最高裁判所長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本
最高裁判所長官
さいこうさいばんしょちょうかん
現職者:
寺田逸郎
(第18代)
就任日:2014年(平成26年)4月1日
担当官庁 最高裁判所
任命者 明仁
天皇
初代 三淵忠彦
創設 1947年昭和22年)8月4日
公式サイト 最高裁判所
テンプレートを表示

最高裁判所長官(さいこうさいばんしょちょうかん)は、日本最高裁判所の官職名。最高裁判所裁判官の一人であると同時に、司法行政事務を行う裁判官会議を総括する。

地位[編集]

最高裁判所長官は最高裁判所の長たる裁判官であり(裁判所法第5条第1項)、内閣総理大臣衆議院議長参議院議長とともに、三権の長と呼ばれる。

最高裁判所は、最高裁判所長官(「長たる裁判官」)1人と、最高裁判所判事(「その他の裁判官」)14人の計15人の最高裁判所裁判官(「最高裁判所の裁判官」)から成る。最高裁判所長官以外のその他の裁判官を「最高裁判所判事」という(裁判所法第5条第1項)。最高裁判所長官が内閣の指名に基づいて天皇が任命するのに対し(日本国憲法第6条第2項)、最高裁判所判事は内閣が任命し天皇が認証する(日本国憲法第79条第1項、裁判所法第39条第3項)。

呼称[編集]

最高裁判所の長について、日本国憲法は「最高裁判所の長たる裁判官」(6条2項)、「長たる裁判官」(79条1項)と定め、裁判所法は「最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官と…する。」(5条1項)と定める。

最高裁判所長官
最高裁判所長官は、日本においては最高裁判所の長たる裁判官の官名である。日本国憲法には「最高裁判所長官」という表記は存在せず、6条2項に「最高裁判所の長たる裁判官」、79条1項に「長たる裁判官」との記載があるにとどまる。しかし、裁判所法5条1項が、「最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官と…する」と定める。そのため、宮中の親任式で授与される官記には「最高裁判所長官に任命する」と記載される。
最高裁判所の長たる裁判官
上述の最高裁判所長官は、司法権行使の点で他の最高裁判所の裁判官に優越するものではない。日本国憲法の原案でも、最高裁判所に所属する裁判官を「長たる裁判官」と「その他の裁判官」(最高裁判所判事)とに区別はしていなかった。ところが原案審議の過程で、内閣総理大臣の任命権は天皇に帰属するのに対し、最高裁判所の裁判官の任命権は全て内閣に帰属することになっていたことが問題となった。その結果、最高裁判所長官については、同じく三権の長である内閣総理大臣との均衡上、天皇に任命権を帰属させるべきであるとして原案に修正が加えられ、憲法の規定上その他の裁判官と区別されるようになる。つまり、憲法にある「最高裁判所の長たる裁判官」という語は、あくまでも任命権の帰属について他の裁判官と区別するために用いられている用語であり、名称(官名や職名)ではない。

指名と任命及び任期[編集]

裁判官報酬(月額)
(等級) (円)
最高裁長官 2,050,000
最高裁判事 1,495,000
東京高裁長官 1,434,000
他の高裁長官 1,328,000
判事1号 1,198,000
 同2号 1,055,000
 同3号 984,000
 同4号 834,000
 同5号 720,000
 同6号 646,000
 同7号 585,000
 同8号 526,000
判事補1号 427,900
 同2号 393,500
 同3号 370,000
 同4号 346,200
 同5号 323,500
 同6号 307,800
 同7号 289,700
 同8号 279,100
 同9号 255,400
 同10号 246,400
 同11号 236,000
 同12号 228,700
簡裁判事1号 834,000
 同2号 720,000
 同3号 646,000
 同4号 585,000
 同5号 445,700
 同6号 427,900
 同7号 393,500
 同8号 370,000
 同9号 346,200
 同10号 323,500
 同11号 307,800
 同12号 289,700
 同13号 279,100
 同14号 255,400
 同15号 246,400
 同16号 236,000
 同17号 228,700
2014年10月7日閣法第9号[1]

最高裁判所長官は、内閣の指名に基づき、国事行為として天皇が任命する(憲法6条2項、79条1項、裁判所法39条1項、なお、任命資格については裁判所法41条を参照)。最高裁判所長官の任命資格は、最高裁判所判事の任命資格と同じである。

最高裁判所発足当初、長官はいわゆるキャリア裁判官判事補から判事となった裁判官)以外の者から任命された。その後、1966年(昭和41年)以降は最高裁判所判事の中から、1979年(昭和54年)以降は9代続けてキャリア裁判官から長官が任命されている。しかし、第17代長官の竹崎博允は例外的に最高裁判所判事を経ずに東京高等裁判所長官から直接任命された。

最高裁判所長官の任期は最高裁判所裁判官と同じ定年の70歳まで。但し歴代長官では草場良八竹崎博允の2名が定年前に依願退官している。一方で、長官が在任期間中に死去したというケースはまだない。

また、すでに最高裁判所判事として最高裁判所裁判官国民審査(国民審査)に付されている最高裁判所長官は、再審査は前審査から10年以上経過している場合であるため、最高裁判所長官に就任したことを理由に再審査に付されることはない。

慣例的に、最高裁判所長官は定年の70歳に近づくと、内閣総理大臣に対し、次期最高裁判所長官として誰が適任であるか意見を述べる。内閣総理大臣がその意見を了承すると、閣議により内閣が次期最高裁判所長官を指名する。そのため、実質的に最高裁判所長官の指名権があるのは、前任の最高裁判所長官といえる。

権限[編集]

司法権に関する権限[編集]

司法権の行使、つまり裁判所における審理に関して、最高裁判所長官の権限は、最高裁判所判事と違いはなく、他の最高裁判所裁判官に対して優越的な地位を占めるものではない。この点、内閣総理大臣がリーダーシップを取り、他の国務大臣に対して大きな権限を有する内閣の行政権行使とは大きく異なる。

15名の最高裁判所裁判官全員から構成される大法廷裁判長となる。また、最高裁判所長官が小法廷の審理に出席するときは、常に裁判長を務める(最高裁判所裁判事務処理規則)。ただし、最高裁判所長官は長官としての仕事で忙しく、小法廷の審理にはほとんど関与しない慣例が続いている。中には4代目長官の横田正俊等、小法廷の審理に積極的に関与した長官もいる。

司法行政権に関する権限[編集]

最高裁判所が司法行政事務を行うのは、裁判官会議の議によるものとされ、最高裁判所長官が、これを総括する。 また、最高裁判所長官は、裁判官会議の議長となる(裁判所法12条)。

このほか最高裁判所長官は最高裁判所事務総長、司法研修所長、裁判所職員総合研修所長、最高裁判所図書館長を監督する地位にある(裁判所法第53条第2項、裁判所法第56条第2項、裁判所法第56条の3第2項、裁判所法第56条の4第2項)

最高裁判所を代表する地位[編集]

最高裁判所長官は、対外的には、最高裁判所を代表する地位を有する。なお、最高裁判所長官は、当然に皇室会議の議員となる(皇室典範28条)。

人事官が任命後に職務を開始するまでに宣誓書に署名を行う際に、最高裁判所長官が立ち会わなければならない(国家公務員法第6条)。

待遇[編集]

最高裁判所長官の報酬は、内閣総理大臣と同額とされる。

なお、最高裁判所長官は自衛隊を公式に訪問し又は視察する場合その他防衛大臣の定める場合において栄誉礼を受ける栄誉礼受礼資格者に定められている(自衛隊法施行規則13条)。

歴代最高裁判所長官[編集]

氏名 最高裁判所判事
任命年月日
最高裁判所長官
任命年月日
退任年月日 出身
分野
前職等[2] 最高裁判所長官に
指名した内閣
任命した
天皇
不信任率[3]
1 三淵忠彦
1947年(昭和22年)8月4日 1950年(昭和25年)3月2日 裁判官 東京控訴院部長、三井信託銀行法律顧問、慶應義塾大学講師 片山内閣 昭和天皇
(裕仁)
5.54%
2 田中耕太郎
1950年(昭和25年)3月3日 1960年(昭和35年)10月24日 法学者 参議院議員学習院大学教授 第3次吉田内閣 8.13%
3 横田喜三郎
1960年(昭和35年)10月25日 1966年(昭和41年)8月5日 法学者 東京大学教授、外務省参与 第1次池田内閣 8.23%
4 横田正俊 1962年(昭和37年)2月28日 1966年(昭和41年)8月6日 1969年(昭和44年)1月10日 裁判官 東京高等裁判所長官 第1次佐藤内閣 (2改) 7.08%[4]
5 石田和外 1963年(昭和38年)6月6日 1969年(昭和44年)1月11日 1973年(昭和48年)5月19日 裁判官 東京高等裁判所長官 第2次佐藤内閣(2改) 7.13%[4]
6 村上朝一 1968年(昭和43年)11月19日 1973年(昭和48年)5月21日 1976年(昭和51年)5月24日 裁判官 東京高等裁判所長官[5] 第2次田中角榮内閣 10.33%[4]
7 藤林益三 1970年(昭和45年)7月31日 1976年(昭和51年)5月25日 1977年(昭和52年)8月25日 弁護士 第一東京弁護士会所属弁護士 三木内閣 12.09%[4]
8 岡原昌男 1970年(昭和45年)10月28日 1977年(昭和52年)8月26日 1979年(昭和54年)3月31日 検察官 大阪高等検察庁検事長 福田赳夫内閣 12.21%[4]
9 服部高顯 1975年(昭和50年)12月3日 1979年(昭和54年)4月2日 1982年(昭和57年)9月30日 裁判官 大阪高等裁判所長官 第1次大平内閣 11.07%[4]
10 寺田治郎 1980年(昭和55年)3月22日 1982年(昭和57年)10月1日 1985年(昭和60年)11月3日 裁判官 東京高等裁判所長官 鈴木善幸内閣(改) 14.63%[4]
11 矢口洪一 1984年(昭和59年)2月20日 1985年(昭和60年)11月5日 1990年(平成2年)2月19日 裁判官 東京高等裁判所長官 第2次中曽根内閣(1改) 10.80%
12 草場良八 1989年(平成元年)11月27日 1990年(平成2年)2月20日 1995年(平成7年)11月7日 裁判官 東京高等裁判所長官 第1次海部内閣 今上天皇
(明仁)
11.10%[4]
13 三好達 1992年(平成4年)3月25日 1995年(平成7年)11月7日 1997年(平成9年)10月30日 裁判官 東京高等裁判所長官 村山内閣(改) 7.99%[4]
14 山口繁 1997年(平成9年)3月10日 1997年(平成9年)10月31日 2002年(平成14年)11月3日 裁判官 福岡高等裁判所長官 第2次橋本内閣(改) 9.61%
15 町田顯 2000年(平成12年)3月22日 2002年(平成14年)11月6日 2006年(平成18年)10月15日 裁判官 東京高等裁判所長官 第1次小泉内閣(1改) 9.37%[4]
16 島田仁郎 2002年(平成14年)11月7日 2006年(平成18年)10月16日 2008年(平成20年)11月21日 裁判官 大阪高等裁判所長官 第1次安倍内閣 6.93%[4]
17 竹崎博允
2008年(平成20年)11月25日 2014年(平成26年)3月31日 裁判官 東京高等裁判所長官 麻生内閣 6.25%
18 寺田逸郎 2010年(平成22年)12月27日 2014年(平成26年)4月1日 現職 裁判官 広島高等裁判所長官 第2次安倍内閣 7.95%[4]
  • 最高裁判所長官を含む最高裁判所裁判官の定年は、「年齢七十年…に達した時」(裁判所法50条)とされている。このため、定年まで勤めた場合、任期は満70歳の誕生日の前日までとなる。

長官代理[編集]

定年退官等により長官が欠位の場合又は長官が海外出張・病気等で不在となる場合は、判事の一人が「最高裁判所長官代理」の職名によりその職務を行う。この場合、文書上の表示は「最高裁判所長官代理 (改行) 最高裁判所判事 某」となる。通例、14人の判事のうち筆頭格の判事が充てられるが、この職名の使用は実際にその職務を行う期間内に限られ、当該筆頭格判事がその筆頭格であることを示すために常時「長官代理」と称することができるわけではない。

裁判は「裁判長」「裁判官」の名義で行われるため、「長官」「長官代理」の職名は裁判の記録には登場せず、組織としての最高裁に関する公文書(最高裁判所規則の公布時の署名など)に限られる。また、逐次官報掲載される行政組織の長の代理発令と異なり、最高裁判所長官代理の辞令は官報掲載されないため、その発令記録を遺漏のない形で確認することは困難であるが、最高裁判所規則の公布等により確認される長官代理の記録は次のとおりとなっている。

  • 塚崎直義(1948年10月19日・21日、11月1日、12月1日・21日・23日・24日・28日・29日、1949年1月10日・21日、3月5日、4月1日・4日・12日、1950年2月24日、11月15日)
  • 霜山精一(1953年8月5日、9月4日)
  • 栗山茂(1956年2月1日、3月1日)
  • 真野毅(1957年12月5日・9日)
  • 河村又介(1963年9月23日)
  • 入江俊郎(1967年7月21日、1969年9月10日)
  • 田中二郎(1972年9月28日)
  • 大隅健一郎(1973年12月10日)
(註)いずれも官報掲載の日付であり、当該期日前・後にも長官代理であった可能性、及びここに記載のない長官代理が存在した可能性を否定するものではない。

なお、国会審議において最高裁判所長官の答弁を要する場合は、長官本人ではなく最高裁判所事務総局の職員(局長等)が「最高裁判所長官代理者」の呼称で出席するのが慣例であるが、これは当該出席する局長等が同時に複数いる場合にもそのすべてに対して用いられる総称的な呼称であり、長官一身の代理をする「最高裁判所長官代理」とは性格を異にするものである。

脚注[編集]

  1. ^ 英米法学者の高柳賢三は1947年3月の帝国議会貴族院の裁判所法案委員会で、裁判官の報酬規定について「アメリカ連邦最高裁判所の判事と、普通の裁判官の俸給の差は500ドル程度であること、司法尊重の趣旨を考えるべきだということを意見したが、弁護士民間人閣僚司法大臣木村篤太郎等がその意見に強く反対し、戦前からの激しい報酬格差が維持されることとなった(1947年3月22日帝国議会・裁判所法案特別委員会議事録第4頁)。なお木村は同年GHQにより公職追放処分となっている。
  2. ^ 最高裁判所判事を除く。なお、初代・2代・3代・17代長官を除いて、すべて最高裁判所判事を経て、最高裁判所長官に就任している。
  3. ^ 最高裁判所長官の在任中、または長官就任前の直近に行われた最高裁判所裁判官国民審査において、総投票のうち、その者を「罷免を可とする裁判官」として×の記号を記載した投票の数の割合。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 最高裁判所長官就任前の最高裁判所判事としての国民審査。
  5. ^ 法務省民事局長、最高検察庁検事等を歴任。

参考文献[編集]

  • 山本祐司『最高裁物語(上・下)』(日本評論社、1994年)(講談社+α文庫、1997年)

関連項目[編集]