島国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界の島国: 領土がすべてから成る47か国
ナウルの衛星画像
全領土が1島から成る
インドネシア
全領土が18,110島から成る
参考: 陸上の国境を持たない国

島国(しまぐに、英:Island country)とは、領土で構成されるである[1]

領土を構成する島の数は、1島のナウルから18,110島のインドネシア[要検証 ]とさまざまである。

日本は6,852の島から成る島国である。[2]

2014年時点で、島国は、国際連合の加盟国193か国中、47か国である[3]

概要[編集]

「島国」は国語辞典などをみると、『四方を海に囲まれた国』『周囲を海で囲まれている国』などと表記されている。しかし、オーストラリアは『四方を海に囲まれた国』だが大陸とみなされており、(オセアニア・太平洋の島国一覧 参照)『四方を海に囲まれた国』であっても、それが島国とは限らない。(世界の島国 右上図表参照)

島国の面積は、ナウルの21平方kmからインドネシアの191万9440平方kmまでさまざまである。

周辺は海洋であるため、海洋からの資源(食糧など)、船舶による貿易を容易にする条件が整っている場合がある。交易ルートとして栄える地域も多い。気候条件はさまざまであるが、気温の年較差が大陸より小さく大陸性気候にはならない。

経済[編集]

大消費地域に近い、もしくは航路上に位置する場合は、交易によって発展しやすい傾向がある。シンガポールはまさにこの例であり、国際開運の要地となっている[4]近代に至るまでは船舶は速力が遅く、頻繁な補給が必要であった。船員も現代のタンカーのように数人~10人程度という少人数ではなく、数十人という場合もあった。このため、頻繁な食料補給が必要となり、島国は貴重な補給基地として活用された。寄港地には、船舶によって運搬されてきた物品を扱う交易所や食文化が発展する傾向が見られる。

海洋資源魚類など)の採取によって動物性蛋白質を得ることが容易な島国が多い。

気候風土[編集]

亜寒帯寒帯では海流によって気候が一定に保たれている事も多い。

国土が狭い島国では河川湖沼などの形で雨水が残り難く、井戸を掘っても海に近い地域では塩水井となってしまう。農耕に適するだけの水が得がたい地域も少なくない。

環境問題[編集]

地球温暖化に伴う海面上昇によって、沿岸部に開けた平地が水没する危険もある地域も出てきている。特に海抜の低い太平洋諸国において、国土が縮小しており、いずれ国土そのものが消失してしまうのではないかという危機に直面している。ツバルモルディブなどでは海面上昇が死活問題ともなっている。モルディブは海面が1m上昇するだけで、国土の80%が海に沈むという予測されており、深刻な状況である[5]

国防[編集]

共通点は少ないものの、近代以前は軍団を大量の船舶で輸送しなければ島国を攻撃することはできない。攻撃されても守備側有利の上陸戦を行えるため、攻撃すら受けない場合が多く、極端に対外戦争経験が少ない国もある。近代以後も国防は海上防衛を中心とすることが多い。

航空機が登場してからも攻撃側と同程度の軍事力を備えた島国への侵攻は容易ではなく、例えばイギリスはバトル・オブ・ブリテンにおいてナチス・ドイツからの航空攻撃を防ぎ切ってドイツのイギリス本土上陸作戦(アシカ作戦)を中止させるに至った。

とはいえ、島の上に国境線が引かれ、他国と島を共有している場合、陸路侵攻される可能性があることから陸軍も重要となる。実際、ハイチは歴史上においてドミニカ共和国を攻撃している。またキューバ島にはキューバ政府と敵対する米軍グアンタナモ米軍基地が置かれており、米国・キューバ両国が防衛を強化している。

分類[編集]

島国にも様々なタイプがある。一概にまとめることはできないが、いくつかの分類を提示する。

  • 大陸に近いが、国土規模の小さな国
    • キプロスシンガポールバーレーンなど…文化的にも政治的にも大陸国家の影響を強く受けており、その植民地などであった時代が長く、独立は比較的最近のことである。
  • 大陸から離れているが、国土規模の大きな国
  • 大陸から離れた、国土規模の小さな国
    • アイスランドインド洋諸国、太平洋諸国(ニュージーランドを除く)など…文化的にも政治的にも独自の発展を遂げていたが、西欧諸国やアメリカ合衆国などに征服されるか、影響下におかれた歴史があり、これらの国からの移民が多数を占めている場合もある。

こういった区分はあくまでも恣意的なものであり、全ての事例に対して当てはまるわけではないことは明記する。海洋国家として覇権を握ることに成功した、大陸に近い大きな島国を除き、近代以降は西洋文明の進出により多くが植民地化、半植民地化されていき、こういった特性は次第に薄れていった。それでも国防上、強力な海軍を擁したり、経済上巨大なを建設するなどの特性はあったが、現代に入り、航空技術の発展や経済情報グローバル化、植民地独立の達成により均質化が進み、そういった特性も次第に薄れつつある。

「島国」という言葉の持つその他の意味[編集]

島国根性[編集]

島国に住む人の、その地域(国家)特有の住民性を指して島国根性(しまぐにこんじょう/英:insularism)と呼ぶ場合がある。 一般に、外部に対して排他的であり、多様性を許容しない性質を持ち、自国の資源や思想に依存している様子を指す。島国的とも言い、政治・経済がグローバル化する中では特に良い精神性とは受け取られない事が多い。

侮蔑的表現[編集]

日本の近隣諸国で、韓国北朝鮮等では、小中華思想事大主義の観点から、大陸の周辺たる島国の日本に対して、歴史的・文化的劣等視する侮蔑的表現として「島国」という言葉を使うことがある[6][7]。また世界経済がグローバル化する中で、日本人の英会話能力が突出して低い事や国家間の自由貿易に消極的である点などから経済的に孤立しようとしている事を「島国根性」と揶揄する事例もある[8]

脚注[編集]

  1. ^ 参考 - 2015年5月時点での英語版記事での定義: a country whose primary territory consists of one or more islands or parts of islands.
  2. ^ 『日本統計年鑑』(総務省統計局)「1 - 1 国土構成島数,周囲及び面積」
  3. ^ 英語版記事による。
  4. ^ http://www.nara-wu.ac.jp/fuchuko/curriculum/trip/95singapore/BF_SINGA.html/BF_SINGA24.html
  5. ^ http://getnews.jp/archives/906929
  6. ^ 「島国日本」と不適切発言 韓国駐日大使、与党も苦言(産経新聞2008年7月22日)
  7. ^ 『ジャップ』の次は『島国日本』北朝鮮また国連で批判 (東京新聞 2003年11月15日)
  8. ^ http://edu.86to81.net/index.php?BasePage/129/article_id/001/334/0.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]