横田正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横田正俊
生年月日 (1899-01-11) 1899年1月11日
出生地 日本の旗 日本北海道函館市
没年月日 (1984-07-01) 1984年7月1日(85歳没)
出身校 東京帝国大学法学部

任期 1952年2月4日 - 1958年3月25日
首相 吉田茂
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
前任者 中山喜久松
後任者 長沼弘毅

任期 1962年2月28日 - 1966年8月6日
任命者 第2次池田内閣

任期 1966年8月6日 - 1969年1月10日
任命者 第1次佐藤内閣
天皇 昭和天皇
前任者 横田喜三郎
後任者 石田和外
テンプレートを表示

横田 正俊(よこた まさとし、1899年明治32年)1月11日 - 1984年昭和59年)7月1日)は、日本裁判官。第4代最高裁判所長官を務めた。位階勲等従二位勲一等旭日大綬章。なお、前任の最高裁判所長官横田喜三郎と同姓だが、血縁関係はない。

人物[編集]

1925年(大正14年)4月から裁判官生活に入り、東京地裁、東京控訴院、大審院判事等を務め、1943年(昭和18年)3月に甲府地裁所長に就任[1]。戦後、司法省臨時企画部長に就任[1]1947年(昭和22年)7月に公正取引委員会委員、昭和27年2月に同委員長に任命されるなど、同委員会に11年間勤務した[1]1958年(昭和33年)に最高裁事務総長となり、裁判官の報酬引き上げに尽力した[1]

1962年(昭和37年)2月28日に最高裁判所判事に就任[1]

最高裁長官の就任の際の記者会見では「訴訟の促進」を延べ、就任後の高裁長官・地裁所長会合でもその趣旨を訓示し、在任中に成果を上げた[2]。普通、長官は司法行政事務や外部の公式行事があるので、小法廷事件には関与しないのが普通だが、横田は長官になっても、所属する第三小法廷の事件処理にあたった[2]。この理由について「当時、第三小法廷には沢山の事件があり、長官が大法廷事件だけやるのは間違いだと思った。書面審理だけなので、書類を見るため目を傷めたが、これも長官の重要な仕事だと思って頑張った」と説明した[2]。裁判でも司法行政でも比較的柔軟な姿勢を見せ、官公労働者争議権の問題では刑事処罰に反対し、青年法律家協会(青法協)の問題については穏健な意見を持っていた[3]。一方で、最高裁長官時代の1968年6月10日に裁判所構内でのプラカードや集会を規制する裁判所庁舎管理規程を制定している[4]

最高裁長官退官後に官公労働者争議権の問題では刑事処罰肯定に逆転するが、横田は「非常に残念だ」と語った[5]。青法協の問題については、横田長官在任中は平穏な時でもあったため「少なくとも裁判官については、そう神経質になる必要はない」と、石田長官時代に起こった青法協問題に絡む平賀書簡問題や鹿児島地裁所長発言については「心配のしすぎ、それが一般に強く響いた」とそれぞれ話した[5]

歴代の最高裁判所長官で唯一、長官親任式皇居宮殿でなく那須御用邸にて執り行った人物でもある。

略歴[編集]

系譜[編集]

横田家
横田家は長野県埴科郡松代町(現在の長野市)出身。先祖は奥会津横田の住人山内大学と伝えられ、江戸時代には信州松代藩士として150の禄を受けていた中級武士であった。父の秀雄大審院長を務めた。元鉄道大臣の小松謙次郎は叔父。元一橋大学教授吾妻光俊は正俊の弟[6]
        桂太郎━━三郎
              ┃
              ┣━━━井上光貞
              ┃    ┃
        井上馨━━千代子   ┃
                   ┃
       伊達宗徳━━二荒芳徳  ┃   
               ┃  ┏明子
               ┣━━┫
               ┃  ┗治子
   北白川宮能久親王━━━拡子    ┃
                    ┃
                  ┏一義
                  ┃
                  ┣泰介
                  ┃   
             石坂泰三 ┣泰夫
               ┃  ┃
               ┣━━╋泰彦
               ┃  ┃
         織田一━━雪子  ┣信雄
                  ┃
                  ┣智子
                  ┃
                  ┗操子
                   ┃
           ┏霜山精一━━━徳爾
           ┃
           ┗秀野   ┏正俊
             ┃   ┃
             ┣━━━╋吾妻光俊
             ┃   ┃
          ┏━秀雄   ┗雄俊
          ┃
     横田数馬━╋和田英
          ┃
          ┗小松謙次郎

横田正俊記念賞[編集]

公益財団法人公正取引協会独占禁止法を中心とした経済法学の振興を図るため、昭和60年度「横田正俊記念賞」を設置し、「横田正俊記念賞」の贈呈を行っている。

選考対象[編集]

毎年度発表される経済法の若手研究者(原則として大学助手講師助教授になって4~5年まで)の論文のうち最優秀と認められるものに同賞を授与する。

選考委員[編集]

賞金[編集]

  • 金30万円

参考文献[編集]

  • 山本祐司『最高裁物語(上・下)』(日本評論社、1994年)(講談社+α文庫、1997年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)99頁
  2. ^ a b c 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)45頁
  3. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)45・46頁
  4. ^ 野村二郎「日本の裁判官」(講談社現代新書)151頁
  5. ^ a b 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)46頁
  6. ^ 信州の旅.com/真田十万石の城下町/旧横田家住宅

外部リンク[編集]