三淵嘉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三淵 嘉子(みぶち よしこ 1914年(大正3年)1月30日 - 1984年(昭和59年)11月13日)は、日本初の女性弁護士の一人であり、初の女性判事及び家庭裁判所長。

略歴[編集]

1914年、シンガポールにて出生。三淵忠彦(初代最高裁判所長官)の養女となる。

1938年、高等文官試験司法科試験に合格し、明治大学同窓の中田正子久米愛と共に日本初の女性弁護士となる。

1940年、弁護士を開業。

1947年、裁判官採用願いを司法省に提出。裁判官には採用されず、司法省民事部等に勤務。

1949年、石渡満子と共に、初の女性裁判官に就任。

1952年、名古屋地方裁判所で初の女性判事となる。

1972年、新潟家庭裁判所で初の女性家庭裁判所長となり、浦和家裁、横浜家裁の各所長を務める。

1979年、退官し、弁護士となる。

1984年、死去。70歳。


外部リンク[編集]

参考[編集]

  • 三淵嘉子さん追想文集刊行会編集昭『追想のひと三淵嘉子』 三淵嘉子さん追想文集刊行会 1985年
  • 『Women Pioneers-4 三淵嘉子 法曹界の扉を開く』(DVD) 財団法人大阪府男女共同参画推進財団 2011年