新潟小2女児殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟小2女児殺害事件
場所 新潟県新潟市西区
日付 2018年5月7日
攻撃手段 絞殺
武器 軽自動車、素手
死亡者 小学2年生の7歳の女児
容疑 K(近所の元会社員の男)
対処 新潟県警察が逮捕 新潟地検新潟地裁に起訴
テンプレートを表示

新潟小2女児殺害事件とは、2018年(平成30年)5月7日新潟県新潟市西区にて小学2年生の女児が殺害され、線路に遺棄された事件である。

概要[編集]

会社員の男K(当時23歳)は仕事帰りに乗っていた軽自動車で、小学2年生の女児Aに意図的に衝突させ、転倒した女児Aを軽自動車の後部座席に乗せた。

Kは電気工事士として働いており、周囲の人らからによると「優しくて明るい子」という評判で[1]、学生時代からアニメ好きの友人らと交流する「オタク」として知られていた[2]。反面、ネットで知り合った未成年者と性交に及ぶなど小児性愛の気質もあった[3]

Aは「頭が痛い、お母さんに連絡したい」と泣いたが、Kは首を絞めて気絶させた[4]。その後、海岸沿いの広場にAを連れて行ったKは、Aに対して下半身を触れるなどわいせつな行為を行ったが、Aが意識を取り戻したため5分に渡り首を絞め、Aを殺害した。

Aの死体を自宅に持ち帰ったKは、Aの死体への性的暴行を行った後、JR東日本越後線の線路内にAの遺体を遺棄。22時30分頃に走行した普通電車にその遺体を轢過させ[5]、頸部を切断させた。

同年5月14日、KはAへの殺害容疑で逮捕。その後、Kは殺人罪だけでなく、Aへのわいせつ略取、強制わいせつ致死、死体損壊、死体遺棄、電汽車往来危険の罪。別の女児のポルノ画像を所有していた児童ポルノ禁止法違反で起訴された。

公判[編集]

初公判・新潟地方裁判所[編集]

2019年11月8日新潟地方裁判所にて裁判員裁判による初公判が行われた。KはAにわいせつ行為をしようとしたことは認めたものの、「黙らせるため気絶させようと首を絞めた」など犯行の計画性を否認。[4]また、証人として被害者Aの遺族が立った際、事件から裁判までKからの謝罪が一切なかったことが明らかになり、「死刑でも家族の気持ちは収まらない」と述べていた[6]

11月22日、検察側は「自分の性的欲望を優先し、被害者を物としてしか見ていない」「まれにみる悪逆非道な犯行で、生命軽視の度合いは甚だしく大きい」として死刑を求刑。一方、弁護側は殺意とわいせつ行為を否定し、傷害致死罪を主張して結審した[7]

12月4日、Kの犯行が極めて悪質であることを認めながら、遺体を線路に遺棄した行為が殺害行為にはあたらないなど、死刑には慎重さと公平性が重視されるとして、無期懲役の[8]判決になった

この裁判では、判決後に裁判長がKに「被害者には一日に何度でも謝罪し、土下座してほしい」と発言するなど感情を露わにする場面があった。また、裁判員らも「個人的には遺族と同じ気持ち」「基準を見直していかなければならないのでは」と、無期懲役判決の妥当性には異論がある発言を判決後に行った[3]

その後、被告、検察の双方が判決を不服として東京高等裁判所に控訴した。

控訴審・東京高等裁判所[編集]

2020年9月24日東京高等裁判所で控訴審の初公判が第二刑事部(大善文男裁判長)の元で開かれた。検察側は無期懲役とした1審・新潟地裁判決(19年12月)は著しく不当とし、改めて死刑を求めた。弁護側は有期懲役が妥当とした。控訴審で検察側は、被告Kは女児を連れ去ったことの発覚を防ぐため、少なくとも5分以上、首を絞め続けたとし、強固な殺意が明確に認められると主張した。弁護側は、首を絞めたのは気絶させて静かにさせるためで殺意はなかったと反論。無期懲役は重すぎると訴えた。[9]

2021年3月1日(第2回公判)では、司法解剖を行なった医師が検察側の証人として出廷した。1審は、首を絞めた時間について認定しなかった事に対して、医師は「1審判決には法医学的に誤りがある」として、「少なくとも3分以上、あるいは4分以上首を絞めた」と強調した。 [10]

脚注[編集]

  1. ^ “【新潟女児殺害】「優しい」「礼儀正しい」 手口と裏腹の評判 逮捕のK容疑者”. 産経新聞. (2018年5月15日). https://www.sankei.com/affairs/news/180515/afr1805150002-n1.html 2019年12月24日閲覧。 
  2. ^ “新潟女児殺害のK容疑者は「アニメ好きの友達と仲が良かった」「ゲームオタクでロリコン」アニメ・ゲームと犯罪を紐付ける報道に反発の声”. BIGBLOBEニュース. (2018年5月15日). https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0515/blnews_180515_9012309731.html 2019年12月24日閲覧。 
  3. ^ a b “死後も女児を陵辱 裁判長も「土下座してほしい」 新潟女児殺害犯“幼女への性的執着”. 文春オンライン (株式会社文藝春秋). (2019年12月16日). https://bunshun.jp/articles/-/18956 2019年12月19日閲覧。 
  4. ^ a b “新潟小2女子殺人 K被告のスマホに残るおぞましい検索ワード”. FRIDAY Digital. (2019年11月9日). https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00000009-friday-soci 2019年12月19日閲覧。 
  5. ^ “【新潟女児殺害】殺人・死体遺棄事件と断定 死因は窒息死…電車にはねられる前に絞殺”. 産経新聞. (2018年5月8日). https://www.sankei.com/affairs/news/180508/afr1805080035-n1.html 2020年8月8日閲覧。 
  6. ^ “「あまりに非道」と遺族 小2女児殺害証人尋問”. 産経新聞. (2019年11月13日). https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130021-n1.html 2019年12月24日閲覧。 
  7. ^ “新潟小2女児殺害、25歳男に死刑求刑 地裁公判”. 日本経済新聞. (2019年12月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52483540S9A121C1000000/ 2019年12月19日閲覧。 
  8. ^ “諭す裁判長 背中丸めて聞く被告新潟女児殺害 無期判決 「反省伝わらない」”. 新潟日報. (2019年12月4日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191204511353.html 2019年12月19日閲覧。 
  9. ^ “検察側は死刑、弁護側は有期懲役を要求 新潟小2女児殺害 控訴審初公判”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2020年9月24日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200924-00000070-mai-soci 2020年9月24日閲覧。 
  10. ^ “新潟市小2女児殺害控訴審 解剖医が証言”. BSN (BSN). (2020-03ー01). https://ohbsn.com/news/detail/kennai20210301_14864103.php 2021ー03ー02閲覧。 

関連項目[編集]