カルタラ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Mount Karthala
Karthala volcano-Comoros.jpg
2006年11月のカルタラ山火口
最高地点
標高 2,361 m (7,746 ft) [1]
プロミネンス 2,361 m (7,746 ft) [1]
総称 ウルトラ・プロミネント峰
座標 11°45′24″S 43°21′42″E / 11.75667°S 43.36167°E / -11.75667; 43.36167座標: 11°45′24″S 43°21′42″E / 11.75667°S 43.36167°E / -11.75667; 43.36167[1]
地形
Mount Karthalaの位置(コモロ内)
Mount Karthala
Mount Karthala
地質
山の種類 楯状火山 (活火山)
最新の噴火 2007年1月
Project.svg プロジェクト 山

カルタラ山Mount Karthala or またはKarthola)は、コモロ火山。コモロの最高峰であり、標高は2361mに達する。コモロ最大の島であるグランドコモロ島を構成する2つの楯状火山のうち南側に位置する。カルタラ山は非常に活発な活火山であり、19世紀以降20回の噴火が記録されているが、噴火は山頂部にある3から4㎞四方のカルデラに限られ、島のほとんどは大規模な山体破壊から免れている。2005年4月17日および2006年5月29日の2度の噴火は静穏期の終わりを告げた。

2005年11月の噴火後のコモロ諸島の衛星画像。カルタラ山の噴煙がグランドコモロ島のみならずコモロ諸島のいくつかの島を飲み込んでいる

2005年4月17日の噴火は溶岩流と致命的な火山ガスの危険を伴い、3万人の住民が避難した。この噴火によって火口の様子は大きく変化し、灰色の火山灰によって覆われた火口は以前よりも広く深くなり、1991年の前回最後の噴火によって形成された火口湖は完全に消失した。また2006年5月29日にはロイター通信が「モロニからカルタラ山頂上に溶岩が見える」と報道した[2]。この噴火は数日で鎮静化した[3]

山は1800m付近までは湿潤常緑樹林で覆われており、その上には低木とヒースが広がる。カルタラ山にいる動植物はコモロの固有種が多く、なかでもHumblot's flycatcher, Comoro white-eye, Comoro drongo、Karthala scops owlの4種の生物はカルタラ山の斜面にのみ生息する。カルタラ山の森林は伐採と農業によって危機にさらされており、山体全域をカバーする自然保護区の設定が提案されているものの、いまだ実現していない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Listed as "Le Kartala" on Peaklist.org Retrieved 27 September 2011
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、カルタラ山に関するカテゴリがあります。