一汁三菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の一般家庭の夕食の献立例一汁三菜(四菜)

一汁三菜(いちじゅうさんさい)は、日本料理献立およびメニューの1つ[1]一汁汁物を1品、三菜料理を3品という意味である。

もともとは本膳料理の献立の1つで、漬物汁物に加えて、が1品、平皿(ひらざら)と呼ぶ煮物が1品、そして焼き魚等の焼物が1品で、一汁三菜である[1]。本膳料理では他に、二汁五菜、三汁七菜、さらには三汁十五菜まであった[2]

懐石でも本膳料理の流れをくんで、まず飯と汁に加えて、向付(むこうづけ)と呼ぶ刺身の1品が出される。次に煮物椀と呼ばれる煮物吸物の1品が出され、そして焼き魚等の焼物の1品で、三菜である[2]

会席料理でも懐石と同じく、向付、煮物椀、焼物の三菜が出され、飯と汁物は最後となることが多い[2]

現在日本の一般家庭における日常の食事では、飯と汁に、食肉魚介類等の動物性の惣菜を主菜として1品、野菜海藻豆腐など植物性の惣菜を副菜として2品の一汁三菜が一例としてあげられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 広辞苑第5版
  2. ^ a b c 『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3
  3. ^ 日本の伝統的食文化としての和食農林水産省

関連項目[編集]