藤林益三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤林益三
生年月日 (1907-08-26) 1907年8月26日
出生地 日本の旗 日本京都府船井郡五ヶ荘村田原
没年月日 (2007-04-24) 2007年4月24日(99歳没)
死没地 日本の旗 日本東京都稲城市
出身校 東京帝国大学法学部
宗教 キリスト教無教会主義

任期 1970年7月31日 - 1976年5月25日
任命者 第3次佐藤内閣

任期 1976年5月25日 - 1977年8月25日
任命者 三木内閣
天皇 昭和天皇
前任者 村上朝一
後任者 岡原昌男
テンプレートを表示

藤林 益三(ふじばやし えきぞう、1907年明治40年)8月26日 - 2007年平成19年)4月24日)は日本弁護士第一東京弁護士会所属)。第7代最高裁判所長官。夫人は明治の文豪、巖谷小波の末娘。

人物[編集]

企業法務の弁護士として活躍した後に最高裁判事となり、その後現在に至るも、唯一の「弁護士出身の最高裁長官」となる。熱心な「無教会主義キリスト教」の信徒であり、毎日曜に聖書研究会を続けていた。その信仰は、いわゆる「津地鎮祭訴訟」判決における、異例の「長官の反対意見・補足反対意見」(津市による地鎮祭主催は政教分離を定める憲法違反との立場。藤林・団藤など違憲派5人に対し、合憲派10人)となって現れる。後に、彼は、「自らの法律家としての人生は、まさに、この判決のためにあったようなもの」と述懐しているほど、この判決の執筆に力を入れたと言われる。

1976年2月に発覚したロッキード事件では同年7月24日に最高裁長官として裁判官会議でアメリカ側証人の刑事免責を保証する趣旨の宣明を全会一致で決議した(退官後に「(最高裁宣明について)長官の司法行政。証拠価値は事件担当裁判官の判断」と言葉を残しているが、この刑事免責については1995年2月の最高裁判決で否定的見解が出された)[1]。1956年2月以降は司法修習生に国籍条項が存在していたが、1977年3月に司法修習生の国籍条項は残したまま「憲法と法律を遵守する」という誓約書を提出させる等した上で外国人について「相当と認めるものに限り、採用する」との方針を示した(司法修習生について1990年に外国人の誓約書提出義務づけを除外し、2009年に国籍条項が撤廃された)。

年譜[編集]

著書[編集]

  • 貸倒れ対策一問一答(編)金融財政事情研究会 1967
  • 銀行員の法律あ・ら・かると 法律の姿法律の心 近代セールス社 1968
  • 一法律家の生活と信仰 東京布井出版 1978.8
  • 法律家の知恵 法・信仰・自伝 東京布井出版 1982.6
  • 藤林益三著作集 全10巻 東京布井出版 1984-96

参考文献[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年
  • 山本祐司『最高裁物語』(日本評論社、1994)講談社+α文庫、1997)

脚注[編集]

  1. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)68・70・98・99頁

外部リンク[編集]