寺田逸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺田逸郎
生年月日 (1948-01-09) 1948年1月9日(69歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
出身校 東京大学法学部

任期 2014年(平成26年)4月1日 -
任命者 今上天皇第2次安倍内閣の指名による)
前任者 竹崎博允

任期 2010年2月 - 12月
前任者 相良朋紀
後任者 中山隆夫

任期 2008年9月 - 2010年2月
前任者 房村精一
後任者 倉吉敬
テンプレートを表示

寺田 逸郎(てらだ いつろう、1948年昭和23年)1月9日 - )は、日本裁判官司法官僚。第18代最高裁判所長官。第10代最高裁判所長官を務めた寺田治郎は父親にあたる。

人物[編集]

東京都出身。司法修習26期の裁判官として、1974年から各地の地方裁判所に勤め、法務省での勤務経験も持つ、いわゆる「赤レンガ組」の一人でもある。1985年(昭和60年)には駐オランダ日本大使館一等書記官も務めた。また、2007年(平成19年)には東京高等裁判所総括判事を務めた[1]

2010年(平成22年)2月に広島高等裁判所長官を就任、同年12月27日に最高裁判所判事に転じた。2014年(平成26年)4月1日より竹崎博允の後を受けて第18代最高裁判所長官に就任し、同日宮中に於いて親任式に臨んだ[2]。父子二代で最高裁判所長官に就任するのは寺田父子が初となる[3]。任期は2018年1月8日までとなっている。

同期の裁判官には園尾隆司(元高等裁判所裁判官、東京弁護士会所属弁護士)がいる。

略歴[編集]

主な判決[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最高裁判所の裁判官(寺田逸郎)
  2. ^ 首相動静(4月1日)【下段、午後5時44分の項参照】 時事通信 2014年4月1日閲覧
  3. ^ 最高裁長官に寺田逸郎氏 初の親子2代で就任 産経新聞 2014年3月6日閲覧
  4. ^ 最高裁判所裁判官国民審査公報 (PDF)”. 大分県選挙管理委員会 (2012年12月). 2014年6月11日閲覧。
  5. ^ 福岡・飲酒追突3児死亡、懲役20年確定へ 読売新聞 2011年11月3日

外部リンク[編集]