コモロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コモロ連合
Union des Comores(フランス語)
Udzima wa Komori(コモロ語)
الاتحاد القمر(アラビア語)
コモロの国旗 コモロの国章
国旗 (国章)
国の標語:Unité - Justice - Progrès
フランス語: 統一、正義、進歩)
国歌Udzima wa ya Masiwa
コモロの位置
公用語 コモロ語アラビア語フランス語
首都 モロニ
最大の都市 モロニ
政府
大統領 アザリ・アスマニ
副大統領英語版 Fouad Mohadji
Mohamed Ali Soilih
Nourdine Bourhane
面積
総計 2,170km2169位
水面積率 極僅か
人口
総計(2008年 676,000人(164位
人口密度 300人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 1,780億[1]コモロ・フラン
GDP (MER)
合計(2008年 5億[1]ドル(173位
GDP (PPP)
合計(2008年 7億[1]ドル(175位
1人あたり 1,154[1]ドル
独立
 - 宣言
 - 承認
フランスより
1975年7月6日
1975年
通貨 コモロ・フラン (KMF)
時間帯 UTC (+3)(DST:なし)
ISO 3166-1 KM / COM
ccTLD .km
国際電話番号 269

コモロ連合(コモロれんごう、Union des Comores)、通称コモロは、インド洋コモロ諸島グランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)で構成される国家。コモロ政府はフランス領マヨット島(マオレ島)の領有権も主張している。海を隔てて西にはモザンビークがあり、東南にはマダガスカルがある。首都であるモロニグランドコモロ島(ンジャジジャ島)に位置している。

1975年7月6日、フランスから独立したものの頻繁にクーデターが発生し現在においても世界最貧国の1つであり、度重なる政治危機から経済発展が進んでいない。近海ではたびたびシーラカンスが捕獲される。

国名[編集]

正式名称はフランス語で Union des Comores。通称 Comores(コモール)。

アラビア語で الاتحاد القمري。公式の英語表記は Union of the Comoros。通称 Comoros(コモロズ)。

日本語の表記はコモロ連合。通称コモロ漢字表記科摩羅

コモロはアラビア語の قمر(カマル、月という意味)のなまったものである。

1975年から1978年までは、コモロ共和国 (République des Comores)、1978年から2001年までは、コモロ・イスラム連邦共和国 (République fédérale islamique des Comores) という国名だった。

1975から1978年までの国章

歴史[編集]

政治[編集]

コモロは共和制大統領制連邦制をとる立憲国家である。現行憲法2001年12月23日に制定(2009年5月に改正)されたもの。

現行憲法の制定当初は連合を構成するグランドコモロ島、アンジュアン島、モヘリ島の3島には独自の自治政府と大統領がおり、ほぼ完全な内政自治権を与えられていた。その一方で連合政府は外交国防通貨政策など、連合全体にわたる事柄のみを処理する合議機関であり、相対的に権限は弱かった。しかし2009年5月に実施された国民投票で憲法が改正され、各島自治政府の大統領は知事へと降格し、更に連合政府の権限が強化された。

連合政府の大統領国家元首であり、3島から輪番制で選出される。任期は5年。内閣に相当する閣僚評議会のメンバーは大統領により任命される。かつては首相英語版職も存在したが、2002年4月15日に廃止された。

立法府一院制で、正式名称はコモロ連合議会(AUC)。定数は33議席で、うち9名は各島の地方議会が3名ずつ選出する。AUC議員の任期は5年である[2]

コモロは複数政党制が名実共に機能している。小党乱立の傾向があるが、各島の自治権維持による連邦主義を唱える自治諸島陣営(CdIA)、連合政府の権限強化による中央集権を目指すコモロ再生会議(CRC)の2党が有力である。その他にはイスラーム主義正義国民戦線(FNJ)なども存在する。

司法府の最高機関は5名の裁判官から成る最高裁判所。最高裁判所裁判官は連合政府の大統領が2名、AUCが2名を任命し、残る1名は各島の地方議会とコモロの歴代大統領による合議で選ばれる。

首都のモロニがあるグランドコモロ島の支配に反発し、1997年からアンジュアン島とモヘリ島で分離独立の動きがあったが、連邦再編と各島の自治権拡大を謳った新憲法が採択され、コモロ連合への国名改称とともに、現在では両島ともコモロに留まる意向を示している。しかし連合政府の権限強化を謳った2009年の憲法改正の際には、再び各島の間で対立が発生した。

軍事については小規模な陸軍と警察を保有している。また、フランスと安全保障条約を締結しており、海上の防衛についてはフランスが行っており、小規模な部隊が駐屯している。

近年はイランとの経済・貿易関係を深めており、多くのイラン企業が進出した。 イラン政府の支援により病院や健康センター、イスラム関連施設が建設された。

地方行政区分[編集]

コモロの地理
首都モロニの浜辺

コモロは事実上、アンジュアン島(ンズワニ島)、グランドコモロ島(ンジャジジャ島)、モヘリ島(ムワリ島)の3島により構成されており、それぞれの島に自治政府がある。コモロ政府はこの他にマヨット島も自国を構成する島の1つと主張しているが、実際にはマヨット島はフランスの海外準県となっており、コモロの統治は及んでいない。

2001年制定の連合憲法下では、連合を構成する3島には独自の自治政府と大統領が置かれ、それぞれが大幅な自治権を持っていた。しかし2009年の連合憲法改正に伴い、各島の自治権は縮小され、自治政府の大統領は知事へと改称された。

主要都市[編集]

主要な都市はモロニ(首都)、ムツァムドゥがある。

地理・地質[編集]

コモロは、コモロ諸島における4つの主な島のうち3つで構成されている。残りの1つはフランス領のマヨット島であるが、コモロ連合はこの島の領有権も主張している。諸島はインド洋西部にあり、アフリカマダガスカル島の間にある。グランドコモロ島は火山島であり、Le Karthala (2,316 m) は活火山である。諸島の火山活動は第三紀と第四紀に亘り、島の年代は東から西へ若くなる。

5月から10月が乾季で、11月から4月が雨季である。年間降水量は2700mmで雨季は1日200mmの降雨がある。気温は平均26度Cで変動が小さい。海水温は25度C。

経済[編集]

高い人口増加率に対し教育水準が低く、GDPの4割を占める農業が労働力の8割を占める。政府は輸出産物の多様化や観光振興に取り組むが、外国からの援助に頼る状況である。主要産物はバニラクローブイランイランなどの香料。工業はほぼ農産物加工のみ。

国民[編集]

グランドコモロ島の男性
イスラム教のモスク

民族[編集]

民族はアフリカ系黒人アラブ人などが大多数である。

言語[編集]

公用語はコモロ語アラビア語フランス語

宗教[編集]

住民のほとんどはイスラム教を信仰しており、2009年の憲法改正により国教の地位を与えられた。スンナ派の住民が多数派だが、近年、イランのコモロへの経済進出によりシーア派のムスリムも増えている。

教育[編集]

文化[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
7月6日 独立記念日 Fête de l'Indépendance

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月19日閲覧([1]
  2. ^ 「コモロ連合」『世界年鑑2016』(共同通信社、2016年)314頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府