裁判所法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
裁判所法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和22年4月16日法律第59号
効力 現行法
種類 憲法附属法裁判法
主な内容 裁判所の組織、裁判事務
関連法令 日本国憲法裁判員法知財高裁設置法国民審査法最高裁判所規則
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

裁判所法(さいばんしょほう、昭和22年4月16日法律第59号)は、最高裁判所及び下級裁判所の組織、裁判官その他の裁判所職員司法修習生の任免、任命資格、裁判事務の取扱等を定める法律である。最高裁判所は、日本国憲法が明定するが、下級裁判所としての各裁判所の構成は本法が規定する。

構成[編集]

  • 第1編 総則(1 - 5条)
    • 3条(裁判所の権限)
    • 5条(裁判官)
  • 第2編 最高裁判所(6 - 14条の3)
    • 9条 (大法廷・小法廷)
  • 第3編 下級裁判所(15 - 38条)
  • 第4編 裁判所の職員及び司法修習生(39 - 68条)
    • 第1章 裁判官
      • 50条 (定年)
    • 第2章 裁判官以外の裁判所の職員
    • 第3章 司法修習生
  • 第5編 裁判事務の取扱(69 - 78条)
    • 第1章 法廷
    • 第2章 裁判所の用語
    • 第3章 裁判の評議
    • 第4章 裁判所の共助
  • 第6編 司法行政(80 - 82条)
  • 第7編 裁判所の経費(83条)
  • 附則

関連項目[編集]