ヒース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イングランドデヴォン州。ヒースと呼ばれる地形の一例

ヒース(Heath)は、本来はイギリス北部、アイルランドなどにおける平坦地の荒地のこと。

薄い表土でできており、耕作牧畜には適さず人口密度は低い[1]。表土に生えるヒース(heath)やヘザー(heather)と呼ばれるエリカ属の植物によって砂の飛散が抑えられている[1]。ヒース荒地は概ね広大で未整備であり、かつては居住はおろか移動の障害ともなった。

17世紀の調査ではムーアなどの荒地を含め、イングランドとウェールズ全体で800万エーカーの荒地が存在したが、18世紀の囲い込みによって耕地化が試みられた[2]。今日でもイングランドには500万エーカーの荒地が残されている。

古の多くの文筆家にとってヒース荒地は呪わしい不毛な場所だったが[1]リンカン・ヒースのように、ヒースの野原を景観に取り入れた地域もある。

ヒースの植生[編集]

ヒース荒地の植生を構成するエリカ属の植物もヒースと呼ばれる。ハーブ類として使われるのは、ジャノメエリカ Erica canaliculataやエリカ Erica vulgarisを指すことが多い。秋に花を咲かせる野草

脚注[編集]

  1. ^ a b c ホスキンズ 2008, pp. 137-149.
  2. ^ ホスキンズ 2008, pp. 183-191.

参考文献[編集]

  • W.G.ホスキンズ 『景観の歴史学』 柴田忠作訳、東海大学出版会、2008年ISBN 9784486017301

関連項目[編集]