お食い初め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お食い初めの例

お食い初め(おくいぞめ)とは、新生児の生後100日目(または110日目、120日目[1])に行われる儀式。

「真魚(まな)始め」[2]または「食べ初め」、初めてを使うので「箸揃え」「箸初め」[1]とも呼ばれるほか、祝う時期が生後100日前後であることから「百日(ももか)の祝い」[2]「歯がため」[要出典]と呼ぶ地域もある。

概要[編集]

個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。

この儀式は、平安時代から行われてきたものである。

江戸時代には、生後120日経つと、や魚、5個の餅、吸い物、などの膳部(ぜんぶ:膳にのせて供する食物・料理)をそろえて幼児に食べさせる真似をした[3]

祝い膳[編集]

伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。これにはなど尾頭(おかしら)つきの魚および、赤飯・焚き物・香の物紅白のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される[1]「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。小石の代わりに固いクリの実を供する地域もある[要出典]。また大阪をはじめ、関西地方では小石の代わりにタコを供する風習が存在する[4]

食器は正式には漆器で高足の御膳にしつらえる。器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児は内外ともに赤色で女児は黒色で内側が赤色である[要出典]

また、祝い膳の直後に 長野県佐久地方では、洗い清めたに乗せ、焼を添えたを作り、子供に石をしゃぶらせると、石をも噛み砕くような丈夫なが生えるといわれる風習がある。一方、この石を子供の一生の御守にするもある[5]。また、お食い初めの後、子供をなどにわざと捨て、事前に依頼しておいた近所や親戚の人などに子供をすぐに拾ってもらう伝統もある。拾ってくれた人を「拾い親」と言って、時には親子のようにつき合う[6]

もっとも、簡単にするならこのように正式な形ではなく、祝い膳として離乳食を用意しミルク母乳から離乳食へ切り替えのきっかけとしても構わないとされる。

海外の事例[編集]

イギリスでは生まれて間も無く行う幼児洗礼命名式)にスプーンを使ってお食い初めと似たことを行っていた。古くはその子の親の身分や貧富によってスプーンの材質が違い、富裕な家では製のを、裕福でないものは製のを使用したことから、良い家柄の・富裕な家の出身である事を「銀の匙を加えて生まれてきた」という熟語が出来た。現在では幼児洗礼の贈り物として子供に銀のスプーンを贈る家庭がヨーロッパ各地で見られる。

参考文献[編集]

  • 『冠婚葬祭・暮らしのマナー事典』 - 日本文芸社
  • 『京都・観光文化検定試験 公式ガイドブック』p.234 - 京都商工会議所編、淡交社(2005年9月刊行) ISBN 4473032450

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 京都検定ガイドブック p.234
  2. ^ a b 広辞苑第5版
  3. ^ 『復元 江戸生活図鑑』(笹間良彦著、柏書房、113ページ)
  4. ^ 2010年5月6日放送の『秘密のケンミンSHOW』「ヒミツのOSAKA」の中で紹介された。
  5. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中712頁発行者長野県佐久市 平成2年2月20日発行
  6. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中712頁発行者長野県佐久市 平成2年2月20日発行

外部リンク[編集]