三淵忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三淵忠彦
生年月日 (1880-03-03) 1880年3月3日
出生地 Flag of Japan (1870–1999).svg 日本岡山県
没年月日 (1950-07-14) 1950年7月14日(70歳没)
死没地 日本の旗 日本東京都
配偶者 三淵静(後妻)
子女 乾太郎
出身校 京都帝国大学法科大学
宗教 キリスト教カトリック教会

任期 1947年8月4日 - 1950年3月2日
任命者 片山内閣
天皇 昭和天皇
前任者 細野長良(最高裁判所長官代行)
後任者 田中耕太郎
テンプレートを表示

三淵 忠彦(みぶち ただひこ、1880年明治13年)3月3日 - 1950年昭和25年)7月14日)は、日本の初代最高裁判所長官である。栄典正三位勲二等瑞宝章

経歴・人物[編集]

会津藩士・三淵隆衡(家老・萱野長修の実弟)の子として生まれる。大学卒業後、書生を経て東京地方裁判所判事となり、大審院判事、東京控訴院上席部長などを歴任した。裁判官在任中には、弁護士であった片山哲が労働法制定、家庭裁判所の設置などを求めたことに同調し、彼らが創設した中央法律相談所が発行する「中央法律新報」に寄稿するなど、片山との関係を深めている。

1925年大正14年)、45歳で退官し、三井信託株式会社の法律顧問となる。同社は信託業法1922年(大正11年)に制定されたのを受け1924年(大正13年)に設立され、まだ間もない頃であったため、誤りのない運用を行うための法律の専門家を必要としており、忠彦がこれに応えた形であった。いっぽうで忠彦の長男である乾太郎は、当時の裁判官の報酬が低く、これによる経済的事情が理由だったのではないかと後年推測している。

戦後、新憲法が制定され、最高裁判所が設立されることになったが、忠彦は当初最高裁判事の候補者にも挙げられていなかった。しかし片山内閣が成立したことにより司法大臣となった福島出身の鈴木義男が、片山哲に忠彦を推挙し、前述のとおり旧知であった片山もこれに同意した。これに加え、GHQの指示によって当時の裁判所法に規定されていた裁判官任命諮問委員会の委員には、忠彦を推す大審院時代の同僚がおり、さらに、参議院議長松平恒雄もまた委員[1]であり、彼も忠彦を推した。恒雄の父であった会津藩主・松平容保、忠彦の父隆衡ともに、戊辰戦争敗戦後、方や会津藩主として、方やその藩主をかばって切腹した家老の弟として、厳しい道を共にしている。

1947年(昭和22年)、初代最高裁判所長官就任。長官就任にあたり、「裁判官は世間知らずであってはならず、政治に巻き込まれてはならないが、政治の動向に無関心であってはならない。国民のためによき裁判所を作るため、どうすればいいか他の14裁判官と相談、勉強していきたい」と感想を述べた[2]。就任にあたって司法大臣鈴木義男に対し、明鏡止水の心境で従事すべき裁判官を俗的な人事行政にあたらせるべきではないとして、従来の司法大臣に相当する事務総長を置くことを提言し、これが取り入れられている。同年8月22日と8月23日に戦災で大部分が崩壊した旧大審院の代わりとして皇居内になった旧枢密院庁舎で最高裁判所裁判官会議が開かれ、長官を中心とした席の順序、六法全書や筆記容疑等を公費で購入することなどが決議された[3]。旧枢密院庁舎では裁判ができないという話になり、最高裁の仕事場所として霞ヶ関の東京地方裁判所庁舎内庁舎の2フロアを間借りすることになったが、開いている判事室は3つしかなく、一部屋に5人の最高裁裁判官が入って職務を行っていた[4]

戦時中に米軍の空襲で渋谷の家が焼かれており、最高裁長官公邸ができるまでの数ヶ月間は小田原市から電車で最高裁に出勤した[5]

1948年(昭和23年)3月、GHQに対して、裁判官の地位が検察官を含む他の公務員と同視されないよう裁判官を「相当の報酬」とし、かつ他の公務員とは別個に決定されるよう望む旨の書簡を送り、裁判官の報酬等に関する法律制定のきっかけのひとつをつくっている。一方同年2月、平野事件についてGHQからの「GHQの指令に基づく処分は日本の裁判所による判断の対象外である」という申し入れを受け入れ、東京地方裁判所が下した公職追放の差し止め仮処分を取り消す決定をおこなっている[6]

1948年10月に内蔵腫瘍で倒れて8ヶ月登庁不能となり、長官が務めるべき大法廷の裁判長も他の裁判官に代行させており、国会でも長期欠勤が問題視された[7][8][9]。1949年5月には登庁を再開したが、1950年2月に裁判所内で再び倒れ、定年による長官退官は病床で迎え、その4ヶ月後に死去した[8][10]

最初の妻とは死別しており、後妻は静。キリスト教徒であり、退官翌日に忠彦が洗礼を受けたのは、静の影響とされる。子に乾太郎(元浦和地方裁判所所長)がいる。1914年には、三淵嘉子(日本初の女性弁護士の一人)を養子とした。

趣味は読書であり、漢籍を好み、特に『資治通鑑』を愛読した。その他、浄瑠璃絵画の鑑賞も趣味としていた。

略歴[編集]

関与した最高裁判決[編集]

昭和23年12月27日大法廷判決
刑事被告人が有罪の言渡を受けた場合において、証人尋問に関する費用を被告人の負担とすることは憲法に反しない(全員一致、裁判長)。

最高裁判所長官在任中の出来事[編集]

その他[編集]

  • 最高裁判所裁判官に任命されたのは67歳5ヶ月で歴代最高齢である。最高裁判所裁判官国民審査は最高裁裁判官に就任後の衆議院議員総選挙と同時に行われるが、就任時の衆議院議員任期満了日が1951年4月24日の一方で定年退官予定日は1950年3月2日と1年1ヶ月も前であり、国民審査に付される前に定年退官する可能性があった[11]。実際には定年退官の2年2ヶ月前の1949年1月23日に第24回衆議院議員総選挙が実施されたことにより、定年退官前に国民審査に付された。

著書[編集]

  • 『民法概説』慶應義塾出版局、1924年。
  • 『民法概論』慶應義塾出版局、1924年。
  • 『信託法通釈』大岡山書店、1926年。
  • 『日本民法新講-総則編・物権編』梓書房、1929年。
  • 『信託法大意』梓書房、1929年。
  • 『日常生活と民法』法曹会、1930年。
  • 『世間と人間』朝日新聞社、1950年。 - 唯一出された随筆集であり、これに掲載されたもののうち「ろくを裁く」は、柳田國男が監修した1955年東京書籍の高校1年生向け国語教科書に採用された。そのほか、同じくこれに掲載された「鹿を犬にした話」が1957年績文堂出版の高校3年生向け国語教科書に、「規律を守る心」が1952年池田書店の中学3年生向け国語教科書にそれぞれ採用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 恒雄を委員長とする記載もあるが、裁判官任命諮問委員会の委員長は衆議院議長とされ、松岡駒吉がその任にあたっていた(裁判官任命諮問委員会について(審議会事務局))。
  2. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)18頁
  3. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)2頁
  4. ^ 長嶺超輝『サイコーですか?最高裁!』(光文社)27頁
  5. ^ 長嶺超輝『サイコーですか?最高裁!』(光文社)205頁
  6. ^ 田中二郎、佐藤功、野村二郎『戦後政治裁判史録1』第一法規、1980年、pp.183 - 184
  7. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)11頁
  8. ^ a b 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)19頁
  9. ^ 管賀江留郎「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか」(洋泉社)372頁
  10. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)12頁
  11. ^ 西川伸一 「最高裁裁判官国民審査の実証的研究」(五月書房)166頁

参考文献[編集]

  • 山本祐司『最高裁物語(上・下)』(日本評論社、1994年)(講談社+α文庫、1997年)
  • 佐野比呂己「教材「ろくをさばく」をめぐって」、『国語論集』第7巻、北海道教育大学釧路校国語科教育研究室、2010年3月NAID 110009444025
  • 佐野比呂己「教材「ろくをさばく」考(2)」、『北海道教育大学紀要. 教育科学編』第60巻第1号、北海道教育大学、2009年8月NAID 110007224817
  • 佐野比呂己「教材「ろくをさばく」考(3)」、『釧路論集 : 北海道教育大学釧路分校研究報告』第41号、北海道教育大学、2009年12月ISSN 02878216NAID 110008767341
  • 佐野比呂己「教材「ろくをさばく」考(4)」、『釧路論集 : 北海道教育大学釧路分校研究報告』第41巻、北海道教育大学、2010年2月ISSN 02878216NAID 110008428846
  • 佐野比呂己「教材「ろくをさばく」考(5)」、『北海道教育大学紀要. 教育科学編』第61巻第1号、北海道教育大学、2010年10月NAID 110008428896

外部リンク[編集]

司法職
先代:
細野長良
(最高裁判所長官代行)
最高裁判所長官
初代:1947年 – 1950年
次代:
田中耕太郎