溶岩流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラプラ火山の溶岩流

溶岩流(ようがんりゅう、: lava flow[1])とは、火山噴火に伴って、地下のマグマが液体の溶岩として地表に噴出し、流下する現象、およびその結果、地表に残された地形のこと。

概要[編集]

溶岩流が生成する噴火の条件として、下記3項目が挙げられる。

  • マグマの粘度が低いこと。
  • マグマの揮発性成分が失われていること[2]
  • マグマの噴出量が多いこと。

溶岩(マグマ)の粘度[編集]

溶岩(マグマ)の性質
玄武岩 SiO2が少ない 粘度が低い(やわらかい)
安山岩
デイサイト
流紋岩 SiO2が多い 粘度が高い(かたい)

溶岩の粘度は、その温度成分結晶の含有量によって著しく異なる。

二酸化ケイ素[編集]

溶岩の主成分は二酸化ケイ素(SiO2)だが、その比率が増えるに従って粘度が低下する。

二酸化ケイ素の少ない玄武岩を噴出する噴火では、火口から噴出した溶岩は十分な粘度が高く、長い距離を流れ下り、典型的な溶岩流となる(ハワイ諸島伊豆大島など)。

逆に、二酸化ケイ素を多く含むデイサイト流紋岩質の溶岩は粘度が非常に低く、マグマが地上に出た場合、溶岩ドームをつくるのが普通で、溶岩流にならないことが多い。そのため、溶岩流を発生させた場合は、厚さが100mを超えるような溶岩流ができることもある(雲仙普賢岳新焼溶岩流の末端など)。

溶岩流の厚さは流紋岩が一番厚く、デイサイト安山岩玄武岩の順に薄くなる[2]

マグマの揮発性成分[編集]

マグマが上昇の過程で揮発性成分を失うと、激しい爆発を伴わずに静かに地表へ流出する[2]。逆に、揮発性成分が多いと爆発が起こってテフラが生産される。急激な減圧のためにマグマ中に含まれる揮発性成分が激しく発泡して体積が膨張するからである[2]

溶岩流に関する地形や用語[編集]

  • 溶岩堤防 lava levee - 溶岩流の両岸に堤防のように高まりできたもの。
  • 溶岩洞 lava tube - 溶岩流の内部にトンネルができたもの。
  • 溶岩じわ lava wave - 溶岩流が押されてできた大きなしわ状のうねり。
  • 縄状溶岩 ropy lava - 溶岩流の表面が押されてできた小さなしわ。
  • 溶岩末端崖 - 粘度の低い溶岩流の先端部にできる崖。
  • 溶岩塚チュムラス tumulus、lava tumulus - 溶岩流の表面が後から来た溶岩に内部から押されて上げられて小さな丘状の高まり。頂上に割れ目があることが多く、そこから溶岩が二次流出することもある。
  • プレッシャーリッジ pressure ridge - 溶岩塚と同じシステムだが、尾根状に長く続いたものをいう。
  • ホルニト hornito - 溶岩洞の天井が破れ、溶岩を二次流出させてできた塚。
  • 熔岩樹型 lava tree, lava tree mold - 溶岩流が樹木を巻き込んで固結した時にできる円筒形の空洞。
  • 節理 joint - 冷却する過程においてできる割目。ただし溶岩流以外でもできる。
  • 偽クレーター pseudocrater - 溶岩流が湿地や湖沼を覆って水を閉じ込めると水蒸気爆発が起きてできることがある。
  • キプカ kipuka - 溶岩流に囲まれて島のように残った場所。
  • マグマが水中に噴出した場合は、急冷されて枕状溶岩ハイアロクラスタイト英語版となる。

溶岩流の例[編集]

極めて大規模な溶岩流[編集]

大陸地域で非常に膨大な量の玄武岩質溶岩が噴出しできたと考えられている玄武岩の巨大な岩体のこと。 デカン高原シベリア・トラップコロンビア川台地などがある。

溶岩流と人[編集]

溶岩流に襲われる住宅地
(キラウエア)
溶岩流を突く観光客
(キラウエア)

人が溶岩を踏み抜いて、真っ赤な溶岩の中に落ちたことがあるが、すぐにすくいあげられて、両足に大やけどだけで済んでいる[3]。このようにすぐには炭化や融けることがないのは人体に水が多く含まれているからである[3]

防災面では、溶岩流の流下速度は緩やかであり人の避難は容易である。しかし、溶岩が流れていく先に人の財産がある場合はしばしば人との間で攻防が起こる。たとえば、1973年、アイスランドエルトフェットルの噴火では、港の入口に迫る溶岩流にポンプ車で海水を大量にかけ、溶岩を冷やして固め、港の閉鎖を防ぎ島の重要な産業であった漁業を守ることに成功している。

アメリカのハワイ島のマウナロアキラウエア、イタリアのエトナでもしばしば溶岩流との攻防が起きている[4]。日本では、三宅島の1983年の噴火、伊豆大島の1986年噴火で、溶岩流の進行を抑えるために散水が試みられている[4]

一方、人と溶岩流の相性は悪いものだけでなく、先述のハワイ島では、溶岩流が観光の資源の一つとなっており、溶岩流を観察したり、溶岩をすくったりするツアーが行われるなど、人と溶岩流が共存している場所もある。また、溶岩流が冷え固まった後でも、その地形は希少であるため観光資源となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、174頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ a b c d 出典: 溶岩流 (PDF) - 群馬大学 早川由紀夫、2016年10月閲覧
  3. ^ a b 出典: 群馬大学 早川由紀夫 2016年10月4日のツイート、2016年10月閲覧
  4. ^ a b 出典: 溶岩流の制御と防災 - 山梨県富士山科学研究所、2016年10月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]