菅義偉内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅義偉内閣
Suga Government 20200916.jpg
国務大臣任命式後の記念撮影
(2020年9月16日)
内閣総理大臣 第99代 菅義偉
成立年月日 2020年令和2年)9月16日
終了年月日 2021年(令和3年)10月4日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
自公連立政権
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

菅義偉内閣(すがよしひでないかく)は、内閣官房長官拉致問題担当大臣衆議院議員及び自由民主党総裁菅義偉が第99代内閣総理大臣に任命され、2020年令和2年)9月16日から2021年(令和3年)10月4日まで続いた日本の内閣である。 自由民主党公明党与党とする連立内閣自公連立政権)である。

自由民主党総裁の安倍晋三の辞意表明に伴って実施された総裁選挙において菅が第26代総裁に選出された。これを受け、第4次安倍第2次改造内閣総辞職したことにより、その後継政権として成立した。

内閣の顔ぶれ、人事[編集]

国務大臣[編集]

2020年(令和2年)9月16日任命。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 菅義偉 Yoshihide Suga 20210101.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
自由民主党総裁
副総理
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融)
麻生太郎 Aso Taro.jpg 衆議院
自由民主党
麻生派
デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理
再任
総務大臣 武田良太 Ryota Takeda 20200916.jpeg 衆議院
自由民主党
二階派
横滑り
法務大臣 上川陽子 Yōko Kamikawa 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
岸田派
再入閣
外務大臣 茂木敏充 Toshimitsu Motegi 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
竹下派
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位
再任
文部科学大臣 萩生田光一 Kōichi Hagiuda 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
細田派
教育再生担当
国立国会図書館連絡調整委員会委員
再任
厚生労働大臣 田村憲久 Norihisa TAMURA 01.jpg 衆議院
自由民主党
石破派
働き方改革担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位(2021年2月18日以降)
再入閣
農林水産大臣 野上浩太郎 Kotaro Nogami 20200916.jpg 参議院
自由民主党
(細田派)
初入閣
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構)
梶山弘志 Kajiyama hiroshi.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
産業競争力担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当
再任
国土交通大臣 赤羽一嘉 Kazuyoshi Akaba September 2020.jpg 衆議院
公明党
水循環政策担当 再任
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災)
小泉進次郎 Shinjirō Koizumi in 2020(Suga Cabinet).jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
気候変動担当
(2021年3月9日以降)
再任
防衛大臣 岸信夫 Nobuo Kishi 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
初入閣
内閣官房長官 加藤勝信 Katsunobu Katō.jpg 衆議院
自由民主党
(竹下派)
沖縄基地負担軽減担当
拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位
横滑り
デジタル大臣
内閣府特命担当大臣
(個人情報保護委員会)
平井卓也 Takuya Hirai 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
(岸田派)
再入閣
2021年9月1日任[注 1]
復興大臣 平沢勝栄 Hirasawa katsuei (2020).jpg 衆議院
自由民主党
(二階派)
福島原発事故再生総括担当 初入閣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(防災)
(海洋政策)
小此木八郎 Okonogi hachirou.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
国土強靭化担当
領土問題担当
再入閣
2021年6月25日免
棚橋泰文 Yasufumi Tanahashi.jpg 衆議院
自由民主党
(麻生派)
国土強靭化担当
領土問題担当
再入閣
2021年6月25日任
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策)
(規制改革)
河野太郎 Taro Kono 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
(麻生派)
行政改革担当
国家公務員制度担当
ワクチン接種推進担当
(2021年1月18日以降)
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
横滑り
内閣府特命担当大臣
(少子化対策)
(地方創生)
坂本哲志 Tetsushi Sakamoto 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
石原派
一億総活躍担当
まち・ひと・しごと創生担当
孤独・孤立対策担当
(2021年2月12日以降)
初入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策)
西村康稔 Yasutoshi Nishimura 20200916.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
経済再生担当
全世代型社会保障改革担当
新型コロナウイルス感染症対策担当
再任
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画)
橋本聖子 Hashimoto Seiko (2019).jpg 参議院
自由民主党
(細田派)
東京オリンピック・
パラリンピック競技大会担当

女性活躍担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位
再任
2021年2月18日免
丸川珠代 Tamayo Murakawa 20210218.jpg 参議院
自由民主党
(細田派)
東京オリンピック・
パラリンピック競技大会担当
女性活躍担当
再入閣
2021年2月18日任
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全)
(クールジャパン戦略)
(知的財産戦略)
(科学技術政策)
(宇宙政策)
井上信治 Shinji Inoue.jpg 衆議院
自由民主党
(麻生派)
2025年国際博覧会担当 初入閣

内閣官房副長官、内閣法制局長官[編集]

2020年(令和2年)9月16日任命。

職名 氏名 出身等 備考
内閣官房副長官 坂井学 衆議院/自由民主党(無派閥)
岡田直樹 参議院/自由民主党(細田派) 再任
杉田和博 事務担当(警察庁 再任
内閣法制局長官 近藤正春 前内閣法制次長/経済産業省 再任

内閣総理大臣補佐官[編集]

2020年(令和2年)9月16日任命。

職名 氏名 所属等 備考
内閣総理大臣補佐官
国家安全保障に関する重要政策担当
木原稔 衆議院/自由民主党(竹下派) 再任
内閣総理大臣補佐官
(経済・外交担当)
阿達雅志 参議院/自由民主党(無派閥)
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地方創生、
健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策その他特命事項担当)
和泉洋人 民間(国土交通省 再任
内閣総理大臣補佐官
(政策評価、検証担当)
柿崎明二 民間 2020年10月1日任

副大臣[編集]

2020年(令和2年)9月18日任命。

職名 氏名 出身等 備考
復興副大臣 亀岡偉民 衆議院/自由民主党(細田派) 横滑り
横山信一 参議院/公明党 留任
岩井茂樹 参議院/自由民主党(竹下派) 内閣府、国土交通副大臣兼任/2021年4月30日免
渡辺猛之 参議院/自由民主党(竹下派) 内閣府、国土交通副大臣兼任/2021年4月30日任
内閣府副大臣 赤澤亮正 衆議院/自由民主党(石破派)
藤井比早之 衆議院/自由民主党(無派閥) デジタル副大臣兼任(2021年9月1日以降)
三ッ林裕巳 衆議院/自由民主党(細田派)
田野瀬太道 衆議院/自由民主党(石原派) 文部科学副大臣兼任/2021年2月1日免
丹羽秀樹 衆議院/自由民主党(麻生派) 文部科学副大臣兼任/2021年2月1日任
長坂康正 衆議院/自由民主党(麻生派) 経済産業副大臣兼任
江島潔 参議院/自由民主党(細田派) 経済産業副大臣兼任
堀内詔子 衆議院/自由民主党(岸田派) 環境副大臣兼任
中山泰秀 衆議院/自由民主党(細田派) 防衛副大臣兼任
岩井茂樹 参議院/自由民主党(竹下派) 復興、国土交通副大臣兼任/2021年4月30日免
渡辺猛之 参議院/自由民主党(竹下派) 復興、国土交通副大臣兼任/2021年4月30日任
山本博司 参議院/公明党 厚生労働副大臣兼任/2021年1月22日任
総務副大臣 熊田裕通 衆議院/自由民主党(無派閥)
新谷正義 衆議院/自由民主党(竹下派)
法務副大臣 田所嘉徳 衆議院/自由民主党(石破派)
外務副大臣 鷲尾英一郎 衆議院/自由民主党(二階派)
宇都隆史 参議院/自由民主党(竹下派)
財務副大臣 伊藤渉 衆議院/公明党
中西健治 参議院/自由民主党(麻生派)
文部科学副大臣 高橋比奈子 衆議院/自由民主党(麻生派)
田野瀬太道 衆議院/自由民主党(石原派) 内閣府副大臣兼任/2021年2月1日免
丹羽秀樹 衆議院/自由民主党(麻生派) 内閣府副大臣兼任/2021年2月1日任
厚生労働副大臣 三原じゅん子 参議院/自由民主党(無派閥)
山本博司 参議院/公明党 内閣府副大臣兼任(2021年1月22日以降)
農林水産副大臣 葉梨康弘 衆議院/自由民主党(岸田派)
宮内秀樹 衆議院/自由民主党(二階派)
経済産業副大臣 長坂康正 衆議院/自由民主党(麻生派) 内閣府副大臣兼任
江島潔 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
国土交通副大臣 大西英男 衆議院/自由民主党(細田派)
岩井茂樹 参議院/自由民主党(竹下派) 復興、内閣府副大臣兼任/2021年4月30日免
渡辺猛之 参議院/自由民主党(竹下派) 復興、内閣府副大臣兼任/2021年4月30日任
環境副大臣 笹川博義 衆議院/自由民主党(竹下派)
堀内詔子 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府副大臣兼任
防衛副大臣 中山泰秀 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
デジタル副大臣 藤井比早之 衆議院/自由民主党(無派閥) 内閣府副大臣兼任/2021年9月1日任

大臣政務官[編集]

2020年(令和2年)9月18日任命。

職名 氏名 出身等 備考
復興大臣政務官 吉川赳 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府大臣政務官兼任
三谷英弘 衆議院/自由民主党(無派閥) 内閣府、文部科学大臣政務官兼任
佐藤啓 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府、経済産業大臣政務官兼任
内閣府大臣政務官 岡下昌平 衆議院/自由民主党(二階派) デジタル大臣政務官兼任(2021年9月1日以降)
和田義明 衆議院/自由民主党(細田派)
宗清皇一 衆議院/自由民主党(細田派) 経済産業大臣政務官兼任
鳩山二郎 衆議院/自由民主党(二階派) 国土交通大臣政務官兼任
神谷昇 衆議院/自由民主党(二階派) 環境大臣政務官兼任
松川るい 参議院/自由民主党(細田派) 防衛大臣政務官兼任
吉川赳 衆議院/自由民主党(岸田派) 復興大臣政務官兼任
三谷英弘 衆議院/自由民主党(無派閥) 復興、文部科学大臣政務官兼任
佐藤啓 参議院/自由民主党(細田派) 復興、経済産業大臣政務官兼任
総務大臣政務官 谷川とむ 衆議院/自由民主党(細田派)
古川康 衆議院/自由民主党(竹下派)
宮路拓馬 衆議院/自由民主党(石原派)
法務大臣政務官 小野田紀美 参議院/自由民主党(竹下派)
外務大臣政務官 國場幸之助 衆議院/自由民主党(岸田派)
鈴木隼人 衆議院/自由民主党(岸田派)
中西哲 参議院/自由民主党(石破派)
財務大臣政務官 船橋利実 衆議院/自由民主党(麻生派)
元榮太一郎 参議院/自由民主党(竹下派)
文部科学大臣政務官 鰐淵洋子 衆議院/公明党
三谷英弘 衆議院/自由民主党(無派閥) 復興、内閣府大臣政務官兼任
厚生労働大臣政務官 大隈和英 衆議院/自由民主党(麻生派)
小鑓隆史 参議院/自由民主党(岸田派)
農林水産大臣政務官 池田道孝 衆議院/自由民主党(竹下派)
熊野正士 参議院/公明党
経済産業大臣政務官 宗清皇一 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府大臣政務官兼任
佐藤啓 参議院/自由民主党(細田派) 復興、内閣府大臣政務官兼任
国土交通大臣政務官 小林茂樹 衆議院/自由民主党(二階派)
朝日健太郎 参議院/自由民主党(無派閥)
鳩山二郎 衆議院/自由民主党(二階派) 内閣府大臣政務官兼任
環境大臣政務官 宮崎勝 参議院/公明党
神谷昇 衆議院/自由民主党(二階派) 内閣府大臣政務官兼任
防衛大臣政務官 大西宏幸 衆議院/自由民主党(岸田派)
松川るい 参議院/自由民主党(細田派) 内閣府大臣政務官兼任
デジタル大臣政務官 岡下昌平 衆議院/自由民主党(二階派) 内閣府大臣政務官兼任/2021年9月1日任

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。
※ 内閣官房副長官(政務)は副大臣に含む。
太字はいわゆる自民党五役
※ 有隣会の所属議員は、他派閥と掛け持ちしている議員を含め衆参30名。
※ 慣例により形式的に派閥から離脱中の総理大臣、衆参議長、党幹部は派閥所属議員に含む。
名称 勢力 国務大臣 副大臣 政務官 補佐官 その他
細田派 98 5 5 6 0 政務調査会長参議院幹事長
麻生派 56 3 3 2 0 衆議院議長参議院議長総務会長
竹下派 54 2 4 4 1 選挙対策委員長参議院議員会長
公明党 57 1 3 3 0
無派閥 54 4 3 2 1 自由民主党総裁幹事長代行
岸田派 46 2 2 4 0
二階派 46 2 2 4 0 幹事長
石破派 19 1 2 1 0
有隣会 18 0 1 0 0
石原派 11 1 1 1 0 国会対策委員長
民間 / 0 0 0 2
- / 20 25 27 4 /

内閣の動き[編集]

組閣[編集]

菅は、この内閣を「国民のために働く内閣」と名付けた[1]

携帯電話料金の引下げ[2]などを政策に示し、第203回国会冒頭の所信表明演説では自身が目指す社会像として「自助、共助、公助、そして絆」を掲げ、「自分でできることは、まず、自分でやってみる。そして、家族、地域で互いに助け合う。その上で、政府がセーフティネットでお守りする。そうした国民から信頼される政府を目指す」と述べた[3]

また、経済政策ではアベノミクスの継承[4]など、基本的には安倍前政権の方針を引き継いでいくことを示した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策[編集]

2021年1月7日新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大をうけて、東京都知事小池百合子埼玉県知事大野元裕千葉県知事森田健作神奈川県知事黒岩祐治の要請に応じ、東京都神奈川県埼玉県千葉県の1都3県を対象に翌1月8日から2月7日までの期間で、(安倍前政権以来)緊急事態宣言を再発令することを発表した[5]

2021年1月18日、菅は規制改革担当大臣河野太郎新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種を円滑に推進するため、行政各部の所管する事務の調整の担当を兼務するよう指示した[6]。ワクチンの承認審査や交渉を担当する田村厚労相、感染状況や特措法改正の対応などコロナ対策を担当する西村経済再生相、接種の実施主体となる地方自治体を所管する武田総務相、保管用冷凍庫の確保は梶山経産相、輸送は赤羽国交相医療廃棄物の処理は小泉環境相といったように、総務省や厚労省のほかにも複数の省庁にまたがるため、縦割り行政の弊害を取り払うことで、全体を統括して調整し動かす大臣が必要であるとの理由から、菅は規制改革・行政改革担当である河野を起用した[7]。以後、規制改革・行政改革担当である河野が、ワクチンの運搬や廃棄物の処理なども含め、ワクチン接種全般に関する総合調整を担当する[8]。河野は、任命の翌日に行った記者会見で、自らを補佐する副大臣として厚生労働副大臣山本博司内閣府副大臣藤井比早之を充てる方針を発表した[9]

2021年1月19日、2月中旬にワクチンを承認した後に、2月下旬より医療従事者から接種を始め、以降65歳以上の高齢者、高齢者施設などで働く人、持病のある人を優先的に接種した後、5月より一般への接種を始め、7月までに16歳以上の全国民を対象に接種を進めるスケジュールが発表された[10]

2021年1月23日、モデルナアストラゼネカファイザーの3社と供給を受ける契約を結び、4月23日に菅は記者会見で、「7月末を念頭に各自治体が(高齢者への)2回の接種を終えることができるよう、政府を挙げて取り組む」と述べた[11]

2021年4月27日、菅は東京都大阪府自衛隊が運営する1日1万人規模の接種が可能な大規模会場を設置するよう指示した。期間は5月24日から3カ月の方針。場所は東京都は大手町合同庁舎、大阪府は大阪府立国際会議場(大阪市中之島)に決まり、東京・大阪とも5月24日から開設された[12]

2021年6月1日、政府は接種の加速化を図る目的で、企業や大学などでの職域接種を6月21日から始めると発表し、東京・大阪の自衛隊による大規模会場と同じモデルナ製ワクチンを使用していたが[13]、職域接種の申請が想定を上回るペースで行われたことで、使用されるモデルナ製ワクチンの供給が不足するに至った[14]。職域接種に用いられるモデルナ製ワクチンの1日の配送可能量が上限に達しており、ワクチンが不足する可能性が出てきたため、6月30日に菅はワクチン接種などの進捗に関する関係閣僚会議で職域接種申請の新規申し込みを事実上中止することを表明した[15]

6月9日に行われた党首討論で、菅はワクチン接種について「10月から11月にかけて必要な国民には全て打ち終えることを実現したい」と表明した[16]

8月2日、菅はこれまで原則入院としてきた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の療養方針について中等症患者を自宅療養とすることを決めたが[17]、政府の療養方針転換に際し、専門家や世論のほか、与野党からの反発が相次いだことを受けて、8月4日に「(対象は)東京首都圏などの爆発的感染拡大が生じている地域で、全国一律ではない。中等症でも重症化リスクのある方は入院していただく。自宅患者もこまめに連絡を取れる態勢を作り、悪化したらすぐに入院ができる」と理解を求めたうえで、「今回の措置は必要な医療を受けられるようにするためで、理解してもらいたい」と撤回しない方針を表明した[18]。9月15日に、菅は入院患者などに使用が限定されている抗体カクテル療法について、自宅療養患者にも使用可能とするよう厚生労働大臣田村憲久に指示した[19]

9月3日、新型コロナウイルス感染症対策分科会は、11月ごろにワクチンが希望者に行き渡った段階で、接種証明書などの活用を条件とした上で、県境を越える出張旅行、全国から人が集まる大規模イベント冠婚葬祭入学式卒業式後の宴会などを可能とする「ワクチン・検査パッケージ」を提言した。社会経済活動の再開を目指す首相官邸の強い意向を踏まえて、提言案が取りまとめられた[20]

9月9日、政府は3日に行われた分科会による「ワクチン・検査パッケージ」の提言を受けて、ワクチン接種が進展する11月ごろをめどに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として現在実施している個人の行動や社会経済活動の制限を段階的に緩和する基本方針を決定した。これにより、ワクチン接種などを条件に飲食店での酒類提供や都道府県境を越える移動、大規模イベントの開催などが可能となる[21]

9月13日には、2回目接種を終えた人が全人口の50%を超えた[22]

規制改革[編集]

菅は2020年9月16日首相官邸で行われた総理大臣記者会見において、「7年8か月、内閣官房長官を務める中で、なかなか進まない政策課題は、だいたい役所の縦割り前例主義が壁になってできなかった」としており、縦割り行政と既得権益、悪しき前例を打破して、規制改革を進めていく考えを示した[23]

翌17日には、行政改革担当大臣河野太郎が自らのウェブサイトに「行政改革目安箱」の欄を設け、縦割り行政によって生じた弊害などを誰でも投稿できるページ(いわゆる「縦割り110番」)を開設した[24]。目安箱には開設から9時間で約3,000件の投稿があったとされ、当初の見込みをはるかに超える意見が寄せられたことから、18日未明に新たな投稿の受付を停止した[24]。これを受けて河野は、今後は内閣府のウェブページに開設されている「規制改革ホットライン」で情報提供を受け付けるとしている[25]

官僚人事[編集]

組閣前の2020年9月13日、「第2次安倍内閣で設立された内閣人事局の存在が、官僚の忖度を生んでいるのではないか」という指摘に対し、菅義偉は、内閣人事局の制度を改めるつもりはなく、「私ども政治家は選挙で選ばれている。何をやるという方針を決定したのに、反対するようであれば異動してもらう」と発言した[26][27]

「デジタル庁」設立[編集]

菅は、行政のDX(デジタル変革)を推進するための新しい行政機関として、「デジタル庁(英:Japan Digital Agency)」を設立する構想を掲げた。菅は首相就任前の自民党総裁選で、デジタル庁設置を自身の目玉政策として掲げていた。2020年9月16日の首相就任後の記者会見では、「複数の省庁に分かれる関連政策を取りまとめて強力に進める体制として、デジタル庁を新設する」と明言した。

そのため行政のDXを推進する担当大臣として「デジタル改革担当大臣」のポストを新設し、IT政策に精通した衆議院議員の平井卓也を充てた。「デジタル改革関係閣僚会議」も新設し、菅はこの場でデジタル庁創設に向けた基本方針をまとめるよう指示した。2021年1月招集の通常国会で関連法案を提出する意向だ。併せて、2001年に施行されたIT基本法(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法)の抜本的改正も目指すとしている。実務を主導する平井は2020年9月30日に、デジタル庁設置に向けた「デジタル改革関連法案準備室」を内閣官房内に置き、自ら室長に就任した。約50人のスタッフは経済産業省総務省などから集めた。

デジタル庁構想より前から、行政のDXに関する動きがあった。2019年5月、国の行政手続きを原則電子化すると定めた「デジタルファースト法」が成立している。同法に基づき、同年12月に「デジタル・ガバメント実行計画」を閣議決定し、2024年度中に国の行政手続きの9割を電子化するための工程表を示した。

デジタルファースト法の付則ではIT調達予算を内閣官房に一元化することを検討事項としている。さらにデジタル・ガバメント実行計画では、内閣情報通信政策監(政府CIO)が全省庁のプロジェクトを一元的に管理すると規定している。予算権限をデジタル庁が握れば、システムの標準化などを通じて全体最適やコスト削減を実現できる可能性が広がる。必要な人材を各省庁や民間から登用できる人事権を持つことで、DXプロジェクトを強力に推進するための体制も構築しやすい。

菅政権が2021年9月の発足を目指すデジタル庁の業務概要が明らかになった。情報システム関係の予算を一括計上し、システムの統合を進め、運用経費などを令和7年(2025年)までに3割削減するとしている。作業部会がまとめたデジタル庁の業務概要によると、デジタル社会の形成に関する司令塔として、勧告権など強力な総合調整機能を持つ組織とし、国や地方自治体などの情報システムを統括するとしている。そして、国の情報システムに関係する予算をデジタル庁に一括計上し、各府省に配分する仕組みを段階的に整えるとともに、システムの統合を図ることで、運用経費などを令和7年(2025年)までに3割削減するとしている。

また、マイナンバー制度全般について、企画、立案を一元的に担う体制を構築するほか、サイバーセキュリティの専門チームを設置し、国の行政機関などに対するセキュリティ監査を行うことなども盛り込んだ。政府は、こうした内容を、年内に策定するデジタル庁の新設に向けた基本方針に盛り込む方針を示した[28]

2021年9月1日、デジタル庁が発足した。デジタル大臣には平井卓也を横滑りで任命し、事務方トップのデジタル監には一橋大学名誉教授の石倉洋子を充てた[29]

日本学術会議会員の任命問題[編集]

2020年9月、日本学術会議が推薦した新会員候補者105人のうち、6人が任命から除外された。首相が任命を拒否した形になるが、推薦した候補者が任命されなかったケースは異例である[30]

「菅総理に日本学術会議会員の任命拒否をされた6人は(安倍前政権下の)安全保障関連法特定秘密保護法などで政府の方針に異論を示してきた人物であり、政府の意に沿わない人物は排除しようとする意図ではないか」と指摘されている[31]

この問題について、菅内閣は非承認理由を明らかにしておらず、日本学術会議は10月2日、菅内閣に対し、承認拒否の理由の開示と承認拒否撤回の要望を提出した。

2020年11月2日、国会衆議院予算委員会において菅は日本学術会議の会員選考について「閉鎖的で既得権益のようになっている」と批判し改革の必要性を強調した[32]

菅首相の次期自由民主党総裁選への立候補断念[編集]

任期満了を迎える2021年自由民主党総裁選挙に向けて、菅は2021年7月17日にテレビ番組で「総裁として(次期総裁選に)出馬するのは、時期が来れば当然のことだろう」と述べ、再選を目指し総裁選へ立候補する意向を示した[33]

2021年8月26日には前回の総裁選で菅に敗れた岸田文雄が総裁選出馬を表明し、岸田はこの中で党役員任期を「1期1年・連続3期」までとする党改革案を打ち出した。これに対し菅は30日には9月中に幹事長の二階俊博を含む党役員人事の更新を行う方針を固め[34]、31日には9月中旬に衆議院を解散し、総裁選を先送りする案も選択肢との考えを二階に伝えた[35]

しかし、これらの方針は党内から強い反発を招き、2021年9月1日には衆議院解散による総裁選の先送りをしない方針を表明[36]。党役員人事についても菅は9月2日に安倍晋三前首相、麻生太郎副総理兼財務相らに協力を打診したが拒否されたことにより[37]、党運営に行き詰った菅は9月3日に次期総裁選には立候補しない意向を表明[38]

9月30日、菅の任期満了を迎え、自由民主党総裁を退任した[39]

内閣総辞職に際して花束を贈呈される内閣総理大臣の菅

10月4日、菅は臨時閣議を開き、閣僚らの辞表を取りまとめて総辞職した。在任期間は384日[40]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “菅内閣の初閣議「国民のために働く内閣」 基本方針を決定”. NHKニュース. (2020年9月17日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012622021000.html 2020年9月24日閲覧。 
  2. ^ “菅政権が掲げる携帯電話料金引き下げ、今後の焦点はNTTドコモ”. 日経クロストレンド. (2020年11月18日 |accessdate= 2021年2月16日). https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/01223/ 
  3. ^ 第二百三回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説”. 首相官邸 (2020年10月26日). 2021年2月16日閲覧。
  4. ^ 嶋津洋樹「菅政権の「アベノミクスの継承」とは その意味を探る」『ロイター』橋本浩、2020年9月29日。2021年2月16日閲覧。
  5. ^ “〈独自〉緊急事態宣言、期間途中の解除も きょう発令決定”. 産経新聞. (2021年1月7日). https://www.sankei.com/politics/news/210107/plt2101070006-n1.html 2021年1月7日閲覧。 
  6. ^ 令和3年1月19日 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の円滑な推進のための指示について”. 首相官邸ホームページ. 内閣官房内閣広報室. 2021年2月22日閲覧。
  7. ^ 河野ワクチン大臣起用の真相 適材適所か人気取りか…「プロジェクトX」に賛否の声とアベノマスクの教訓 | nippon.com
  8. ^ “ワクチン担当に河野大臣「しっかり仕事を」”. 日テレNEWS24. (2021年1月18日). https://www.news24.jp/articles/2021/01/18/04805863.html 2021年1月22日閲覧。 
  9. ^ “ワクチン対策・五輪開催 河野氏「担当大臣にお尋ねを」”. 朝日新聞デジタル. (2021年1月19日). https://www.asahi.com/articles/ASP1M5RWSP1MUTFK00L.html 2021年1月22日閲覧。 
  10. ^ 『北日本新聞』2021年1月20日付1面「コロナワクチン 一般の人 接種5月想定 政府 対象 16歳以上で調整」
  11. ^ "焦点:新型コロナ ワクチン加速、首相躍起 支持率上昇の「切り札」". 毎日新聞. 2021年4月30日閲覧
  12. ^ “東京・大阪 ワクチン大規模接種センター 24日開設目指す”. NHK. (2021年5月4日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210504/k10013011541000.html 2021年5月4日閲覧。 
  13. ^ “職場・大学で接種、21日から ワクチン加速化、モデルナ活用―政府”. 時事通信社. (2021年6月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060100900 2021年6月4日閲覧。 
  14. ^ 「職域接種の申請、一時休止 モデルナのワクチン不足―政府」時事ドットコム(2021年6月23日)
  15. ^ 職域接種「新規」中止 モデルナ製ワクチン 申請、供給上回る『毎日新聞』2021年6月30日
  16. ^ “菅首相、ワクチン接種「10月から11月にかけて全て終える」初の党首討論で示す”. 産経新聞. (2021年6月9日). https://www.sankei.com/article/20210609-VU7747KRUZMCXC32PMDVOQ3TGY/ 2021年6月10日閲覧。 
  17. ^ 政府、コロナ中等症も自宅療養 病床逼迫で転換、入院は重症限定 - 共同通信 2021年8月2日
  18. ^ 自民党からも撤回要求を決定 入院制限の政府方針に - 朝日新聞デジタル 2021年8月4日
  19. ^ 菅首相 “往診でも「抗体カクテル療法」可能に” 検討を指示
  20. ^ 新たな対策緩和案、専門家ら反発し大幅削除 官邸は緩和拡大要望
  21. ^ 酒提供、イベント、観光「正常化へ道筋」 政府の行動制限緩和方針
  22. ^ "ワクチン2回接種 人口の50%超に 接種開始から7か月 政府公表". NHK NEWS WEB. 13 September 2021. 2021年9月13日閲覧
  23. ^ “菅首相 安倍政権継承 コロナ対策と経済の再生に全力 初会見で”. NHKニュース. (2020年9月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200916/k10012621771000.html 2020年9月20日閲覧。 
  24. ^ a b “河野行政改革相 「行政改革目安箱」を一時受付停止”. NHKニュース. (2020年9月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624401000.html 2020年9月20日閲覧。 
  25. ^ “縦割り行政 情報は内閣府のウェブサイトで 河野行政改革相”. NHKニュース. (2020年9月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012625571000.html 2020年9月20日閲覧。 
  26. ^ 官僚「政策反対なら異動」 菅官房長官” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年9月13日). 2020年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月2日閲覧。
  27. ^ 森功 (2020年10月16日). “菅官邸の恐怖政治「今井派追放」と「2人の奉行」” (日本語). 文藝春秋digital. 文藝春秋社. 2021年9月12日閲覧。
  28. ^ 「デジタル庁」業務概要判明 システム統合で運用経費等3割減へ|菅内閣” (日本語). NHK (2020年11月21日). 2020年11月23日閲覧。
  29. ^ “デジタル庁発足 平井デジタル大臣 石倉デジタル監を発表”. NHKニュース. (2021年9月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210901/amp/k10013236481000.html 2021年9月5日閲覧。 
  30. ^ 「日本学術会議」 任命されなかった6人の学者はどんな人?” (日本語). ハフポスト (2020年10月2日). 2020年10月2日閲覧。
  31. ^ 菅首相が学術会議の任命を拒否した6人はこんな人 安保法制、特定秘密保護法、辺野古などで政府に異論:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年10月2日閲覧。
  32. ^ 学術会議「閉鎖的で既得権益」 菅首相、組織改革を主張 衆院予算委スタート”. 2020年11月2日閲覧。
  33. ^ “自民総裁選 無投票狙い先手 首相早々と立候補意向”. 毎日新聞. (2021年7月28日). https://mainichi.jp/articles/20210728/ddm/005/010/161000c 2021年9月4日閲覧。 
  34. ^ “二階氏、幹事長交代を受け入れる考え…菅首相に伝える”. 読売新聞. (2021年8月31日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210831-OYT1T50171/ 2021年9月4日閲覧。 
  35. ^ “菅首相、9月中旬解散の選択肢を二階氏に伝達 総裁選先送りも”. 朝日新聞. (2021年9月1日). https://www.asahi.com/articles/ASP91051GP80UTFK027.html 2021年9月4日閲覧。 
  36. ^ “首相「解散できる状況でない」 総裁選先送りも否定”. 日本経済新聞. (2021年9月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0110E0R00C21A9000000/ 2021年9月4日閲覧。 
  37. ^ “「お前と一緒に沈められねえだろ」退陣表明前夜、“2A”から首相に三くだり半”. 西日本新聞. (2021年9月4日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/795592/ 2021年9月4日閲覧。 
  38. ^ “「任期満了による総選挙」不透明に 菅首相退陣で政治日程流動化”. 河北新報. (2021-09-). https://kahoku.news/articles/20210903khn000041.html 2021年9月4日閲覧。 
  39. ^ “菅首相 任期満了前最後の自民党役員会 1年の協力に謝意示す”. NHKニュース. (2021年9月28日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210928/k10013280061000.html 2021年9月30日閲覧。 
  40. ^ “【速報】菅内閣が総辞職 在任384日間 コロナ対応に追われる”. TBS NEWS. (2021年10月4日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4374315.html 2021年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]