ライデン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
校章
ライデン大学

ライデン大学オランダ語Universiteit Leiden)はオランダライデンに所在する公立大学である。日本語では「レイデン」と表記することもある。

概要[編集]

現在のオランダ国内にある大学としては最も古い[1]八十年戦争におけるネーデルラント側の指導者ウィレム1世によって1575年に設立された。現在でもオランダ王室オラニエ=ナッサウ家との繋りは強く、ユリアナ女王およびベアトリクス女王、また王太子ウィレム=アレクサンダーはライデン大学出身である。ベアトリクス女王は2005年にライデン大学から名誉学位を授与されている。

オランダ黄金時代にその隆盛を極め、このときにヨーロッパの多くの学者が、ネーデルラント連邦共和国(当時)の自由な学術的風土とライデン大学の世界的評価を理由にライデンを訪れた。この間、同大学は、ルネ・デカルトレンブラントフーゴー・グローティウスバールーフ・デ・スピノザポール=アンリ・ティリ・ドルバックといった人物の活動の拠点となった。地球の年齢を推定した地質学者ジェームズ・ハットンも1749年に、医学校で学び、医学の学位を取得している[2]

ライデン大学には、現職オランダ首相マルク・ルッテを含む10人のオランダ首脳、また、第六代アメリカ合衆国大統領ジョン・クインシー・アダムズNATO事務総長国際司法裁判所所長などの国際政治・司法のリーダーが所属していた。また、16人のノーベル賞受賞者が、学生または教授として所属している(アルバート・アインシュタインエンリコ・フェルミなど)。

6学部・50を越える学科・150以上のコースを有する同学は国際的にも高く評価されており、上海交通大学による世界研究大学ランキングでは77位(2014年)、『Times Higher Education』誌の世界大学ランキングでは64位(2015年)にランクされている[3]。分野別では人文学系が強く、同『Times Higher Education』のArts and Humanitiesでは17位(非英語圏では世界トップ)にランクされている[4]。40以上の国内・国際研究施設を保有し、エウロペウム(Europaeum)、コインブラ・グループヨーロッパ研究大学連盟などの大学連盟に加盟している。

日本との関わりは深く、シーボルトが同大学で研究していた為、大学やその他付属の機関に彼が日本から持ち帰ったものが所蔵されている。また、世界で最初に日本学科が設置(1855年)されたのはこのライデン大学であり[5]、現在は小和田恆国際司法裁判所判事が名誉教授として所属している[6]西周はオランダ留学中にフリーメイソンに入会しているが、その署名文書がライデン大学に現存している。

教員[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 低地地方(ネーデルラント)最古の大学は1425年設立のルーヴェン・カトリック大学であるが、これは現在ではベルギー領内に所在する。
  2. ^ ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 101ぺーじ
  3. ^ International rankings”. Leiden University (2015年). 2015年12月11日閲覧。
  4. ^ Subject Ranking 2015-2016: arts and humanities top 100”. Times Higher Education (2015年). 2015年12月11日閲覧。
  5. ^ THE The Top 200 World Universities”. Times Higher Education (2008年). 2009年12月1日閲覧。
  6. ^ Hisashi Owada”. Leiden University (2015年). 2015年12月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 ISBN 4-393-32219-3

外部リンク[編集]