Spotify

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Spotify
設立 2006年
本拠所在地 スウェーデン
ストックホルム
創業国 スウェーデン
創業者 Daniel Ek, Martin Lorentzon
CEO Daniel Ek
業種 音楽
サービス 音楽ストリーミング
従業員数 1500人
ウェブサイト www.spotify.com
アレクサランキング 347位[1]
登録 必要
登録者数 7500万人[2]
開設 2008年10月7日
現況 運営中

Spotify(スポティファイ)とは、音楽ストリーミング配信サービス。2015年現在、7500万人を超えるユーザーをかかえる世界最大手[3]

概要[編集]

2006年夏にスウェーデンで創業され、2008年10月にサービスを開始。創業から1年半でヨーロッパで800万人を超える顧客を獲得し、2011年にはアメリカに進出。2012年現在、本拠を置くイギリスやドイツ、フランスなどヨーロッパ12カ国とアメリカの計13カ国でサービスを展開している[4]。また、2015年2月にロシアでの稼働を経済危機を理由に停止することを発表した[5]

4大レコードレーベルソニー・ミュージックエンタテインメントEMIワーナー・ミュージック・グループユニバーサルミュージック、および独立系のマーリン・ネットワーク英語版オーチャード英語版コスモス・ミュージック・グループ英語版と契約を結び、合法的な音楽配信ビジネスを行なっている。

2011年時点のサービスには、2種類の月額制と広告付きの無料のものがあり、ユーザーは1500万を超える楽曲をクラウド経由で聴いたり、専用のアプリをインストールすることでデジタルオーディオプレーヤースマートフォンに保存したりすることができる[6]Facebookとの連携も行なっており[7]、配信にはP2P技術を利用している[8]

2013年現在、Spotifyは年間10億ドル(約1000億円)以上の収益をあげており、そこからアーティストへのロイヤルティとして5億ドル(約513億円)を支払っている[9]。また、経営理念として海賊版の撲滅を掲げており、不法なファイル共有より優れたサービスの構築によって、発足から5年間で海賊版を使用するユーザーを著しく減少させたとしている。

2015年3月30日、ソニーとの提携によりPlayStation Musicを世界41カ国で開始[10]、これによりソニー・コンピュータエンタテインメント製のゲーム機プレイステーション3及びプレイステーション4で視聴可能になった。

批判[編集]

従来のCDによる音楽販売や、先行する音楽配信サービスであるiTunesのビジネスモデルを脅かすサービスとして注目を集めている。一方で、Spotifyをはじめとする定額配信サービスの普及はアーティストの収入低下につながることが懸念されており[11]、アメリカの人気ロックバンドであるメタリカはスポティファイに楽曲を提供してからアルバムの売上が35パーセント落ちたとしてしている[12]トム・ヨークもソロ作品とアトムス・フォー・ピースの作品をスポティファイから引き上げており、「このシステムでは弱小レーベルや新人アーティストに十分な報酬が入らない」と批判している[13]。ほかにもザ・ビートルズキング・クリムゾンなどがまだスポティファイのストリーミング・サービスへの音源提供を拒んでいる[13]

サービス対象地域[編集]

Spotifyのサービスを利用できる国および地域は、以下のとおり[14]

アンドラの旗 アンドラ
オーストラリアの旗 オーストラリア
オーストリアの旗 オーストリア
ベルギーの旗 ベルギー(オランダ語)(フランス語)
デンマークの旗 デンマーク
エストニアの旗 エストニア
フィンランドの旗 フィンランド
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
香港の旗 香港(中国語)(英語)
アイスランドの旗 アイスランド
アイルランドの旗 アイルランド
イタリアの旗 イタリア
ラトビアの旗 ラトビア
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
リトアニアの旗 リトアニア
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク(フランス語)(ドイツ語)
マレーシアの旗 マレーシア(英語)
メキシコの旗 メキシコ
モナコの旗 モナコ
オランダの旗 オランダ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ノルウェーの旗 ノルウェー
ポーランドの旗 ポーランド
ポルトガルの旗 ポルトガル
シンガポールの旗 シンガポール(英語)
スペインの旗 スペイン
スウェーデンの旗 スウェーデン
スイスの旗 スイス(フランス語)(ドイツ語)
台湾の旗 台湾
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス

・準備中

日本の旗 日本[14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ spotify.com Site Overview”. Alexa. 2015年6月1日閲覧。
  2. ^ 20 Million Reasons to Say Thanks|Spotify Blog”. 2015年6月17日閲覧。
  3. ^ Spotifyが有料会員2000万人、ユーザー数7500万人突破|Musicman-NET”. 2015年6月17日閲覧。
  4. ^ 1600万曲を聴き放題 巨大「音楽クラウド」サービス スポッティファイの実力(上) 日本経済新聞 2012年5月3日
  5. ^ 定額制音楽配信のSpotify、ロシアでのサーヴィス開始を中止。原因は加速する経済危機。”. ミュージックマンネット. 2015-2-4-閲覧。
  6. ^ 月契約で音楽聴き放題! アップルの前に現れた伏兵スポティファイが目指す デジタル音楽市場の創造的破壊 1/2 ダイヤモンド・オンライン 2011年7月29日
  7. ^ 音楽配信、聴き放題サービス続出のワケ 3/3 東洋経済オンライン 2013年3月3日
  8. ^ How exactly does Spotify utilise my internet connection? (Spotify Customer Support)” (英語). 2009年7月9日閲覧。
  9. ^ 音楽ストリーミング「Spotify」はどうやって音楽業界に貢献しているのか? Gigazine 2013年12月5日
  10. ^ PlayStation Musicが世界41カ国で30日開始。日本は未定 SpotifyとPSがタッグを組んだ定額制音楽配信”. Impress AV Watch. 2015年6月15日閲覧。
  11. ^ 音楽配信サービスの進化とアーティストの苦境 2/3 日経トレンディネット 2013年2月14日
  12. ^ メタリカ、ストリーミング・サーヴィスに楽曲を提供したら、アルバム・セールスが35パーセントも減少 ro69.jp 2013年2月1日
  13. ^ a b トム・ヨーク、「これでは新人アーティストが食っていけない」とスポティファイから音源を引き上げる ro69.jp 2013年7月16日
  14. ^ a b Why is Spotify not available in my country?”. Spotify. Spotify Ltd. 2013年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]