シベリア・トラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
位置

シベリア・トラップ: Siberian Traps)は、ロシアウラル山脈の東に、中央シベリア高原を中心として広がる洪水玄武岩である。緯度50 - 75度、経度60 - 120度にわたる面積2,000,000km2は、西ヨーロッパの面積に匹敵する。最大深さは4km。 噴出時の溶岩の高さは20km。地球史上最大の噴火。直径1000kmの噴火口(パンゲアの真ん中に地下2900kmの地殻から吹き出すス-パープルーム)の証拠は、今に残る幅100km、長さ1000kmの裂け目にある。

2億5100万年前のP-T境界頃に200万年以上続いたと考えられる大規模な火山活動で、マントルプルームシベリア・クラトンを貫いて噴出したもの。凝灰岩火砕岩が分布し、珪長質である流紋岩かんらん岩を伴うことから、爆発的噴火があったことが分かる。これにより、当時の陸上生命体の9割、海中生命体の3割が絶滅したと推定される。2000年以降は、ライデン大学ケンブリッジ大学の共同研究の結果、シベリアの洪水玄武岩中に含まれるウラントリウムの放射年代測定の結果が2億5100万年前に一致しないため、巨大隕石の衝突を原因とする学説もある。また、ソヴィエト連邦の崩壊後は、プーチン大統領の指揮のもとで天然資源開発が進み、ノリリスクなどで大規模なニッケルパラジウムなどの天然資源や、核兵器原子力発電に用いるためのウラン採掘が行われている。


参考文献[編集]

井尻正二・端山良和(1984)『地球の起源と歴史』法政大学出版局

関連項目[編集]