次ぐシェアとなっている[6]。若年層、特に10代からの人気が高い[7][8]

主なメニュー[編集]

あなたにおすすめ
自分の再生履歴から好みを分析することによって、おすすめのプレイリストが自動作成され、表示される。
作成履歴
最近再生した25曲がリスト化され、表示される(2020年8月18日のアップデートまでは100曲)。
ニューソングニューアルバム
最新の楽曲やアルバム[注 2]が表示される。
フレンズチョイス
友だちとして登録しているLINEユーザーが最新再生した曲や、友だちが再生した回数が表示される。
検索
楽曲などをキーワード入力もしくはジャンル選択により検索することができる。検索結果は、上から下記の順に表示される。
  • ベストマッチング(最上位の検索結果)
  • ソング
  • アーティスト[9]
  • アルバム
  • MV
  • プレイリスト
  • ○○を含むプレイリスト(○○には検索されたワードが入る)
ダウンロード
購入した楽曲がリスト形式で表示される。
ソング
「お気に入り」に登録されている楽曲がリスト形式で表示される。
アーティスト
フォローしているアーティストが表示される。
アルバム
「お気に入り」に登録されているアルバムがリスト形式で表示される。
プレイリスト
自ら編集したプレイリストや、「お気に入り」に登録されているプレイリストがリスト形式で表示される。
MV
「お気に入り」に登録されているMVがリスト形式で表示される。
MVプレイリスト
自ら編集したMVプレイリストや、「お気に入り」に登録されているプレイリストがリスト形式で表示される。
ローカル
端末に保存されている楽曲をLINE MUSICから聴くことができる[5]
アカウント
LINEのアカウント情報が表示される。
音楽の好み
好みの音楽のジャンルやアーティストが表示される。また、好みは編集することができる。

歴史[編集]

2015年
  • 6月11日、サービス開始。当時は150万曲のラインナップだった。また、サービス記念として「同年8月9日までの2ヶ月間、全てのユーザーを対象に、全楽曲・全機能を無料で利用できる無料トライアルキャンペーン」を実施。
  • 6月24日、300万ダウンロード、累計楽曲再生数1億6,000万回を突破。
  • 7月10日、テレビCM開始。女優の小松菜奈が起用された。CMソングはCarly Rae Jepsenの「I Really like you」。
  • 7月13日、オフライン再生機能、再生履歴リスト表示、「検索ウィンドウ」の追加などの提供を開始。
  • 7月23日、ブラウザ版を公開。
  • 9月18日、「みんなのプレイリスト」機能開始。
2016年
  • 2月19日、配信楽曲が1500万曲を突破。
  • 2月22日、「LINE」のプロフィールにBGMとして楽曲を設定できるようになる。
  • 5月23日、[2.2ver]をリリース。単曲は「並び替え」機能によりアーティスト・アルバムごとでソートが可能に、アルバム・プレイリストは「同期」機能により中身に更新があった場合に同期が可能に。「お気に入り」をすることで自動的に「キャッシュ(保存)」できる機能を追加。
  • 8月17日、好きな楽曲をLINE無料通話の呼出音に設定可能になる。
2017年
  • 1月18日、[3.0ver]をリリース。おすすめプレイリスト「Weekly Mix(ウィークリーミックス)」など時間やシーンにマッチしたプレイリスト、LINE友だちの視聴履歴が見られる「フレンズナウ」、ジャンル毎にTOP100が表示される「カテゴリランキング」を提供。
  • 4月28日、[3.1ver]をリリース。「ローカルミュージック」が追加される。
  • 7月11日、[3.2ver]をリリース。楽曲のダウンロード販売と、3ヶ月無料トライアルを開始。
  • 12月6日、[3.4ver]をリリース。ユーザーの"音楽の好み"やこれまでの再生履歴に基づいて作成された「WEEKLY MIX」、「おまかせMix」、「好きなアーティストMix」、「あの頃の思い出」など、多様なプレイリストをユーザー専用ページに表示。
2018年
  • 3月1日、[3.5.1ver]をリリース。「ファミリープラン」が開始。
  • 3月22日、[3.5.2ver]をリリース。楽曲の好きな部分を切り取ってプロフィールBGMに設定できる『My BGM』機能が追加された。
2019年
  • 2月22日、[3.9.0ver]をリリース。流れている音楽に合わせて自動で歌詞が流れる仕様に変更。また、アーティスト/最新アルバムページに「LINEチケット」で取り扱っているライブ情報が表示されるようになった。
  • 9月30日消費税率変更に伴うメンテナンスにより、iOSの一部コインの販売中止と一部楽曲の販売が中断。
    • 10月7日、楽曲の販売が再開。
    • 10月8日、iOSの全てのコインの販売が再開。
  • 12月2日、「LINE」無料通話の着信音・呼出音が、無料ユーザーでも月1回の設定が可能になる。
2020年
  • 1月20日、無料ユーザーでも全楽曲をフル再生できるようになる[注 3](※各楽曲を月1回ずつ)。
  • 2月26日、月間プラン(一般 / ファミリー)の価格変更。
  • 8月18日、[5.0]をリリース。ステーション、今日のミックス、オートプレイ、カラオケ機能、ダークモード、イコライザー 音声認識検索、などの新機能が追加。
2021年
  • 3月11日、無料ユーザー向けに提供していた【1play(独自フリーミアム)】機能を終了。
  • 9月1日、MUSICコインが販売終了。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ユニバーサル ミュージック合同会社が共同出資企業として資本参加したのは2015年6月30日からである[2]
  2. ^ a b ここでの「アルバム」にはシングルデジタルシングル等も含む。
  3. ^ 具体的には、30秒のみ試聴可能だった無料ユーザーもフル再生で聴けるようになった。

出典[編集]

  1. ^ ロゴの使用について” (日本語). LINE MUSIC. 2022年3月1日閲覧。
  2. ^ “【コーポレート】LINE MUSIC株式会社、新体制についてのお知らせ” (日本語) (プレスリリース), LINE株式会社, (2015年7月10日), https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/1031 2021年12月2日閲覧。 
  3. ^ 藤井涼 (2014年12月12日). “音楽サービスの新会社「LINE MUSIC」発足--エイベックスやソニー・ミュージックと”. CNET Japan (朝日インタラクティブ株式会社). https://japan.cnet.com/article/35057826/ 2021年12月2日閲覧。 
  4. ^ “【LINE MUSIC】音楽×コミュニケーションの新たな体験を生む定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」本日サービス公開” (日本語) (プレスリリース), LINE株式会社, (2015年6月11日), https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/1015 2021年12月2日閲覧。 
  5. ^ a b 出典:LINE MUSICヘルプ
  6. ^ 定額制音楽配信サービス利用者数は2020年末に2,390万人、2023年末に2,930万人へ〜ICT総研調べ | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年8月14日閲覧。
  7. ^ トップは「LINE MUSIC」10代が使っているサブスクランキング”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年8月14日閲覧。
  8. ^ LINE MUSIC、10代に人気 友達の趣味知ってライブへ” (日本語). 日本経済新聞 (2019年10月5日). 2021年8月14日閲覧。
  9. ^ ここでは歌手音楽グループアイドルなど。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]