国別コードトップレベルドメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国別コードトップレベルドメイン(くにべつコードトップレベルドメイン、ccTLD;country code Top Level Domain)とは、国名コードに基づくトップレベルドメインである。日本を表す「.jp」などがこれにあたる。

コード体系・管理など[編集]

コード体系は原則としてISO 3166による2文字のコードに基づいているが、英国.uk)のように一部例外もある。

ccTLDの取得や定義は、そのドメインを管理するレジストリ(日本では「日本レジストリサービス」)が決めている。世界中の誰でも取得できるgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)と違い、その国/地域に存在(在住)する団体(個人)でないと取得できないという制限があるものが多い(日本の「.jp」も同様)。 ただし、一部の発展途上国では、gTLDのように誰でも取得できるようにして外貨を稼ごうとしている国もある。この例としては、トンガの「.to」ドメイン、ツバルの「.tv」ドメインがよく知られている。

なお、インターネット発祥国であるアメリカ合衆国には「.us」というccTLDもあるが、政府関係を除きあまり使われておらず、「.gov」(連邦政府機関)、「.edu」(教育機関)、「.mil」(軍事機関)といったgTLDが使用されている。

各国・地域のccTLD[編集]

トップレベルドメイン一覧#国別コードトップレベルドメイントップレベルドメイン一覧#国際化国別コードトップレベルドメインを参照

関連項目[編集]