安浪亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安浪 亮介
やすなみ りょうすけ
生年月日 (1957-04-19) 1957年4月19日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部

最高裁判所裁判官
任期 2021年7月16日 - 現職
任命者 菅義偉内閣
前任者 小池裕

大阪高裁長官
任期 2018年12月18日 - 2021年7月15日
前任者 小泉博嗣
後任者 尾島明
テンプレートを表示

安浪 亮介(やすなみ りょうすけ、1957年4月19日 - )は、日本裁判官最高裁判所事務総局人事局長、東京地方裁判所所長、大阪高等裁判所長官等を経て、最高裁判所判事に就任。

人物・経歴[編集]

奈良県大和郡山市出身。東大寺学園中学校・高等学校を経て東京大学法学部卒業。阪神・淡路大震災神戸地方裁判所判事として経験した[1]

主な判決[編集]

東京高裁部総括判事として
  • 2017年2月1日 やしきたかじんの闘病生活を描いた百田尚樹の書籍「殉愛」を巡り、やしきの長女が発行元幻冬舎に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、プライバシー侵害と名誉毀損を認め365万円の支払いを言い渡した。一審でプライバシー侵害を認めなかった記載についても侵害に当たる部分があると判断し、賠償額を一審判決から35万円増やした[3]
  • 2017年6月26日 杉原千畝の妻の遺言を巡り、四男が長男の子ら3人に遺言の無効確認を求めた訴訟の控訴審判決で、遺言は無効とした一審判決を取り消し、四男の請求を棄却、妻の遺言は有効と認めた。一審判決の根拠となった意識障害は夜間のみで、退院後も講演活動などをしていたため「妻の意思に基づかないとはいえない」とした[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 「信頼される裁判所に」 大阪高裁長官就任の安浪氏:産経新聞
  2. ^ 令和3年10月31日執行衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査結果調
  3. ^ 百田尚樹氏書籍、再び賠償命令 たかじんさん闘病描く:産経新聞
  4. ^ 杉原千畝の遺品、誰が相続 妻の遺言、控訴審で一転有効:朝日新聞

外部リンク[編集]

先代
大谷直人
最高裁判所人事局長
2011年 - 2014年
次代
堀田眞哉
先代
奥田正昭
東京地方裁判所所長
2018年 - 2018年
次代
垣内正
先代
小泉博嗣
大阪高等裁判所長官
2018年 - 2021年
次代
尾島明