メリリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メリリャ
Ciudad Autónoma de Melilla
Flag of Melilla.svg Coat of Arms of Melilla.svg
紋章
スペイン領メリリャ
面積
 – 総面積
 
20 km²
人口
 – 総人口 (2005)
 – 人口密度

 65,488
 3274.4/km²
住人の呼称
 – スペイン語

melillense
自治法 1995年3月14日
ISO 3166-2:ES ES-ML
議席割当
 下院
 上院
1
2
首長 フアン・ホセ・インブローダ・オル
ティス(PP
メリリャ政府公式サイト

メリリャ[1][2][3]メリージャ[4]スペイン語: Melilla, アラビア語: مليلة )、またはタムリットベルベル語:Tamlit)は、モロッコ地中海沿岸にあるスペイン飛地領自由貿易港であり、主要な産業は漁業

概要[編集]

メリリャの地図

面積は約12 km²。人口は2017年時点で8万人程度[5]1995年3月14日まではマラガ県に属したが、1995年以降自治権をもつ。国会下院に1議席、上院に2議席を有する。

住民[編集]

かつて中継貿易やアフリカ植民地支配の足掛かりとして隆盛したメリリャは、第二次世界大戦以降、北アフリカ諸国の独立に伴い、地政学上の重要性が低下すると急速に衰退した。中継貿易などに従事していたスペイン系住民の一部は本国に引き揚げた。代わりにモロッコ系住民が周辺部から流入した。近年はアフリカ諸国からヨーロッパへの移住を目指す移民難民が増え、居住者の半分以上はムスリムである[6]

歴史[編集]

古代フェニキア人によって建設され、カルタゴローマ帝国に相次いで占領された[3]。ローマ帝国衰退後はウマイヤ朝アッバース朝イドリース朝ファーティマ朝ムワッヒド朝マリーン朝ワッタース朝に支配された。古称はルサディール(Rusaddir)[3]イベリア半島レコンキスタは、1492年に最後のイスラム王朝であったナスル朝グラナダ王国が滅びて一段落した。余勢をかったカスティーリャアラゴン連合王国は、地中海南岸のイスラム系港湾都市のいくつかを攻撃し、勢力下に収めた。メリリャは、1497年に占領された港湾都市の一つである[3]。反攻態勢を整えたイスラム系のサアド朝16世紀中に多くの領地を回復したが、港湾都市であるセウタとメリリャ、モロッコ南部のイフニはスペイン領として後々まで残された。1954年に独立したモロッコ王国は直後にイフニを回復し、現在もメリリャとセウタの領有を主張している。スペイン側は「固有の領土」と主張して応じていない。2007年11月にスペイン国王夫妻がセウタとメリリャを訪問したことに対して、モロッコ王国は駐スペイン大使を召還したため、両国の関係に緊張を招くこととなった[2]

交通・経済[編集]

メリリャ市街

港だけでなくメリリャ空港を有し、首都マドリードやスペイン本土南岸のマラガアルメリアとの間に空路が開設されている。マラガ、アルメリア、モトリル港とはフェリーも就航している。船は片道6時間以上の時間が掛かるため、住民の食料品や生活物資の多くをモロッコに依存している。民生を支えるためモロッコ側からの入国審査を簡素化し、輸入関税を安く設定している。モロッコ側の住人や商人はこうした措置を逆手に取り、海外(特にEU地域)製品を買い付ける場として活用している。人口8万人規模のメリリャの街を訪れるモロッコ人(多くは個人の買い物客や零細貿易業者)は一日当たり約3万人に及ぶ。非公式ながらモスクもあり[7]、町ゆく人々や街並みはモロッコ国内とあまり変わらない風景となっている。

亡命中継地[編集]

経済的に困窮したサブサハラアフリカの住民がヨーロッパ方面へ亡命する中継地の一つとして、メリリャが選ばれることがある[8]アルジェリア以東の北アフリカ・アラブ世界の混乱から逃れて来る人も多い。こうした過程でイスラム過激派に傾倒したり、スペインの言葉や文化に馴染めない反感からスペイン国旗を焼いたりする者もいる。メリリャ当局は不法移民を防ぐため、モロッコとの国境に高さ6mの金属フェンスを張り巡らせている[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辻原康夫 『世界の地名ハンドブック』 三省堂1995年、343頁。ISBN 4-385-41028-3
  2. ^ a b モロッコ王国(各国地域情勢)”. 外務省. 2012年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d 『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P1051。
  4. ^ 八嶋由香利 「スペイン人とは」『スペイン(ヨーロッパ読本)』 碇順治(編)、河出書房新社2008年、14頁、35頁、36頁。ISBN 978-4-309-61904-0
  5. ^ テロの火種、壁の両側に スペイン領メリリャ/モロッコ朝日新聞』朝刊2017年9月3日
  6. ^ テロの火種、壁の両側に スペイン領メリリャ/モロッコ朝日新聞』朝刊2017年9月3日
  7. ^ テロの火種、壁の両側に スペイン領メリリャ/モロッコ朝日新聞』朝刊2017年9月3日
  8. ^ “ヨーロッパに密航するため 200人のサハラ移住者が同時に国境の壁を登る”. japanese.china.org.cn (japanese.china.org.cn). (2014年2月19日). http://japanese.china.org.cn/life/2014-02/19/content_31523370.htm 2014年4月21日閲覧。 
  9. ^ テロの火種、壁の両側に スペイン領メリリャ/モロッコ朝日新聞』朝刊2017年9月3日

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度18分0秒 西経2度57分0秒 / 北緯35.30000度 西経2.95000度 / 35.30000; -2.95000