金築誠志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金築 誠志(かねつき せいし、1945年昭和20年)4月1日 - )は、日本裁判官大阪高等裁判所長官を経て2009年1月26日より2015年3月31日まで最高裁判所判事を務め、退官後日本法律家協会会長及びJR東日本監査役に就任[1]

略歴[編集]

3月 - 東京大学法学部卒業
4月 - 司法修習
以後、東京地方裁判所司法研修所最高裁判所広報課、札幌地方裁判所に勤務
1月 - 最高裁判所判事
8月 - 第45回総選挙と同時に行われた第21回最高裁判所裁判官国民審査の投票の結果、罷免を可としない(無印)が62,627,434票、罷免を可とする(×印)が4,311,693票となり、信任された。
3月31日 - 定年退官
6月 - 一般財団法人日本法律家協会会長
6月23日 - 東日本旅客鉄道株式会社監査役[2]
11月 - 旭日大綬章受章[3]

主な担当審理[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]