洗礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

洗礼(せんれい、ギリシア語: Βάπτισμα[1], 英語: Baptism[2]、「バプテスマ」とも)は、キリスト教入信に際して行われるサクラメント[3]機密秘跡)。浸水(浸礼、身体を水に浸す)または灌水(頭部に水を注ぐ)や滴礼(頭部に手で水滴をつける)によって行われる[3]

正教会カトリック教会聖公会、および大半のプロテスタントで「洗礼」と表記されるが、バプテスト教会では専ら「浸礼」(しんれい)または「バプテスマ」と表記される[4]

洗礼を受けることを「受洗(じゅせん)」もしくは「受浸(じゅしん)」と言う[5]日本正教会では「領洗(りょうせん)」とも言う[6]

日本語の「洗礼」には、ここから派生した語義として「初めての経験」「ある分野に入る際に経験しなければならないこと」などがあるが[3]、本項ではキリスト教における洗礼を扱う。

概要[編集]

洗礼は、新約聖書福音書において、洗礼者ヨハネ(バプテスマのヨハネ)ヨルダン川にて行っていた「浄化儀式」の日本語訳として造られた言葉である。動詞としての「洗礼を施す」は、ギリシア語で「バプティゼイン βαπτίζειν 」と言い、「バプテスマ」という言葉は、ここから来ている。

洗礼者ヨハネ以外にも、西方ミトラ教マンダ教、エルカサイ派などの「洗礼教団」が中東地域に存在し、洗礼の儀式を行っていた。

キリスト教における洗礼[編集]

概説[編集]

キリスト教は、洗礼の根拠を新約聖書の福音書に求める。イエス・キリストがヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けた場面[7]や、イエスが復活後に使徒たちに「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊のみ名によって洗礼(バプテスマ)を授けなさい。[8]」と使命をあたえたことなどである。ほとんどの教会で洗礼をサクラメント[9]ラテン語: Sacramentumギリシア語: μυστήριον「ミスティリオン」)と認める。執行者は一般に司祭牧師などの聖職者教役者である。

洗礼によって、原罪およびそれまでに犯したすべての自罪がゆるされるとされている。そのため、古代には洗礼後にを犯すことを嫌い(あるいは逆にキリスト教徒としての清い生活を求められることを避けるため)、死の直前に洗礼を受ける信者が多かった。これは、当時の教理では、受洗後に犯した罪が赦される機会が著しく制限(皆無ないし1回のみ)されていたためである。が、古代末期から中世にかけて、告解の教理と制度が整備されると共に、に保護が与えられることを望み、幼児のうちから洗礼を施す習慣ができた。[要出典]

洗礼執行の方式[編集]

執行形態は主に浸礼(全身を水に浸す)・灌水礼(頭部に水を注ぐ)・滴礼(手を濡らし、頭に押し付けて水に沈める所作を真似る)の3種類である。浸礼が原初の形態であり、灌水礼も滴礼もそれを模した簡略形態であることは、それらを執行している教会でも認識されている。

全ての方式を認める教会と、浸礼のみを認める教会がある。この相違は、主に新約聖書における洗礼の記事の解釈の相違および洗礼の象徴的意義の神学的解釈に基づく、と説明される。

幼児洗礼[編集]

教会または親の信仰に基づき、乳児や児童に授けられる洗礼を幼児洗礼または小児洗礼という。

プロテスタントの中には、幼児洗礼を認めていない教派もある。バプテスト派の全てと、福音派のうちホーリネス派などと、聖霊派ペンテコステ派などの一部は、聖書の中に幼児洗礼の記述がないこと、本人の信仰の確認ができないことなどで、これを認めていない。なお、成人洗礼では灌水礼が一般的な正教会でも幼児洗礼は浸礼で行うことが多く、浸礼だから幼児洗礼が不可能と言うわけではない。

幼児洗礼の起源は、教派によりその主張に相違があり、はっきり断定できないが、おそらくキリスト教の初期にさかのぼると思われる。

マルティン・ルターは、幼児洗礼は「神の賜物」であって、完全に受動的に受ける聖霊の働きであると理解した。洗礼によって受ける聖霊の働き (神が幼子のうちに初めて下さる御霊の働き)によって、心からの真実な信仰の告白に導かれると理解した。

フルドリッヒ・ツヴィングリは、幼児洗礼は、神の民の肢として生まれた子供に対して、教会が責任を持つしるしであると理解した。

ジャン・カルヴァンも、キリスト者の幼子は、すでにキリストの教会の生きた肢であると考え、このキリスト者の幼子も、神の民の中に生まれたのであるから、洗礼を妨げてはならないと考える。

幼児洗礼が古代教会において、明らかな事実としてなされたことの理由は、「神ご自身が洗礼を通して行為しておられる」という理解によっていた。また幼子は弱く、神の恵みに委ねることなくしては成長できないと考えられていた。幼児洗礼は、神が、洗礼を通して幼子をあわれ み、洗礼によってキリストにゆだねられ、闇の支配から聖霊によっていのちへ移されるその確信において、洗礼がほどこされたのである。[要出典]

洗礼の相互承認[編集]

一般に、キリスト教の各教会は、教派が異なる教会の洗礼も一定の条件で有効であると認める。しかし、教派間によっては、正統教義とされる三位一体の理解が共有できない教会間の移動、三位一体の名に基づかない洗礼(例:「父と子と聖霊の名において」対「イエスの名において」)、幼児洗礼や灌水礼・滴礼を認めない教派による拒絶などがあり、その場合は再度その教派の流儀に合った洗礼が行われる。

正教会では、至聖三者三位一体)の名で受けていれば他教派での洗礼であっても基本的に有効であるとしつつも、帰正(他教派から正教に改宗すること)を経るまでは聖体機密をはじめとする機密に与る事は許されない。他方、洗礼が無効であると捉えられる場合には、正教会で洗礼が行われる(この場合はそもそも他教派での当該「洗礼」が無効であるとの考えから、「再」洗礼とは呼ばない)。

なお、他の教派での洗礼が有効と認められる場合でも、そのときに付けられた洗礼名は必ずしも改宗後も用いられるわけではない。教会によって対応は異なるものの、以前の洗礼名が改宗先の教会では聖人とみなされていない者から採られた場合に改名が必須となる場合があったり、プロテスタントではそもそも洗礼名を付けない教派も多い。

各教派の洗礼に関する見解[編集]

西方教会[編集]

カトリック教会[編集]

カトリックの幼児洗礼

カトリック教会では、「幼児は原罪によって神の恵みを失って生まれてくるため、洗礼によって新たに生まれる必要がある[10]」としており、また幼児洗礼を「起源を特定できないほど古い教会の伝統[11]」として、幼児に洗礼を授ける習慣は正しい信仰に基づくことを主張してきた[12]。そのため、日本のカトリック教会でも幼児の洗礼について両親が十分な準備をするように勧めている[13]

また、成人洗礼の場合は、求道期と洗礼志願期をそれぞれ第一段階、第二段階として、要理教育と受洗の決意を表し、第三段階として復活徹夜祭(聖土曜日の晩)に「入信の秘跡」すなわち洗礼と堅信聖体の秘跡を受けて信者となる[14][15]

ラテン教会(ローマ・カトリック教会)では、司教司祭に加えて助祭も洗礼を授けることができるとされている。また、緊急の場合には、だれでも、未受洗者であっても、必要な意向(教会が洗礼を授けるときに行おうとしていることを行いたいという意向)を持って聖三位の神を呼ぶ洗礼の定句を唱えることによって、授けることができる[16]。この場合、その後に司祭に報告するよう求められている[17]

なお、カトリック教会では、福音が伝えられてこの秘跡を願うことのできる人々の救いのためには、洗礼は必要である[18]としているが、洗礼を受けていなくても、信仰のために死ぬ人々は「血の洗礼」といって救われることができると教えている。同様に、求道者や、キリストと教会を知らずに真剣に神を求めて神のみ心を果たそうとするすべての人々も、「望みの洗礼」といって救われることができると教えている[19]

カトリック教会では、洗礼のとき、教会で洗礼名として自分の名前を授かる。できれば、ある聖人の名前を付けることにより、その聖人(保護聖人)が受洗者に聖性の模範を示し、神に執り成しをしてくれるとされている[20]

プロテスタント[編集]

執行の方式は教会による。ルーテル教会改革派聖公会など宗教改革期に成立し国教を経験した教派は、幼児洗礼も行う。日本基督教団においては幼児洗礼を執行する教会と、しない教会のいずれも存在する。

バプテスト教会[編集]
プロテスタントの教風は多様である。写真はカジュアルなスタイルを謳うブリッジコミュニティ教会の浸礼

プロテスタントのうちバプテスト教会では、「イエス・キリストバプテスマのヨハネに受けた方式であり、イエス・キリストの死と葬り、復活においてキリストと一つになることを象徴する一番ふさわしい形式」であるとする浸礼(全身をバプテストリー/洗礼水槽に沈める)で執り行う。原語の意味は「洗う」ではなく「浸(ひた)す」あるいは「沈める」であるため、「洗礼」と言わず「浸礼」、あるいはギリシア語の音訳である「バプテスマ」の語を用いる。バプテスマは本人の自覚に基づいたキリストへの帰依とされ、カトリックや正教会などのように、キリストより権能を授与された祭司を介した神の行為であるがゆえに無自覚な幼児に対するバプテスマも意義があるとは考えない。したがって幼児のバプテスマを認めず、本人の信仰に基づく成人のバプテスマのみを執行する。ただし、本人が信仰を自覚することができれば小学生の年齢でもバプテスマを施すことがある。他のキリスト教会からバプテスト教会に転入する際には、浸礼でないバプテスマを受けている場合、再度バプテスマを施すことがある。

洗礼を行わない教派[編集]

クエーカー救世軍無教会など洗礼を行わない団体も存在する。クエーカーの入会式や救世軍の入隊式は洗礼に準ずるものとして扱われ、希望すれば他のプロテスタント教派の教会で聖餐式を受けられることが多いが、無教会集会のメンバーは受洗者とみなされず、聖餐式を受けられないことも多い。

東方教会[編集]

正教会[編集]

正教会における幼児洗礼

正教会では、洗礼を聖洗(せいせん)とも言い、受洗は領洗(りょうせん)ともいう。産後40日を経てからの幼児洗礼が通例。洗礼を施す日は原則として主日(日曜日)の朝、聖体礼儀に先立って行う。洗礼の意義を浸水に大きく見出し、浸礼を基本とするが、潅水もしばしば行われる。浸礼は川や海などで行われることもある。洗礼は「父と子と聖神(聖霊)」の名において施され、受洗者は3度水に浸される。原則として、受洗者は信仰の純潔を象徴する白い受洗衣をつける。

かつての正教会では、洗礼に先立って、啓蒙者(洗礼志願者)として公に認められることが必要とされた。このための儀式を啓蒙礼儀といい、洗礼の8日前に啓蒙礼儀を行った。現在はこの慣習は廃れ、啓蒙礼儀は洗礼式の一部となっている。

なお洗礼と傅膏(カトリック教会でいう堅信に相当)は異なる機密であるが、現在の正教会については、洗礼後ただちに傅膏機密を行うため、その儀式は一体化している。

洗礼を授けることができるのは原則として司祭以上であるが、瀕死者の場合などは、一般信者も洗礼を授けることができる。これを「摂行洗礼」(せっこうせんれい)という。摂行洗礼を除けば、洗礼は聖体礼儀の前に行われ、新たに信者となったものは領聖を行うことになる。このため、領聖聖体尊血を領食すること)をもって初めて洗礼が完了したとみなす論者もある。

東方諸教会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Τα ιερά Μυστήρια της Εκκλησίας μας
  2. ^ Baptism - Art, Water, Christian, and Baptisms - JRank Articles
  3. ^ a b c せんれい0 【洗礼】(大辞林)
  4. ^ 西南学院バプテスト教会
  5. ^ 教派いろいろ対照表 (Last Updated 25 MAR. 2013 ver.1.28)
  6. ^ 大阪ハリストス正教会・生神女庇護聖堂:日本正教会 The Orthodox Church in Japan
  7. ^ マタイによる福音書3章13-17、マルコによる福音書1章9-11
  8. ^ マタイによる福音書28章19より。 なお、本文中の聖書引用は新共同訳聖書からによる。
  9. ^ 正教会では機密カトリック教会では秘跡プロテスタントでは聖礼典とも呼ばれる。
  10. ^ カトリック教会のカテキズム #1250(日本語版388頁) カトリック中央協議会 ISBN 978-4877501013
  11. ^ カトリック教会のカテキズム #1252(日本語版388頁) カトリック中央協議会
  12. ^ 日本カトリック司教協議会 監修「カトリック教会の教え」187頁 カトリック中央協議会 ISBN 978-4877501068
  13. ^ 信仰生活の助け(子どもの洗礼) カトリック東京大司教区
  14. ^ 日本カトリック司教協議会 監修「カトリック教会の教え」186-187頁 カトリック中央協議会
  15. ^ ただし、入信の秘跡の祭儀(洗礼)を他の時期に行うことは禁じられてはいない。(参照)典礼解説 過越の聖なる三日間(カトリック中央協議会)
  16. ^ カトリック教会のカテキズム #1256(日本語版389頁) カトリック中央協議会
  17. ^ 信仰生活の助け(臨終の洗礼) カトリック東京大司教区
  18. ^ カトリック教会のカテキズム #1257(日本語版389頁) カトリック中央協議会
  19. ^ 「カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)」153頁 カトリック中央協議会 ISBN 978-4877501532
  20. ^ 「カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)」153-154頁 カトリック中央協議会

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「洗礼」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。