杉田水脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉田 水脈
すぎた みお
Miosugita.jpg
生年月日 (1967-04-22) 1967年4月22日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市垂水区
出身校 鳥取大学農学部林学科
前職 地方公務員
現職 衆議院議員
所属政党 みんなの党→)
日本維新の会→)
(次世代の党→)
(日本のこころを大切にする党→)
日本のこころ→)
自由民主党細田派
称号 農学士
公式サイト 杉田水脈(すぎたみお)公式HP

選挙区 比例近畿ブロック(兵庫6区)→)
比例中国ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月17日 - 2014年11月21日
2017年10月23日 - 現職
テンプレートを表示

杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日 - )は、日本政治家

新しい歴史教科書をつくる会理事。衆議院議員(2期目)。

来歴[編集]

兵庫県神戸市垂水区生まれ[自己 1]

「水脈」は父親が万葉集からとった名前である[1]

親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年鳥取大学農学部林学科卒業。

積水ハウス木造(1995年に積水ハウスへ吸収される)を経て、1992年より西宮市役所勤務[自己 2]

2010年、退職[自己 2]。同年10月、みんなの党兵庫6区支部長に就任したが、維新政治塾に参加した後、日本維新の会にくら替えした[2]

2012年12月16日、第46回衆議院議員総選挙で兵庫6区に日本維新の会より出馬。自由民主党大串正樹に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選。

2014年日本維新の会分党に伴い、次世代の党結党に参加、国対副委員長と女性局長に就任[自己 3]

同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に兵庫6区から次世代の党公認で出馬し、落選[3]

落選後は、主に著作執筆や番組出演、講演活動の言論活動を行っていた。それと、並行して、民間団体のなでしこアクションテキサス親父日本事務局等と連携し、スイスジュネーブ国連ジュネーブ本部で開かれている、国連人権委員会の小委員会である女子差別撤廃委員会に通い、所謂慰安婦問題国連特別報告者であるラディカ・クマラスワミが提出したクマラスワミ報告の撤回等を求めるスピーチや、国連を舞台にした、反日活動を行う日本の民間団体との歴史戦のカウンター活動を行っていた[4]

2017年9月29日第48回衆議院議員総選挙自由民主党から出馬することが決定とTwitter上で発表[自己 4]。同年10月9日、同党が比例代表の公認候補を発表し、杉田は比例中国ブロック17位での出馬し、第48回衆議院議員総選挙において当選[5]。11月2日、細田派に入会[6]

政策・主張[編集]

公務員給与体系の見直し[編集]

赤字地方公共団体の職員の給与が下がりにくい制度を批判し、成果主義導入も含めた公務員給与体系の見直しを主張している[自己 6][12][13]

歴史認識[編集]

村山談話」及び「河野談話」を見直すべきとしている[7]

かつて日本維新の会が党内に設置した「歴史問題検証プロジェクト・チーム」の事務局長を務めた[14]

2014年2月3日衆議院予算委員会では、「慰安婦問題」に関する「河野談話」について「反日の格好の情報発信源になっている」とし、談話を発表した当時の内閣官房長官だった河野洋平参考人招致を要求した[15]

2014年10月17日、アパ日本再興財団による『第7回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞[16]した。論文は、『慰安婦問題とその根底にある報道の異常性』と題したものであり、「吉田清治」なる人物の虚偽証言を30年以上放置してきた朝日新聞の罪などを指摘、「私達の世代で必ず解決しなければならない」とした内容のものであった[16]

発言・行動等[編集]

Twitter上での脅迫被害への対応[編集]

ツイッターで杉田の娘の写真を探していたと名乗る者が「杉田水脈さん。明日にでも国会議員をやめて頂けないでしょうか」「報復措置として貴方の娘さんに被害が被るかもしれませんよ」との書き込みをし、この書き込みを見た人が警察に通報し、警察が家族の安否確認を行った。この脅迫行為に関し杉田は「毅然とした態度で臨む」と語り、警視庁赤坂署が脅迫などの容疑を視野に捜査を始めた[17][18]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第6回セミヂカインタビュー 日本維新の会・杉田水脈議員
  2. ^ 12年末・この国を選ぶ:みんなで維新へ? 元支部長、5人くら替え 関西では「看板」借りも
  3. ^ 杉田水脈(小選挙区・兵庫県) : 衆院選2014(衆議院選挙)”. 読売新聞. 2016年6月22日閲覧。
  4. ^ “いざ左派系団体の独壇場へ! 慰安婦問題「国連攻防」杉田水脈レポート”. 月刊正論 (産業経済新聞社). (2017年10月9日). http://ironna.jp/article/3112 2018年1月10日閲覧。 
  5. ^ “自民が比例名簿発表 安倍晋三首相、小泉進次郎氏は重複せず 鈴木貴子氏は北海道2位 杉田水脈氏は中国で出馬”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年10月9日). http://www.sankei.com/politics/news/171009/plt1710090054-n1.html 2017年10月9日閲覧。 
  6. ^ “細田派4人、岸田派1人入会=自民党”. 時事通信. (2017年11月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200905&g=pol 2017年11月20日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h 2014衆院選 兵庫6区 杉田 水脈 - 毎日新聞
  8. ^ a b c “2012衆院選 近畿ブロック 日本維新の会 杉田水脈”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=D08139012033 2014年1月29日閲覧。 
  9. ^ 第186回国会 内閣委員会 第17号(平成26年5月9日(金曜日))
  10. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  11. ^ 第185回国会 法務委員会 第8号(平成25年11月19日(火曜日))
  12. ^ 衆議院会議録情報 第186回国会 内閣委員会 第5号
  13. ^ 国土交通労組東海建設支部 国交労連速報 No.3057 (PDF, 179KB)
  14. ^ “河野談話検証チーム初会合 維新、21人参加”. 神戸新聞. (2013年11月22日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201311/0006515924.shtml 2014年4月15日閲覧。 
  15. ^ “河野氏の参考人招致要求 「談話」真相求め維新・杉田氏”. MSN産経ニュース(「iza!」アーカイブ) (産経新聞). (2014年2月3日). http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140203/plt14020320200035-n1.html 2014年4月15日閲覧。 
  16. ^ a b アパ懸賞論文で「朝日の大罪」指摘 次世代の党・杉田水脈氏が最優秀賞”. 夕刊フジ. 株式会社産経デジタル (2014年10月17日). 2015年10月31日閲覧。
  17. ^ “杉田議員にツイッターで脅迫=「辞めないと娘に危害」-警視庁 ”. 時事通信. (2018年2月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020700613&g=soc 2018年2月7日閲覧。 
  18. ^ “杉田水脈衆院議員にツイッターで脅迫文 警視庁が捜査 ”. 産経新聞. (2018年2月7日). http://www.sankei.com/affairs/news/180207/afr1802070001-n1.html 2018年2月7日閲覧。 
  19. ^ 【杉田水脈のなでしこリポート(1)】NYの国連関連イベントで「慰安婦は性奴隷ではない」と訴えたところ…”. 産経新聞 (2016年4月11日). 2016年9月11日閲覧。

自己公表された情報源[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]