ガラパゴス化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SoftBank 923SH。後に「ガラパゴスケータイ」(ガラケー)と呼ばれる超高機能携帯電話の例。日本でiPhoneが発売された2008年7月当時のフラッグシップモデルだった

ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。

ガラパゴス化の背景[編集]

この国際競争の側面における言葉の背景としては、オープンソースであっても独自様式に流れがちなエンジニア[1]や、日本市場で独自の進化を遂げた携帯電話世界標準から掛け離れてしまう現象[2]を指すため代名詞的に用いられていた。同時期に生まれた言葉として「パラダイス鎖国」があげられる。

ガラパゴス化というキーワードが、正確にいつごろ発生したのか定かではないが、総務省が2006年10月より開催したICT国際競争力懇談会[3]および、そのWG(ワーキング・グループ)では、携帯電話のガラパゴス化についての議論が行われ、この記述が議事要旨[4]および最終とりまとめ[5]では、活字化されており、既に、携帯電話関係者の間では、ある程度、認識される用語となっていた。

その後、2007年12月の、野村総合研究所2015年プロジェクトチームのコメント[6]や著作『2015年の日本 -新たな「開国」の時代へ-』[7]でも述べられ、より一般に広まった。

書籍では、非製造業が公的制度・商慣行面で日本市場に最適化している現状を「ガラパゴス化現象」と表現し、そこからの脱却(地域社会の開国、いわゆるグローバル化)を説いている。

ガラパゴス諸島の位置。大陸からおよそ900km離れたガラパゴス諸島では、独自の生態系が発達した。現在は人間による汚染や密漁など、多くの問題が浮上している。

野村総合研究所オピニオン[8]は、以下のように定義づけている。

  1. 日本国内には、独特な環境(高度なニーズや規制など)基づいたサービスの市場が存在する
  2. 海外では日本国内とは異なる品質機能の市場が存在する
  3. 日本国内の市場が独自の進化を遂げている間に、海外市場では「デファクトスタンダード」の仕様が決まる[注釈 1]
  4. 気がついた時には、世界の動きから大きく取り残される

これを、同じ野村総研が製造業分野向けに解釈し直し[9]、さらに書籍『ガラパゴス化する日本の製造業 産業構造を破壊するアジア企業の脅威』(2008年)も出版され、一般に広まった。

これに対し、任天堂DSWiiの世界展開への成功例を挙げ、国際的な「デファクト」として成功しうるのであれば、国内独自規格である事が必ずしも直ちに不利ではないと主張する向きもある。[10]

ガラパゴス化への対策[編集]

十分に大きく単独で成立する、特異性の強い市場の存在が前提となる。この市場内で成功する戦略として、ローカルなニーズに基づいた独自進化の推進が考えられ、特化した高水準の製品やサービスが誕生する。一方でこれとは逆に、より多くの市場のニーズを同時に必要十分満たす、という戦略も成り立つ。世界的に無視できないシェアを得れば、事実上の標準となる可能性が出てくる。

この時、高水準の少数派は低水準の多数派に対し、規格争いで不利となる。各国独自のレギュレーション(法律・規格・法規など)を背景に消費者のニーズが生まれている例も多く、日本においては発泡酒第三のビール小型自動車(サイズL4.7xW1.7m・排気量2L以下(ガソリンのみ)のいわゆる4/5ナンバー車)軽自動車などがある。しかし、国際規格(デジュリスタンダード)は、日本独自のニーズとは別に存在しており、規制回避に特化した技術には競争力がない。但しその一方で、軽自動車の排気量拡大版が輸出または現地生産[注釈 2]されているように、ガラパゴス化した環境で鍛えた技術を後ろ盾に海外進出をはかる例もある[注釈 3]

逆に言えば、ガラパゴス化の回避には、レギュレーションの改善が必要なこともあり得ると言うことであり、その例として、韓国における小型車(Bセグメント-Cセグメント相当)規格の排気量拡大がある[注釈 4]。日本でもかつて3ナンバー車に対して同じような現象が起こっていた。

全体の傾向としては、日本独自(あるいは一社だけの)の規格を採用したり、日本(人)固有(日本語や日本文化、日本の環境・レギュレーションなど)のニーズにもとづいて商品を開発したりすることで日本の消費者を囲い込む。1億人強しかいない日本市場での消費者を取り込んでいるという状況にあるので、顧客一人あたりの単価を上げることが追求され、高性能・多機能・高価格化が起こる。日本国外からの参入が阻まれ、一定の利益はあがるが、同じ商品で世界市場に参入することは困難な状況に陥る。その一方で、世界市場で営業を展開する商品は、消費者のニーズの多様性から機能や品質は日本の製品に比べれば劣るが、生産規模が膨大であるため安価である。あるいは同価格帯の製品を比較した場合、日本の製品の方が、スペックなどの面で見劣りする。携帯電話、パーソナルコンピューター、カーナビゲーションシステムなどは、スペックや機能または両方高性能である場合が多かった。

しかし当然海外製品も進化するので、いずれ「高性能・高価格なガラパゴスモデルと低性能・低価格なグローバルモデル」という構図は過去のものとなる。 日本の製品は日本市場に封じ込められ、高機能・高コスト化を強いられるなか、海外製品は世界市場での切磋琢磨から最終的に基本性能も国内仕様の製品と同等以上になり、グローバルモデルが(全部ではないにしても一定数の)日本人の要求も満たすようになってくる。(特にパソコンやスマホなどはOSに依存するため、OSが日本語に対応してしまえば参入障壁は一気に下がる。) この時点で「安くて高性能、日本語にも対応」になった海外製のグローバルモデルが一気に日本国内に流入し、それに太刀打ちできない日本独自仕様製品の敗北という結末に結びつく。

なお、特にコンテンツ分野におけるガラパゴス化については、日本市場の中で培われた独特の表現が魅力になっていることも事実である。その典型例が日本アニメであり、中でも尖鋭化が著しい萌えアニメは多くの日本人にすら理解しがたい「内輪受け」的な記号に満ちており、ある種「ガラパゴス化」の極北であって、このようなジャンルは当然大きな輸出コンテンツにはなっていない。しかし、日本製のキッズアニメが世界各国に輸出されファンを得たことで、日本国外の子供たちがより様々な日本アニメ作品に興味を持つようになり、「萌え」的な記号をも理解するディープなアニメファンが生まれている。日本ではガラパゴス化という語を肯定的に使う内田樹五木寛之のような文化人も多いが、特に表現の分野に関するガラパゴス化については、それが良いとか悪いといった価値判断はつけにくい。

バズワード化[編集]

「ガラパゴス化」とは本来、前述のように世界の潮流、「デファクト」から取り残されて、日本国内の独自規格(主に技術面)が不利になる現象を言うのであるが、単に日本国内の独自性が高い制度や文化に対して批判的な文脈としてバズワード的な用法も見られる。また、グローバル化に対する賛否それぞれの立場からもバズワード的に用いられる。

交通・輸送のガラパゴス化[編集]

自動車[編集]

日本独自の主な自動車文化[編集]

自動車に関して、日本独自でガラパゴス的であると指摘されるものとして、軽自動車5ナンバー/4ナンバー車(いわゆる小型自動車)の存在、カーナビの高い普及率、3列シートミニバン、軽自動車を除くスライドドアを採用した一部の5人乗りのハイトワゴン型乗用車(例:トヨタ・ポルテ/トヨタ・スペイドスズキ・ソリオ/三菱・デリカD:2ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/トヨタ・タンク/スバル・ジャスティなど)、ドアの開くタクシー、有人フルサービスのガソリンスタンド、ドリフトを魅せるD1GP痛車ハザードクラクションの使い方などが挙げられることがある[11]。 なお、軽自動車については、今後の新興国攻略の鍵となる、との議論もある[12]。また国内登録車販売戦略での「安全パイ」であるミニバン、およびごく一部の国内の交通事情に特化した小型セダン、小型ステーションワゴン以外のジャンルにおいて5ナンバー規格の車種は激減する一方であり、2017年3月現在の時点で新車で販売されている車種のほとんどがフルBセグメント以下の車種である。これは1990年代にはDセグメント以上、2000年代にはCセグメントの車種が「世界戦略車」の名のもとに、という側面もありそれぞれ大型化(あるいはグローバル化)したからである。

5ナンバー/4ナンバーサイズ車(小型自動車)[編集]

3ナンバー車の税金が一律に高額だった時代が終わって相当の年数が経った2010年代においても、その時代に(5ナンバー車、および4ナンバー車を基準として)設計・建設された道路や車庫、駐車場と言ったインフラ事情が関係して5ナンバー/4ナンバーサイズ車(分類番号5xxの乗用車、および4xxの商用車)への需要は根強く残っている。そのため、3ナンバー車、および1ナンバー車の普及が進んでいた1990年代後半以降において、例えばトヨタ・プログレの「小さな高級車」と言うキャッチコピー[注釈 5]カローラルミオンを除く日本国内市場向け10代目トヨタ・カローラシリーズ(初代カローラアクシオ/2代目カローラフィールダー)の「新しい尺度。」、後期型トヨタ・ベルタの「ジャストなセダン、誕生。」、初代ホンダ・フリードの「ちょうどいいミニバン」、2代目ホンダ・インサイトの「寸尺(サイズ)に収める、という美学。」などといったキャッチコピーのように5ナンバーサイズであることを明確に売りにしたケースも存在している。

自転車[編集]

日本の自転車環境には、歩道走行可[注釈 6]、左側通行の不徹底、自動車に対しては厳格なまでになされている違法行為取り締まりが実質的にされていないこと、格安自転車の大量流通という4つのガラパゴス状況がある[13]、との指摘がある。

法制度のガラパゴス化[編集]

選択的夫婦別姓[編集]

日本では、選択的夫婦別姓制度は導入されておらず、夫婦別姓、という婚姻形態をとることはできないが、この状況がガラパゴス化である、との指摘がある[14]

税務調査[編集]

税務調査においては、様々な事実認定や法律解釈などが独自に進化しており、ガラパゴス化している、との指摘がある[15]。例としては重加算税の取り扱いが、法人税調査と所得税調査で異なることなどが挙げられる[15]

文化のガラパゴス化[編集]

案内マーク[編集]

日本独自の温泉マーク

道路標識と同様に、日本の案内マークは半数以上がJIS(日本工業規格)に基づいたデザインで観光地などに掲げられている。これは世界標準で定められたISO規格(国際標準化機構)のデザインとはかけ離れており、訪日外国人がマークの意味を誤解するケースが相次いでいる。例えば日本の温泉マークは、外国人にはコーヒーカップに見えるという。これをうけて、2020年の東京オリンピックには訪日外国人が大勢やってくるのを見据えて、既存のJISマークをISO準拠のマークに取り替える取り組みが進んでいる[16][17]

長距離走[編集]

日本ではマラソンより駅伝競走に人気があり、学生も社会人も挙って駅伝大会に出場している。駅伝に力を入れることによりマラソンの強化ができていないとの指摘があり、世界で大きな駅伝大会を実施している国は日本以外では少ない。駅伝は日本だけで盛り上がっている状況であるといえ、世界がマラソンを強化する中で日本だけが駅伝で盛り上がっているような状況である。日本は長距離走の分野で世界の潮流とはやや異なり、独自路線をいっており、一部に駅伝に対し批判的な見方をする人もいる。しかし襷をつなぐ駅伝は「個」より「和の文化」を重視する日本らしい、と評されている[18](ちなみに駅伝は日本独自の競技)。

防衛のガラパゴス化[編集]

自衛隊は法的な制約が大きいため活動に多くの制約があるが、特に防衛装備品に関しては救難飛行艇や4発エンジンの哨戒機など防衛省のニーズに合わせた専用品が多く、武器輸出三原則により輸出がほぼ不可能なため製造数が少なく価格が上昇しがちであった。また海外製装備の輸入も商社に依存してることから、世界のスタンダードとかけ離れガラパゴス化しているという指摘がある[19]

工業製品・規格のガラパゴス化[編集]

パーソナルコンピュータ[編集]

1980年代後半の世界では、PC/AT互換機が業界標準として普及していたが、日本語表示の出来ないPC/AT互換機は日本ではほとんど売れず、日本では日本独自の機種であるPC-9800シリーズ日本電気、以下NEC)が日本国内で圧倒的シェアを占めており、X68000シャープ)・FM TOWNS富士通)など日本独自仕様のアーキテクチャを持ったパソコンが普及していた。これは日本語の表示データをハードウェアに組み込むことによって日本語の表示と入力の効率を高めるなど、日本独特のニーズに応える商品開発を行っていたからである。この結果、日本のパソコンは1990年代初頭にはPC/AT互換機との価格差が顕著となった。海外製のパソコンではソフトウェアのみで日本語の表示と入力(ソフトウェアIME)を実現したMacintoshも存在したが、ハードウェア(日本ではなぜかアメリカ以上に高値が付けられていた)や、日本語に対応したソフトウェアが高価であったことから普及は進まなかった。

ところが、1990年代に入るとDOS/VMicrosoft Windowsの登場により、PC/AT互換機においてもソフトウェアのみでの日本語表示が実現された。これにより、安価で高性能なPC/AT互換機が一気に日本市場に流れ込み、日本の市場を席巻する。逆に、WindowsはあくまでPC/AT互換機を基本に設計しているため、PC-9800シリーズでの対応は次第に困難となり、NECからもPC/AT互換機のPC98-NXシリーズが発表されるに及んで、PC-9801より続いた独自アーキテクチャは幕を引くことになった。

2010年代初頭の世界のパソコン市場では、ラップトップに強い東芝(後に同社のPC事業は子会社の東芝クライアントソリューションへ移管。dynabook(←DynaBook)。外国ではTecra、Portégé、EQUIUM、KIRAbook)がかろうじて5%のシェアを占め、ようやく5位のシェアを保っていた。なお、東芝は1980年代からIBM互換のノート型パソコンを製造しており、逆に日本規格が日本市場で寡占状態の時には日本でのシェアは少なかった。つまり、東芝というメーカーがガラパゴス化していなかったために2010年ごろまでの世界シェアがあったともいえる[20]。しかしながら、同社は、円高の進展とPCのコモディティ化に伴う低価格化と競争激化についていけず、その後、PC事業は赤字化した。2014年9月には、一般消費者向けのBtoC分野を大幅に縮小し、ビジネス向けのBtoB分野に注力する旨を発表した。[21]現在のパソコン市場は、コモディティ化が極度に進んだ結果、ほぼ中国を拠点とする企業で占められており、2015年1月のガートナーによる調査では、2014年度におけるPC世界出荷台数のトップ5は、LenovoHPDellAcer GroupAsusとなっており(HP・Dellは米国資本、Acer・Asusは台湾資本だがいずれもPC事業の拠点は中国本土である)、もはや東芝は、トップ5には含まれていない。[22]

携帯電話[編集]

日本における携帯電話[編集]

日本における携帯電話は、その初期から世界最先端の独自技術を多く採用し、その性能や機能は世界最高水準であった。しかし、日本の携帯電話は海外市場ではほとんど売れず、その特異現象からガラパゴス化という用語が生まれその原因と将来的帰結が議論されるようになる。

まず、日本の携帯電話のガラパゴス化の背景として、携帯電話の普及と発展を奨励するため取られた産業政策があげられる。例えば、欧米の多くの国では携帯電話の通話に使われる周波数は国家がその使用権を競売にかけ、その収益を国の財源とする方式をとったが、日本においては携帯電話の通話に使う周波数を国が無償で携帯電話事業者に貸与する政策がとられた。海外の携帯電話事業者は周波数の獲得に何百億円もの費用を費やさねばならなかったため、そのぶん技術開発および価格戦略において日本に大いに遅れをとったが、このような費用負担のない日本の携帯電話事業者は、その浮いた費用を携帯電話網の設備更新や端末販売奨励金の原資に費やすことができ、日本では最先端の携帯規格や技術が世界に先駆けて普及し、通信事業各社が独自の規格を開発しその設置および普及につとめるという現象が起きた。

さらに日本においては、業界優遇政策の一環として携帯事業者による消費者の囲い込みが長らく許容されていた。独占禁止法や公正取引規制によって消費者の選択の自由を保護する政策を採用した国では、契約変更後も電話番号を変える必要がない[注釈 7]だけでなく、同じ通話契約のまま携帯電話のSIMカードを他の携帯電話に入れ替えて[注釈 8]使うなどの携帯電話端末および通話サービスの選択の自由があるほか、プリペイドなどの携帯サービスも充実していた。日本はこのように消費者の権益を守る法的整備を欠いたため、携帯電話事業者がキャリアメール、SIMロック端末、独自コンテンツサービス、携帯契約などの様々な障壁を積み重ねることによって消費者を強固に囲い込むことが可能であり、結果として既存顧客の流動性が極端に低い状態におちいった。

このような背景のもと、それぞれの通話業者は顧客一人からの月間収入(ARPU)を上げて利益を上げるため高度で多機能なサービスを提供する一方で、ARPUの低いプリペイドサービスなどは廃止もしくは縮小されていく。さらに通信事業者が消費者を強力に囲い込んでいるため、携帯電話メーカーが通信事業者に従属するという状態の中で、メーカーは携帯電話事業者の要望に沿い、多機能だが世界的には類を見ず、かつ商品寿命の短い一社専用ハイエンド携帯電話に重点をおいて開発することとなり、日本国内の電話仕様は、世界的な標準とは大幅に乖離していく。一方で、海外では周波数獲得に膨大な費用がかかることや、消費者の流動性が極めて高い状態にあったなどの事情から、設備投資と開発費を節約するため通信の規格統一がいち早く行われる。特に通話品質などでは劣るが比較的にコストが安価であるGSM陣営側では、通信基本仕様は、GSMでGCF(グローバル・サーテフィケーション・フォーラム)をパスする、データ仕様はOMA(オープンモバイルアライアンス)仕様準拠というのがスタンダードで、その標準仕様からそれぞれの事業者に応じたカスタマイズが可能であったため、短期間でGSMは事実上の世界標準となる。しかし日本は独自のPDC方式による独自の端末やサービスが普及していたことで、海外の携帯電話機メーカーと携帯電話事業者の日本進出を阻むとともに、日本の携帯電話機メーカーにとっても世界進出が困難となっていた。このような世界市場との隔絶および日本市場の規模の小ささ(年間4,000万台程度の端末需要を事業者が更に分割して専用電話の開発が必要)から、モトローラ、ノキア、ボーダフォンといったグローバル市場を重要視する企業では、日本から撤退する動きが続き、そのことが一層ガラパゴス化の進展を促進した。

韓国における携帯電話[編集]

韓国では、2.5世代と定義されるアメリカのクアルコム (Qualcomm)社のcdmaOne (IS-95)という方式を全面的に採用して孤立状態から脱却したのを契機に、サムスン電子LG電子などが北米市場の参入に成功し現在の成功のもととなった。さらに、3Gの時代になって、日本と諸外国で共通のエアインタフェースが使われるようになっても日本メーカーの世界進出は極めて不振であり、デンソー三菱電機パナソニック東芝(後に同社の携帯電話事業は富士通東芝モバイルコミュニケーションズを経て富士通モバイルコミュニケーションズへ移管)、NEC、カシオ計算機などは撤退に追い込まれた[23]日本は韓国に比べておおよそ2倍強の市場規模であり、多額の販売奨励金による端末実売価格の引き下げによる購買意欲の刺激により、日本メーカーは国内だけで利益があげられる仕組みであったため、世界市場の開拓努力が腰の引けたものであったと指摘されている。一方韓国メーカーにとっては、最初から市場サイズが限られていたので、当初から世界市場への展開をにらんだ事業計画を組んでいた。[要出典]

携帯電話等の通信規格競争[編集]

携帯電話の通信規格の分野においては、アナログ方式である1Gでは各国独自の規格が展開されていたが、日本国内において2G以降、日本独自規格であるPDCに対し米国独自規格のcdmaOneが流入し競争となった。また同時期、世界でのデファクト(欧州におけるデジュリ)はGSMであった。3G以降はIMT-2000として国際規格化(真のデジュリ)化が図られ、日本独自規格はほぼ一掃された。

3GにおいてはW-CDMAが世界でデファクト化したが、これは欧州の携帯電話事業者と日本のNTTドコモが主導した規格である。米国由来のCDMA2000と派生規格は日本国内でも3.5Gまでは採用されたが、3.9G以降は方式に差異こそあれLTEにほぼ収斂した。

簡易携帯電話としてスタートしたPHS(公衆モード)も日本独自規格であり、高度化PHS、次世代PHS(XGP:eXtended Global Platform)、AXGPと独自の進化を遂げたが、PHS(公衆モード)が中国、台湾で一部普及しただけであり(いずれもサービス終了)、日本でもPHS(公衆モード)および高度化PHSが2018年3月で新規契約受付終了となり[24]、XGPはITU-R M.1801に採用されたがほとんど普及せず、AXGPのみがSotfbank 4Gとして継続している。

なお、無線アクセス分野では国際規格のモバイルWiMAX(および後継規格)が主流である。PHS、高度化PHSにおいてもモバイルデータ通信定額制等、無線アクセス的サービスも提供されていた。

スマートフォンの躍進[編集]

前述のように日本の携帯電話におけるインターネット接続サービスは、携帯電話では世界初となる「iモード」や競合事業者の類似サービスにより、フィーチャー・フォン上にて独自仕様として提供されていたが、スマートフォンの流入により終焉を迎える事になる。

2007年6月に、アップル社がAppストアによるアプリケーション市場の開放によって、スマートフォンを再定義したiPhoneで、まず北米で携帯電話市場に参入した。アップル社は、単に携帯電話市場に参入しただけではなく、iPhoneの持つ圧倒的な商品力を背景に、携帯電話産業の産業構造を変えることに成功した。すなわち、リベニュー・シェアリングモデル、携帯電話仕様決定権の事業者からの完全奪取、Appマーケットでのビリングおよび機器アクティベーションのアップル社管理などに代表される、従来のビジネス慣行の完全な書き換えである。このiPhone第一世代モデルは、GSMサポートのみであったため、日本への影響はほぼ皆無であった。しかし、2008年7月に第二世代モデルであるiPhone 3Gが世界同時発売され、日本においてもソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク(新))によるSIMロック付きでの独占販売がはじまると、iPhoneの普及が始まった[注釈 9]。アップル社は日本国内の出荷数を公表していないが、市場調査会社MM総研によれば、2008年7月から2010年3月まででiPhone 3GとiPhone 3GSを合わせた累計出荷数は約230万台であった。アップル社は、ソフトバンクモバイルに対しても同じくビジネスモデルの書き換えを要求し、実現させた。

2008年10月に、Googleが開発するAndroidプラットフォームによる最初の携帯電話、T-Mobile G1(HTC製)がアメリカ合衆国で発表された。日本では、ドコモよりHT-03AHTC Magicのドコモ版)が2009年7月より発売されたが、この携帯電話はNTTドコモ独自の仕様を満たしておらず、逆に、NTTドコモはガラパゴス色の抜けた新サービス体系であるspモードを導入する必要があった。Androidはオープンソースであったため、携帯電話メーカーの参入が続き、外来的なAndroid携帯電話が、その後ソフトバンクモバイルとNTTドコモより多数発売された。これらの外来的Android携帯電話の多くは、特定のキャリアのみに通用するような特殊仕様がほとんど除かれている。最後まで残ったKDDI沖縄セルラー電話連合(各au)も、同キャリアのみの仕様を搭載させることのできる国内メーカーの協力により2010年11月26日に発売されたIS03(CDMA SHI03・シャープ製)で、ようやくスマートフォンを導入した。

三大事業者からスマートフォンが販売されるに及んで、従来の国内一社専用モデルの多機能携帯電話(ガラパゴスケータイ。以下ガラケー)からスマートフォンへの需要のシフトは、より鮮明となった。MM総研による2010年度の国内携帯電話出荷台数推計では、スマートフォンは総計855万台で、前年比3.7倍、シェアは22.7%であった。[25]同社では2011年度について、国内スマートフォン出荷台数総数は1986万台で、携帯電話出荷総数4050万台に対し49.0%の比率を占めると予測している。さらに2015年度には、スマートフォン比率が、実に74%になるとも予測している[26]

しかし、スマートフォンが主流になった現在においても本質的な意味でのガラケー需要はなくなっているとは言えない。実際、近年ではスマホにガラケーの特徴を取り入れたガラパゴススマートフォン(ガラスマ)いうカテゴリーも出現(逆の意味として「グローバルスマートフォン」がある)しており、スマホ登場時には搭載されていなかった(ガラケーに搭載されていた)各種ガジェット類(おサイフケータイ)が実装されている。またスマホの抱える問題(バッテリーの持ちや維持費、タッチパネルへの抵抗感など)から、ガラケーの需要は依然として根強く残っており[27]、細々とではあるが、各社ともラインナップを残している。

一方、ガラケーの長所はそのままに、Androidを搭載し、4G LTE、WiFi、テザリングにも対応する(ただし、WiFiとテザリングの対応に関しては一部機種に限り例外あり)など、スマホ特有とされていた機能を取り込んだ「ガラホ」も登場している[28]

Android[編集]

Googleが中心となって開発が進められているAndroidを搭載した携帯端末(スマートフォンタブレットなど)が近年多くのメーカーから発売されているが、端末の製造メーカー側では多くの場合Androidをベースに独自にカスタマイズを加える。ただ、最近は特に中国メーカーを中心に、他メーカーのAndroid端末と互換性がない独自実装を行うケースが増えており、中には「Google Play」などGoogleがAndroid向けに提供する各種サービスに未対応の端末も少なくないため、この点でガラパゴス化が懸念されている[29]

NOTTVは2016年6月30日にサービス終了、撤退したが、Android端末を「ガラパゴススマートフォン」化する事によりNOTTV対応端末としていたため、NTTドコモiPhoneに参入すると、不便な外付け端末併用を強いるほかなく、契約数が伸び悩み撤退に繋がったと言う。これはNOTTVそのものがガラパゴス化したと言うよりはむしろ、サービスの要素の一部をスマートフォンに依存していた事が主因。[30]

iPhoneの逆ガラパゴス化[編集]

2013年時点で、スマートフォンの世界市場におけるシェアはAndroidがiPhoneの約5倍となっている。その一方で、日本国内市場でのシェア差は、AndroidがiPhoneの約2倍程度にとどまっている[31]

また、2016年、Apple Payの日本国内展開において、アップルはFeliCaと言う日本国内のガラパゴス規格を採用した事により、国際規格(ISO/IEC 14443)をベースとするVisa payWaveAmerican Express Contactlessなどの採用を見送っている(非接触ICカードも参照)。Apple Payで対応できるクレジットカードは、国内イシュアのものの一部に限定されている(国際ブランドによる限定がある訳ではない)。[32]

デジタルコードレス電話[編集]

携帯電話のように使える公衆PHSおよび固定回線電話機のコードレス子機として使える自営PHSとして日本独自規格のPHSが展開された。しかし家庭用電話機の子機としてのPHSの利用は縮小し、2.4GHz帯デジタルコードレス電話や、デジタルコードレス電話の新方式として、ヨーロッパの方式であるDECTや、3.9G携帯電話の一種TD-LTEの利用が進行中ないし計画中である。ただし、DECTやLTE方式の場合については、PHS向けの電波帯域を共用することから、日本向けの電波規制に対応すべく、一部改修された日本国内規格に則っており、日本国外の機器がそのまま利用できる訳ではない。[33][34][35]

デジタルテレビ放送[編集]

世界的にはDVBの採用国が多い。

日本のデジタルテレビの規格であるISDBは2010年現在、ブラジルペルーアルゼンチンチリベネズエラなど南米大陸で採用をふやしているほか[36][37]、アジアでもフィリピンで採用がきまり、国際的にみると順調に普及している。しかし、普及しているのは、映像のコーデックにH.264を採用するなど改良をくわえた、ブラジルから採用されたISDB-TBであり、衛星放送向けのISDB-S、地上デジタルテレビ向けのISDB-Tは事実上日本だけの規格となっている。

また日本の地上デジタルテレビ放送が限定受信システム(CAS)として採用しているB-CAS地上RMP方式は完全に日本独自の規格である。このため日本国外のメーカーが日本国内でテレビを販売することが非常に難しくなっており、非関税障壁の一種であるとこれらのCAS方式を糾弾する評論家もいる[38]

諸外国ではケーブルテレビセットトップボックスを通じてテレビをみることが一般的なため、テレビはモニターとしての性格が強く、日本のデジタルテレビのような高機能は必要とされていないため、同じ解像度でも日本市場価格の半額の機種が多い[39]

デジタルラジオ放送[編集]

ヨーロッパは普及が早かったが、日本アメリカはFMが乱立しており遅々として進んでいない。[要出典]

カーナビゲーションシステム[編集]

日本は名前のない道路が多く、住所の記述から場所が明確に特定できないだけでなく、道路が狭く入り組んでおり、トンネルも多く高速道路が有料なためカーナビのニーズが高い。これを背景に日本が世界に先駆けてカーナビを商品化した。またこのような高いニーズを背景に日本では高価(数十万円)で高機能なインダッシュ型のカーナビゲーションシステムが圧倒的なシェアを近年まで保持しており、どのメーカーも国内市場に合わせてそのような商品開発に終始していた。

一方の欧米は全ての道に個別の名前や番号(wストリート、xアヴェニュー、yドライブ、zロード等、日本語では「**通り」「n番街」「**(番)道路」となる)が付いており、それぞれの住所はその道の東西南北の何番目という形で記述されている。さらに全ての家には日本の様な表札の代りに住所の番号が表示されている。市販の地図の索引にはどれどれの道は地図の何ページのどの区分にあると記述されているので、住所さえ分かれば確実に全ての住居や建物の正確な位置を特定できる。よって、普通の道路地図があればほとんどの場合はこと足りる[40]。北米はともかくヨーロッパでは道の入り組んだ古い町並みが存在するため、カーナビの用途は(地図を引く手間が省けるという程度)存在したが、日本の何十万円もする高価なカーナビは一部の高級車のオプションとしてしか普及しなかった。

2000年5月、米国国防総省GPS上のSA信号を停止。これにより、GPS単独での位置精度がそれまでの100m程度から10m程度へと飛躍的に向上した。これによってヨーロッパ市場では2005年ごろから、ガーミン、TomTomといったメーカーにより、GPSによる場所の特定と道順の指示だけで、トンネルに入ると機能しなくなると言った簡易的な機能を持つ、数万円程度のポータブルナビ(PND)が登場する。本体が小型軽量であり、自動車のダッシュボードへの取付け・取外しが容易にでき、持ち運びがしやすい。さらに、自動車に限らず自転車や歩行時にもナビ装置としての利用が可能である。まずヨーロッパで市場普及が進み、その後北米にも展開した[41]

結果として、高価で持ち運びのできない高級車のオプションとしての機器の普及に執着したほとんどの日本メーカーは、日本以外の市場においてはオプションとしてインダッシュ型も全く売れなくなり、世界市場の足がかりを失い、国内市場に封じ込められる状況となった[42]

さらに日本国内でも低価格PNDの流入や、国内メーカーの参入が相次ぎ、これまでの高級・高機能カーナビの市場を蚕食している。

さらに追い打ちをかけるように、携帯電話の市場では2010年代頃に入り、GPSや慣性航法センサ類を搭載した高機能なスマートフォンが席巻するとともに、Google マップ(無料提供)を代表格とする、簡易型カーナビを含めた統合ナビゲーションアプリが普及し、ビッグデータ分析による道路渋滞情報の提供と併せたルート検索機能が提供されている。

ポータブルナビ(PND)の流入や、スマートフォンによるカーナビの代替による市場蚕食により、従来の高級・高機能カーナビ市場はますますガラパゴス化の度合いを強めており、カーナビ専用機市場の今後の見通しが不透明さを増している[43][44]

道路交通情報通信システム[編集]

前述のカーナビゲーションシステムと連携し交通情報を提供するシステム、道路交通情報通信システム (VICS) についてもガラパゴス化が指摘されている[45]。FM多重放送や、路側設置の光ビーコン、果てはDSRCによるETC2.0など、官民一体となって日本独自の交通情報提供システムを構築しているが、多言語化を想定してないことや、世界的には交通情報提供におけるフォーマットはTPEG英語版などがあり、マルチメディア放送との絡みにおいて、互換性がない一連のVICSの方式はやはりガラパゴス化が予想されている[45]

非接触ICカード[編集]

急拡大を続ける日本の非接触ICカード(特に電子マネー)市場であるが、非接触ICカードによる電子マネーを運営する日本の会社の大半がFeliCaを採用している。しかしFeliCaは近距離無線通信 (NFC) の国際標準規格であるISO/IEC 14443(特にその中でも普及率の高いType A)と直接的な互換性を持たないため、ガラパゴス化が懸念されている[9][46]

FeliCaは性能面でも、日本のラッシュ時自動改札で乗客が滞留しないこと、複雑な連絡運輸にも対応し瞬時に料金が計算できることなど高い性能を持つが、逆に日本以外ではそこまでの高い性能は要求されないことが大半で、欧米ではバリューエンジニアリングの観点から過剰性能とみなされていることも指摘されている[47]

その結果、日本ではFeliCaとISO/IEC 14443 Type Aに対応させると予想されているのに対して、諸外国ではType Aしか対応しないとの主張がある[48]。実際ポストペイの世界では、MasterCard陣営が当初よりType AベースのPayPassを展開している他、VISA陣営も当初FelicaベースのVisa Touchを採用したものの、後の世界展開ではType AベースのVisa payWaveに乗り換えるなど、Type Aベースの決済が世界的に主流となっている。

しかしながら、FeliCaやISO/IEC 14443に対して上位互換となる国際標準規格としてISO/IEC 18092が制定されており、FeliCa自体も国際標準規格との互換性を獲得していることから、この懸念は杞憂との見方も一部にある(さらにその後ISO/IEC 21481へと発展)。

ゲームソフト[編集]

日本のゲーム業界はアーケードゲームで培ったノウハウを先駆けに、その後に任天堂が家庭用ゲーム機で世界を席巻し、一時期は世界のゲーム市場をほとんど牛耳るほどの勢いであった。しかし最近では日本のゲーム業界の停滞と行き詰まりが囁かれ、この理由の一つに日本のゲーム市場の特異性として、欧米ではリアルな戦争を描いたファーストパーソンシューティング(FPS)と呼ばれるタイプのゲームがヒットするが、日本ではアニメやマンガに近い世界観を描くロールプレイングゲーム(RPG)などが人気なことが挙げられている。いまだに日本はゲームの輸出大国であるが、一部では日本のゲームのガラパゴス化が危惧されている[49][50]。また、アニメや漫画などと同様、内輪受けに特化した「萌え」描写が、海外においてはポルノまがいの表現として捉えられ、性表現規制の対象となることがある。海外では過激な性描写のため発売中止となったゲームもある[注釈 10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお当初から国際規格(または欧州など有力なブロック内規格)として制定、運用される場合にはデジュリスタンダードと言う。この文脈で表現する場合には以下、「」付きの『「デファクト」』として記述する。
  2. ^ 実際スズキ・ダイハツ主要車種の多く(アルト、ワゴンR、MRワゴン、ジムニー、キャリイ/エブリイ、ミラ、ムーヴ、ハイゼットなど)は輸出や現地ブランド(デーヴ国民車(現:韓国GM)マルチプロドゥアアジア(キアに吸収)等)による海外生産の実績がある。
  3. ^ 端的な例に餃子の王将の中国進出がある。餃子の王将のメニューは中国人が外食で食すということはほぼあり得ないにもかかわらず、中国進出を決行して頓挫した。
  4. ^ それまでも輸出仕様車には1600ccを設定していたが、韓国は課税額が変わる基準が日本と同じく500cc刻みであるため内需向けには1600ccよりも税金が1ランク低くなる1500cc車の需要があり、メーカー各社はそれぞれのエンジンを作る必要があった。それが1600ccに引き上げられたことにより必要がなくなった。
  5. ^ ボディサイズはほぼ5ナンバー枠に収まっているが、その排気量の大きさのため実際には3ナンバーである。
  6. ^ 1970年代の死亡事故増加に対処するため、道路交通法を所管する警察庁交通局がとった措置による。
  7. ^ 日本でのMNPの導入は2006年10月。
  8. ^ キャリアのロックを解除するサービスが日本と違い合法で安価に存在する。SIMロックが諸外国にないということはない。
  9. ^ Apple社は世界での総数は発表しているが国別の出荷数は発表していない。日本のJAITAの統計は海外メーカーの出荷数を含んでいない。
  10. ^ ぎゃる☆がん』など。

出典[編集]

  1. ^ ITmedia エンタープライズ:日本におけるOSSの幻想――OSS界のガラパゴス諸島、ニッポン” (2004年12月1日). 2010年12月30日閲覧。
  2. ^ 日本の携帯電話市場はガラパゴス諸島である/0042号インテックジャパン
  3. ^ ICT国際競争力懇談会”. 総務省. 2011年10月3日閲覧。
  4. ^ ICT国際競争力懇談会 第3回議事要旨” (2007年4月). 2011年10月3日閲覧。
  5. ^ ICT国際競争力懇談会最終とりまとめ (PDF)”. 総務省 (2007年4月23日). 2014年1月3日閲覧。
  6. ^ 保護されないと絶滅する珍獣、ガラパゴス化する日本ITmedia エグゼクティブ
  7. ^ 2015年の日本 -新たな「開国」の時代へ-東洋経済新報社 刊
  8. ^ 研究開発 近未来社会予測~2015年の日本~ 12ページ「ガラパゴス化現象」とは何か?NRI研究成果
  9. ^ a b 未来ナビ「ガラパゴス化」する日本野村総合研究所 (NRI)
  10. ^ http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20100909/216166/?P=1
  11. ^ 「日本クルマ界ガラパゴス化事情」、現代ビジネス、2010年9月13日。
  12. ^ 「新興国危機でも攻めるトヨタの『Kカー戦略』」、2016年2月21日。
  13. ^ 自転車のナンバー制は必要?「税金無駄遣い」疋田智氏、「事故減少」岸田孝弥氏 Cyclist supported サンケイスポーツ
  14. ^ 池田祥子、「家族制度の『ガラパゴス化』を避ける」、現代の理論、Vol. 7、2016年冬号。
  15. ^ a b 鴻秀明「税務調査のガラパゴス化と重加算税 国破れて租税法律主義あり」、税務経理協会、2013年。
  16. ^ 経産省 案内マーク変更へ
  17. ^ 温泉マークが消える?案内マーク分かりやすく
  18. ^ 朝日新聞GLOBE第52号 『走る 42.195kmの劇場:ガラパゴス日本』
  19. ^ 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 中公新書ラクレ 清谷信一 ISBN 978-4121503381]
  20. ^ もり・ひろし. “「ガラパゴス現象」”. 時代を読む新語辞典. 日経BP社. 2010年7月19日閲覧。
  21. ^ PC事業の安定的黒字化に向けた施策について”. 東芝 (2014年9月18日). 2016年8月1日閲覧。
  22. ^ Gartner Inc. (2015年1月12日). “Gartner Says Worldwide PC Shipments Grew 1 Percent in Fourth Quarter of 2014”. 2016年8月1日閲覧。
  23. ^ 吉川 2010, pp. 32-33.
  24. ^ http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1055943.html
  25. ^ 2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況”. (株)MM総研 [ 東京・港 ] (2011年5月11日). 2011年9月27日閲覧。
  26. ^ スマートフォン市場規模の推移・予測(2011年7月)”. (株)MM総研 [ 東京・港 ] (2011年7月7日). 2011年10月4日閲覧。
  27. ^ シェア60% -ガラケー、バカにされても根強い人気”. President Online (2013年2月27日). 2013年6月29日閲覧。
  28. ^ ガラホってなに? - au(KDDI)(更新日不明 / 2015年12月3日閲覧)
  29. ^ “CES、目立つ中華風アンドロイド端末 “ガラパゴス化”の声も”. SankeiBiz (産経デジタル). (2011年1月11日). オリジナル2011年1月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110122044524/http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110111/mcb1101110501001-n1.htm 
  30. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/368541/033100152/
  31. ^ http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/185/185832/
  32. ^ http://www.sbbit.jp/article/cont1/32683
  33. ^ http://www.soumu.go.jp/main_content/000445763.pdf
  34. ^ http://www.soumu.go.jp/main_content/000464851.pdf
  35. ^ http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/keyword/1028776.html
  36. ^ The Launching Country”. ISDB-T(DiBEG). DiBEG. 2010年7月19日閲覧。
  37. ^ 吉川 2010, pp. 35-36.
  38. ^ B-CASで「テレビ鎖国」する日本 - ASCII.jp・2008年5月27日
  39. ^ 宮崎 2008, pp. 14-20.
  40. ^ 吉川 2010, p. 49.
  41. ^ 吉川 2010, pp. 48-49.
  42. ^ 吉川 2010, p. 48.
  43. ^ 中島順一郎 (2008年5月30日). “日本の御家芸に大誤算 簡易型カーナビの猛威”. 東洋経済新報社. 2009年4月5日閲覧。
  44. ^ 吉川 2010, p. 50.
  45. ^ a b http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/douro/dai3/sankou2.pdf
  46. ^ 吉川 2010, pp. 41-46.
  47. ^ FeliCaがガラパゴス化した3つの理由 - 1 - 世界級ライフスタイルのつくり方
  48. ^ 吉川 2010, pp. 46-48.
  49. ^ 日本ゲーム業界に必要なのはチャレンジスピリッツ Sgame
  50. ^ “【ネット】存在感の弱まる日本のゲームにコンテンツ産業の未来を危惧する”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年8月10日). オリジナル2011年9月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110921033150/http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201108050148.html 2011年8月10日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]