公用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公用語(こうようご)とは、、国際的集団など、ある集団・共同体内の公の場において用いることが公式に定められた言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。

ある国において公用語として複数の言語が定められた場合には、その全ての言語を用いて公的情報を国民へ伝えなければならない。従ってこの場合、国家(あるいは集団)の公的機関は、全ての公用語を併記し通訳して伝えることになる。これによって、指定された複数の言語のうちどれか一つの言語だけを理解する国民(や構成員)に対しても不利益を生じさせないという原則が守られる。

一言語集団が大多数を占める国家や圧倒的に強い力を持っている国家の場合、公用語を法律で定めていない場合もある。

概要[編集]

公用語は、一つの共同体内で複数の言語が使用されている場合に、公的な分野において意志の疎通を円滑にする目的で、憲法や法律などの法規範によって指定されるのが一般的である。これに対し、方言こそあるものの、一つの言語の話者が圧倒的多数の国である場合、法律で定めるまでもなくその言語が公用語の役割をしている場合がある。日本における日本語がこれにあたる[1](ただし、裁判所法第74条は「裁判所では、日本語を用いる。」と定めている)。もちろん圧倒的多数の同一言語話者がいた場合でも法的な定めを置く例もある。

一方、国内に複数の言語があるにもかかわらず、公用語を正式に指定することなく、政治的、社会的な上層階級の間で話されている言語が事実上、公用語になっている場合もある。アメリカ合衆国における英語がこれにあたる。しかし、州レベルでは、2004年現在、全50州中27州が法律で英語を公用語と定めている。この中には、英語だけを公用語とする州もあれば、英語と他の1つの言語を公用語とする州もある。なお、連邦最高裁は英語だけを公用語と定めていたアリゾナ州の法律について、1998年4月に違憲判決を下している。

また、国だけでなく国際連合EUなどでも公用語は指定されている。国連の公用語は英語フランス語ロシア語中国語スペイン語アラビア語の6つである。これらは第二次世界大戦のいわゆる戦勝国であるアメリカ・イギリスフランスソ連中国(当時は中華民国)の公用語に、多くの国で話されているスペイン語(スペイン本国に加えて、ブラジルを除くラテンアメリカ諸国における共通言語となっている)とアラビア語(アラビア半島北アフリカにおける共通言語)を加えたものである。

公用語の指定に関しては様々な基準があるが、一般的にその集団内で使用する者の数が最も多い言語や高度な概念を表現しえる言語が選ばれる。しかし政治的に強い権力を持った民族の言語が多くの国民の意に反し公用語に指定されることもある。民族と言語は密接に結びつきしばしば深刻な問題を引き起こすため複数の言語を公用語に定めている国も多い。

ヨーロッパ、カナダの公用語[編集]

ヨーロッパには複数の公用語を持つ国がある。国全体で、2つ以上の公用語が認められている場合もあれば、特定の地方で国家全体の公用語以外の言語、つまり地方の公用語が定められている場合もある。

例えばベルギーではフランス語オランダ語フラマン語)・ドイツ語スイスではドイツ語・フランス語・イタリア語ロマンシュ語アイルランドではアイルランド語英語フィンランドではフィンランド語スウェーデン語を公用語としている。スペインでは、国全体の公用語であるカスティーリャ語(スペイン語)のほかに、カタルーニャ語バレンシア語)、バスク語ガリシア語がそれぞれ地方公用語になっている。カナダでは英語とフランス語を公用語としており、それぞれの国内では全ての公用語で情報が行き渡るようになっている。例えば国内で生産されたお菓子の内容表示や道路標識なども複数言語による併記となっており、教育マスコミなどにおいてもその使用が保証されている。

旧植民地国家の公用語[編集]

アジアアフリカなどの旧植民地国家では、実際の話者は極めて少数であるにもかかわらず、旧宗主国の言語が現在も公用語とされている事が多い。これは主に以下のような理由による。

  • その地域に多数の言語が存在し意思疎通が困難である
  • 文字言語がなく文書で記述することができない
  • 政治・経済・教育など近代的諸制度を運営していく上で旧宗主国に範を求めざるをえない
  • 独立運動や国家運営を指導するインテリ層が旧宗主国の言語で高等教育を受けている

このような国では旧宗主国の言語を公用語として使用する場合と、最も使用する者の数が多い部族の言語を公用語としている場合がある。被植民側の言語には文字がない事も多く、アルファベットの発音をあててアルファベット表記することが多い。ケニアではスワヒリ語と英語、フィリピンではタガログ語を基本とするフィリピン語と英語が公用語になっており、これらはそれぞれ義務教育によって全国で教育されている。また、これらの国には非常に多くの地方言語が存在することから、地方の言語、多数部族言語の公用語、旧宗主国言語の公用語と合わせると、多くの少数民族は3つの言語を使用することになる。ただし公用語化されない地方の言語には文字がないことが多く、公用語の普及と共にそのほとんどが消滅していく傾向にある。

欧州連合の公用語[編集]

欧州連合では、1958年4月15日に採択された欧州経済共同体理事会規則 No.1 の第1条において欧州連合の公用語を定めている。この規則は幾度も改正されており、2007年1月1日以降、欧州連合の公用語となっているのはブルガリア語チェコ語デンマーク語オランダ語英語エストニア語フィンランド語フランス語ドイツ語ギリシア語ハンガリー語アイルランド語イタリア語ラトビア語リトアニア語マルタ語ポーランド語ポルトガル語ルーマニア語スロバキア語スロベニア語スペイン語スウェーデン語の計23の言語である。原則として各加盟国の公用語を欧州連合の公用語としているが、ルクセンブルクの公用語の1つであるルクセンブルク語と、キプロスの公用語の1つであるトルコ語は含まれていない。すべての欧州連合の公式文書はこの23の公用語に翻訳されている。また加盟国が増えると公用語も増えることがある。欧州連合は加盟国の拡大を目指しているものの、それに伴う公用語の増大により相互翻訳作業は級数的に増大し、微妙な翻訳表現の違いも問題化している。

公用語の役割と重要性[編集]

複数の公用語を定める場合には、どちらか一方の言語のみを使用する者に不利益を与えてはならないため、役所を始め、通訳、翻訳および併記の必要性が生じ、また、複数言語に精通した役人を置くなど多大なコストがかかる。

公用語に指定された言語には決まった表記法が存在し会話言語のような方言的誤謬がない。そのためその域内は標準となる言語で統一され情報が末端まで正確に伝わることになる。このことは情報伝達の手段としては大変有効であるが、一方で公用語に指定されない少数話者の言語が人為的に消滅することとなる。

脚注[編集]

  1. ^ 日本には日本語の話者の他に、ポルトガル語、スペイン語、英語、中国語、アイヌ語などの話者もいる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]