石渡荘太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
石渡 荘太郎
いしわた そうたろう
Sotaro Ishiwata.jpg
生年月日 1891年10月9日
出生地 日本の旗 日本 東京都
没年月日 1950年11月4日(満59歳没)
出身校 東京帝国大学
称号 正三位勲一等
親族 石渡敏一(父)

日本の旗 第12代 宮内大臣
在任期間 1945年6月4日 - 1946年1月16日

日本の旗 第39代 大蔵大臣
内閣 平沼内閣
在任期間 1939年1月5日 - 1939年8月30日

日本の旗 第45代 大蔵大臣
内閣 東条内閣小磯内閣
在任期間 1944年2月19日 - 1945年2月21日

選挙区 米内内閣
在任期間 1940年1月16日 - 1940年7月22日

日本の旗 第50代 内閣書記官長国務大臣兼任)
内閣 小磯内閣
在任期間 1945年2月21日 - 1945年4月7日
テンプレートを表示
宮相の身分の時、石渡が発行した禁衛府衛士監の辞令

石渡 荘太郎(いしわた そうたろう、明治24年(1891年10月9日- 昭和25年(1950年11月4日)は東京都出身の官僚政治家。位階・勲等は正三位勲一等[1]

人物[編集]

旧幕臣で第一次西園寺公望内閣内閣書記官長を務めた石渡敏一の長男。

自身も大蔵大臣内閣書記官長宮内大臣などを歴任。近衛文麿の学友であり、税務・経済のスペシャリストとして各政権で重用された。

平沼騏一郎内閣の大蔵大臣時代、外相有田八郎海相米内光政とともに日独伊三国同盟に反対を貫いた。

太平洋戦争終結後、公職追放中に病を得て死去。享年59。

略歴[編集]

司税官・税務監督局事務官・国税課長・主税局長などを経て、
賀屋興宣青木一男とともに「大蔵省の三羽烏」と謳われたが、内閣調査局に事実上の左遷となる。

栄典[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]


公職
先代:
賀屋興宣
日本の旗 大蔵次官
1937 - 1939年
次代:
大野龍太