五鬼上堅磐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五鬼上 堅磐(ごきじょう かきわ、1897年1月1日 - 1971年3月7日)は、日本の裁判官最高裁判所判事三重県出身。

概要[編集]

1922年(大正11年)中央大学法科2年を終えた後で同年9月に弁護士試験に合格し、法律家生活をスタートした[1]

弁護士を続け、1946年(昭和21年)5月に大審院検事となり、同年6月に司法大臣官房秘書課長、1947年(昭和22年)12月に最高裁判所事務総局事務次長を歴任[1]

1950年(昭和25年)6月に最高裁判所事務総長となり、約8年間、司法行政の総元締めとして、裁判所部内や最高裁機構改革などに取り組んだ[1]。その後、名古屋高裁長官や大阪高裁長官を経て、1961年(昭和36年)8月に最高裁判事に就任[2]。就任に当たっては「裁判の敏速化に努力したい。あまり時間がかかりすぎると、裁判の価値が失われる場合もある」と述べる[2]1966年(昭和41年)12月に定年退官[2]

1968年(昭和43年)4月に中央大学理事長となる。当時、中央大学は紛争中で「白紙でのぞむ」と言っていたが、紛争は解決せず、1969年(昭和44年)に辞任した[2]

1971年3月7日に東京都新宿区東京女子医大病院食道がんのため74歳で死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)97頁
  2. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)98頁