ガラパゴス化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガラパゴス化(ガラパゴスか)とは、日本のビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で製品やサービスの最適化が著しく進行すると、外部(外国)の製品との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い製品や技術が外部から導入されると、最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島生態系になぞらえた警句である[要出典]ガラパゴス現象ガラパゴス症候群ともいう。

ガラパゴス化の背景[編集]

この国際競争の側面における言葉の背景としては、オープンソースであっても独自様式に流れがちなエンジニア[1] や、日本市場で独自の進化を遂げた携帯電話世界標準からかけ離れてしまう現象[2] を指すため代名詞的に用いられていた。同時期に生まれた言葉として「パラダイス鎖国」が挙げられる。

ガラパゴス化というキーワードが正確にいつごろ発生したのか定かではないが、2004年11月30日に行われた「Open Source Way 2004」で、当時VA Linux Systems Japanのマーケティング部長・OSDNユニットのユニット長の佐渡秀治が、講演「OSS界のガラパゴス諸島、ニッポン」[3]の中で、言語の障壁に由来する日本人のオープンソースソフトウェアに対する姿勢について述べる際に「ガラパゴス」の表現を使用したことがきっかけではないかとされている[4]。総務省が2006年10月より開催したICT国際競争力懇談会[5] および、そのWG(ワーキング・グループ)では、小野寺正野村総合研究所のNRI知的資産創造2006年11月号に北俊一が寄稿した論文「携帯電話産業の国際競争力強化への道筋-ケータイ大国日本が創造する世界羨望のICT生態系-」[6]を取り上げたことにより[7]、この記述が議事要旨[8] および最終とりまとめ[9] で活字化され、携帯電話関係者の間ではある程度認識される用語となった。

その後、2007年12月の、野村総合研究所2015年プロジェクトチームのコメント[10] や著作『2015年の日本 -新たな「開国」の時代へ-』[11] でも述べられ、より一般に広まった。

書籍では、非製造業が公的制度・商慣行面で日本市場に最適化している現状を「ガラパゴス化現象」と表現し、そこからの脱却(地域社会の開国、いわゆるグローバル化)を説いている。

ガラパゴス諸島の位置。大陸からおよそ900キロ離れたガラパゴス諸島では、独自の生態系が発達した。

野村総合研究所オピニオン[12] は、以下のように定義づけている。

  1. 日本国内には、独特な環境(高度なニーズや規制など)に基づいたサービスの市場が存在する
  2. 海外では日本国内とは異なる品質機能の市場が存在する
  3. 日本国内の市場が独自の進化を遂げている間に、海外市場では「デファクトスタンダード」の仕様が決まる[注釈 1]
  4. 気がついた時には、世界の動きから大きく取り残される

野村総研が例に挙げたのは、上記の携帯電話Felica方式非接触ICカードISDB方式地上デジタル放送建設業である[13]。さらに書籍『ガラパゴス化する日本の製造業 産業構造を破壊するアジア企業の脅威』(2008年)も出版され、一般に広まった。

ガラパゴス化の傾向[編集]

十分に大きく単独で成立する、特異性の強い市場の存在が前提となる。この市場内で成功する戦略として、ローカルなニーズに基づいた独自進化の推進が考えられ、特化した高水準の製品やサービスが誕生する。一方でこれとは逆に、より多くの市場のニーズを同時に必要十分満たすという戦略も成り立つ。世界的に無視できないシェアを得れば、事実上の標準となる可能性が出てくる。

このとき、高水準の少数派は低水準の多数派に対し、規格争いで不利となる。日本に限らず、各国独自のレギュレーション(法律・規格・法規など)を背景に消費者のニーズが生まれている例も多く、日本においては発泡酒第三のビール、アルコール分(度数)が39%以下の国産オリジナルウイスキーハイニッカサントリーレッドエクストラを除くトリスウイスキーシリースブラックニッカクリア等)、小型自動車(サイズL4.7xW1.7m・排気量2L以下(ガソリンのみ)のいわゆる4/5ナンバー車)、軽自動車などがある。しかし、国際規格(デジュリスタンダード)は、日本独自のニーズとは別に存在しており、規制回避に特化した技術には競争力がない。ただしその一方で、国内規格の自動車が輸出または現地生産[注釈 2]されているように、商品そのものに競争力があれば問題はない。

全体の傾向としては、日本独自(あるいは一社だけの)の規格を採用したり、日本(人)固有(日本語や日本文化、日本の環境・レギュレーションなど)のニーズに基づいて商品を開発したりすることで日本の消費者を囲い込む。1億人強しかいない日本市場での消費者を取り込んでいるという状況にあるので、顧客一人あたりの単価を上げることが追求され、高性能・多機能・高価格化が起こる。日本国外からの参入が阻まれ、一定の利益は上がるが、同じ商品で世界市場に参入することは困難な状況に陥る。その一方で、世界市場で営業を展開するグローバル商品は、万人受けを目指した結果国内市場の独特のニーズを満たさないうえ、サポート体制が脆弱なために日本国内での競争力がない。しかし時間が経過すると日本の製品は日本市場に封じ込められ、ニッチ的な高機能・高コスト化を強いられるなか、海外製品は世界市場での切磋琢磨と生産力の増強から最終的に国内製品の機能を代替できるものとなり、グローバルモデルが(全部ではないにしても一定数の)日本人の要求も満たすようになってくる。このタイミングでグローバルモデルのサポート体制が日本国内でも整えられると「安くて高性能、日本語にも対応」の海外製のグローバルモデルが一気に流入し、それに太刀打ちできない日本独自仕様製品の敗北という結末に結びつく。

コンテンツ分野におけるガラパゴス化については、かつての浮世絵のように日本市場の中で培われた独特の表現が魅力になることもあり、その典型例が漫画アニメテレビゲーム特撮などである。こうしたものは日本人にすら理解しがたい「内輪受け」的な記号に満ちており、ある種「ガラパゴス化」の極北だが、こうした作品が世界各国に輸出されファンを得たことで、海外のオタクが生まれている。任天堂DSWiiニンテンドースイッチのように国際的な「デファクト」として成功しうるのであれば、国内独自規格であることが必ずしもただちに不利ではないという主張もある[14][15]。ガラパゴス化という語を肯定的に使う内田樹五木寛之のような文化人もいる。

工業製品・規格のガラパゴス化[編集]

パーソナルコンピュータ[編集]

1980年代後半の世界では、PC/AT互換機パーソナルコンピュータ(パソコン)の業界標準として普及していたが、日本語表示のできないPC/AT互換機は日本ではほとんど売れず、日本では日本独自の機種であるPC-9800シリーズ日本電気、以下NEC)が日本国内で圧倒的シェアを占めており、X68000シャープ)・FM TOWNS富士通)など日本独自仕様のアーキテクチャを持ったパソコンが普及していた。これは日本語の表示(フォント)データをハードウェアに組み込むことによって日本語の表示と入力の効率を高めるなど、日本独特のニーズに応える商品開発を行っていたためである。この結果、日本のパソコンは1990年代初頭にはPC/AT互換機との価格差が顕著となった。国産では日本語表示をグラフィックボード(JEGAボード)を内蔵したAXマシーン。海外製のパソコンではソフトウェアのみで日本語の表示と入力(ソフトウェアIME)を実現したMacintoshも存在したが、ハードウェア(日本ではなぜかアメリカ以上に高値がつけられていた)や、日本語に対応したソフトウェアが高価であったことから普及は進まなかった。

ところが、1990年代に入るとDOS/VMicrosoft Windowsの登場により、PC/AT互換機においても(パソコンの高速化により)ソフトウェアのみでの日本語表示が実用化された。これにより、安価で高性能なPC/AT互換機が一気に日本市場に流れ込み、日本の市場を席巻する。逆に、WindowsはあくまでPC/AT互換機を基本に設計しているため、PC-9800シリーズでの対応は次第に困難となり、NECからもPC/AT互換機のPC98-NXシリーズが発表されるに及んで、PC-9801より続いた独自アーキテクチャは幕を引くことになった。

2010年代初頭の世界のパソコン市場では、ラップトップに強い東芝(のちに同社のPC事業は子会社の東芝クライアントソリューションが継承)が国内ではdynabook(←DynaBook)、海外ではTecra、Portégé、Satelliteによりかろうじて5%のシェアを占め、ようやく5位のシェアを保っていた。なお、東芝は1980年代からIBM互換のノート型パソコンを製造しており、逆に日本規格が日本市場で寡占状態のときには日本でのシェアは少なかった。つまり、東芝というメーカーがガラパゴス化していなかったために2010年ごろまでの世界シェアがあったともいえる[16]。しかしながら同社は、円高の進展とPCのコモディティ化に伴う低価格化と競争激化についていけず、その後、PC事業は赤字化した。2014年9月には、一般消費者向けのBtoC分野を大幅に縮小し、ビジネス向けのBtoB分野に注力する旨を発表した[17]コモディティ化が極度に進んだ結果、2010年代にはパソコン市場はほぼ中国を拠点とする企業で占められるようになった。2015年1月のガートナーによる調査では、2014年度におけるPC世界出荷台数のトップ5は、LenovoHPDellAcerASUSとなっており(HP・Dellは米国資本、Acer・ASUSは台湾資本だがいずれもPC事業の拠点は中国本土である)、もはや東芝は、トップ5には含まれていない[18]

親指シフトキーボード[編集]

1980年代、日本語ワードプロセッサーが家電メーカーから多数発売されたが、富士通は、自社のOASYSシリーズにおいて、JISキーボードのほかに、親指シフトキーボードと呼ばれる独自のキー配列のモデルを投入した。「かな入力方式」なので高速に入力でき、小指シフトをつかわないので腱鞘炎になりにくいので作家などの愛好家が多い。しかしローマ字入力方式が広く普及したことと、国が定めるJISに採用されなかったことから普及しなかった。2020年まで富士通が生産し続けてきたが、2021年5月で終了する[19]

携帯電話[編集]

日本における携帯電話[編集]

SoftBank 923SH。のちに「ガラパゴスケータイ」(ガラケー)と呼ばれる超高機能携帯電話の例。日本でiPhoneが発売された2008年7月当時のフラッグシップモデルだった。

日本における携帯電話は、その初期から世界最先端の独自技術を多く採用し、その性能や機能は世界最高水準であった。しかし、日本の携帯電話は海外市場ではほとんど売れず、その特異現象からガラパゴス化という用語が生まれた。

まず、日本の携帯電話のガラパゴス化の背景として、電電公社の影響や、携帯電話の普及と発展を奨励するためとられた産業政策が挙げられる。たとえば、欧米の多くの国では携帯電話の通話に使われる周波数は国家がその使用権を競売にかけ、その収益を国の財源とする方式をとったが、日本においては携帯電話の通話に使う周波数を国が無償で携帯電話事業者に貸与する政策がとられた。海外の携帯電話事業者は周波数の獲得に数百億円もの費用を費やさねばならなかったため、そのぶん技術開発および価格戦略において日本に大いに遅れをとったが、このような費用負担のない日本の携帯電話事業者は、その浮いた費用を携帯電話網の設備更新や端末販売奨励金の原資に費やすことができ、日本では最先端の携帯規格や技術が世界に先駆けて普及し、通信事業各社が独自の規格を開発しその設置および普及につとめるという現象が起きた。

しかしながら日本においては、業界優遇政策の一環として携帯事業者による消費者の囲い込みが長らく許容されていた。独占禁止法や公正取引規制によって消費者の選択の自由を保護する政策を採用した国では、番号ポータビリティ(MNP)により契約変更後も電話番号を変える必要がなかっただけでなく、SIMロック解除やSIMフリー端末も早々と普及していた(日本でのMNPの導入は2006年10月、SIMロック解除は2010年代に順次開始。ただしSIMロックが諸外国にないということはない)。

そのため、諸外国では日本に比して携帯電話端末および通話サービスの選択の自由があるところが多く、プリペイドなどの携帯サービスも充実していた。日本はこのように消費者の権益を守る法的整備を欠いたため、携帯電話事業者がキャリアメール、SIMロック端末、独自コンテンツサービス、携帯契約などのさまざまな障壁を積み重ねることによって消費者を強固に囲い込むことが可能であり、当時最先端のネット機能と引き換えに、結果として既存顧客の流動性が極端に低い状態に陥った。

このような背景のもと、それぞれの通話業者は顧客一人からの月間収入(アベレージ・レベニュー・パー・ユーザ、ARPU)を上げて利益を上げるため高度で多機能なサービスを提供する一方で、ARPUの低いプリペイドサービスなどは廃止もしくは縮小されていく。さらに通信事業者が消費者を強力に囲い込んでいるため、携帯電話メーカーが通信事業者に従属するという状態の中で、メーカーは携帯電話事業者の要望に沿い、多機能だが世界的には類を見ず、かつ商品寿命が短く互換性も極端に低い一社専用ハイエンド携帯電話、後に言うところのガラパゴスケータイに重点をおいて開発することとなり、日本国内の電話仕様は、世界的な標準とは大幅に乖離していく。

一方で、海外では周波数獲得に膨大な費用がかかることや、消費者の流動性がきわめて高い状態にあったなどの事情から、設備投資と開発費を節約するため通信の規格統一がいち早く行われる。特に通話品質などでは劣るが比較的にコストが安価であるGSM陣営側では、通信基本仕様は、GSMでGCF(グローバル・サーテフィケーション・フォーラム)をパスする、データ仕様はOMA(オープンモバイルアライアンス)仕様準拠というのがスタンダードで、その標準仕様からそれぞれの事業者に応じたカスタマイズが可能であったため、短期間でGSMは事実上の世界標準となる。しかし日本は独自のPDC方式による独自の端末やサービスが普及していたことで、海外の携帯電話機メーカーと携帯電話事業者の日本進出を阻むとともに、日本の携帯電話機メーカーにとっても世界進出が困難となっていた。このような世界市場との隔絶および日本市場の規模の小ささ(年間4000万台程度の端末需要を事業者がさらに分割して専用電話の開発が必要)から、モトローラノキアボーダフォンといったグローバル市場を重要視する企業では、日本から撤退する動きが続き、そのことが一層ガラパゴス化の進展を促進した。

携帯電話などの通信規格競争[編集]

携帯電話の通信規格の分野においては、アナログ方式である1Gでは各国独自の規格が展開されていたが、日本国内において2G以降、日本独自規格であるPDCに対し米国独自規格のcdmaOneが流入し競争となった。また同時期、世界でのデファクト(欧州におけるデジュリ)はGSMであった。3G以降はIMT-2000として国際規格化(真のデジュリ)化が図られ、日本独自規格はほぼ一掃された。

3GにおいてはW-CDMAが世界でデファクト化したが、これは欧州の携帯電話事業者と日本のNTTドコモが主導した規格である。米国由来のCDMA2000と派生規格は日本国内でも3.5Gまでは採用されたが、3.9G以降は方式に差異こそあれLTEにほぼ収斂した。

簡易携帯電話としてスタートしたPHS(公衆モード)も日本独自規格であり、高度化PHS、次世代PHS(XGP:eXtended Global Platform)、AXGPと独自の進化を遂げたが、PHS(公衆モード)が中国、台湾で一部普及しただけであり(いずれもサービス終了)、日本でもPHS(公衆モード)および高度化PHSが2018年3月で新規契約受付終了となり[20]、XGPはITU-R M.1801に採用されたがほとんど普及せず、AXGPのみがSotfbank 4Gなどにて継続している。

なお、無線アクセス分野では2010年代、国際規格のモバイルWiMAX(および後継規格)が主流である。PHS、高度化PHSにおいてもモバイルデータ通信定額制など、無線アクセス的サービスも提供された。

スマートフォンの躍進[編集]

前述のように日本の携帯電話におけるインターネット接続サービスは、携帯電話では世界初となる「iモード」や競合事業者の類似サービスにより、フィーチャー・フォン上にて独自仕様として提供されていたが、スマートフォンの流入により終焉を迎えることになる。

2006年、ようやく欧州で3Gサービスが立ち上がった[6]。2007年6月、アップル社がAppストアによるアプリケーション市場の開放によって、スマートフォンを再定義したiPhoneで、まず北米で携帯電話市場に参入した。アップル社は、単に携帯電話市場に参入しただけではなく、iPhoneの持つ圧倒的な商品力を背景に、携帯電話産業の産業構造を変えることに成功した。すなわち、リベニュー・シェアリングモデル、携帯電話仕様決定権の事業者からの完全奪取、Appマーケットでのビリングおよび機器アクティベーションのアップル社管理などに代表される、従来のビジネス慣行の完全な書き換えである。

このiPhone第一世代モデルはGSMサポートのみであったため、日本への影響はほぼ皆無であった。しかし、2008年7月に第二世代モデルであるiPhone 3Gが世界同時発売され、日本においてもソフトバンクモバイル(後の新ソフトバンク)によるSIMロックつきでの独占販売がはじまると、iPhoneの普及が始まった[注釈 3]。アップル社は日本国内の出荷数を公表していないが、市場調査会社MM総研によれば、2008年7月から2010年3月まででiPhone 3GとiPhone 3GSを合わせた累計出荷数は約230万台であった。アップル社は、ソフトバンクモバイルに対しても同じくビジネスモデルの書き換えを要求し、実現させた。

2008年10月に、Googleが開発するAndroidプラットフォームによる最初の携帯電話、T-Mobile G1(HTC製)がアメリカ合衆国で発表された。日本では、ドコモよりHT-03AHTC Magicのドコモ版)が2009年7月より発売されたが、この携帯電話はNTTドコモ独自の仕様を満たしておらず、逆に、NTTドコモはガラパゴス色の抜けた新サービス体系であるspモードを導入する必要があった。Androidはオープンソースであったため、携帯電話メーカーの参入が続き、外来的なAndroid携帯電話がソフトバンクモバイルとNTTドコモより多数発売された。これらの外来的Android携帯電話の多くは、特定のキャリアのみに通用するような特殊仕様がほとんど除かれている。最後まで残ったKDDI沖縄セルラー電話連合(各au)も、同キャリアのみの仕様を搭載させることのできる国内メーカーの協力により2010年11月26日に発売されたIS03(CDMA SHI03・シャープ製)で、ようやくスマートフォンを導入した。

三大事業者からスマートフォンが販売されるに及んで、従来の国内一社専用モデルの多機能携帯電話(ガラパゴスケータイ。以下ガラケー)からスマートフォンへの需要のシフトは、より鮮明となった。MM総研による2010年度の国内携帯電話出荷台数推計では、スマートフォンは総計855万台で、前年比3.7倍、シェアは22.7%であった[21] 2019年度のスマートフォン出荷台数は約2800万台であり携帯電話の出荷比率の89.7%を占めた[22]

NOTTVは2016年6月30日にサービス終了したが、Android端末を「ガラパゴススマートフォン」化する事によりNOTTV対応端末としていたため、NTTドコモがNOTTV非対応のiPhoneに参入する一方、ガラパゴススマートフォンを生産していた国内メーカーが相次いで撤退するなど、契約数が伸び悩み撤退につながった[23][24]

iPhoneの逆ガラパゴス化[編集]

日本市場はiPhoneが強いため、Apple側も日本市場に配慮した機能を付ける事がある。2016年、Apple Payの日本国内展開において、アップルはほとんど日本でしか普及していないFeliCaを採用し、国際規格(ISO/IEC 14443)をベースとするVisa payWaveAmerican Express Contactlessなどの採用を当初は見送っていた(非接触ICカードも参照)。Apple Payで対応できるクレジットカードは、国内イシュアのものの一部に限定されている(国際ブランドによる限定があるわけではない)[25][26]

その後のガラケー[編集]

スマートフォンが主流になって以降もガラケー需要はまだあり、2010年代ではスマホにガラケーの特徴を取り入れたガラパゴススマートフォン(ガラスマ)いうカテゴリーも出現(逆の意味として「グローバルスマートフォン」がある)しており、スマホ登場時には搭載されていなかった(ガラケーに搭載されていた)各種ガジェット類(おサイフケータイ)が実装されている。またスマホの抱える問題(バッテリーの持ちや維持費、タッチパネルへの抵抗感など)から、ガラケーの需要は依然として根強く残っており[27]、ガラケーの長所はそのままに、Androidを搭載し、4G LTE、WiFi、テザリングにも対応する(ただし、WiFiとテザリングの対応に関しては一部機種に限り例外あり)など、各社ともスマホ特有とされていた機能を取り込んだ「ガラホ」を[28]、細々とではあるが、ラインナップを残している。

韓国における携帯電話[編集]

韓国では、2.5世代と定義されるアメリカのクアルコム(Qualcomm)社のcdmaOne(IS-95)という方式を全面的に採用して孤立状態から脱却したのを契機に、サムスン電子LG電子などが北米市場の参入に成功し現在の成功のもととなった。さらに、3Gの時代になって、日本と諸外国で共通のエアインタフェースが使われるようになっても日本メーカーの世界進出はきわめて不振であり、デンソー三菱電機パナソニック東芝(のちに同社の携帯電話事業は富士通東芝モバイルコミュニケーションズを経て富士通モバイルコミュニケーションズへ移管)、NEC、カシオ計算機などは撤退に追い込まれた[29]

携帯電話IP接続サービスも日本と同時期に始まっていたため、同様にガラパゴス化して競争力を失う可能性もあったが、固定回線インターネットやインターネットカフェが先に広まっていたことで人気を得られず[6]、結果的に阻止された。

PHS、コードレス電話[編集]

携帯電話のように使える公衆PHSおよび固定回線電話機のコードレス子機として使える自営PHSとして、日本独自規格のPHSが展開された。しかし家庭用電話機の子機としてのPHSの利用は縮小し、2.4GHz帯デジタルコードレス電話が普及した。2010年代頃から、デジタルコードレス電話の新方式として、ヨーロッパで普及しているDECTが日本にも導入され一定の普及を見ている。また、2020年、携帯電話と同様のTD-LTE互換コードレスが策定、開発中である(日本向けTD-LTEコードレスを「sXGP」と呼んでいるが、国外ではほぼ通用しない)。

ただし、DECTやTD-LTE方式(sXGP)の場合については、PHS向けの電波帯域を共用することから、一部改修された日本向けの電波規制規格に則っており、日本国外のこれらの方式の機器がそのまま利用できるわけではない[30][31][32]。sXGP方式については、公衆用LTE端末(所謂一般のスマートフォン)との技術共通性が高い事からローカル5Gとしての展望もある。

デジタルラジオ放送[編集]

デジタルラジオ放送は地上・衛星とも日本では殆ど普及せず、ヨーロッパから遅れてデジタルラジオi-dioを立ち上げたものの、市販端末が終に市販されないまま2020年3月に放送サービス自体の終了をみた。ヨーロッパ市場では、山進電子などの台湾発メーカーの後塵を拝している。

テレビ[編集]

2000年代以降、日本のテレビメーカーは海外勢に急速にシェアを奪われていった。

諸外国ではケーブルテレビセットトップボックスを通じてテレビを見ることが一般的なため、テレビはモニターとしての性格が強く、日本のデジタルテレビのような高機能は必要とされていないため、同じ解像度でも2000年代後半では日本市場価格の半額の機種が多かった[33]

デジタルテレビ放送[編集]

世界的にはDVBの採用国が多い。日本発のデジタルテレビの規格であるISDBは、ブラジルペルーアルゼンチンチリベネズエラなど南米大陸の多く[34][35]フィリピンなど、それなりに国際的に普及させることができた。しかし、普及しているのは、映像のコーデックにH.264を採用するなど改良を加えた、ブラジルから採用されたISDB-T Internationalであり、衛星放送向けのISDB-S、地上デジタルテレビ向けのISDB-Tは事実上日本だけの規格となっている。

また日本の地上デジタルテレビ放送が限定受信システム(CAS)として採用しているB-CAS地上RMP方式は完全に日本独自の規格である。このため日本国外のメーカーが日本国内でテレビを販売することが非常に難しくなっており、非関税障壁の一種であるとこれらのCAS方式を糾弾する評論家もいる[36]

端子[編集]

AV業界においてD端子という日本独自の規格が開発されたことにより、日本ではコンポーネント端子があまり普及しなかった。

カーナビゲーションシステム[編集]

日本は名前のない道路が多く、住所の記述から場所が明確に特定できないだけでなく、道路が狭く入り組んでおり、トンネルも多く高速道路が有料なためカーナビのニーズが高い。これを背景に日本が世界に先駆けてカーナビを商品化した。またこのような高いニーズを背景に日本では高価(数十万円)で高機能なインダッシュ型のカーナビゲーションシステムが圧倒的なシェアを1990年代まで保持しており、どのメーカーも国内市場に合わせてそのような商品開発に終始していた。

一方の欧米は日本と異なり、住所さえ分かれば確実にすべての住居や建物の正確な位置を一瞬で特定できる。よって、普通の道路地図があればほとんどの場合はこと足りる。北米はともかくヨーロッパでは道の入り組んだ古い町並みが存在するため、カーナビの用途は(地図を引く手間が省けるという程度)存在したが、日本の数十万円もする高価なカーナビは一部の高級車のオプションとしてしか普及しなかった。

2000年5月、米国国防総省GPS上のSA(Selective Availability、精度劣化措置)を停止。これにより、GPS単独での位置精度がそれまでの100メートル程度から10メートル程度へと飛躍的に向上した。これによってヨーロッパ市場では2005年ごろから、ガーミン、TomTomといったメーカーにより、GPSによる場所の特定と道順の指示だけで、トンネルに入ると機能しなくなると言った簡易的な機能を持つ、数万円程度のポータブルナビ(PND)が登場する。本体が小型軽量であり、自動車のダッシュボードへの取りつけ・取り外しが容易にでき、持ち運びがしやすい。さらに、自動車に限らず自転車や歩行時にもナビ装置としての利用が可能である。まずヨーロッパで市場普及が進み、その後北米にも展開した[37]

結果として、高価で持ち運びのできない高級車のオプションとしての機器の普及に執着したほとんどの日本メーカーは、日本以外の市場においてはオプションとしてインダッシュ型もまったく売れなくなり、世界市場の足がかりを失い、国内市場に封じ込められる状況となった[38]

さらに日本国内でも低価格PNDの流入や、国内メーカーの参入が相次ぎ、これまでの高級・高機能カーナビの市場を蚕食している。

さらに追い打ちをかけ、携帯電話の市場では2010年代に入り、GPSや慣性航法センサ類を搭載した高機能なスマートフォンの席巻を見るとともに、Google マップ(無料提供)を代表格とする、簡易型カーナビを含めた統合ナビゲーションアプリが普及し、ビッグデータ分析による道路渋滞情報の提供とあわせたルート検索機能が提供されている。

ポータブルナビ(PND)の流入や、スマートフォンによるカーナビの代替による市場蚕食により、従来の高級・高機能カーナビ市場はますますガラパゴス化の度合いを強めており、カーナビ専用機市場の今後の見通しが不透明さを増している[39][40]。唯一、レンタカー会社では未だにカーナビ搭載車に人気があるため、レンタカーの専用カーナビ搭載率は高い。

道路交通情報通信システム[編集]

前述のカーナビゲーションシステムと連携し交通情報を提供するシステム、道路交通情報通信システム(VICS)についてもガラパゴス化が指摘されている[41]。FM多重放送や、路側設置の光ビーコン、果てはDSRCによるETC2.0など、官民一体となって日本独自の交通情報提供システムを構築しているが、多言語化を想定してないことや、世界的には交通情報提供におけるフォーマットはTPEG英語版などがあり、マルチメディア放送との絡みにおいて、互換性がない一連のVICSの方式はやはりガラパゴス化が予想されている[41]

非接触ICカード[編集]

急拡大を続ける日本の非接触ICカード(特に電子マネー)市場であるが、非接触ICカードによる電子マネーを運営する日本の会社の大半がFeliCaを採用している。しかしFeliCaは近距離無線通信(NFC)の国際標準規格であるISO/IEC 14443(特にその中でも普及率の高いType A)と直接的な互換性を持たないため、ガラパゴス化が懸念されている[13][42]

FeliCaは性能面でも、日本のラッシュ時自動改札で乗客が滞留しないこと、複雑な連絡運輸にも対応し瞬時に料金が計算できることなど高い性能を持つが、逆に日本以外ではそこまでの高い性能は要求されないことが大半で、欧米ではバリューエンジニアリングの観点から過剰性能とみなされていることも指摘されている[43]

その結果、日本ではFeliCaとISO/IEC 14443 Type Aに対応させると予想されているのに対して、諸外国ではType Aしか対応しないとの主張がある[44]。実際ポストペイの世界では、MasterCard陣営が当初よりType AベースのPayPass(現・Mastercardコンタクトレス)を展開しているほか、Visa陣営も日本勢の一部がFelicaベースのVisa Touchを採用したものの、のちの世界展開ではType AベースのVisa payWave(現・Visaのタッチ決済)が採用されるなど、Type Aベースの決済が世界的に主流となっている。

しかしながら、FeliCaやISO/IEC 14443に対して上位互換となる国際標準規格としてISO/IEC 18092が制定されており、FeliCa自体も国際標準規格との互換性を獲得していることから、この懸念は杞憂との見方も一部にある(さらにその後ISO/IEC 21481へと発展)。

兵器[編集]

自衛隊は法的な制約が大きいため活動に多くの制約があるが、特に防衛装備品(=武器兵器)に関しては救難飛行艇や4発エンジンの哨戒機など防衛省のニーズに合わせた専用品が多く、武器輸出三原則により輸出がほぼ不可能なため製造数が少なく価格が上昇しがちであった。また海外製装備の輸入も商社に依存していることから、世界のスタンダードとかけ離れガラパゴス化しているという指摘がある[45]

自動車産業[編集]

日本独自の主な自動車文化[編集]

自動車に関して、日本独自でガラパゴス的であると指摘されるものとして、軽自動車5ないしは7ナンバー/4ないしは6ナンバー車(いわゆる小型自動車で、道路交通法による普通自動車に該当する車)の存在、カーナビの高い普及率、3列シートミニバン、軽自動車を除くスライドドアを採用した一部の5人乗りのハイトワゴン型乗用車(例:トヨタ・シエンタ「FUNBASE」トヨタ・ポルテ/スペイドスズキ・ソリオ三菱・デリカD:2ダイハツ・トールトヨタ・ルーミー/タンク/スバル・ジャスティなど)、ドアの開くタクシー、有人フルサービスのガソリンスタンド、ドリフトを魅せるD1GP痛車ハザードクラクションの使い方などが挙げられることがある[46]

なお、軽自動車については従来、海外向けモデルは排気量を概ね1,000ccから1,500ccに拡大して販売するのが一般的だったが、現在では国内規格の660ccエンジンのままで海外生産もされており[47][48]、今後の新興国攻略の鍵となるとの議論もある[49]

2010年代より電気自動車産業が急速な盛り上がりをみせており、自動車メーカーは電機産業を反面教師としガラパゴス化に警戒している[50]

5ナンバーサイズ車(小型自動車)[編集]

1989年以前は3ナンバー車の自動車税が一律に高額(そのためクラウン、セドリック、デボネアといった現在のEセグメントに相当する車種にさえ5ナンバー仕様があった)だったことに起因して、当時の自動車インフラは「5ナンバーサイズ車(分類番号の上一桁が5・7の乗用車、または4・6の商用車)」を基準に作られることが多かった。

日本国内では5ナンバーサイズを基準にしたインフラ(狭い道路、駐車場など)や車庫などが建て替えられることなく現存している(ともすれば新造時にも形骸化して残っている)。このため、1990年代に3ナンバーの税金が下げられ、各社が海外と同じ3ナンバーサイズのセダンを投入したところ、これが裏目に出て不人気となり、日本におけるセダンは海外より一足早く衰退期に入った[51]

1990年代以降の軽自動車人気の中でも「5ナンバーサイズ車」への需要は依然として根強く残っている。そのため、全幅が1,700mm以上に達した3ナンバー車、および1ナンバー車の普及が進んでいた1990年代後半以降においても、たとえばトヨタ・プログレの「小さな高級車」というキャッチコピー[注釈 4]カローラルミオンを除く日本国内市場向け10代目トヨタ・カローラシリーズ(初代カローラアクシオ/2代目カローラフィールダー)の「新しい尺度。」、後期型トヨタ・ベルタの「ジャストなセダン、誕生。」、トヨタ・ラッシュの「見晴らしのいいコンパクト(SUV)」、2代目トヨタ・アクアの「どんな時にも、どんな人にも、いい。」、初代ホンダ・フリードの「ちょうどいいミニバン」、2代目ホンダ・インサイトの「寸尺(サイズ)に収める、という美学。」などといったキャッチコピーのように、5ナンバーサイズであることを明確に売りにした車種も少なくない。

しかし、AセグメントからBセグメントコンパクトカー(ハイトワゴンを含む)と、ごく一部を除く3列シートミニバン以外のジャンルにおいて、5ナンバー規格の車種は年を追うごとに減少する一方であり、特に教習車専用車種(例・マツダ教習車など)を除く小型セダン、および小型ステーションワゴン、小型SUVCUV含む)に関しては、2022年3月現在の時点で新車で購入可能な車種が前者がトヨタ・カローラアクシオEX、中者トヨタ・カローラフィールダーEXホンダ・シャトル後者ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズスズキ・イグニススズキ・クロスビースズキ・ジムニーシエラの計8車種(OEM含む)ぐらいしかなくなっている。これは、1990年代にはDセグメント以上、2000年代にはCセグメントの各車種が、2010年代にはBセグメントの各車種、さらに2020年代には(軽自動車を含まない生粋の)Aセグメントの各車種や国内専用車として開発された総排気量2,000cc未満の3列シートミニバン(例・トヨタ・ノア/ヴォクシーホンダ・ステップワゴンなど)が前者が「世界戦略車」の名のもとに、後者が「衝突安全性能の向上」を理由に車体の全幅の拡大を断行し、それぞれ大型化(あるいはグローバル化)したためである。

アメリカのSUV[編集]

イギリスフィナンシャル・タイムズが、ガラパゴス化をガラパゴスシンドローム(syndrome:好ましくない社会事態)と表現し、一例として北米自動車市場の独特の発展を挙げている。その記事では、「アメリカの自動車産業はガラパゴスシンドロームに苦しんでいるとずっと主張されている。というのは、その製品が世界の他の地域から孤立して進化してきたからだ」と述べている[52]。これは北米でのSUV(Sport Utility Vehicle)の人気に言及したもので、ガソリン税の安さにより燃費に敏感でないこと、SUVは車種の定義上は業務用となるため自動車税が優遇されていること、広い道路とハイウェイを背景とするアメリカ消費者の大型車好みなどの事情から爆発的に売れたが、石油価格の上昇によるガソリン価格の上昇と、リーマン・ショック以降の急速な不景気により、その販売(金融危機により車のローンが組めなくなったことも一因)が急速に縮小し、SUV(ひいては、北米市場)に大きく依存していたアメリカのビッグスリーのうち、GMクライスラーの二社が会社更生法を申請することになった状況を指している。

バズワード化[編集]

「ガラパゴス化」とは本来、前述のように世界の潮流、「デファクト」から取り残されて、日本国内の独自規格(おもに技術面)が不利になる現象を言うが、単に日本国内の独自性が高い制度や文化に対して批判的な文脈としてバズワード的な用法も見られる。また、グローバル化に対する賛否それぞれの立場からもバズワード的に用いられる。

法制度のガラパゴス化[編集]

道路標識[編集]

ウィーン条約で定められた一時停止標識
日本独自の一時停止標識(旧標識)

日本の道路標識にある「一時停止」は、日本語で「止まれ」と書かれている。対してグローバルデザインでは八角形でSTOPなどと書かれるのが標準とされており、世界各国の人が理解できるようになっている。日本は逆三角形で、かつ日本語が理解できない外国人には認識できない「止まれ」と書かれており、国問わず誰でも認識しやすいグローバルデザインとはかけ離れている。これによって日本に訪れた外国人旅行者ドライバーが一時停止標識で止まらずに突っ切って、優先道路の車と衝突する事故が相次いでいる。また、諸外国にある「Yield」(交差道路優先、譲れ)の標識が日本にはない(「一時停止」との違いは徐行でよく、停止の義務がないこと)[53][54][55][56][57]

自転車[編集]

日本の自転車環境には、歩道走行可[注釈 5]、左側通行の不徹底、自動車に対しては厳格なまでになされている違法行為取り締まりが実質的にされていないこと、格安自転車の大量流通という4つのガラパゴス状況がある[58] との指摘がある。

選択的夫婦別姓[編集]

日本では、選択的夫婦別姓制度は導入されておらず、夫婦別姓という婚姻形態をとることはできない。日本は明治31年(1898年)にドイツ民法などを手本に夫婦別姓から夫婦同姓に転換したが、手本となったドイツなどはすでに男女差別の撤廃などを目的に選択的夫婦別姓に移行し、現在では法的に夫婦同姓を強制している国は世界で日本が唯一となっている。池田祥子出口治明は、この状況がガラパゴス的だと指摘している[59][60]

税務調査[編集]

税務調査においては、さまざまな事実認定や法律解釈などが独自に進化しており、ガラパゴス化しているとの指摘がある[61]。例としては重加算税の取り扱いが、法人税調査と所得税調査で異なることなどが挙げられる[61]

酒税[編集]

発泡酒や第三のビールはガラパゴス商品との指摘もある[62]

日本の酒税法では様々な経緯から、焼酎を大衆酒と位置付けて低税率とし、ウイスキーブランデーなどの洋酒は高級酒とし高税率としており、アルコール度数に比例しない税率として日本国外から非関税障壁との批判を受けている[63]。またビールのように長期間税率が固定されているあおりを受け、メーカーから発泡酒第三のビールのような法律の隙間をついた『節税ビール』が登場し、普及するたびにピンポイントで課税したり酒類の定義を調整するなど場当たり的な改正を行っている。この結果、一部の酒類のみ定義が複雑化するなどの歪みが生じている[63]

文化の「ガラパゴス化」[編集]

ゲームソフト[編集]

日本のゲーム業界はアーケードゲームで培ったノウハウを先駆けに、その後に任天堂が家庭用ゲーム機で世界を席巻し、一時期は世界のゲーム市場をほとんど牛耳るほどの勢いであった。しかし2010年代には日本のゲーム業界の停滞と行き詰まりが囁かれ、この理由のひとつに日本のゲーム市場の特異性として、欧米ではリアルな戦争を描いたファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)と呼ばれるタイプのゲームがヒットするが、日本ではアニメやマンガに近い世界観を描くロールプレイングゲーム(RPG)などが人気なことが挙げられている。いまだに日本はゲームの輸出大国であるが、一部では日本のゲームのガラパゴス化が危惧されている[64][65]。ほかにも、世界的には一定のシェアを獲得しているXbox系列は、日本で販売不振に至っている。

しかし、Nintendo Switchの記録的な大ヒット[66] 等、日本ゲームハードは世界市場で未だ健在である。

アニメーション[編集]

世界では実写映画と同様に毎秒24フレーム固定で場面を描写するフル・アニメーションが一般化していたのに対して、日本では制作コスト低減のため虫プロダクションが導入したリミテッド・アニメーションが主流になり、その後は動きの乏しさを補うようにして記号化したキャラデザインや、止め絵やフレームレート増減を活用した緩急を付けた動きや、複雑なストーリー展開が進化した結果、世界でも従来からの「カートゥーン」とは異なる「アニメ」という独自の分野として認知されるようになった[67]

日本アニメはその独自性により海外においても高い人気を得て、また文化の輸出を担ってきたと評価される一方で、インターネット配信の普及や、国内市場の成長鈍化および海外市場の成長に伴い、海外の視聴者のニーズを汲み取った作品作りができていないことへの危惧感も論じられる[68][69][70]。またゲームと同様、海外における規制要件の違いによる問題が生じる例もある。

音楽業界[編集]

案内マーク[編集]

日本独自の温泉マーク

道路標識と同様に、日本の案内マークは半数以上がJIS(日本工業規格)に基づいたデザインで観光地などに掲げられている。これは世界標準で定められたISO規格(国際標準化機構)のデザインとはかけ離れており、訪日外国人がマークの意味を誤解するケースが相次いでいる。例えば日本の温泉マークは、外国人にはコーヒーカップに見えるという。2020年東京オリンピックには訪日外国人が大勢やってくることが想定されていたため、既存のJISマークをISO準拠のマークに取り替える取り組みが行われた[71][72]

アナウンス[編集]

日本の公共交通機関等でのアナウンスは無駄に多い傾向があり、文化論的な視点からも批判的に注目されている[73]

長距離走[編集]

日本ではマラソンより、日本発祥の競技である駅伝競走に人気があり、学生・社会人を問わず長距離陸上の選手は挙って駅伝大会に出場している。駅伝に力を入れることによりマラソンの強化ができていないとの指摘があり、世界で大きな駅伝大会を実施している国は日本以外では少ない。世界がマラソンを強化する中で、駅伝は日本だけで盛り上がっている状況である。日本は長距離走の分野で世界の潮流とはやや異なり、独自路線を行っており、襷をつなぐ駅伝は「個」より「和の思想」を重視する日本らしいと評されている[74]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお当初から国際規格(または欧州など有力なブロック内規格)として制定、運用される場合にはデジュリスタンダードと言う。この文脈で表現する場合には以下、「」付きの『「デファクト」』として記述する。
  2. ^ スズキ・ダイハツの軽自動車は輸出や現地ブランド(デーヴ国民車(現:韓国GM)マルチプロドゥアアジア(キアに吸収)など)による排気量拡大版の海外生産の実績がある。また、2019年からは660ccのスズキ・アルトが660ccのままパキスタンでの現地生産も始まった。
  3. ^ Apple社は世界での総数は発表しているが国別の出荷数は発表していない。日本のJAITAの統計は海外メーカーの出荷数を含んでいない。
  4. ^ ボディサイズはほぼ5ナンバー枠に収まっているが、その排気量の大きさのため実際には3ナンバーである。
  5. ^ 1970年代の死亡事故増加、所謂第二次交通戦争に対処するため、道路交通法を所管する警察庁交通局がとった措置による。

出典[編集]

  1. ^ ITmedia エンタープライズ:日本におけるOSSの幻想――OSS界のガラパゴス諸島、ニッポン” (2004年12月1日). 2010年12月30日閲覧。
  2. ^ 日本の携帯電話市場はガラパゴス諸島である/0042号 インテックジャパン
  3. ^ 日本におけるOSSの幻想――OSS界のガラパゴス諸島、ニッポン:Open Source Way 2004レポート」『ITmedia エンタープライズ』 アイティメディア、2004年12月1日
  4. ^ いわゆるガラパゴス化という言葉の起源」『Shuji Sado』 佐渡秀治 、2021年10月14日
  5. ^ ICT国際競争力懇談会”. 総務省. 2011年10月3日閲覧。
  6. ^ a b c 携帯電話産業の国際競争力強化への道筋-ケータイ大国日本が創造する世界羨望のICT生態系-
  7. ^ 総務省とキャリアの“いたちごっこ”に終止符は打たれるのか? 20年間の競争と規制を振り返る” (日本語). ITmedia Mobile. 2021年9月13日閲覧。
  8. ^ ICT国際競争力懇談会 第3回議事要旨” (2007年4月). 2011年10月3日閲覧。
  9. ^ ICT国際競争力懇談会最終とりまとめ (PDF)”. 総務省 (2007年4月23日). 2014年1月3日閲覧。
  10. ^ 保護されないと絶滅する珍獣、ガラパゴス化する日本 ITmedia エグゼクティブ
  11. ^ 2015年の日本 -新たな「開国」の時代へ- 東洋経済新報社 刊
  12. ^ 研究開発 近未来社会予測~2015年の日本~ 12ページ「ガラパゴス化現象」とは何か? NRI研究成果
  13. ^ a b 未来ナビ「ガラパゴス化」する日本 野村総合研究所 (NRI)
  14. ^ 世界で“ガラパゴス化”するアップル”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP (2010年9月16日). 2010年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月1日閲覧。
  15. ^ 「ニンテンドースイッチがここまで売れるとは任天堂も思っていなかったでしょう。」”. blogos.com. Nintendo Switch 情報ブログ<非公式>. 2020年2月25日閲覧。
  16. ^ もり・ひろし. “「ガラパゴス現象」”. 時代を読む新語辞典. 日経BP社. 2010年7月19日閲覧。
  17. ^ PC事業の安定的黒字化に向けた施策について”. 東芝 (2014年9月18日). 2016年8月1日閲覧。
  18. ^ Gartner Inc. (2015年1月12日). “Gartner Says Worldwide PC Shipments Grew 1 Percent in Fourth Quarter of 2014”. 2016年8月1日閲覧。
  19. ^ 「親指シフト」キーボード販売終了 富士通、来年5月”. www.sankei.com. 産経新聞 (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  20. ^ http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1055943.html
  21. ^ 2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況”. (株)MM総研 [ 東京・港 ] (2011年5月11日). 2011年9月27日閲覧。
  22. ^ 国内携帯電話市場動向について”. 総務省. 2020年10月30日閲覧。
  23. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/368541/033100152/
  24. ^ https://japan.cnet.com/article/35075817/ 「NOTTV」が6月に終了へ--マルチメディア放送の始まりと終わり - CNET Japan]
  25. ^ https://weekly.ascii.jp/elem/000/002/619/2619632/?r=1
  26. ^ http://www.sbbit.jp/article/cont1/32683
  27. ^ シェア60% -ガラケー、バカにされても根強い人気”. President Online (2013年2月27日). 2013年6月29日閲覧。
  28. ^ ガラホってなに? - au(KDDI)(更新日不明 / 2015年12月3日閲覧)
  29. ^ 吉川 2010, pp. 32–33.
  30. ^ https://www.soumu.go.jp/main_content/000445763.pdf
  31. ^ https://www.soumu.go.jp/main_content/000464851.pdf
  32. ^ http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/keyword/1028776.html
  33. ^ 宮崎 2008, pp. 14–20.
  34. ^ The Launching Country”. ISDB-T(DiBEG). DiBEG. 2010年7月19日閲覧。
  35. ^ 吉川 2010, pp. 35–36.
  36. ^ B-CASで「テレビ鎖国」する日本 - ASCII.jp・2008年5月27日
  37. ^ 吉川 2010, pp. 48–49.
  38. ^ 吉川 2010, p. 48.
  39. ^ 中島順一郎 (2008年5月30日). “日本の御家芸に大誤算 簡易型カーナビの猛威”. 東洋経済新報社. 2009年4月5日閲覧。
  40. ^ 吉川 2010, p. 50.
  41. ^ a b https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/douro/dai3/sankou2.pdf
  42. ^ 吉川 2010, pp. 41–46.
  43. ^ FeliCaがガラパゴス化した3つの理由 - 1 - 世界級ライフスタイルのつくり方
  44. ^ 吉川 2010, pp. 46–48.
  45. ^ 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 中公新書ラクレ 清谷信一 ISBN 978-4121503381]
  46. ^ 「日本クルマ界ガラパゴス化事情」、現代ビジネス、2010年9月13日。
  47. ^ 2020年現在の例として、パキスタンで現地生産されているHA36型スズキ・アルトが該当。
  48. ^ スズキ、軽を海外で初生産
  49. ^ 「新興国危機でも攻めるトヨタの『Kカー戦略』」、2016年2月21日。
  50. ^ 日本車はガラパゴス化危機、HV脱却すべき-国産EV元開発者ら警鐘 - Bloomberg
  51. ^ 【盛者必衰】セダンは消えていくだけ? まだ見捨てるべきではない理由 - AUTOCAR JAPAN
  52. ^ 原文は"It has been claimed that the indigenous American automotive industry has suffered from the Galapagos Syndrome – its products have evolved separately from the rest of the world."Industry follows the money” (2008年3月4日). 2014年11月7日閲覧。
  53. ^ 【新聞ウォッチ】道路標識もグローバル化? 一時停止「止まれ」から「STOP」検討
  54. ^ 「止まれ」標識が八角形に? 東京五輪向け警察庁検討
  55. ^ 五輪を控え、とまれの標識を八角形に変更か
  56. ^ 「止まれ」に「待った」
  57. ^ 止まれ標識に「STOP」? 外国人に配慮、併記を検討
  58. ^ 自転車のナンバー制は必要?「税金無駄遣い」疋田智氏、「事故減少」岸田孝弥氏 Cyclist supported サンケイスポーツ
  59. ^ 「多様性こそ会社発展の原動力」、日経産業新聞、2015年11月12日
  60. ^ 池田祥子、「家族制度の『ガラパゴス化』を避ける」、現代の理論、Vol. 7、2016年冬号。
  61. ^ a b 鴻秀明「税務調査のガラパゴス化と重加算税 国破れて租税法律主義あり」、税務経理協会、2013年。
  62. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “ビール文化をかき乱す、税とお酒の腐れ縁|マネー研究所|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年10月22日閲覧。
  63. ^ a b 第三のビール、23年廃止 日本酒とワインも税率統一 - 神戸新聞社 2016年11月22日(2017年5月7日閲覧)
  64. ^ 日本ゲーム業界に必要なのはチャレンジスピリッツ Sgame
  65. ^ “【ネット】存在感の弱まる日本のゲームにコンテンツ産業の未来を危惧する”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年8月10日). オリジナルの2011年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110921033150/http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201108050148.html 2011年8月10日閲覧。 
  66. ^ なぜ「スイッチ」は世界的大ヒット商品になったのか?”. newspicks.com. newspicks. 2020年2月27日閲覧。
  67. ^ 第1話 「日本のアニメっていったい何よ」” (日本語). ゆるりと製作所. 2022年3月31日閲覧。
  68. ^ 数土直志 (2020年8月3日). “日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか: 待ち受ける真の危機に迫る”. ITmediaビジネスオンライン. アイティメディア. 2022年4月1日閲覧。
  69. ^ 山本大輔 (2020年2月10日). “なぜ日本アニメは世界で愛される ディズニーとは対極の「ガラパゴスの力」”. 朝日新聞GLOBE+. 朝日新聞社. 2022年4月1日閲覧。
  70. ^ ガラパゴス化で先細る日本のアニメ輸出! 作品がよければ売れる時代は終わった”. J-CASTテレビウォッチ. J-CAST (2015年2月24日). 2022年4月1日閲覧。
  71. ^ 経産省 案内マーク変更へ
  72. ^ 温泉マークが消える?案内マーク分かりやすく
  73. ^ 「無意味で過剰」な放送が日本にあふれる理由 | 哲学塾からこんにちは | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
  74. ^ 朝日新聞GLOBE第52号 『走る 42.195kmの劇場:ガラパゴス日本』

参考文献[編集]

  • 吉川尚宏、2010、『ガラパゴス化する日本』初版、講談社講談社現代新書〉 ISBN 9784062880381
  • 宮崎智彦、2008、『ガラパゴス化する日本の製造業』初版、東洋経済新報社 ISBN 978-4492761779
  • 「ガラパゴス化」する日本”. NRI未来ナビ. 野村総合研究所 (2008年2月13日). 2009年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月28日閲覧。
  • 王亭亭. “「日本発 W-CDMA」の挫折”. ITPro. 日経BP社. 2008年9月21日閲覧。
  • Gibbs, Colin (2008年10月8日). “Japanese mobile content firms continue to struggle in the US market”. RCR Wireless. 2008年10月18日閲覧。
  • Hiroko, Tabuchi (2009年7月19日). “Why Japan's Cellphones Haven't Gone Global”. The New Yourk Times. http://www.nytimes.com/2009/07/20/technology/20cell.html 2010年6月4日閲覧。 
  • mhattaのジャーナル: OSSコミュニティの「日本病」について - SourceForge.JP Magazine” (2004年12月1日). 2010年12月30日閲覧。
  • ガラケーとは?”. ガラケーとwimaxのコンビネーション. 単身赴任者のためのwimax (2018年6月22日). 2018年6月22日閲覧。

関連項目[編集]