新藤宗幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新藤 宗幸(しんどう むねゆき、1946年6月25日-2022年3月13日)は、日本政治学者千葉大学名誉教授。専門は、行政学、地方自治論。市民主体の行政のあり方を提唱し、論壇でも活動した。

来歴[編集]

神奈川県逗子市(当時は横須賀市の一部)生まれ。神奈川県立横須賀高等学校中央大学経済学部卒業。1972年中央大学大学院法学研究科修士課程修了。指導教授は横山桂次島崎晴哉中村陽一。財団法人東京市政調査会研究員を務める。78年「1972年州・地方政府財政援助法の成立―一般歳入分与プログラムの創設」によって第4回東京市政調査会・藤田武夫賞を受賞。

1980年専修大学法学部助教授1987年立教大学法学部教授、その後シェフィールド大学客員教授2002年千葉大学法経学部教授。2006年から2008年に日本行政学会理事長。2011年、千葉大学を定年退任、名誉教授。2014年から公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所理事長。 このほか、地方分権に関して提言を行う分権型政策制度研究センター長や住民投票立法フォーラム共同代表を務める。

2022年3月に死去[注釈 1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『行政改革と現代政治』(岩波書店、1986年)
  • 『アメリカ財政のパラダイム・政府間関係』(新曜社、1986年)
  • 『財政破綻と税制改革』(岩波書店、1989年)
  • 『現代政治のオールタナティヴ』(筑摩書房、1991年)
  • 『行政指導――官庁と業界のあいだ』(岩波新書、1992年)
  • 『市民のための自治体学入門』(筑摩書房、1994年/ちくま学芸文庫、1996年)
  • 『日本の予算を読む』(ちくま新書、1995年)
  • 『福祉行政と官僚制』(岩波書店、1996年)
  • 『真の行政改革とは何か』(岩波ブックレット、1997年)
  • 『行政ってなんだろう』(岩波ジュニア新書、1998年)
  • 『地方分権』(岩波書店、1998年/第2版、2002年)
  • 『選挙しかない政治家選挙もしない国民』(岩波書店、2000年)
  • 『講義現代日本の行政』(東京大学出版会、2001年)
  • 『技術官僚――その権力と病理』(岩波新書、2002年)
  • 『異議あり!公務員制度改革――官僚支配を超えて』(岩波ブックレット、2003年)
  • 『分権と改革――時代の文脈を読む』(世織書房、2004年)
  • 『概説日本の公共政策』(東京大学出版会、2004年)
  • 『政治とは、なんだろうか』(岩波書店、2005年)
  • 『財政投融資』(東京大学出版会、2006年)
  • 『司法官僚――裁判所の権力者たち』(岩波新書、2009年)
  • 『司法よ!おまえにも罪がある原発訴訟と官僚裁判官』(講談社、2012年)
  • 『政治主導官僚制を問いなおす』(ちくま新書、2012年)
  • 『教育委員会何が問題か』(岩波新書、2013年)
  • 『日曜日の自治体学』(東京堂出版、2013年)
  • 『「主権者教育」を問う』(岩波ブックレット、2016年)
  • 『政治をみる眼次の時代を動かす君たちへ』(出版館ブック・クラブ、2016年)
  • 『原子力規制委員会独立・中立という幻想』(岩波新書、2017年)
  • 『行政責任を考える』(東京大学出版会、2019年)
  • 『官僚制と公文書改竄、捏造、忖度の背景』(ちくま新書2019年)
  • 『新自由主義にゆがむ公共政策生活者のための政治とは何か』(朝日選書2020年)
  • 『権力にゆがむ専門知専門家はどう統制されてきたのか』(朝日選書、2021年)

共著[編集]

  • 阿部斉川人貞史)『日本の政治』(放送大学教育振興会、1986年)
  • (阿部斉・川人貞史)『概説現代日本の政治』(東京大学出版会、1990年)
  • (阿部斉)『現代日本の政治』(放送大学教育振興会、1990年)
  • (阿部斉)『概説日本の地方自治』(東京大学出版会、1997年/第2版、2006年)
  • 西尾勝)『いま、なぜ地方分権なのか』(実務教育出版、2007年)
  • (阿部斉)『現代日本政治入門』(東京大学出版会、2016年)

編著[編集]

共編著[編集]

  • 佐和隆光)『90年代の選択――世界と日本をよむ』(岩波書店、1991年)
  • 山口二郎)『現代日本の政治と政策』(放送大学教育振興会、1995年)
  • 松下圭一西尾勝)『岩波講座自治体の構想(全5巻)』(岩波書店、2002年)
  • 坂野潤治小林正弥)『憲政の政治学』(東京大学出版会、2006年)
  • 松本克夫)『雑誌『都市問題』にみる都市問題』2巻(岩波書店、2010年)
  • 稲葉剛五石敬路竹信三恵子)『わたしたちに必要な33のセーフティーネットのつくりかた』(合同出版、2011年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 訃報記事[1][2]
出典
  1. ^ 新藤宗幸・千葉大名誉教授死去 専門は行政学「地方分権」 75歳” (日本語). 毎日新聞. 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ 政学者の新藤宗幸さん死去 日本自治学会会長など歴任” (日本語). NHKオンライン. 2022年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]