山本祐司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 祐司(やまもと ゆうじ、1936年5月31日[1] - 2017年7月22日[2])は、満州国奉天市生まれ、山口県萩市に育った元毎日新聞記者。「ルパン文芸」を主宰した。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『東京地検特捜部 日本最強の捜査機関・その光と影』現代評論社 1980、角川文庫 1985
  • 『続・東京地検特捜部 日本最強の捜査機関・栄光の復権』現代評論社 1983、『巨悪は眠らせない 東京地検特捜部』角川文庫 1988
  • 『ドキュメント三面記事裁判』番町書房 1983
  • 『東京地検特捜部の内幕』世界文化社 1989
  • 『最高裁物語』(上下)、日本評論社 1994、講談社+α文庫 1997
  • 『恐慌と疑獄 東京地検特捜部』潮出版社・潮ライブラリー 1998
  • 『特捜検察物語』(上下)、講談社 1998、『特捜検察』講談社+α文庫 2002
  • 『東京地検特捜部の決断 「政・財・官」総腐蝕との闘い』講談社+α文庫 1999
  • 『毎日新聞社会部』河出書房新社 2006、河出文庫 2012

共編著[編集]

  • 『面白きこともなき世を面白く 立ち上がった身障者たち』編著 ふこく出版/星雲社 (販売) 2000
  • 『女性弁護士物語 17人のしなやかな生き方』五十嵐佳子共著 日本評論社 2002
  • 『アメリカの正義に惑わされるな』大野彩子共著 河出書房新社 2003

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ “訃報 山本祐司さん81歳=元毎日新聞東京本社社会部長”. 毎日新聞. (2017年7月29日). https://mainichi.jp/articles/20170730/k00/00m/060/014000c 2017年7月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]