日本のTPP交渉及び諸議論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本のTPP交渉及び諸議論(にほんのTPPこうしょうおよびしょぎろん)では、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉における日本政府等の動向と、同協定に関する日本国内の諸議論について記述する。

目次

日本の動向[編集]

概要[編集]

TPPは、一般の多数国間条約と同様の手続を経て締結される。まず、日本政府(内閣)が協定交渉への参加を表明し、関係国との間で交渉・協議を行い、協定の内容について合意が得られたときに採択・署名が行われる。次に、日本国内の手続として、内閣から国会に協定が提出されて承認が求められ(日本国憲法73条3号)、国会の承認が行われる。この後に、批准書の交換がされる場合は天皇が批准書を認証する(同7条8号)が、受諾や公文の交換のような簡略された手続きの場合は、天皇の認証を行わない[1]。TPPは、国内法上手続きの完了を通知する文書の供託となっているため批准書は作成されない見込みである。その後、協定の定めによる条件を満たした上で協定の効力が発生する。 TPPについては、2010年3月にP4協定(環太平洋戦略的経済連携協定)参加の4ヶ国(シンガポールニュージーランドチリ及びブルネイ)に加えて、アメリカ合衆国オーストラリアペルーベトナムの8ヶ国で交渉が開始された。その後、マレーシアメキシコカナダ及び日本が交渉に参加した。

日本の交渉経緯[編集]

2010年(平成22年)[編集]

2010年(平成22年)10月1日菅直人内閣総理大臣は、衆議院本会議所信表明演説でTPPへの参加検討を表明し、10月8日TPP交渉への参加を検討し、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の構築を視野に入れ、APEC首脳会議までに、経済連携の基本方針を決定する旨指示した[2]

11月8日経団連米倉弘昌会長は記者会見で「日本に忠誠を誓う外国からの移住者をどんどん奨励すべきだ」と述べ、TPPへの参加とそれに伴う海外からの労働者の積極受け入れを支持する発言をしている[3]

11月9日政府は関係国との間での経済連携強化に向け、農業分野、人の移動分野および規制制度改革分野において、適切な国内改革を先行的に推進する旨閣議決定を行った。農業分野は関係大臣からなる「農業構造改革推進本部」を設置し、2011年(平成23年)6月をめどに基本方針を決定するとした。

11月13日、菅首相は2010年日本APECにおいて、交渉参加に向けて関係国との協議に着手することを正式に表明した[4]

11月30日、政府は「食と農林漁業の再生推進本部」を発足させ、首相、関係閣僚と民間有識者11人からなる「食と農林漁業の再生実現会議」を設置した[5][6]1月21日、同会議は農地集約による生産性向上などを提案している[7]

12月3日、第4回の拡大交渉会合に、日本はオブザーバー参加を打診していたものの、結局この参加は断られた。大畠章宏経済産業大臣は記者会見において、交渉会合の参加国はTPPに関する交渉で忙しく、個別接触も難しかったとしている[8][9]

12月9日経済産業省は「農業産業化支援ワーキンググループ」を立ち上げ、経団連日本商工会議所全国商工会連合会等をメンバーとして農林水産省とは違った立場から農業の産業化を支援する作業部会を始めた[10]

2011年(平成23年)[編集]

2011年2月23日、菅首相は、衆議院予算委員会で当時は野党公明党西博義議員から原協定を読んでいるかただされ「手に取って幾つかのページはめくった。概略についての説明を担当部署から受けた」と答弁した[11]

2月26日、政府は公開討論会「開国フォーラム」をさいたま市で開き、玄葉光一郎国家戦略担当大臣アジアの活力を取り込む必要性を訴えた。一般参加者からは農業分野以外の情報を求める声が上がったが、平野達男内閣府副大臣は情報を集めている段階だとして十分な説明ができなかった[12]。3月5日に金沢市で開かれた開国フォーラムで海江田万里経済産業大臣は、TPPは例外なき関税の撤廃が原則としつつ、交渉次第で1-5%の例外品目が設けられる可能性を示唆した[13]

3月11日、東日本大震災東北地方太平洋沖地震)が発生。12日以降に6都市で開催が予定されていた開国フォーラムは中止となった[14]。5月17日、政府は東日本大震災後の経済政策方針をまとめた「政策推進指針」を閣議決定し、TPP交渉参加の判断時期を当初の6月から先送りした[15][16]

10月11日、経団連米倉弘昌会長はTPP交渉への早期参加を求めた[17]。一方、10月24日、全国農業協同組合中央会(JA全中)は、1100万を超すTPP反対署名を政府に提出した[18]。JA全中によるTPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員は10月25日現在で355人と全国会議員の半数近くにのぼる[19]。11月9日、経団連の米倉会長とJA全中の萬歳章会長が会談したが、主張は対立したまま平行線に終わった[20]地方自治体においては、2010年10月から2011年9月末までの1年間に、42の道県議会でTPP参加に「参加すべきでない」「慎重に検討すべき」「農業の国内対策が必要」などの意見書が採択されている[21]

10月29日仙谷由人民主党政調会長代行は、前原グループの勉強会で「TPP反対でわめいて走っている」と反対者を批判し、関係者やその支援を受ける議員への積極的な切り崩し工作、中立化工作をかける旨を強調した[22]

11月9日、民主党の経済連携プロジェクトチームは、過去数10回の会合を踏まえ、TPPへの参加に関し「時期尚早・表明すべきではない」と「表明すべき」の両論があったが、前者の立場に立つ発言が多かったとし、政府には以上のことを十分に踏まえた上で、慎重に判断することを提言するとした[23]。この提言を受け、野田佳彦内閣総理大臣は予定していた翌10日の記者会見を先送りし、11日両院は予算委員会のTPP集中審議が行われた。同日午後8時、反対意見も未だ根強く議会も二つに割れる中[24]、野田首相は記者会見において、翌12日から参加するホノルルAPEC首脳会合において、TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る旨を表明した[25]

11月11日、野田首相は「交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明した[25]

12月13日、政府は省庁横断の一元的な参加交渉体制の概要を決めた。内閣総理大臣を議長とした全閣僚ならなる包括的経済連携に関する閣僚委員会のもとに、上部から国家戦略担当大臣内閣官房長官外務大臣経済産業大臣農林水産大臣らからなる関係閣僚会合、次に各副大臣や政府代表からなる幹事会、下部の50人規模からなる事務局は関係省庁次官級/局長級会合のもとに交渉参加国別の折衝、国内の業界団体や関係省庁との調整、交渉状況の情報公開などを担う3つのチームからなる[26][27][28]

12月22日の第6回国家戦略会議決定を踏まえて同月24日に閣議決定された「日本再生の基本戦略」でも、当面重点的に取り組む施策の1つとして、「環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の交渉参加に向けた関係国との協議」が挙げられ、「交渉参加に向けて関係国との協議を進め、各国が我が国に求めるものについて更なる情報収集に努め、十分な国民的議論を経た上で、国益の視点に立って、TPP についての結論を得る。」とされている[29]

2012年(平成24年)[編集]

1月26日、政府は事務局を70人体制とし、地方、業界団体などへの説明、交渉参加国との事前協議状況説明など全国的な広報活動やシンポジウムを行う方針とした。この日までにベトナムブルネイペルーチリと日本政府代表団は事前協議を行い日本の交渉参加の歓迎の意向を得たとしている。残り5か国へも代表団派遣を早期に行うとした[30]

前者4か国との協議の結果について詳しくは、2月2日に公表された[31]5月18日大島正太郎を内閣官房内閣審議官に採用し、関係国との協議を担当する政府代表に任命[32]

2013年(平成25年)[編集]

2月22日、前年12月に行われた衆議院議員選挙自由民主党は「「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します」と選挙公約に明記しており、安倍晋三内閣総理大臣バラク・オバマ米大統領と会談し、「聖域なき関税撤廃が前提ではないと認識に立ちました」と述べた(聖域なき関税撤廃を前提としていないTPP交渉には参加する)[33]

3月15日、安倍首相がTPP交渉に参加を表明し、参加国にその旨通知するとした[34]。また甘利明経済財政政策担当大臣をTPPに関する総合調整の担当大臣に任命[35]

3月22日、甘利担当相を本部長とするTPP政府対策本部を設置し、首席交渉官が率いる対外交渉担当約70人と国内調整総括官が率いる国内対策調整担当約30人を配置するとした[36][37]。4月5日、内閣総理大臣決定により設置[38]。本部長は経済再生担当大臣をもって充てると定められた[39]

4月12日、政府は米国とのTPP交渉参加の事前協議の決着をみたと発表[40]

4月24日米国政府は日本の交渉参加を認めると米国議会に通知した[41]

5月3日、甘利担当相は3日、ハノイで、ベトナム首相のグエン・タン・ズンと会談し、TPP交渉で両国が連携、協力していくことで一致した[42]

7月15日から25日まで、マレーシアのコタキナバルで、第18回TPP交渉会合が開催された。期間中の7月23日午後、日本は正式に交渉参加した[43]。同会合には、甘利担当相、鶴岡公二首席交渉官らが出席した。

8月22日23日ブルネイで第19回TPP交渉会合が開催され、甘利担当相らが出席した[44]

10月8日インドネシアバリ島でTPP首脳会合が開催され、安倍首相、甘利担当相らが出席した[45]

2014年(平成26年)[編集]

2015年(平成27年)[編集]

10月5日、米ジョージア州アトランタにてTPP交渉に参加する12カ国の閣僚会合で、5年半におよぶ交渉が大筋合意に達した。 全参加国が2年以内に国内議会等の承認手続きを終えられない場合でも域内の国内総生産(GDP)の合計が85%以上を占める6カ国以上が合意すれば正式に効力が発生し、その場合は世界のGDPの4割近くを占める自由貿易圏が産まれることになると試算されている。[46][47]

日米間の投資においては、コーポレート・ガバナンスについて、社外取締役に関する日本の会社法改正等の内容を確認し、買収防衛策について日本政府が意見等を受け付けることとしたほか、規制改革について外国投資家等からの意見等を求め、これらを規制改革会議に付託することとした[48]

以下は、2015年に合意された交渉内容の一部で、協定発効となった場合に実現する項目である[49][50]。詳細については国別に農林水産省経済産業省などが大筋合意内容結果の概要を公開している[51][52]

2016年(平成28年)[編集]

甘利経済財政・再生相が1月末に辞任。のち高鳥修一・内閣府副大臣を政府代表に任命された。 2月4日、ニュージーランドにてTPP署名式が行われ、12カ国間で署名が行われた[53]民進党が、政府の交渉資料の提示を要求したところ、自民党より全て黒塗りの資料が提示された[54]。 12月9日、参議院審議を経てTPP参加が決議、国会で批准された[55]

2017年(平成29年)[編集]

1月20日、日本時間午前の閣議決定を経て、午後に政府は協定の国内手続の完了を在ニュージーランド大使を通じ寄託国ニュージーランドに通報した[56]。なお、同日東部標準時午後、第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプは就任直後ホワイトハウスのホームページで公式にTPPからの離脱を表明した[57]

品目別交渉[編集]

コメ

日本は778%の高い関税を維持する一方で、最低輸入量に従い、1割に当たる年77万トンを無関税で輸入する。更にアメリカとオーストラリアからの無関税の輸入枠を新設する。これに対して、日本政府は新たな輸入枠で国内に入るコメと同量の国産米を備蓄米として買い入れ、価格への影響を抑えることを検討している。

牛肉豚肉の関税を段階的に大幅に引き下げる。牛肉は現行の関税38.5%を当初27.5%に。その後段階的に引き下げ、16年目以降は9%となる。豚肉はソーセージなどに使われる安い価格帯のものへの関税は、現行の1kg当たり482円を当初は同125円に。その後段階的に引き下げ10年目以降は50円になる。日本政府は畜産農家の経営悪化を考慮して、参加国からの輸入量が急増した際に高い関税に戻す「セーフガード」(緊急輸入制限措置)を設ける方向で調整を続けている。

水産物

マグロサケマスなどは11年目までに、アジサバは12〜16年目までに関税撤廃する。

乳製品

バター脱脂粉乳などの乳製品に低関税の輸入枠を設ける。チェダー、ゴーダ、クリームチーズなどは16年目までに関税を撤廃。2015現在の日本は国内の生乳生産の減少により、バター不足が慢性化し、一部輸入に依存する状態であった。

小麦

アメリカ、カナダ、オーストラリアに小麦の輸入枠を新設。当初は計19.2万トン、7年目以降は25.3万トンとし、関税は維持。代わりに国が輸入して製粉会社に転売する時に上乗せする輸入差益を発効から9年目までに45%削減。

ボトルワインの上限税率(125円/リットル)は、関税削減期間中は維持し、8年目までに関税を撤廃。清酒焼酎は11年目にそれぞれ関税が撤廃されることが明らかになった[58]

自動車・自動車部品

日本から輸出する製品に対する関税の99.9%を撤廃する内容で合意した。

医薬品

加盟国のバイオ医薬品の独占的に販売を認めるデータ保護期間(製薬会社に独占的に販売を認める期間)が実質8年間とした。 もともと日本ではバイオ医薬品を含む新薬の再審査期間は原則8年間と規定されているため、結果的に国内事情に大きな変化は生じない公算が高い[59]

著作権

原作者らの告訴がなくても、著作権を侵害した者を刑事裁判の被告にできるようにする「非親告罪」が導入される。

これに続く形で10月7日、日本政府は「経済最優先」を掲げて、第3次安倍第1次改造内閣を発足させた。TPP開始に伴う農業の競争力向上などを目的として、今後の国内対策に森山裕農相を初入閣させた。生産者の理解を得ながら農業を成長軌道に乗せる取り組みを行う方針とのこと。財政では、麻生太郎財務相が財務的な農業対策に対応する方針[60]

日本とアメリカの間の動向[編集]

アメリカのオバマ前政権とUSTRは、拡大交渉会合の合意とは別に、独自に日本へのアプローチを続けている。日本の政権と野田政権もTPPについてアメリカとの関係を特別視していた。

2011年(平成23年)3月30日ロン・カークUSTR代表はワシントンD.C.での講演会で、2011年東北地方太平洋沖地震の被害からの復興や福島第一原子力発電所事故の対処に日本政府は専念すべきなので、2011年6月までにTPPに参加するかどうかの基本方針決定の先送りを容認すると述べた[61]

9月21日ニューヨークで開催された日米首脳会談で、オバマ米大統領は野田首相に、TPPへの早期交渉参加を強く要請し、EUとのEPA予備交渉を準備していた日本政府に対し、「日中韓、欧州連合(EU)との関係でTPP交渉の余裕がないのか。よく考えてほしい」と述べ、対して野田首相は「しっかり議論し、できるだけ早期に結論を得たい」と応じている[62]

11月13日、野田首相はオバマ米大統領とハワイホノルルで会談してTPP参加の意向を伝達、会談後、アメリカ政府は「首相は全ての物品、サービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せると述べた」との声明を発表した。これに対して、外務省は否定し訂正を要請したが、アメリカ政府は発言に誤りはなかったとし、発表の修正を認めなかった[63]

12月6日、USTRは日本のTPP交渉への参加についてアメリカ国内の業界団体など利害関係者から2012年1月13日までパブリックコメントを募集すると翌7日の連邦官報で公告する[64]

2012年(平成24年)3月1日、米国アジア・ビジネスサミットの席上、カトラーUSTR代表補は、TPPの内容について、次の通り指摘した[65]

  • TPPは、日本や他国に医療保険制度を民営化するよう強要する協定ではない。
  • TPPは、いわゆる「混合」診療を含め、公的医療保険制度外の診療を認めるよう求める協定ではない。
  • TPPは、学校で英語の使用を義務付けるよう各国に求める協定ではない。
  • TPPは、非熟練労働者のTPP参加国への受け入れを求める協定ではない。
  • TPPは、他国の専門資格を承認するよう各国に求める協定ではない。

2013年(平成25年)4月12日、日米両国政府はTPP交渉参加の事前協議の決着に合意した[40]

4月24日、原加盟国と交渉国全11ヶ国が日本の交渉参加を認めたことより、米国政府は米国議会に日本の参加を認める意向を通知した。米国の通商交渉に関する規定に従い、この日から90日間の米国政府と米国議会の協議期間を経て正式に日本が交渉国として参加が認められる見通しとなり、7月23日午後から日本は交渉会合に参加した[66]

アメリカから日本への要求と対応[編集]

アメリカが貿易障壁とみなしているものは、USTRが公表している「外国貿易障壁報告書」に見ることができる。2011年(平成23年)の報告書では、農林水産物の輸入政策、郵政・保険・金融・物流・電気通信・情報技術(IT)・司法・医療・教育のサービス障壁、知的財産保護及び執行、建設建築及び土木工事・情報通信(IT)の政府調達、投資障壁、反競争的慣行、その他、透明性・商法・自動車及び自動車部品・医療機器及び医薬品・血液製剤・栄養補助食品・化粧及び医薬部外品・食品及び栄養機能食品の成分開示要求・航空宇宙・ビジネス航空・民間航空・運輸及び港湾、を挙げている[67]

金融分野[編集]

金融分野において、自見庄三郎郵政・金融担当相が、2011年(平成23年)11月9日の記者会見で、TPPに関連してアメリカが日本の郵政改革に関心を持っているとし、その件で同年8月にブレイナード財務次官から指摘を受けたと話している[68]

医療分野[編集]

医療分野においては、2011年(平成23年)11月7日、外務省は民主党プロジェクトチーム(PT)総会にて文書で「議論される可能性は排除されない」との見解を表明した[69]

2011年(平成23年)9月、アメリカ合衆国通商代表部(USTR)は「医薬品アクセス強化のためのTPPでの目標」(以下の9項目[70])を公表した。

  • 革新的医薬品・ジェネリック医薬品へのアクセスの、「TPPアクセス・ウィンドウ」を通じた迅速化
  • ジェネリック医薬品の製造業者にとっての法的予見性の強化
  • 医薬品に対する関税撤廃
  • 税関における障壁の低減
  • 模倣医薬品の貿易阻止
  • 各国内における医薬品の流通障壁の低減
  • 透明性と手続きの公平性の強化
  • 不要な規制障壁の最小化
  • TRIPS及び公衆衛生に関するドーハ宣言[71]の再確認

日本医師会など医療四団体や民主党の反対派は、今後の協議において、混合診療、病院の株式会社経営の許可等をアメリカが要求する可能性があるとしている[72]

一方、西村康稔衆議院議員は、USTR代表補で日本担当のカトラーが日本の皆保険制度については何も要求しないと明言したとしている[73]。 また、2012年(平成24年)3月1日、米国アジア・ビジネスサミットにおいて、USTR代表補のカトラーは、TPPが他国や日本に公的医療保険制度の民営化を求めるものではなく、また、「混合診療の解禁」を求めるものでもない旨、明言した[65]。だが、規制改革会議が「混合医療の解禁」を提言した[74]

農業分野[編集]

農業分野においては、筒井信隆農林水産副大臣コメを例外品目と主張すると発言していた[75]。しかし、アメリカ内では日本の交渉参加にあたって全米商工会議所 (enなど43団体が、「いかなる産業分野、商品、サービスも除外しない包括的な協定を達成すること」を要請する嘆願書を大統領に提出しており、アメリカ政府も11月12日、13日のAPECで野田首相に全品目の関税撤廃の原則受け入れを求めている[76]

製造分野[編集]

製造業分野においては、日本の自動車市場が閉鎖的とされ、APECではその開放が要求されている[77]。対して11月15日の記者会見日本自動車工業会志賀俊之会長は反発、「どこを閉鎖的と言っているのか、具体的な中身を知りたい」と語っている[78]

日米事前協議[編集]

さらに、2011年(平成23年)12月15日にカトラーUSTR代表補がTPP交渉参加を巡る事前協議で、「日本の自動車市場について懸念を示すだけでなく、いかに米国車に市場開放できるか提案したい」と語っており、また同氏はAPECにおいては「米国車の対日輸出拡大について「(事前協議で)カギとなる重要性がある」」としており、アメリカの要求は一層強さを増している。対して、日本側は経産省が「何が障壁なのかわからない」と戸惑うなど、その姿勢には食い違いが見られる[79]

2013年(平成25年)4月、日米の事前協議で合意された内容は、「日本が、自動車分野と保険、食品の安全基準など非関税措置の分野で、アメリカに譲る」こと。TPP交渉と並行してTPPの日米協議も、続けること。アメリカは、TPPで認められる限度まで、自動車への関税を撤廃することを猶予。「アメリカが、関税を撤廃するまでに10年程度かかる可能性がある」と報じられた。 [80]

TPPの日米協議で合意された内容は、TPPが発効した時点で拘束力を持つ[81]

2013年(平成25年)11月14日、マイケル・フロマンUSTR代表は、ワシントン市内で開かれた日米財界人会議で講演し、交渉について、年内妥結の目標に向け「日本を含む全参加国は厳しい決断が必要になる」と述べ、交渉加速に向け日本に妥協を促した[82]

関連資料[編集]

日本と関係国との貿易協定[編集]

原加盟国 シンガポールの旗 シンガポール 日本・シンガポール新時代経済連携協定
日本・ASEAN包括的経済連携協定
チリの旗 チリ 日本・チリ経済連携協定
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ブルネイの旗 ブルネイ 日・ブルネイ経済連携協定
日本・ASEAN包括的経済連携協定
交渉国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア 日・オーストラリア経済連携協定
ベトナムの旗 ベトナム 日・ベトナム経済連携協定
日本・ASEAN包括的経済連携協定
ペルーの旗 ペルー 日本・ペルー経済連携協定
マレーシアの旗 マレーシア 日・マレーシア経済連携協定
日本・ASEAN包括的経済連携協定
カナダの旗 カナダ 日・カナダ経済連携協定(交渉中)
メキシコの旗 メキシコ 日本・メキシコ経済連携協定

経済効果の試算[編集]

2010年(平成22年)10月、菅内閣で内閣府からGTAP (enモデルによる各種EPA参加のマクロ経済効果分析が発表された[83]2013年3月15日、安倍首相がTPP交渉参加を表明した同日安倍内閣は試算を発表している[84]

2010年(平成22年)菅内閣発表EPAと実質GDP効果
参加対象 実質GDP 備考
FTAAP+日EU(完全自由化) +1.62%(8.0兆円)
FTAAP(完全自由化) +1.36%(6.7兆円)
TPP+日中+日EU(完全自由化) +1.23-1.39%(6.1-6.9兆円)
TPP+日中+日EU(輸入だけ一部例外) +0.84-1.11%(4.1-5.5兆円) 国内支援措置等の参考値
日中EPA(完全自由化) +0.66%(3.3兆円)
TPP(完全自由化) +0.48-0.65%(2.4-3.2兆円)
日中+日EU(一部例外) +0.50-0.57%(2.5-2.8兆円)
日米EPA(完全自由化) +0.36%(1.8兆円)
日EUEPA(完全自由化) +0.36%(1.8兆円)
日中EPA(一部例外) +0.27%(1.3兆円)
日EUEPA(一部例外) +0.24%(1.2兆円)
いずれもなし ▲0.13-0.14%(▲0.6-0.7兆円)
  • 試算結果は一定の前提に基づくので、数字についてはある程度幅をもって考えられるべきである。
  • 双方がセンシティブ分野を自由化しない場合日本側のセンシティブ分野の国内生産のマイナスが小さくなるが、他の分野の国内生産のプラスも小さくなるため、総合すると日本の実質GDPの増加は小さくなる(センシティブ分野を自由化すればセンシティブ分野の国内生産はマイナスになる)。
  • 関税を全廃するが国内支援措置等により、日本がコメ又はセンシティブ分野の国内生産を維持した場合の試算を本経済モデルで試算することは困難。
  • 日本がTPPに参加せず日EUEPA、日中EPAも締結されない中で、韓国が米国、EU、中国とそれぞれFTAを締結する場合、我が国の実質GDPは、0.13-0.14%(≒0.6-0.7兆円)のマイナスとなる。

2010年(平成22年)10月農林水産省の試算[編集]

菅内閣で農林水産省は、「競合する国産品は、輸入品に置き換わる」「競合しない国産品は、安価な輸入品の流通に伴って価格が低下する」等の前提に基づいて[85]、全世界を対象に直ちに関税を撤廃し、かつ、何らの追加対策も講じない場合、日本の農業及び関連産業の国内総生産 (GDP) が7兆9千億円程度減少、就業機会が340万人程度減少すると試算した[83]

しかし、農水省発表の過去に行われた輸入自由化の影響評価では高品質生果への転換により外国産と競合しなかった桜桃(さくらんぼ)の価格が輸入自由化後に上昇している[86]、「味」・「安全性」など価格以外の要因による消費者の動向が考慮に入れられていないなど、試算の前提との食い違いも見られる。 篠原孝農林水産副大臣は、農水省試算は関税完全撤廃して何も対策を講じない仮定で損害額を計算した、品質の差も考慮に入れると計算がぐちゃぐちゃになるので価格で大差があるものは置き換えられる前提で計算した、内閣府と経産省の試算のGTAPモデルでは品目別の試算には使えないので農水省の試算とは比較できない(農業分野で7.9兆円減少しても他の分野で増加するから2.3兆円のプラスになるように見えるのは、前提条件が違うものを比較する数字のマジックである)としている[87]

2010年(平成22年)10月経済産業省の試算[編集]

菅内閣で経済産業省は、日本がTPPに不参加のままではEU・中国とのFTAも遅延するとの仮定の下、日本がTPP、EUと中国のFTAいずれも締結せず、韓国が米国・EU・中国とFTAを締結した場合、日本の自動車、電気電子、機械産業の3業種について、2020年に日本製品が米国・EU・中国で市場シェアを失うことによる関連産業を含めた影響について、実質GDP1.53%(10.5兆円)減少、雇用81.2万人減少と試算した[83]

経済産業省は、韓EU FTA、韓米FTA、韓中FTAが日本のTPP参加よりも先行することにより日本の輸出が減少することを前提にしてTPPの影響を試算している[88]

2013年(平成25年)3月政府統一試算[編集]

2013年(平成25年)3月15日、安倍首相が次の仮定におけるTPP交渉参加を表明した同日安倍内閣は試算を発表した。

  • 関税撤廃の効果のみを対象とする仮定(非関税措置の削減やサ ービス・投資の自由化は含まない)
  • 関税は全て即時撤廃する仮定
  • 追加的な対策を計算に入れない仮定

農林水産物については以下のシナリオをGTAPモデルに組み入れて影響を試算。

  • 内外価格差、品質格差、輸出国の輸出余力等の観点から、輸入品と競合する国産品と競合しない国産品に二分。
  • 競合する国産品は、原則として安価な輸入品に置き換わる。
  • 競合しない国産品は安価な輸入品の流通に伴って価格が低下する。

農林水産物生産額は3.0兆円減少で、日本経済全体で3.2兆円増加とした[84]

TPP交渉参加表明時の政府統一GDP影響試算[84]
試算項目 GDPへの影響 備考
消費 +0.61%(+3.0兆円)
輸出 +0.55%(+2.6兆円)
投資 +0.09%(+0.5兆円)
輸入 -0.60%(-2.9兆円)
合計 +0.66%(+3.2兆円)

この試算は、TPPに参加せずTPP発効約10年後における比較値であるとした。この試算は菅内閣が2010年10月に農林水産省経済産業省内閣府の3機関が別個に発表したものと異なり、政府機関での統一試算とした[89]

2014年度時点では、日本がTPP加盟国との間で輸出を占める割合は30.9%、輸入は24.6%と、比率では輸出の方が輸入を上回る[90]

議論[編集]

米倉弘昌経団連会長は記者会見で「TPPに参加しないと日本は世界の孤児になる」と語った[91]。一方で、全国農業協同組合中央会(JA全中)会長茂木守は全国集会でTPP交渉への参加に反対する立場で挨拶を行い[92]。このように属する立場によって賛成と反対が真っ向から分かれている。

試算について[編集]

内閣府試算を担当した川崎研一内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官[83]は「筆者の試算では、TPPに参加すれば日本のGDPは0.8%(4兆円)程度増加する。これは、10年ぐらい後の時点で振り返ったとき、自由化した場合としなかった場合の差と捉えるべきである。貿易自由化により経済が、毎年1%程度も押し上げられる訳ではなく、過大評価すべきではない」と指摘している[93]

中野剛志京都大学准教授は内閣官房の資料「包括的経済連携に関する検討状況」では、TPPに関する経済効果の試算がなされているが、試算は様々な前提を置いた上で弾き出された参考値であり、現実を必ずしも反映しておらず、試算結果を政策の意思決定に用いようとする場合は、しばしば一定の結論を誘導しようとする意図が働くので、試算結果にバイアスがかかるのが一般的であるとしている。さらに、試算がデフレーションや通貨という重大な要素を考慮していないのではないか、という点を指摘している[94]

原田泰早稲田大学教授は「TPPは、その批判者も認めているように広範なものであり、関税撤廃だけに焦点を充てるでは十分でない。試算の便宜から言えば、関税以外の効果を計算することは難しい」「内閣官房『EPAに関する各種試算』(2010年10月27日)は、内閣府、農林水産省、経済産業省のそれぞれが試算したものを並行的に紹介しているだけである。これらは異なった前提により計算され、当然に異なった結果となっている」「府省による効果の大きさが大きく異なっているが、この違いは試算の前提が異なることと効果の計算方法の違いから生まれている」と指摘している[95]。また原田は内閣官房「関税撤廃した場合の経済効果についての政府統一試算」(2013年3月15日)について「これまでバラバラに示されていた数字が、政府統一見解として統一的な考え方に基づいた数字が示されたことには大きな意味がある」と指摘している[96]

高橋洋一嘉悦大学教授は「TPPに関して農水省、経産省、内閣府がそれぞれ出した効果試算がどうしてまちまちの数字なのか。まず、農水省はTPPで打撃を受ける農業を所管する役所であり、TPP参加は農業の被害というマイナスを主張するのが農水省の役目だ。マイナス効果となれば、いずれ補助金が必要になるはずという計算も働き、補助金を多く獲得するためにも、マイナス効果をできるだけ大きく主張する。次に経産省はTPPで恩恵を受ける産業界の利益代弁者であり、TPPの効果をできるだけ大きく見積もり、産業界に恩を売りたい。恩恵を受ける業界がシンクタンクでも作ってくれれば、自分たちに天下りポストが回ってくる。最後は内閣府で農水省や経産省に比較すれば、特定の利権をもたないので、霞ヶ関官庁の中では一番包括的な試算をしている」と指摘している[97]

原田は「農林水産省の影響試算は主要農産物の関税を直ちに撤廃し、かつ何の対策も講じなかった場合である。経済産業省の基幹産業への影響試算は、韓国が幅広くFTA[要曖昧さ回避]協定を結び、日本がまったくFTA協定を結ばない場合を考えている。それに対して、内閣府は、TPPを含む様々なFTA協定の場合を試算している。議論の中心はTPP参加の場合を考えているのだから、なるべくTPPの場合の影響試算を比べるのが良い[95]」「TPPに参加した場合の経済全体に対する利益は3.2兆円、農林水産物の生産の減少は3兆円であるという。農業部門の生産減が3兆円という数字は、生産額としても過大であり、本来考慮すべき付加価値としてはさらに過大であると考えられる。私は農業部門の損失を1兆円と推計している[96]」と指摘している。

エコノミストの山田久は「政府の推進方針を支える内閣府の試算(2011年10月)は、GDPを概ね10年間で2.7兆円押し上げるとしている。これは微妙な数値であり、年間に均せば0.54%の成長率押し上げにとどまる、という言い方にもなりかねない」と指摘している[98]

2013年3月19日、ピーター・ペトリ教授は東京都内で講演し、3月15日の日本政府の試算3.2兆円増大とするのは控えめで保守的であると指摘した[99]

高橋は「政府は『10年間で3兆円』と説明してきたが、この数字の丁寧な解釈がなかった。マスコミは、この正確な意味を理解せずに『10年間で3兆円』との誤解を広めている。そのため、マスコミ情報を鵜呑みにしている反対派は、10年間累積で3兆円なので、年間3000億円に過ぎないと言っている。ちなみに、年間3000億円でもとても大きな数字である」と述べている[100]

デフレーション懸念[編集]

中野剛志は「TPPに参加するための農業構造改革」はデフレをさらに悪化させるので問題があり、たとえ効率性を上げるための改革に着手するにせよ、デフレを悪化せさないためにも、日本経済全体がデフレを本格的に脱却してからにすべきだとしている[101]。また、2011年現在ある自由貿易の国際ルールや主流派経済学は、貿易自由化がデフレを悪化させるという事態を考慮に入れておらず、「デフレが懸念される場合、関税を上げてよい」という柔軟な国際ルールはできそうにもないとしている[102]

中野は「関税を撤廃し自由に取引すれば、その結果については全てフェアである」という主張に対しては、売り手と買い手で合意した値段が常にフェアであるとはかぎらず、市場で取引される値段とは違う「フェアな価格」があると反論している。これが普通の価格という社会的な合意、常識的な合意があり、それから逸脱した価格には人間は不快感や不公平感を覚えるとしている[103]

川崎研一は「価格効果の面では、関税撤廃に比べて為替レートの変動の影響の方が大きい」と指摘している[93]

エコノミストの片岡剛士は「貿易自由化を進めることで、デフレから脱却することや円高を是正する可能性は低い。デフレ対策を進めることで、円高を是正することによる輸出促進効果はあるとはいえ、デフレは貿易自由化で期待される相対価格の歪み是正とは異なる問題である。デフレ対策をやらないのであれば短期的には何をやっても意味はないというのは、貿易自由化の効果が大きくはなく、かつ長期に渡り効いていくと考えられることからも正しい。しかしデフレから脱却できなければ何を行っても無駄というのではなく、デフレ脱却と貿易自由化の相乗効果から緩やかなインフレーションをともないながら成長力(生産性)の強化にもコミットすることが、むしろ必要である」と指摘している[104]

若田部昌澄早稲田大学教授は「現在(2011年)の円高はデフレとコインの裏表の関係にあり、TPPに入っても為替が円高に振れるならば元も子もない。TPPの利点を最大限に生かすためにも円高を是正すべきである。しかし、円高対策のほうが重要であるからといって、TPPの問題が重要でないということにはならない。ここで念頭に入れておくべきは『政策割り当ての原理』であり、これは原則として二つ望ましい政策目標があれば、二つの政策手段で対応するのが合理的とする考え方である。もちろん、デフレ脱却、円高是正を進めることで関税撤廃やルール交渉に影響が生じるのならば別の話である。しかし、TPP反対論者の多くはデフレと円高が進んでいるところでTPPを推進するのはおかしいといっているのだから、デフレ脱却、円高是正政策を推進することに何ら反対する理由はないはずである」と指摘している[105]

原田泰は「物価は金融政策で決まる。日本銀行は2%の物価上昇率目標を指示し、それを日銀に守らせる協定を結ぶという、インフレ目標政策を採用している。この政策によって日本はデフレから脱却できる。TPPがデフレをもたらすという議論の誤りが事実によって証明されるだろう」と指摘している[106]

自由貿易[編集]

川崎研一は「日本でEPAの議論が活発になった背景は世界的なFTA競争では出遅れ、主要な輸出産業の競争力の低下が懸念されたからである。貿易自由化によって産業別の勝ち組、負け組の差はより大きくなる。農産物は輸入が増え国内での生産は大きなマイナスになり、自動車は輸出が増え、国内生産もプラスになり、電気機械は海外での現地生産が増加することになる。貿易が活発化するため、運輸や流通、商社を含めた貿易に関連する産業にとっては追い風になる。更に重要なのは『国を開く』というメッセージを海外に伝えることで、海外から資金や人を呼び込むことの方である[93]」「貿易を自由化する国々の間では貿易が促進されるが、第3国にとっては自国との貿易がその他の国々の間に転換される可能性がある。従って、この貿易促進効果と貿易転換効果のトレードオフの関係次第では、必ずしも貿易自由化の参加国の範囲が広くなればなるほど経済効果も大きくなるとは言えない。それぞれの国にとってベストの地域的な枠組みが存在する可能性が示唆される点は、政策当事者にとっては重要な関心事となるだろう[107]」と指摘している。

田中秀臣上武大学教授は「日本はアメリカと比べても貿易の自由度は高い。それは国際的な統計からも出ている。日本はとっくに『開国』しており、戦後ずっとその恩恵を受けている国である」と指摘している[108]

中野剛志は「『国を開く』という強い意志を示すメッセージ効果」があるとされるが、そのようなメッセージをアピールすることは、TPP交渉における日本の選択の幅を著しく狭めてしまうとしている[109]。また、日本はTPPのルール作りで主導的役割を果たすことができないため、日本の国際的な影響力や交渉力は全く強化されないどころか、TPPへ参加することで、EPAやFTAの交渉との矛盾が生じてしまい、TPP以外の貿易交渉において、日本の交渉範囲を狭め、選択肢を極端に減らしてしまい、むしろ日本の国際的な影響力や交渉力は低下の方向に向かうとしている[110]

中野はTPPにおける経済産業省の基本的な関心は、欧米中の市場において、韓国との競争に勝ち残るということの一点に集中しており、TPPとは韓国との国際競争に勝つための手段であるとしている。しかし、グローバル化した世界において、国際競争力には、関税よりも通貨の影響が大きく、韓国企業の国際競争力の原因も通貨にあるとしている[111]。また、EUやアメリカの不況は深刻化・長期化しており、高い失業率や需要縮小に悩んでいるため、日韓ともに欧米市場で輸出が伸ばせない可能性も十分にあるとしている。このような世界市場の情勢の中で、韓国が輸出を伸ばそうと努力しているのは、韓国がGDPの4割以上を輸出に依存する外需依存国だからであるが、日本はGDPに占める輸出の割合の比率は2割にも満たないという内需大国であり、韓国とは事情が異なるとしている[112]。さらに、経済産業省の見立てによれば、日本がTPPへの参加を表明すれば、念願のEUとのFTA交渉への道がひらけるとし、TPPはEUとのFTA交渉の手段に過ぎないとしている[113]

ジョセフ・E・スティグリッツコロンビア大学教授は、東京都内での講演で「TPPは期待するほど役に立たない、悪い影響をおよぼすかもしれない可能性もある。TPPのすべてが明らかになっているわけではないが、医療や知財についても議論されており、イノベーションが失われる危険性もはらんでいる」と指摘している[114]

高橋洋一は「貿易自由化が望ましいとの理論は経済学の中でも200年程度の長い歴史で実証されており、世界共有財産ともいえる英知である。貿易自由化によってマイナスはあるがプラスのほうが長期的に多いことがわかっている[115]」「自由貿易でメリットを受ける輸出関係者、消費者がいる一方で、デメリットになるのが輸入品と競合する国内生産者である。自由貿易の恩恵というのは、このメリットがデメリットを上回る[100]」「TPPで不利益を受ける人は必ずいる。そうした人に損をさせないように最大3兆円の所得移転をしても、国全体では3兆円のメリットがあるというのが、自由貿易である[100]」と指摘している。

若田部昌澄は「市場の拡大が望ましいのは、それによって多数派が得をするからではなく、少数派の損を上回るだけの得が発生するからである。貿易自由化は典型的なプラスサムの世界である。厄介なのは、TPP推進派の側にも、反対派の側にもかつての重商主義的な、あるいは戦略的通商政策的な、つまるところゼロサム的な世界観が見え隠れすることである」と指摘している[105]

原田泰は「TPPに参加するのは日本が自ら国を開き、世界の中で重要な国であり続けることを宣言するものである」と指摘している[95]

伊東光晴京都大学名誉教授は「TPP交渉に参加している10カ国は、地域的に拡散しており、産業特性、制度、伝統、発展の度合い、所得も異なっている。そんな中で、あらゆる規制をともにできない。一律にしたら、世界は先進国は工業、後進国は農業だけになってしまうからである」と指摘している[116]

国際政治学者の浅野貴昭は「TPP加盟によって農業のみならず、医療、金融、通信、政府調達等々の分野が国際競争にさらされ、海外からの単純労働力流入によって雇用は脅かされる上に、社会としてのアイデンティティーすら危うくなる、と懸念する向きもある。それに対して、TPPによって日本の医療体制が崩壊したり、移民が流入することなどありえず、そうした懸念こそ無知の産物であるとして、賛成派は反対派の声を退けるのだが、そうした懸念は、グローバル化が進む中での、国の医療システム、ビジネス環境、食品安全、人材活用といった諸分野の将来像を問う声でもあると考えるべきである」「本来、通商貿易政策とは、国際社会との関係を取り結ぶための手段の一つである。グローバル化は今や国際社会全体を一定の方向に押し流す潮流であり、日本だけがその流れから逃れることはできない。市場の自由化・統合はもはや世界規模の現象であり、少なくとも一律に国境の周りに壁を積み上げるような措置だけで何かを守るようなことは難しいと認識すべきである」「自由貿易協定は一義的には経済政策でありながらも、同時に外交ゲームの有力な手段であることは否めない。その点においては、日本のTPP交渉参加をいかに積極的に、主体的に位置付けることができるかが、今後の交渉に向けた重要な文脈となる」と指摘している[117]

安全保障[編集]

高橋洋一は「TPPなどの貿易交渉は、純粋に経済的な動機から行われるのではない。同じ価値観を共有していることを示すために、安全保障などの非経済的で政治的なイメージ作りの観点から進められる」と指摘している[118]

経済学者の米山秀隆は「TPP参加の決断をしたということは、日本はアメリカと組んで主導権争いに参加する決断をしたことを意味する。それは参加国の間の相互依存関係を強化するのみならず、日米の同盟関係を側面から支援することにもつながりる。自由貿易交渉のグループという点だけに捉われると、個別の利害得失に議論が終始してしまうが、中国が軍事的にも台頭して海洋進出の意欲を高める中で、アメリカとの関係を強化することが、国際関係上の日本の国益を守る1つの手段になるとの大局的な認識を持つことがまず重要になる」と指摘している[119]

中野剛志はTPPに参加するか否かは自由貿易の程度の問題であり、自由貿易か鎖国かという問題ではないと指摘し、TPPへの不参加は戦後の自由貿易体制を否定するものでもなければ、日米同盟を否定するものでもないとしている。また、軍事的に不安定な関係にある国同士が自由貿易を行うことは難しいため、安全保障は自由貿易の基盤として必要だとする一方、自由貿易が安全保障の基盤になるかは議論の余地があり、貿易自由化が進めば進むほど、安全保障がより強固になるとは限らないとしている。それどころか、急進的な貿易自由化は世界を危険にさらし、対外的に攻撃的なナショナリズムを生みだす原因になるということは、世界の有力な知識人の間には昔からよく知られており、TPPによる急進的な貿易自由化で日本社会が不安定になり、結果として「鬱屈した反米ナショナリズム」が噴き上がる可能性すらあるとしている[120][121]

中野はこれらの事例として、

  1. 経済人類学者のカール・ポランニーが『大転換』の中で、19世紀の急進的な自由貿易が社会を崩壊させ、その反動として全体主義が発生したと論じたこと
  2. 国際政治経済学者のジョン・ラギーピーター・カッツェンスタインたちが、貿易自由化というものは社会を崩壊させないように漸進的に進められることではじめてうまくいくと論じていること
  3. 哲学者のジョン・グレイや人類学者のエマニュエル・トッドがグローバル化は健全な民主主義である安定した社会を崩壊させると警告していること

を挙げている[120]

ジョセフ・E・スティグリッツは、東京都内での講演で「TPPの一部明らかにされている内容によれば、参加国はタバコに関する規制を課すことができなくなる。そうなると、アヘン戦争のようなできごとの二の舞になりかねない」と指摘している[114]

アメリカ主導[編集]

TPPへの参加に対して「アメリカ政府の政治的圧力に迎合し、国益に反するもの」という、ナショナリズムに訴える反対論がある[122]

真壁昭夫信州大学教授は「アメリカは自国が主導してTPPの拡充を図り、それを最終的にFTAAPに結び付けることを構想している」と指摘している[123]

中野剛志はTPP交渉参加国十カ国のGDPのシェアを計算すると、アメリカが70%弱を占め、次いで日本が約25%、そしてオーストラリアが約4%、残り七カ国はあわせて約4%である。つまり、日米で約90%以上を占め、日本が参加した場合は実質的に日米FTAであり、「アジア太平洋」というのは名前だけである。TPP交渉参加国に日本を加えた10カ国の中で、日本が輸出できる市場は実質的にアメリカだけであるとしている[124][125][121]。また、TPPで日本に有利なルールを作ろうとした場合、アメリカと対立することは避けられないが、2011年現在の日本はアメリカに妥協せず主張を押し通せるポジションになく、TPPにおいて日本がアメリカとともに経済統合の枠組み作りを主導することなどできないとしている[126]

中野剛志はTPPの作業部会は、アメリカ主導で展開され、日本は引き込まれようとしていると述べている[127]。中野はTPPにおけるアメリカの狙いは次のようなものだとしている。TPPに日本を誘い込んだ上で、アメリカは日本の関税の引き下げと同時に、自国の関税の引き下げもするが、ドル安に誘導することにより、自国の市場を守るとしている[128]。アメリカにとって関税とは、国内市場を保護するためのディフェンスではなく、日本の農業関税というディフェンスを突破するためのフェイントに過ぎず、このようにしてアメリカは、日本に輸出の恩恵を与えず、国内の雇用も失わずして、日本の農産品市場を一方的に収奪することができるとしている[129]

野口悠紀雄一橋大学名誉教授は「『TPPはアメリカのアジア戦略の一部』ということである。日本では、『TPPとは貿易自由化協定である』と単純に理解されていることが多い。しかし、これは自由化協定ではなく、『ブロック化協定』である。その目的は、太平洋経済圏にアメリカ流の経済ルールを確立し、中国の成長をけん制することである」「日本は、安全保障の面でアメリカに依存せざるをえないという事情があるので、TPPがアメリカの太平洋戦略である以上、それには参加せざるをえない。これは、最初から課されている制約条件である。つまり『経済的な利害得失を考慮してTPPに参加するか否かを選択する』というオプションは、日本には最初から与えられていない」と指摘している[130]

ジョセフ・E・スティグリッツは、季刊誌『kotoba』2013年夏号で「TPPはアメリカの陰謀だと揶揄する人もいるが、確かにそういう側面はある。こんなことは新しいニュースでもなんでもない。私が言いたいのは、貿易協定のそれぞれの条項の背後には、その条項を後押している企業があるということである。アメリカであればUSTR(アメリカ合衆国通商代表部)が、産業界の中でも特別なグループの利益、とりわけ政治的に重要なグループの利益を代弁している。USTRはアメリカ国民の利益を代弁しているわけではなく、ましてや日本人の利益のことはまったく念頭にない。アメリカの一部の利益団体の意向を反映するTPPの交渉は、日本にとってとても厳しいものになることを覚悟しなくてはならない。日本は本当に必死になって交渉する必要がある」と指摘している[131]。また、東京都内での講演で「TPPは交渉のプロセスが明らかにされていない。それは透明性が欠如しているということである。米国はNSA(アメリカ国家安全保障局)を通じて他の国々の動向を確認できたが、他の国々はアメリカが何を考えているのかを把握できていない。つまり、TPPはアメリカの、それも米国企業の利益に資するものになるということである[114]」と指摘している。

ジャーナリストの山田厚史は日米間事前協議でアメリカ側からは日本車への輸入関税継続が通告されて国民や国会に伏せられていたと主張しているが、情報源は明らかにしていない[132]

金子勝慶應義塾大学教授は「TPPはアメリカ・オバマ政権の通商政策の目玉であり、日本に大胆な規制緩和を迫ってくるだろう。年次改革要望書から何かが出てきてもおかしくない。日本政府は、国民に日本の国の根幹を揺るがすような、非常に大きなものがTPPであるということを説明するべきである」と指摘している[133]

片岡剛士は「TPP反対論の背後にあるのは『米国陰謀論』である。つまりアメリカがTPPを通じて国に不利益な協定を締結させようとするのではないかというものである」と述べている[104]

八代尚宏国際基督教大学客員教授は「TPPへの参加は、『アメリカの日本の国内市場参入を狙う政治的圧力によるもの』というような反米ナショナリズムを煽る論法が見られる。しかし、貿易や投資の自由化は双務的なもので、日本企業がアメリカ市場で自由に競争できる一方で、国内市場からアメリカ企業を締め出すという不公平は許されない。アメリカ政府の圧力で国益が損なわれるという論者は、暗黙のうちに、日本の既存生産者利益が国益と同じものと見なしている。しかし、アメリカ政府は、日本をアメリカ企業の独占市場にせよというのではなく、単に参入自由の競争市場にすることを求めているだけである。これは日本の新規参入企業と消費者にとっても、自由貿易と同じ利益を受けることを意味する。TPPを単にアメリカからの要求を突きつけられる場といった被害者意識ではなく、むしろ、アジア諸国の利益を代表して、例えば、国際貿易を撹乱させるアメリカの農業輸出補助金の撤廃等を要求する場とすることも、日本の大きな使命と言える」と指摘している[134]

伊藤元重東京大学教授は「たしかに、アメリカは貿易交渉で強引な動きをすることが多く、アメリカのやり方を押しつけてくる。ただ、日本とアメリカの利害を二国間関係だけで見てはいけない。アジア太平洋でどのような制度を構築していくのかという点で見れば、日本とアメリカの間には共通利益のほうが多い[135]」「安全保障や対中関係など政治外交的な要素を考えず、経済的要素だけに議論を限定しても、アメリカは日本にとって重要な存在である[135]」「TPPの交渉は進行形であり、しかも二国間交渉ではなく多国間交渉である。アメリカが仮に理不尽な要求を突きつけてきたとしても、ほかの参加国と協力すれば、十分跳ね返せるはずである。TPPはアメリカの陰謀だ、という人がいるが、ある意味その通りであるあらゆる貿易交渉は自国の利益を最優先するという意味での『陰謀』だからである。日本もその心で交渉に臨めばいい」と指摘している[136]

馬田啓一杏林大学客員教授は「2011年11月、APECハワイ会合でTPP首脳会議を行なわれたが、アメリカの主張がそのまま通る事はなかった。なんでもアメリカの主張を飲まされるというのは間違いである。日本政府に交渉力はないと指摘する人もいるが、経済産業省・外務省などは国益を損なわないように、非公式の交渉や情報収集を頻繁に行なっている」と指摘している[137]

若田部昌澄は「貿易額でみるとアメリカにとって日本の占める割合は40%弱にすぎないから、日本のアメリカにとっての重要性は誇張されている感がある。逆に貿易額でみると日本にとってアメリカは60%程度を占める」「反対派はアメリカとの交渉することそのものを嫌っているのではないか。あるいは『自発的に取引に入るならば利益がある』という前提を疑って、今回のTPPはアメリカから強要されたと考えているのかもしれない」と指摘している。また、「アメリカにとってTPPの交渉参加にメリットがあるのは明らかである。しかし、ゼロサム的世界観に立つのでない限り、アメリカが得をするから、そこに入ると日本が損をする、あるいはアメリカが日本に損を押し付けようとしているというのは短絡的である」「アメリカは強力に自国の利益を追求する交渉を進めるが、他の国も強力に交渉をしてくる。そこにはベトナムのような手ごわい国もある。オーストラリアやニュージーランドのように交渉に手なれた国もある。各種国内規制は今回のTPPでも維持されるし、民主党政権のアメリカが国内の労働規制や環境規制を開発途上国並みに引き下げることができるわけがない。アメリカがいろいろと注文を出してきたとしても、アメリカの思い通りになりにくい仕組みがまさにTPPである」と指摘している[104]

原田泰は「TPPに参加は、TPP締結国以外とは国を閉ざすということではなくて、すべての世界と自由な貿易を通じて繁栄を分かち合っていこうという決意を示すものである。したがって、TPPはアメリカを中心としたブロックで、中国を排除しようとするものではない。あらゆる国に対して、国際社会の平和と安全と繁栄のためになる自由な貿易と投資の共通のルールを定めようというものであり、いかなる国にも開かれているものである」と指摘している[138]

高橋洋一は「アメリカは巨大な自由貿易圏の構築のために、GDP世界第2位の中国を取り込みたいと考えている。中国が貿易・投資自由化の方向に乗ることができれば、アメリカ経済界は評価するだろう。オバマ政権としても、中国重視の方向が間違っていなかったといえる」と指摘している[118]

内国民待遇とISDS条項[編集]

後発国[編集]

北海道新聞は社説で「先に参加した国が合意したルールを原則再協議できない条件」は不利だとしている[139]。 尚、日本政府はそうした条件を提示されていないとしている[140][141]

守秘義務[編集]

日本共産党は、ニュージーランド外務貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官が公式サイトに掲載した情報[142]を元に「発効後4年間、内容公開せず」としてTPPが発効した後でないと国民が交渉内容を知ることができない危険があるとしている[143]。 尚、マーク・シンクレアTPP首席交渉官は、ニュージーランド外務貿易省公式サイトに、最終TPP文書は批准前の議会審査の時点で公的に利用可能になるとする情報も掲載している[144]

農業分野[編集]

賛成派・反対派により主張が異なる。TPPに慎重な国際政治学者の浜田和幸は「TPPによって、米国・豪州・東南アジアから廉価な農作物が国内に無関税(2011年現在、コメ778%)で流入すれば、日本の農作物はその価格差から対抗ができない、放置すれば、NAFTA締結後のメキシコのように壊滅し、日本は食糧自給力を完全に喪失、以後、国民の食生活は投機の対象になるだろう、また農家は戸別補償が不十分なら、収穫品の価格低下により収入を減らし失職、日本全体の失業率を上げ、社会不安の要因にもなる。完全な戸別補償は可能だが、それは農業従事者(340万人)の数だけ公務員を増やすことと同義になり、国家にとって大きな負担になる」と主張している[† 1](pp130-142)

中野剛志はTPPの農業輸出産業論は世界大不況という事態を全く考慮に入れていないのが難点であり[145]、TPP参加による農業対策も、財政が厳しいという理由で予算が絞られている上、WTOのルールにも縛られそうになっているため、空手形に終わる可能性が高いとしている[146]

渡邊頼純慶應義塾大学教授は「TPPにより関税が撤廃されると海外の廉価な農産物との間に、競争激化が予想されるが、ヨーロッパ諸国のように農家への戸別補償の実施によって、ある程度までの農業の保護は可能である、また日本の農業は価格・効率面で欠点はあるが、集約型で独自の発展を遂げた為、特に米に関して味覚的に決して劣るものではない、社会面での対策・質面両方を掛け合わせれば、長期的には輸入農産物に対して対抗が可能である」としている[† 2](pp105-126)

農林水産省の試算は、コメや小麦など関税率10%以上、生産品10億円以上(うち農産品19品目)の関税をTPP参加国ではなく全世界を相手に即時撤廃し、何ら対策も講じないという「あり得ない前提」の為、信憑性に欠ける[誰によって?][147](pp26-28)

経済学者の山下一仁は日本の特異な農業保護のやり方を正せば200%を超える異常な高関税は必要なくなり米国やEUのような補助金でも対応できるとしている[148][149]

食の安全[編集]

浜田和幸、小倉正行参議院議員政策秘書は、TPP以前から、米国は日本にBSE疑惑のある食品や遺伝子組み換え食品、多数の食品添加物、食品農薬残留値に対する規制の緩和を要求しており、TPPの原則「非関税障壁の撤廃」と、日本の食品の安全基準がリンクされる可能性は極めて高い、TPP参加後は従前の基準が「障壁」として、海外のメーカーに政府や自治体は提訴される恐れがあり、日本は高確率で規制の大幅な緩和を強いられる、一部の米国産牛肉や遺伝子組み換え食品の安全性は未知数で、EU全国を始め世界各国が厳しく規制しているところを考えると、こうした選択は食の安全の軽視と言えるとしている。

内閣官房は、TPP交渉では食品の安全性に関するリスク評価の透明性の向上や、国際基準との調和や情報共有、政府間の紛争の解決など、衛生植物検疫のルールに関することが議論されているだけであり、WTOの「衛生植物検疫措置に関する協定」(SPS協定)で認められた輸入食品の安全を確保するための措置を実施する権限を放棄させられるようなことは考えにくい、個別の食品安全基準の緩和は議論されていないとしている[150]

江田憲司衆議院議員は、WTO(世界貿易機構)のSPS(衛生植物検疫措置)協定では食品の安全基準はその国の責任で規制することが認められている、TPPの前身たるP4のSPSでは、「WTO のSPS 協定の権利と義務は制限されない」と規定されているからTPPでも踏襲されるだろう、どの国も安全性が確認された遺伝子組み換え食品しか流通を認めておらず異なるのは表示の義務付けだけ、米国は表示不要、日本は遺伝子組み換え材料が食品中に残存する製品のみ表示を義務付け、EUは遺伝子組み換え材料を使用したかどうかの表示を義務づけ、2002年のAPEC貿易大臣会合でも日本と同様の表示制度を持つ豪州やニュージーランドと共闘して米国要求を阻止した、SPS協定の科学的根拠があれば上乗せの厳しい基準を各国が設けることができる規定を盛り込んだのは消費者団体の意向を汲んだ米国でありBSEや残留農薬の国内規制も「科学的根拠」があれば正当化されるとしている[151]

なお、BSEにおける各国の過去の安全対策等は次のとおりであった[152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160]

BSE対策の比較
事象 EU アメリカ 日本
BSE発生年 1980年代頃 2003年 2001年
BSE発生頭数 190,571 3 36
反すう家畜への肉骨粉使用禁止 1988年〜1996年 1997年 2001年
ピッシング禁止 2000年 BSE以前から 2009年
空気噴射スタンニング禁止 2000年 2004年 なし
管理されたリスクの国に認定 2007年 2009年

医療分野[編集]

米国通商代表部から外務省が受け取った文書では革新的医薬品・ジェネリック医薬品へのアクセスの迅速化、ジェネリック医薬品の製造業者にとっての法的予見性の強化、医薬品に対する関税撤廃、税関における障壁の低減、模倣医薬品の貿易阻止、各国内における医薬品の流通障壁の低減、透明性と手続きの公平性の強化、不要な規制障壁の最小化の9項目を求めている[161](ただし、混合診療は含まれていない)。

日本共産党は、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の供給を脅かす内容であるとしている[162]

日本医師会国民皆保険制度の堅持を求めており、制度崩壊に繋がる「公的医療給付範囲の縮小」「医療機関の株式会社化」「混合診療の全面解禁」を行わないよう要求している[163][164]

なお、TPP交渉では、保険診療と保険外の自由診療を併用する混合診療の解禁や、株式会社の医療参入、公的医療保険制度については議論の対象となっておらず[147](p31)、USTRは日本の皆保険制度については何かを言うことはないと発言した[73]

内閣官房は、TPP交渉で公的医療保険制度のあり方は議論の対象になっていない、日本の医療制度の根幹である国民皆保険制度を揺るがすことはないとしている。[150]

金融・保険分野[編集]

アメリカ政府は、日本にTPPの関心事として日本の郵便貯金制度を挙げている。“今月14日、米下院でTPPに関する公聴会が開かれ、「日本郵政問題が重要事項」と発言した出席者が複数いた。「農業や自動車ではなく、日本郵政が本丸じゃないか」(市場関係者)という見方まで飛び出している[誰?]。 USTRの『外国貿易障壁報告書』が強く開放を要求している[67]

また、米国生命保険協会 (American Council of Life Insurersは日本郵政傘下のかんぽ生命保険をターゲットに「国有保険が民間競争をゆがめている」と強調。郵政民営化進展で競争条件が公平になるまで、かんぽ生命に自前のがん保険販売を禁止する措置も求めている[165]

ジャーナリストの東谷暁は、「日本がTPPに参加すれば、アメリカの金融と投資が日本国内で加速し、郵政の簡保は市場を開放させられ、投資の対象として医療は民営化を要求され、政府事業へのアメリカ企業の投資が容易になり、これらの分野でトラブルを処理するアメリカ人弁護士の活動が拡大されるだろう」と警告している[166]

考えられるメリット・デメリット[編集]

論点 メリット 反論
関税 江田憲司は、2.5%を撤廃してもメリットがないと曰う輩は企業のコスト感覚を知らない、「たった2.5%」でも車一台4-5万円違うので150万台以上米国に輸出する日本車メーカーにとっては死活的としその危機意識がTPP反対派には欠如しているとしている[167] 中野剛志は、日本は既に米国を除くTPP参加国の殆どとFTA・EPAを締結済み(#日本と関係国との貿易協定参照)であり、関税面での実質的なメリットは、米国内における対日関税(2.5%等)の撤廃のみである、日本は内需88%の内需依存国であり、かつ対外貿易における米国のシェアは14%に過ぎない、よってTPPによって米国内での関税が撤廃されたところで、日本経済への波及効果は限定的であるとしている[† 3](pp91-96)
経済・貿易 小宮山洋子厚生労働大臣は「成長しなければ復興財源も社会保障財源も出てこない。この時代に日本だけが鎖国をしていていいというわけではない」と述べた[168]

2011年11月のAPECで強い指導力を示す為にも、日本は一刻も早く、この近隣の連帯に参加し、経済交流・発展を図るべきである[誰によって?][169]。また、TPPの参加によって、内閣府の試算によれば、2.7兆円のGDP波及効果が見込まれる[170]

片岡剛士は、政府試算は貿易自由化のみで排他的な国内規制やルールの撤廃・平準化を含む非関税障壁撤廃の影響については試算には含まれていないとしている[171]

中野剛志は、TPP交渉参加国は、2011年11月現在9か国に過ぎず、日本を含めても10か国である、それは決して全世界ではなく、そればかりかアジアの先進国である中国・台湾も欠いており、地理的にも経済的にも、ローカルで中規模な国際連帯に過ぎない、また参加国の顔ぶれは、日米を除くと、残りは発展途上国か人口の限られる資源国・都市国家だけであり、これらの国々は内需が少なく外需依存(輸出依存)の構図を持っている、よって、日本が参加しても市場があまりに狭い為、輸出先としては利点がなく(米国については「関税」の項で上述)、むしろこうした国々の低賃金労働力によって生み出される安い産品・サービスによって、日本の市場も公共サービスも、食い物にされるだけである。経済的に日本にとっては、百害あって一利無し[† 3](pp42-55)としている。浜田和幸は、農水・経済産業省の試算が正しければ、TPP参加は3兆円の新たな富を生み出す一方で、10兆円を遥かに超える損失が出るので、日本全体の経済を考えれば参加を見送るのは当然である、としている[† 1](p30)
グローバル企業 小倉正行は、自動車メーカーをはじめとする日本の複数の大企業は、世界各地に工場・下請け企業を持ち、人件費・素材費・法人税・インフラ状況など展開する先々の国の諸条件を勘案しながら、コスト面を重視した効率的な運営を望んでいる、そうした諸企業において、TPPが掲げる9か国共通ルールの整備・貿易障壁の撤廃は、企業内貿易(部品のやり取りなど)をやりやすくし、企業利益の向上に繋がるとしている[† 4](pp171-175)。ただし、米自動車貿易政策評議会 (AAPC) は日本の自動車市場を閉鎖的とし、軽自動車規格の廃止を始めとした参入障壁の撤廃を強く要求しており[79][172][173]、これに対しては、志賀俊之日本自動車工業会会長は反発している[77] 中野剛志は、一部の大企業はTPPによって潤うかもしれないが、海外に十分に事業展開のできない国内の中小企業には旨みがなく比較劣位に立たされる、そして国際障壁の撤廃によって、大企業の海外進出・日本空洞化の波は加速し、国内中小下請け業者への受注は減るであろう、またこうした大企業の法人税はその展開する先々の国に納められるであろうから、彼らの利益が日本国の税収を増やすとも限らない、つまるところ、大企業の利益が、日本・日本人の利益になるとは限らないとしている[† 3](pp144-153)
論点 デメリット 反論
労働者・移動の自由化 および 日本人の雇用と給与水準 小倉正行は、TPPへの参加により、参加国間の労働者の「移動の自由化」が促進されれば、TPP参加の東南アジアや南米諸国から低賃金労働者や技術者が多量に流入することになり、それは必然的に日本人賃金の低下、労働環境の悪化、失業率の増大を招くとしている。

TPPでは「単純労働者はTPP交渉の対象外」とするが、TPPの作業分野「サービス貿易」には、建設サービス及び関連エンジニアリングの中に、(A-D)建築物・土木に関わる仕事、建設物の仕上げ工事等に携わる技術者が含まれており、これは実質的に労務者移動の抜け道となりかねない、と危惧する。 またこうした技術者には医師や看護婦、弁護士も含まれており、日本人医師や看護婦を増員せずに、海外医師らで補うのは、本末転倒、としている[† 4](pp132-142)

内閣官房は、TPP交渉では、ビジネスマンの出張や海外赴任などに関する手続等を容易にすること等を主眼として議論されているのであって、単純労働者の移動や医師や看護師など個別の資格の相互承認の議論はない、単純労働者や質の悪い医師や看護師などが入国しやすくなることはない、環境基準や労働者の権利保護の水準を引き下げないようにすることが議論されているとしている[150]

ある程度の海外からの労働者の流入は起こるだろうが、それは日本の製造業に活力を与える。だけでなく、国内で低賃金労働力の雇用が可能になることにより、これまで日本で進んでいた工場・会社の海外移転、産業の空洞化は減速する[174]

江田憲司は、日本の貿易総額に占めるFTA比率が韓国、中国、米国に劣っていることを指摘し、米韓FTAの発効で無関税になることを見越してトヨタや東レが生産を海外に移している事例を挙げて、FTA競争に出遅れた現状で既に日本の産業の空洞化が着実に進んでいるとしている[167]

片岡剛士は、米国はソーシャルダンピング懸念している、TPPでは労働の規制緩和ではなく途上国の労働規制強化を求めている、米国は過去単純労働者の国際的な移動に反対してきた、途上国まで参加するTPPで資格統一を図ろうという議論が出る可能性はかぎりなく低い、わが国の労働環境は米国と比較してよいとはいえないから米国医師が日本で働きたいと考える可能性も低いとしている[171]

格差

R. Lawrence、M. Slaughter、J. Sachs、H. Shats、A. Woodらは、計量分析によれば、貿易が国内の所得 格差の主因にはなっておらず、国内所得格差の拡大の主因は技術革新であるととした [175] [176] [177]

地方経済

浜田和幸は、政府調達の公開入札基準額はWTOの政府調達協定から大幅に引き下げられ(物品・技術的サービスは5万SDR(約630万円)に、建設は500万SDR(約6億3千万円)になるとしている。 原協定で対象となっている中央政府機関および地方政府機関(Regional Governments)について詳しくは、原協定第11章のAnnex 11.Aを、物品、サービス、建設サービスの基準額は、原協定第11章のAnnex 11.Cを参照のこと。 また、同氏は、地方自治体も外資に解放され、公共サービスの入札と競争は過激化し、外資の落札は相次ぐだろうが、彼らはその性質上、地元や国内の業者ほどには資金を現地に還流しないことから、地方経済の資金の循環は切れてしまう、金額的には日本の市場規模は、米国を除く他のTPP参加諸国の市場の数倍な為、公共工事の受注を通して、日本からは資金が国外に流出する(日本企業が獲得する海外受注分を、国内からの流出分が必然的に上回る)としている[† 1](pp182-186)。同氏は、TPP参加後日本語のみ入札で受け付けるとなればそれが非関税障壁として、提訴されかねず、国際競争入札の対象となる案件については英語で作成された必要書類のみ受理しなければならなくなる可能性がある、としている。その場合、地方の小さな建設業者などは英語で書類作成ができず、入札から事実上締め出されることになりかねない、としている[† 1](pp182-186)。 また、同氏は、TPPの政府調達基準が適用されると、日本の地域経済へのTPP参加国企業の参入が頻発する可能性があるとしている[† 1](pp182-186)

内閣官房は、日本はWTO政府調達協定に加盟しているので既に外国企業の参入も認めている、これまで日本の公共事業への外国企業の参入実績はわずかである、WTO政府調達協定で求められる英語等による事務対応は調達物件の名称・数量・入札期日等を公示することのみとしている[150]。 WTO政府調達協定では、基準額以上の政府調達(国だけでなく都道府県と政令指定都市の公共工事など物品・サービスの調達も含む)については外国企業が参入しやすいように一定の手続を取ることとなっている[178]。2012年1月現在の、WTOの政府調達協定における地方政府の機関の基準額は、次の通りである[179]

WTO政府調達協定の「基準額」並びに「換算額」
機関の区分 (万SDR (万円)
1. 産品 20 3,000
2. 3. 及び4. 以外のサービス 20 3,000
3. 4. に関連する技術的サービス 150 23,000
4. 建設サービス 1,500 230,000
ラチェット規定

中野剛志は、ラチェット規定は現状の自由化よりも後退を許さない規定であり、後で何らかの事情により市場開放をし過ぎたと思っても規制を強化することが許されない、ラチェット規定が入っている分野は米国企業に有利な分野ばかりであるとしている[180]

内閣官房は、ラチェット規定は衛生植物検疫が規定される分野とは直接には関係なく、食品安全の基準を一度緩和すると再び厳しくすることはできなくなるということはないとしている[150]

潮田道夫帝京大学教授は、自由化を促進することにTPPの意義はあるのだから、その後退にあらかじめ歯止めをかけるのは当然である、そもそも、ラチェット規定は日本が過去にEPA交渉において他の国に要求したこともあるルールであるとしている[181]

WTOや米韓FTAでは輸入急増に対処する手段や生命や健康の保護のために必要な措置等のセーフガードが認められており[182][183]、TPP原協定(P4協定)においてもWTOセーフガード協定上の権利と義務は確認されている[184]

参加 中野剛志は、国際ルール策定の場では多数派工作は常識だが、TPP交渉参加国の中に日本と同じような利害や国内事情を有する国はなく(超大国の米国か、外需依存の高い経済的小国ばかり)、日本が自国の有利なようにルールを主導して築ける可能性は殆どない、としている[† 3](pp42-48) 経済産業省は、韓国のFTA先行により日本の輸出が減少すると予想している[185]

みんなの党の江田憲司衆議院議員は、国際交渉では交渉スケジュールが予定通りに行く方が稀であり、TPP交渉も当初のスケジュールよりは遅れており、最終合意前に日本は交渉に参加できる[186]、離脱が困難とするのは今の国際交渉の現実、ルール、過去の条約や協定等への知識不足からくる懸念であり、ルール上も実際上もいつでも離脱できるとしている[187]

2013年7月24日、マレーシアの首相ナジブは、朝日新聞のインタビューに応じて、国内産業の保護よりも自国系企業を育てることが大事で、多少のマイナス面は覚悟しなければならないとしながら、国益よりもマイナス面が大きいと判断した場合は離脱することも選択肢になると述べた[188]

技術 浜田和幸は、米国の意向やTPP作業部会で中小企業が取り上げられていることを併せて考えると、日本がTPPに参加した場合、非関税障壁の整理等で日本の中小企業の買収がより容易になるよう法改正を求められる可能性がある、としている。日本の技術力の売りの一つは中小企業であり、これらが買収により米国を中心とした海外に流出すれば、日本は誇るべき技術を喪失し、折角の目先の企業利益や輸出機会の増大も意味が激減する、としている[† 1](pp186-188)。現に2008年米国は、「年次改革要望書」において、海外投資家の日本企業のより容易な買収を可能とする法改正を求めており、こうした企業買収の容易化はTPPの作業部会の一つ、分野横断事項でも取り上げられている、としている[† 1](pp186-187)

日本におけるTPPに対する反応[編集]

各政党の動向[編集]

推進派・中立派の政党[編集]

自由民主党
党首脳部及び2012年12月に組閣された第2次安倍内閣は日本のTPP交渉参加を推進している。反対派の議員らはTPP参加の即時撤回を求める会を結成しているが、後に「TPP交渉における国益を守り抜く会」に変更している[189]
自民党は、2012年11月21日に発表した選挙公約で「(1)聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」、(2)自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。(3)国民皆保険制度を守る。(4)食の安全安心の基準を守る。(5)国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。(6)政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。」の6項目を公約した。[190]。2011年11月8日の総務会で、TPP参加について十分に議論して判断すべきとして、APEC首脳会議での首相・野田の交渉参加表明に反対するという党方針を決定した[191] が、TPP参加の是非には全く触れていない[192]
2012年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙の結果、民主党政権が退陣して自民党政権が再建。この選挙では自民党衆議院議員の9割が反対を唱えて当選を果たしている。2013年2月の時点では自民党議員で作る反対派の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」に236人(全議員の62%)が参加していた。[193]
第46回衆議院議員総選挙で自民党の党本部は「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」と選挙公約に記載した。ただし地方選出の議員の中には、さらに踏み込んではっきりと交渉参加反対と明言したものもいる。中には「ウソつかない・TPP断固反対・ブレない・日本を耕す自民党!!」という文言を入れた政党ポスターを制作した支部もある[194][195]
2013年2月に行われた日米首脳会談の結果「一方的に全ての関税撤廃をあらかじめ約束することを求められるものではない」と全関税の撤廃ではなく例外となる分野を認めるという条件で安倍、オバマ両首脳は日本がTPPの交渉参加を行うことに合意した。これを受けて安倍首相は「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」と述べた。また、他の5項目も必ず守ると記者会見で約束した[196]
  • 推進派
  • 反対派
    • 自民党のTPP反対派は「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)を設立した[191]。この議員連盟には衆参合わせて117人の議員が参加していた[203]
    • 2011年10月25日、全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した。この請願に賛同する自民党所属の議員は166人である。賛同議員の中には大島理森副総裁など党執行部の議員も含まれている[204]
    • 自民党が与党に復帰した2013年2月の時点では、自民党議員で作る反TPPの議員連盟「環太平洋経済連携協定(TPP)参加の即時撤回を求める会」に236人が参加している。[205]。しかし2013年3月には「TPP交渉における国益を守り抜く会」に変更されている。
    • 自民党の政務調査会の一つである総合農政・貿易調査会(加藤紘一会長)は2011年10月25日の会合で、TPPへの参加反対を決議した[206]
    • 自民党がTPP参加を論議するために設立した「外交・経済連携調査会」(高村正彦会長)の会合では、交渉参加に反対する立場で党内の意見集約を図るよう求める意見が相次いでいる[207]
    • しんぶん赤旗の調べによると自民党の北海道、青森、岩手、福島、沖縄の各道県連は、日本のTPP参加について反対を表明しているという[208]
    • 反対派の主な議員 - 小野寺五典西田昌司町村信孝大島理森稲田朋美江藤拓
民主党
2012年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙に向けて作成した公約には「交渉参加を目指す」と明記してあった。実際、民主党政権が主体のなる野田内閣はTPP推進派であったし、執行部も賛成派であった。これに反発した反TPP派が大量離党する事態も起こった。
「TPP交渉参加」を掲げて第46回衆議院議員総選挙に臨んだが民主党は大敗して下野した。これを受けて執行部の人事も一新されている。新執行部には慎重派の議員もいるため詳細は不明。
党は推進派と反対派に割れていたため、2011年11月の時点ではTPPに対する党の統一見解は定まっていなかった。そのため執行部は、党プロジェクトチーム(PT、鉢呂吉雄座長)総会を開催し早期に意見集約を目指した(2011年11月12日からハワイで行われる2011年アメリカAPECに間に合わせるため)[209]。2011年11月9日に党プロジェクトチームは党内に反対派が多いことを考慮し、政府に対しTPP参加交渉のテーブルに着くことに対し「慎重に判断することを提言する」と表明した。ただし、この提言は野田首相の政治的判断を縛るものではなく、事実上、首相に判断を委ねた形であるとされる[210][211]。その野田首相はTPP交渉参加を行うと正式に発表。前述の通り第46回衆議院議員総選挙の民主党公約にも「交渉参加を目指す」と明記している。
  • 推進派
    • 党から輩出する首相及び閣僚と党執行部を中心とした党内主流派はTPP加盟を推進していた。推進派はTPP加盟を目指すという点では一致しているが、日本がTPP交渉に参加した場合の「途中離脱」については見解の相違が見られる。例として野田内閣の藤村修内閣官房長官藤末健三参議院総務委員長は、途中離脱の可能性を言及している(特に藤末は内部文書において「「交渉参加すべきでない」との結論に至れば、参加を取り消せば良い。(取り消しは民主)党が提言し、政府は「重く受け止める」とすべきだ」と手続きまで言及)が、玄葉光一郎外務大臣 は途中離脱は困難であるという立場をとる[212]
    • 上記のとおり、第46回衆議院議員総選挙に大敗した民主党は下野し執行部も一新されている。党内主流派の構成も変化したため現在の動静は不透明である。
    • 推進派の主な議員 - 野田佳彦菅直人輿石東岡田克也
  • 反対派
    • 党内の反対派は、反TPPの議員連盟である「TPPを慎重に考える会」(山田正彦会長)を結成した。同会には200名以上の議員が参加している。2011年10月21日に国会内で開いた総決起集会には約110名の議員が参加し集会ではTPP交渉参加に対する反対決議が行われた。なお議員連盟には民主党議員のほか、国民新党、社民党、新党日本の議員も参加している[213]
    • 他に、2011年10月25日全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した際に民主党から紹介議員として120人が名を連ねている[19]
    • 「TPPを慎重に考える会」の山田正彦会長は、慎重派は反TPPの立場をとる野党勢力とも連携し超党派による反対集会の開催も辞さない方針を明らかにした[214]。政府が交渉参加を決定した場合は離党もやむを得ないとする考えを示している[215]。上記のとおり、民主党は選挙公約に「TPP交渉参加を目指す」と明記した。それに反発して多数の議員が離党している。2012年衆院選ではTPP推進派、反対派にかかわらず多数の議員が落選した。そのためTPP反対、慎重派の動きも鈍い。
    • 北海道支部は党執行部のTPP参加路線に否定的である。そのため支部として「TPPへの参加に慎重な対応を求める緊急要請行動」を実施している[216]
    • 前原誠司衆議院議員に関しては、当初は推進していたが米国側の要求(自動車の関税猶予期間、安全基準撤廃、かんぽ生命の学資保険の内容変更)確認後は慎重化している。
    • 反対派の主な議員 - 篠原孝徳永エリ前原誠司
公明党
公明党は、日本のTPP参加に慎重である。東京の日比谷公会堂で2011年10月26日に行われた「TPP交渉参加に反対し日本の食と暮らし・いのちを守る全国決起集会」に井上義久幹事長が登壇し党幹部として反対を初めて正式に表明した[217]
全国農業協同組合中央会(JA全中)が衆参両院議長に提出した「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」には公明党所属の25名が賛同議員として名を連ねている。この中には、党の要役である井上幹事長も含まれている[218]
日本維新の会
日本維新の会は日本のTPP参加に賛成している。第46回衆議院議員総選挙に向けて作成した党の公約にも「TPP参加」と記している[219]
日本維新の会の石原慎太郎代表は交渉参加について「原則的に賛成だ」と述べた上で、「全面的に何もかも自由化するのは危険だ。部分、部分について討論したらいい」と主張している[220]
ただし平沼赳夫など旧太陽系の党員の中にはTPPに対して慎重な姿勢をとる者もいる。
みんなの党
みんなの党は、日本のTPP参加に賛成している[221]
みんなの党の農業アジェンダでは、TPP参加表明後に、関税撤廃までの間に「平成の農業改革」を行いGDP30兆円産業を目指すとしている[222]
TPP推進の理由として江田憲司幹事長は、「資源に乏しく、人材と技術を駆使し「貿易立国」で国を開いて生きていくしかない日本にとって、TPP(環太平洋経済連携協定)への早急な参加は必要不可欠である」と主張している。農業政策については「我が国農業の足腰を強くし、農業を将来にわたって、成長・輸出産業に育てあげていくことだ」とする[223]
例外として川田龍平参議院議員は、TPP参加で日本の国民皆保険制度が崩れかねないとして、慎重である[224]
生活の党
生活の党は、日本のTPP参加に反対している。理由として、単なる自由貿易協定ではなく、日本の仕組みを大きく変えることになる協定であるからと主張している[225]。しかし、小沢一郎代表は基本的に自由貿易推進の立場であり最低でもFTA推進。

反対・慎重派の政党[編集]

日本共産党
日本共産党は、党を挙げて日本のTPP参加に反対している。理由として、農林水産業に壊滅的な被害をもたらすこと、震災復興に悪影響となること、食品安全、医療、雇用、国民生活のあらゆる分野に被害を及ぼすことを挙げている[226]
2011年10月25日、全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した。この請願の紹介議員として志位和夫党委員長を含めた全議員が名を連ねている[19]
みどりの風
みどりの風は、党を挙げて日本のTPP参加に反対している。交渉に参加することにする必要はないと断言。特にISD条項の危険性を訴えている[227]
社民党
社民党は、日本のTPP参加に反対している。2011年10月24日に福島瑞穂党首が政府に「環太平洋経済連携(TPP)協定交渉への参加表明に反対する申し入れ」を行った[228]
2011年10月25日、全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した。この請願の紹介議員として福島瑞穂党首を含めた全議員が名を連ねている[19]
民主党の議員らが中心となり設立した議員連盟の「TPPを慎重に考える会」に福島党首らも参加している[213]

立場を明確に表明できない政党[編集]

新党改革
党としての立場は定まっていない。舛添要一代表はTPP推進派である[229]が、荒井広幸幹事長は、2011年10月25日に全国農業協同組合中央会(JA全中)が衆参両議院議長に提出した「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」の紹介議員となっている[19]

国会に議席を擁する政治団体と無所属の議員[編集]

沖縄社会大衆党
沖縄社会大衆党は日本のTPP参加に反対している。10月25日、全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した。この請願の紹介議員の一人として糸数慶子委員長が名を連ねている[19]
新党大地
新党大地は、日本のTPP交渉参加に反対している[230]
日本未来の党 (政治団体)
日本未来の党は、日本のTPP参加に反対している。
無所属の議員
中村喜四郎(衆議院議員・茨城7区)は、2011年10月25日に全国農業協同組合中央会(JA全中)が「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」を衆参両院議長に提出した際の請願議員である[19]

その他・国会の動き[編集]

地方自治体[編集]

  • 共同通信社が実施した環太平洋連携協定(TPP)の交渉に関する緊急アンケート(2011年10月下旬実施)では、賛成派の都道府県知事は、条件付き参加も含め全国で6人(静岡、愛知、大阪、大分、埼玉、広島)に留まった。反対派は14人(北海道、東北、四国、九州の大半)。賛否を保留したのは27人である。保留した知事からは、政府の説明不足を非難する声が目立った[233]。また東京都知事石原慎太郎も10月28日の記者会見で反対を表明した。

地方首長の協議会[編集]

  • 全国市長会は、2012年9月18日に「環太平洋戦略的経済連携協定交渉に関する意見」を内閣総理大臣等に提出。この中には「本会はこれまで、TPP交渉参加のあり方に関しては、詳細な情報提供に基づく国民的合意を得た上で、慎重に判断されるよう強くめてきた」という文言が含まれている[234]
  • 全国町村会は、2011年10月28日の会合で日本のTPP参加反対を決議した。主な理由として「農林漁業との両立困難」をあげている[235]
  • 東北市長会は、2010年10月18日に国会に日本がTPPへ参加することに対して慎重な対応を求める要望書を提出している[236]
  • 「四国4県町村長・議長大会」 は、2011年10月13日に開催した会合で、政府に対して環太平洋連携協定(TPP)への不参加を要望する特別決議を行った[237]
  • 九州市長会は、2011年10月20日の総会で、政府に対し環太平洋連携協定(TPP)交渉参加について慎重に審議するよう求めた[238]

地方議会[編集]

  • 2011年1月21日の時点で、政府のTPP参加交渉に対して「参加に反対」か「慎重対応」を求める決議が1115の地方議会で行われたことが農林水産省の調べで明らかになっている。内訳は、都道府県議会が40、市町村議会が1075(うち政令指定都市の議会が8)となる[239]
  • 2011年10月20日、農水省は省に寄せられたTPPに関する意見書が1474件になることを明らかにした。そのうち「参加すべきでない」が72.6%、「慎重に検討すべき」が22.4%で、95%の地方議会が政府に対して、日本のTPP参加交渉に反対か慎重な立場で判断することを求めている。

国民世論[編集]

世論調査[編集]

  • 日本経済新聞が2011年10月31日付朝刊で報じた世論調査の結果によると、TPPに「参加すべきだ」と答えた人は45%で「参加すべきでない」32%を上回る結果となった[240]
  • 読売新聞社が2011年11月12日〜13日に実施した全国世論調査(電話方式)で、野田首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加方針を決めたことを「評価する」は51%で、「評価しない」35%を上回った[241]
  • 朝日新聞社が2011年11月12日〜13日の両日実施した全国定例世論調査(電話)によると、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加することに、賛成の人は46%で、反対の28%を上回った[242]
  • 産経新聞の2011年11月18日の調査(回答9125人(男性6527人、女性2598人))によると、「TPP交渉参加は日本に利益をもたらすか」に関してイエスが13%、ノーが87%に達し、「交渉参加をしても不利になった場合は離脱できると思うか」についても「思わない」が89%を占め、「政府の説明は十分か」についてはノーが94%を占めたと報道されている[243]
  • 2011年11月中旬の各社の世論調査[243][241][242]では、いずれも「政府の説明不足」を挙げる回答者が80%を超えており、賛否を問う以前の段階であることを物語っている。[誰によって?]
  • 朝日新聞社が2013年3月16日〜17日に行った調査では、日本がTPPに参加することが賛成は53%、反対は23%。安倍総理が交渉に参加することを表明したこと評価するが71%、評価しないが18%[244]
  • 毎日新聞が2013年3月16日〜17日に行った調査では、安倍総理が交渉に参加することを表明したこと支持するが63%、支持しないが27%[245]
  • 読売新聞が2013年3月15日〜17日に行った調査では、安倍総理が交渉に参加することを表明したこと評価するが60%[246]

主な集会・デモ行進[編集]

主な業界団体・社会運動団体等の動向[編集]

推進・賛同を表明している各団体[編集]

財界・経済団体 
日本経済団体連合会[256]日本商工会議所[256]経済同友会[256]関西経済連合会[257]関西経済同友会[257]中部経済連合会[258]全国中小企業団体中央会[256]新経済連盟[259]日本フランチャイズチェーン協会[256]
第二次産業 
日本鉄鋼連盟[256]日本自動車工業会[256]、日本電気工業会[256]電子情報技術産業協会[256]、日本繊維産業連盟[256]日本産業機械工業会[256]日本造船工業会[260]日本建設業団体連合会[261]
貿易団体 
日本貿易会[256]日本機械輸出組合[256]、日本医療機器産業連合会[256]
法務系の団体 
日本税理士会連合会[256]アンダーソン・毛利・友常法律事務所[262]西村あさひ法律事務所[262]
医療・福祉系団体 
亀田総合病院[262]河北総合病院[262]
労働組合 
全日本金属産業労働組合協議会[262]、ものづくり産業労働組合[256]
TPP推進派の市民・有識者が組織した団体 
TPP交渉への早期参加を求める国民会議
社会運動団体・その他の政治団体 
大阪維新の会[263]幸福実現党[264]日本青年社[265]

反対・懸念を表明している各団体[編集]

第一次産業 
日本農業法人協会[256]、全国農業会議所[256]農業協同組合(JAグループ)[256]全国森林組合連合会[256]、林産物貿易対策全国協議会[256]全国漁業協同組合連合会(JFグループ)[256]、日本ビート糖業協会[256]日本乳業協会[256]全国乳業協同組合連合会[256]、中央畜産会[256]農民運動全国連合会[266]全国土地改良政治連盟[267]、日本有機農業研究会[268]
第二次産業 
全国製粉協議会[256]、製糖工業会[256]、日本分糖工業会[256]、日本甘蔗糖工業会[256]
財界・経済団体 
全国商工団体連合会[269]北海道経済連合会[270]、北海道商工会議所連合会[271]札幌商工会議所[272]、秋田県商工会連合会[273]、山形県商工会連合会[274]、宮崎県商工会議所連合会[275]、鹿児島県商工会連合会[276]
医療・福祉系団体 
日本医師会[256]日本薬剤師会[256]日本歯科医師会[256]日本看護協会[256]、四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院会)[256]、全国有床診療所連絡協議会[277]、国民医療推進協議会[277]日本介護福祉士会[277]、日本医療社会事業協会[277]日本精神保健福祉士協会[277]日本放射線技師会[277]日本作業療法士協会[277]日本理学療法士協会[277]、全国病院理学療法協会[277]日本柔道整復師会[277]日本視能訓練士協会[277]日本栄養士会[277]日本鍼灸師会[277]日本歯科衛生士会[277]、日本医療事務振興協会[277]、全国老人保健施設協会[277]、全国腎臓病協議会[277]、日本慢性期医療協会[277]全日本民医連[278]徳洲会[279]
労働組合 
全労連[268]全労協[268]フード連合連合の食品系部門)、青年非正規労働センター(連合の非正規雇用部門)、連合北海道、首都圏青年ユニオン[280]、連帯ユニオン[268]、協同センター・労働情報[268]
生協・消費者団体 
日本消費者連盟[268]、全国消費者団体連絡会[256]生活クラブ生協連合会パルシステム生活協同組合連合会[268]、食と農の再生会議、主婦連合会[256]新日本婦人の会[268]
法務系の団体 
日本公認会計士協会[256]日本行政書士会連合会[256]自由法曹団[281]日本国民救援会
環境保護団体 
グリーンアクティブ[282]、エコ・コミュニケーションセンター(ECOM)[268]、AMネット[268]
TPPに反対・慎重派の市民と有識者が組織した団体 
TPPを考える国民会議 - STOP TPP !! 市民アクション[268] - TPPから日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク
かつて国会に議席を擁していた政治団体 
新党日本[283]減税日本[284]新社会党[285]
その他の社会運動団体・政治団体 
反貧困ネットワーク[286]アジア太平洋資料センター[268]、プロジェクト99%[268]、日本国際ボランティアセンター[268]、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)[268]、APLA(Alternative People’s Linkage in Asia) / あぷら[268]神道政治連盟[287]日本民主青年同盟[288]緑の党グリーンズジャパン[289]日本海賊党[290]世界経済共同体党[291]、保守系の諸団体(一水会[292]維新政党・新風[293]頑張れ日本![294]主権会[295]在特会[296])、革新系の諸団体(革マル派[297]中核派[298]かけはし[299]労共党[300]AWC日本連)

TPP違憲提訴[編集]

関連する制度的基盤の整備[編集]

前原誠司外務大臣は、2011年1月6日、アメリカの戦略国際問題研究所における外交演説において、次の様に主張した。

覇権の下ではなく、協調を通じてアジア太平洋地域全体を発展させることが、各国の長期的利益と不可分一体であるとの基本的な考え方に立ち、新しい秩序を形成すべきです。その一環として、途上国の開発と経済成長を支えてきたインフラの整備に加え、法の支配民主主義人権の尊重、グローバル・コモンズ、知的財産権の保護を含む自由で公正な貿易投資ルールといった制度的基盤 (institutional foundation) を整備していくことが必要です — 前原外務大臣外交演説「アジア太平洋に新しい地平線を拓く」(外務省 2011年1月6日)

なお、日本は、これまでもJICAの枠組みなどを利用しつつ、アジアにおける制度的基盤の整備への協力を進めてきた。その具体例としては、法務省法務総合研究所国際協力部による基本法(民法、民事訴訟法など)や司法制度の法整備支援[302]特許庁による知的財産制度の法整備支援[303]などが挙げられる。また、金融庁も、アジア諸国との間で、金融・資本市場に関する政策協調を推進していく方針を発表している[304]

脚注・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp03_03.pdf
  2. ^ 第2回 新成長戦略実現会議 菅総理指示 (PDF)”. 国家戦略室. 2012年1月3日閲覧。
  3. ^ “経団連会長、TPP「人口減少で影響、移民奨励すべき」”. 日本経済新聞 電子版. (2010年11月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL0808R_Y0A101C1000000/ 2016年8月28日閲覧。 
  4. ^ APEC CEOサミットにおける総理挨拶”. 首相官邸 (2010年11月13日). 2012年1月3日閲覧。
  5. ^ 食と農林漁業の再生推進本部”. 首相官邸 (2010年11月30日). 2011年11月10日閲覧。
  6. ^ 食と農林漁業の再生実現会議”. 首相官邸 (2010年11月30日). 2011年11月10日閲覧。
  7. ^ “再生実現会議が会合 生産性向上に農地集約”. 産経新聞. (2011年1月21日). オリジナル2011年1月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110123051103/http://sankei.jp.msn.com//economy/news/110121/biz11012121130166-n1.htm 2011年3月5日閲覧。 
  8. ^ “TPPの情報収集、はやくも頓挫 NZ会合参加できず”. 日本経済新聞 電子版. (2010年12月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0302Z_T01C10A2EE2000/ 2016年8月28日閲覧。 
  9. ^ 大畠経済産業大臣の閣議後記者会見の概要、平成22年12月3日、質疑応答TPP(経済産業省)
  10. ^ 農業産業化支援ワーキンググループ”. 経済産業省 (2010年12月9日). 2011年11月10日閲覧。
  11. ^ “「国家への責任感ない」=TPP勉強不足、首相を痛烈批判-亀井氏”. 時事通信社. (2011年2月23日). オリジナル2011年2月24日時点によるアーカイブ。. http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/449.html 
  12. ^ 朝日新聞2011年2月27日朝刊、“TPP機運に失速感 賛成派も説明歯切れ悪く”. 朝日新聞. (2011年2月27日). オリジナル2011年3月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110303161230/http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201102260575.html 2012年2月6日閲覧。 
  13. ^ 北国新聞2011年3月6日
  14. ^ SponichiAnnex2011年3月14日
  15. ^ “TPP判断時期を先送り 経済政策指針を閣議決定”. 朝日新聞. (2011年5月17日). http://www.asahi.com/politics/update/0517/TKY201105170107.html 2012年2月6日閲覧。 
  16. ^ 政策推進指針〜日本の再生に向けて〜 (PDF)”. 首相官邸 (2011年5月17日). 2011年11月10日閲覧。
  17. ^ 日テレNEWS242011年10月11日
  18. ^ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4859793.html TPP反対署名1100万超、JAが攻勢 [リンク切れ]
  19. ^ a b c d e f g 【プレスリリース】「TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員一覧」の公表 (PDF)”. 全国農業協同組合中央会 (2011年10月25日). 2011年11月10日閲覧。
  20. ^ “TPPで経団連と全中が会談 主張は平行線に終始”. 47NEWS. 共同通信社. (2011年11月9日). オリジナル2013年4月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130429143859/http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011110901000631.html 
  21. ^ “TPP参加反対・慎重意見書/43道県議会に広がる/市町村420議会 2月以降”. しんぶん赤旗. (2011年10月18日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-18/2011101801_01_1.html 
  22. ^ “仙谷氏、TPP反対派を批判 前原グループの勉強会で”. 産経新聞. (2011年10月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111029/stt11102911250001-n1.htm 
  23. ^ 経済連携PT 提言~APEC に向けて~ (PDF)”. 民主党・経済連携PT (2011年11月9日). 2011年11月9日閲覧。
  24. ^ 「TPP交渉参加を表明 首相、慎重論押し切る」『中国新聞』
  25. ^ a b 首相官邸:野田内閣総理大臣記者会見冒頭”. 内閣広報. 2013年2月27日閲覧。
  26. ^ TPP交渉参加に向けた関係国との協議に関する関係閣僚会合(第1回会合)の開催について首相官邸・官房長官記者会見2011年12月13日
  27. ^ 国家戦略室ホーム>政策>包括的経済連携>TPP協定交渉参加に向けた関係国との協議に関する体制(平成23年12月) (PDF)”. 国家戦略室 (2011年12月12日). 2011年12月15日閲覧。
  28. ^ 読売新聞2011年12月14日13S版4面・10面
  29. ^ 日本再生の基本戦略~危機の克服とフロンティアへの挑戦~
  30. ^ 読売新聞2012年1月26日13版4面
  31. ^ TPP交渉参加に向けた関係国との協議の結果(ベトナム,ブルネイ,ペルー,チリ) (PDF)”. 外務省 (2012年2月2日). 2012年2月3日閲覧。
  32. ^ 環太平洋パートナーシップ協定政府代表の任命について2012年5月18日午前、首相官邸内閣官房長官記者会見
  33. ^ 2013年(平成25年)2月23日内外記者会見、安倍晋三内閣総理大臣内外記者会見首相官邸
  34. ^ TPP(環太平洋パートナーシップ)協定交渉への参加”. 首相官邸. 2014年1月19日閲覧。
  35. ^ 2013年(平成25年)3月15日、安倍晋三内閣総理大臣記者会見TPP交渉参加表明(首相官邸)
  36. ^ TPPに関する主要閣僚会議(第1回)の開催について2013年(平成25年)3月22日(内閣官房)
  37. ^ 読売新聞2013年3月23日13S版2面
  38. ^ TPP政府対策本部 2017/02/11閲覧
  39. ^ TPP(環太平洋パートナーシップ)政府対策本部の設置に関する規則 (PDF) 2017/02/11閲覧
  40. ^ a b TPPに関する主要閣僚会議、2013年(平成25年)4月12日、首相官邸
  41. ^ 読売新聞2013年4月25日夕刊3版1面
  42. ^ 毎日JP 2013年5月03日
  43. ^ 日本のTPP交渉への正式参加について”. 内閣官房(TPP政府対策本部) (2013年7月25日). 2015年10月6日閲覧。
  44. ^ TPP協定交渉第19回ブルネイ会合について”. 内閣官房(TPP政府対策本部) (2013年8月30日). 2015年10月6日閲覧。
  45. ^ バリ島におけるTPP協定交渉について”. 内閣官房(TPP政府対策本部) (2013年10月8日). 2015年10月6日閲覧。
  46. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H38_W5A001C1EAF000/
  47. ^ http://mainichi.jp/select/news/20151007k0000m020120000c.html
  48. ^ 内閣官房 TPP交渉参加国との交換文書一覧(※全て関係国と調整中)
  49. ^ http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201510/CK2015100702000135.html
  50. ^ http://www.yomiuri.co.jp/matome/20150527-OYT8T50137.html
  51. ^ http://www.meti.go.jp/press/2015/10/20151020002/20151020002-1.pdf
  52. ^ http://www.maff.go.jp/j/kokusai/tpp/
  53. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H2F_U6A200C1000000/
  54. ^ TPP交渉資料、全て黒塗りで公開 内容分からず 自民朝日新聞
  55. ^ 参議院HPトップ>ライブラリー>第192回国会臨時会>議案情報>提出番号47
  56. ^ 外務省トップページ > 会見・発表・広報 > 報道発表 > 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の国内手続の完了に関する通報 平成29年1月20日
  57. ^ 読売新聞2017年1月22日13S版1面
  58. ^ http://www.taxcom.co.jp/snews/top/publish.cgi?news_src=1819&cat_src=tax&enc=utf-8
  59. ^ http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226582719426.html?pageKind=outline
  60. ^ http://mainichi.jp/select/news/20151008k0000m020139000c.html
  61. ^ “米、TPP判断先送りを容認 復興に専念をと通商代表”. 東京新聞. (2011年3月31日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011033101000078.html 2011年4月3日閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ “米大統領:TPP参加を野田首相に迫る 首脳会談で”. 毎日新聞. (2011年10月12日). オリジナル2011年10月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111013033327/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111012k0000e010068000c.html 
  63. ^ 毎日新聞2011年11月15日朝刊、“TPP:「米の説明正しい」 発言食い違いで副報道官「例外なし、と首相」”. 毎日新聞. (2011年11月15日). オリジナル2011年11月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111117212921/http://mainichi.jp/select/biz/news/20111115dde001020050000c.html 
  64. ^ 読売新聞2011年12月8日13S版9面、“米通商代表部、TPP日本参加で意見募集”. 読売新聞. (2011年12月8日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111208-OYT1T00011.htm [リンク切れ]
  65. ^ a b ウェンディ・カトラー米国通商代表補の冒頭発言―APCAC 2012米国アジア・ビジネスサミットのパネルディスカッション「TPPとアジア太平洋地域における貿易構築の展望”. 駐日アメリカ合衆国大使館 (2012年3月1日). 2012年3月22日閲覧。
  66. ^ 読売新聞2013年4月25日夕刊3版1面
  67. ^ a b 2011年米国通商代表 (USTR) 外国貿易障壁報告書 (PDF)”. 外務省 (2011年10月25日). 2012年1月7日閲覧。
  68. ^ 「自見内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要:金融庁」
  69. ^ “混合診療の全面解禁「議論の可能性排除できず」”. 産経新聞. (2011年11月7日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111107/plc11110723560014-n1.htm 2011年12月6日閲覧。 
  70. ^ 医薬品へのアクセスの拡大のためのTPP貿易目標 外務省
  71. ^ 第4回WTO閣僚会議 概要と評価
  72. ^ “交渉参加 TPP<3> 医療制度は守れるのか”. 東京新聞. (2011年11月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2011111702000097.html 2012年2月5日閲覧。 
  73. ^ a b “米、TPPで「皆保険不介入」の意向 事前協議前に駆け引き 焦点は自動車”. SankeiBiz. (2012年1月20日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120120/mca1201200502004-n1.htm [リンク切れ]
  74. ^ “混合診療「患者同意で解禁」 規制改革会議が提言”. 日本経済新聞. (2014年5月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS26024_W4A520C1MM8000/ 
  75. ^ “コメの例外要求へ 乳製品や砂糖なども候補 国内調整の難航必至”. 産経新聞. (2011年11月11日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111111/biz11111123550029-n1.htm 
  76. ^ “「例外なし」米先制 TPP交渉参加”. 東京新聞. (2011年11月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2011111502000064.html 2012年5月5日閲覧。 
  77. ^ a b “自工会会長、日本のTPP交渉への参加表明は「大きな第一歩」”. ロイター. (2011年11月15日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24174320111115 2012年2月5日閲覧。 
  78. ^ “自工会志賀会長「日本市場のどこが閉鎖的?」”. Response.. (2011年11月16日). http://response.jp/article/2011/11/16/165489.html 
  79. ^ a b “TPP事前協議、対日自動車輸出が焦点に USTR代表補”. 日本経済新聞. (2011年12月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1502P_V11C11A2EE2000/ 
  80. ^ “TPP交渉、保険・自動車など並行協議 日米合意発表”. 日本経済新聞. (2013年4月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1204Z_S3A410C1MM8000/ 
  81. ^ “TPPの日米並行協議 7日から 自動車などテーマに”. 朝日新聞. (2013年8月1日). http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010266.html 
  82. ^ 農産品あげ「日本は厳しい決断を」 米通商代表MSN産経ニュース 2013年11月15日
  83. ^ a b c d EPAに関する各種試算 (PDF)”. 内閣官房 (2010年10月27日). 2012年2月3日閲覧。
  84. ^ a b c 関税撤廃した場合の経済効果についての政府統一試算2013年(平成25年)3月15日(PDFファイル)(内閣官房)、上位リンク:経済連携・TPP関連情報
  85. ^ 農林水産省試算(補足資料)
  86. ^ 過去に行われた輸入自由化等の影響評価、農林水産省
  87. ^ 篠原農林水産副大臣記者会見概要
  88. ^ 経済産業省試算(補足資料)
  89. ^ 読売新聞2013年3月16日13S版1面ほか、および同日付け各紙
  90. ^ http://jp.reuters.com/article/2015/10/06/trade-tpp-breakingviews-idJPKCN0S001Q20151006
  91. ^ “「TPPに参加しないと日本は孤児になる」経団連会長、政府・与党に要望”. SankeiBiz. (2010年10月26日). オリジナル2010年11月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101113144114/http://www.sankeibiz.jp/business/news/101026/bsg1010261750010-n1.htm 
  92. ^ TPP交渉への参加に反対し日本の食を守る緊急全国集会 開会挨拶 (PDF)”. 全国農業協同組合中央会 (2011年10月29日). 2012年2月11日閲覧。
  93. ^ a b c 川崎研一 (2011年1月18日). “TPPの虚実:「国を開く」経済の活性化”. 経済社会総合研究所. 2012年2月3日閲覧。
  94. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 90-91頁。
  95. ^ a b c 政策研究・提言 TPPの経済効果についての試算を比較する東京財団 2013年1月16日
  96. ^ a b 「大人」になった日本政府のTPPをめぐる試算PHPビジネスオンライン 衆知 2013年3月26日
  97. ^ 高橋洋一の俗論を撃つ! TPPで農業を自由化すると 日本の農業は本当に壊滅するかダイヤモンド・オンライン 2011年2月10日
  98. ^ 山田久の「市場主義3.0」 わが国が目指すべき 「市場主義3.0」の具体的ビジョンダイヤモンド・オンライン 2012年10月17日
  99. ^ TPPで日本GDPが10兆円増…米大教授試算読売新聞2013年3月20日13S版9面
  100. ^ a b c 高橋洋一の自民党ウォッチ 所得移転進めば「矛先」収まる TPP「交渉参加」を勧める理由J-CASTニュース 2013年3月15日
  101. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 132頁。
  102. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 133-134頁。
  103. ^ 中野剛志 『グローバル恐慌の真相』188頁。
  104. ^ a b c TPPを考える 片岡剛士SYNODOS -シノドス- 2011年11月9日
  105. ^ a b TPPの憂鬱 ―― 誤解と反感と不信を超えてSYNODOS -シノドス- 2011年11月9日
  106. ^ 政策研究・提言 TPPの経済効果についての試算を比較する(3)補論東京財団 2013年1月16日
  107. ^ 川崎研一 (2011年5月31日). “EPAの優先順位:経済効果の大きい貿易相手は?”. 経済社会総合研究所. 2012年2月3日閲覧。
  108. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、140頁。
  109. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 37頁。
  110. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 50頁。
  111. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 92-93頁。
  112. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 95-96頁。
  113. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 99頁。
  114. ^ a b c “ノーベル経済学者スティグリッツ氏が語る、米国資本主義の失敗と日本が取り組むべき課題”. ビジネス+IT. (2013年11月27日). http://www.sbbit.jp/article/cont1/27192?ref=131128bit 
  115. ^ 高橋洋一の民主党ウォッチ TPPに反対する政治家 本来の仕事を放棄しているJ-CASTニュース 2011年10月13日
  116. ^ 経済学者伊東光晴氏「聞きかじりだから安倍首相は嘘をつく」日刊ゲンダイ 2014年8月10日
  117. ^ 政策研究・提言 TPP交渉参加表明では終わらない:通商貿易政策の再検討に向けて東京財団 2011年11月9日
  118. ^ a b 【日本の解き方】中国TPP参加検討の本音 米国の尖閣問題への関与を牽制ZAKZAK 2013年6月7日
  119. ^ TPP交渉と日本の立ち位置富士通総研 2013年8月9日
  120. ^ a b 中野剛志 『TPP亡国論』 228-229頁。
  121. ^ a b TPP「大きな利益などない」 京大大学院・中野剛志准教授 講演採録WEB TOKACHI-十勝毎日新聞 2012年4月12日
  122. ^ TPP交渉参加で得るもの、失うもの ――国際基督教大学客員教授 八代尚宏ダイヤモンド・オンライン 2013年3月21日
  123. ^ 今週のキーワード 真壁昭夫 自ら変われない日本に改革を促すTPPの“外圧効果”「よいバスか悪いバスか」は乗ってみないとわからないダイヤモンド・オンライン 2011年11月22日
  124. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 32-34頁。
  125. ^ インタビュー 「道民はもっと怒れ、エセ龍馬たちの言いなりになるな!」財界さっぽろ 2011年3月
  126. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 48-50頁。
  127. ^ 中野剛志 「リベラルな保護主義に向けて」『環』45号、藤原書店、2011年、127頁。
  128. ^ 中野剛志 「リベラルな保護主義に向けて」『環』45号、藤原書店、2011年、126頁。
  129. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 87頁。
  130. ^ 中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法 日本のTPP交渉参加を、中国はどう見ているか?ダイヤモンド・オンライン 2013年3月21日
  131. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ「TPPと規制緩和を問い直す」、『kotoba』2013年夏号、集英社。
  132. ^ 山田厚史の「世界かわら版」 恐いのは「関税」より「非関税障壁」 日米首脳会談の盲点ダイヤモンド・オンライン 2013年2月28日
  133. ^ TPPによる規制緩和で経済復活は幻想RCEPや日中韓FTAを優先すべき--金子勝・慶應義塾大学経済学部教授インタビューダイヤモンド・オンライン 2012年12月13日
  134. ^ TPP反対派“5つの誤解”とは何か ――国際基督教大学客員教授 八代尚宏ダイヤモンド・オンライン 2013年1月10日
  135. ^ a b 日本がTPPに参加すると、本当に“米国の思うまま”にされてしまうのか?ダイヤモンド・オンライン 2013年4月30日
  136. ^ TPP後の日本「最高VS最悪シナリオ」 -東京大学大学院経済学研究科教授 伊藤元重氏 判断意見特別編PRESIDENT Online 2011年12月26日
  137. ^ どの政権でもTPP交渉参加は不可避自民、民主は党内反対派に配慮して曖昧――馬田啓一・杏林大学総合政策学部教授インタビューダイヤモンド・オンライン 2012年12月12日
  138. ^ 『TPPでさらに強くなる日本』で伝えたかったことPHPビジネスオンライン 衆知 2013年3月26日
  139. ^ 社説TPP交渉秘密の陰で何を決める北海道新聞 2013年4月18日
  140. ^ 衆議院会議録情報第183回国会予算委員会 第10号
  141. ^ 平成25年3月15日安倍内閣総理大臣記者会見首相官邸
  142. ^ Content of confidentiality lettersMinistry of Foreign Affairs and Trade, New Zealand
  143. ^ TPP交渉に「守秘合意」発効後4年間、内容公開せず日本共産党機関紙赤旗
  144. ^ Dialogue with UN Special RapporteurMinistry of Foreign Affairs and Trade, New Zealand
  145. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 134頁。
  146. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 136-137頁。
  147. ^ a b TPP亡国論のウソ」、『日経ビジネス』、日経BP、2011年11月。
  148. ^ 農業の雇用吸収を阻んできた高米価、減反政策RIETI 『週刊エコノミスト』 2009年4月13日
  149. ^ 農業界こそTPP推進で市場確保をRIETI 『世界と日本』 2011年2月7日
  150. ^ a b c d e TPPに関するQ&A内閣官房
  151. ^ TPPへの疑問、懸念に答える・・・⑤食品の安全が脅かされる江田けんじNET 日々是好日 2011年11月16日
  152. ^ 新しい国内措置の見直しに伴うリスク評価 内閣府食品安全委員会
  153. ^ 牛海綿状脳症(BSE)対策の再評価について厚生労働省
  154. ^ 肉骨粉等を原料とする肥料の使用について農林水産省
  155. ^ 肉骨粉等の当面の取り扱いについて農林水産省
  156. ^ 2005年11月専門調査レポート畜産情報ネットワーク
  157. ^ 牛海綿状脳症(BSE)対策の見直しに係る食品健康影響評価内閣府食品安全委員会
  158. ^ 国際獣疫事務局(OIE)による加盟国のBSEステータス認定について農林水産省
  159. ^ 国際獣疫事務局(OIE)による「無視できるBSEリスク」の国のステータス認定の申請について農林水産省
  160. ^ 米国、カナダにおけるBSE対策厚生労働省・農林水産省
  161. ^ 医薬品へのアクセスの拡大のためのTPP貿易目標外務省
  162. ^ TPPで安い薬 ピンチ日本共産党機関紙赤旗
  163. ^ 国民皆保険をしっかりと守るため (Report). 日本医師会. (2012). http://dl.med.or.jp/dl-med/etc/kokumin/2012/tpp.pdf. 
  164. ^ 日本政府の TPP 参加検討に対する問題提起 -日本医師会の見解- (Report). 日本医師会. (2010-12-01). http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20101201_1.pdf. 
  165. ^ “TPP:交渉参加、米が関門 週内にも2カ国と事前協議 農業、保険、車など焦点”. 毎日新聞. (2012年1月16日). http://mainichi.jp/select/biz/news/20120116ddm002020118000c.html 2012年2月5日閲覧。 
  166. ^ アメリカの狙いはコメじゃない! TPPは日本経済を襲う真っ黒な巨大津波となる”. SAPIO (2011年6月29日). 2012年2月5日閲覧。
  167. ^ a b 「国際大競争の荒波」への危機意識がない!・・・TPP反対論江田けんじNET 今週の直言 2011年11月28日
  168. ^ “日本だけ鎖国できない=TPP交渉参加に前向き―小宮山厚労相”. 時事通信社. 朝日新聞. (2011年10月18日). http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201110180023.html 2012年1月19日閲覧。 
  169. ^ “首相はTPP交渉参加へ強い指導力を”. 日本経済新聞. (2011年10月12日). http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE1E7E7E3E5E5EAE2E3E0E3E2E0E2E3E38297EAE2E2E2 [リンク切れ]
  170. ^ 日本経済新聞2011年10月26日朝刊、“TPP参加で「GDP2.7兆円増加」 内閣府、効果を試算”. 日本経済新聞. (2011年10月26日). http://www.nikkei.com/article/DGKDZO35908240W1A021C1EE2000/ 
  171. ^ a b TPPを考える 片岡剛士SYNODOS JOURNAL
  172. ^ “日本の「軽」は廃止を―米ビッグスリーTPP参加に反対”. IBTimes. (2012年1月16日). http://jp.ibtimes.com/articles/25726/20120116/787518.htm 2012年11月27日閲覧。 
  173. ^ “米自動車業界、日本のTPP交渉参加に反対”. ロイター. (2012年2月3日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K20Y20120203 2012年2月4日閲覧。 
  174. ^ “交渉参加 TPP<4> 雇用への影響は”. 東京新聞. (2011年11月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2011111802000109.html 2012年2月5日閲覧。 
  175. ^ R. Lawrence and M. Slaughter (1993), “Trade and U.S. Wages: Giant Sucking Sound or Small Hiccup?” Brookings Papers on Economic Activity 1
  176. ^ J. Sachs and H. Shats (1994), “Trade and Jobs in U.S. Manufacturing,” Brookings Papers on Economic Activity 1
  177. ^ A. Wood (1994), North-South Trade, Employment, and Income Inequality, Oxford: Clarendon
  178. ^ WTO 政府調達”. 外務省 (2012年1月). 2012年2月1日閲覧。
  179. ^ 政府調達協定及び我が国の自主的措置の定める「基準額」並びに「邦貨換算額」”. 外務省. 2012年2月1日閲覧。
  180. ^ 米国丸儲けの米韓FTAからなぜ日本は学ばないのか中野剛志
  181. ^ 毎日新聞2010年11月23日東京朝刊、潮田道夫 (2011年11月23日). “水説:「日中韓」とTPP”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/opinion/ushioda/news/20111123ddm003070068000c.html [リンク切れ]
  182. ^ [http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/wto_agreements/custom_duty/html/02.html 関税及び貿易に関する一般協定第二部
  183. ^ 韓・米FTA分野別最終合意結果日本貿易振興機構
  184. ^ 6.貿易救済(セーフガード措置等)国家戦略室
  185. ^ 経済産業省試算(補足資料)
  186. ^ TPPへの疑問、懸念に答える・・・⑥ルール作りを主導すると言っても、もう遅いのではないか?江田けんじNET 日々是好日 2011年11月17日
  187. ^ TPPへの疑問、懸念に答える・・・③一旦TPP交渉に入ると離脱できない江田けんじNET 日々是好日 2011年11月 2日
  188. ^ 2013年7月24日朝日新聞
  189. ^ 自民TPP慎重派、「国益守る会」に改称日テレnews
  190. ^ 農業団体、自民を推薦 反TPP確約朝日新聞、2012年11月23日
  191. ^ a b “「参加表明なら不信任案を」 自民TPP反対派”. 日本経済新聞. (2011年11月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0802G_Y1A101C1PE8000/ 2016年8月28日閲覧。 
  192. ^ “拙速判断に反対表明 自民調査会 参加の是非には触れない方針”. 産経新聞. (2011年11月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111104/stt11110407570000-n1.htm 2011年11月10日閲覧。 
  193. ^ 改訂版「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員と未会員(2013.02.19)農業協同組合新聞 同日閲覧。
  194. ^ Business Media 誠 ITmedia
  195. ^ 「ウソつかない・TPP断固反対・ブレない・日本を耕す自民党!!」【ドットコモディティ】 2013年02月27日ニュースリリースポータル 2013年3月閲覧
  196. ^ 安倍首相:TPP交渉参加表明へ 全関税撤廃求めず確認 2013年2月23日(土)毎日新聞 同日閲覧
  197. ^ “TPP推進派が巻き返し=執行部は判断先送り-自民”. 時事通信社. (2011年10月27日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201110/2011102700818 2011年10月27日閲覧。 
  198. ^ “自民賛成派反論もなお劣勢 TPP交渉参加”. 産経新聞. (2011年10月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111027/stt11102722540006-n1.htm 2011年10月29日閲覧。 
  199. ^ “自民調査会、TPPで反対論相次ぐ”. SankeiBiz. (2011年10月28日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111028/mca1110280501001-n1.htm 2011年10月31日閲覧。 
  200. ^ “石破氏、TPP交渉「参加を」 自民内の意見割れる”. 日本経済新聞. (2011年11月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0501A_V01C11A1PE8000/ 2016年8月28日閲覧。 
  201. ^ “谷垣氏は反対、石破氏は賛成…TPP交渉参加”. 読売新聞. (2011年11月7日). オリジナル2013年8月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Isq3N 2011年11月9日閲覧。 
  202. ^ “進次郎氏 TPPで委員交代 推進固持、自民党方針に歯向かう”. 東京新聞. (2011年11月11日). オリジナル2011年11月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111112065647/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011111102000026.html 2011年11月11日閲覧。 
  203. ^ TPP参加の即時撤回を求める会 公式ブログ2011年7月11日 アメーバブログ 2011年11月9日閲覧
  204. ^ 賛同議員、356人公表=TPP反対請願―JA全中 2011年10月25日Asahi.com 2011年11月10日閲覧
  205. ^ 改訂版「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員と未会員(2013.02.19)農業協同組合新聞 同日閲覧。
  206. ^ “自民・総合農政調査会が参加反対を決議”. 産経新聞. (2011年10月25日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111025/stt11102518270011-n1.htm 2011年10月29日閲覧。 
  207. ^ “自民のTPP反対派、様子見の執行部を突き上げ”. 読売新聞. (2011年10月28日). http://www.acs.yomiuri.co.jp/politics/news/20111027-OYT1T00952.htm 2012年2月5日閲覧。 
  208. ^ TPP参加 自民内に矛盾 2012年12月24日(月)しんぶん赤旗 2013年3月閲覧
  209. ^ “TPP交渉参加 民主執行部が慎重派押さえ込みに動く”. 産経新聞. (2011年10月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111029/stt11102922290002-n1.htm 2011年11月10日閲覧。 
  210. ^ 経済連携PT 提言~APEC に向けて~ (PDF)”. 民主党・経済連携PT (2011年11月9日). 2011年11月13日閲覧。
  211. ^ “TPP交渉参加「慎重に」判断を…民主提言決定”. 読売新聞. (2011年11月10日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111109-OYT1T01030.htm 2012年2月5日閲覧。 
  212. ^ “外相はTPP途中離脱に否定的 政権内で見解相違”. 47NEWS. 共同通信社. (2011年10月25日). http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102501000305.html 2011年11月10日閲覧。 
  213. ^ a b “TPP交渉参加に反対決議 民主など3党の慎重に考える会”. 47NEWS. 共同通信社. (2011年10月21日). http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102101000343.html 2011年11月11日閲覧。 
  214. ^ “民主“反TPP派”ショボイ実情…早くも“降参ムード”?”. ZAKZAK. (2011年10月31日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111031/plt1110311245003-n1.htm 2011年11月10日閲覧。 
  215. ^ 毎日新聞2011年10月27日東京朝刊、“ファイル:TPP参加、前農相がけん制”. 毎日新聞. (2011年10月27日). http://mainichi.jp/select/biz/news/20111027ddm005020139000c.html 2011年11月10日閲覧。 [リンク切れ]
  216. ^ TPPへの参加に慎重な対応を求める緊急要請行動を実施 2011.10,25民主党公式サイト 2011年11月10日閲覧
  217. ^ “公明、TPP交渉参加反対へ 幹事長が発言”. 朝日新聞. (2011年10月27日). http://www.asahi.com/politics/update/1026/TKY201110260634.html 2011年11月10日閲覧。 
  218. ^ “TPP反対派「署名」攻勢…戦略、ほころびも”. 読売新聞. (2011年10月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111026-OYT1T00155.htm 2012年2月5日閲覧。 
  219. ^ 維新八策日本維新の会公式サイト(PDF)2013年2月閲覧
  220. ^ “TPP原則的に賛成…維新・石原代表が方針転換”. 読売新聞. (2012年11月20日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121120-OYT1T01156.htm 
  221. ^ みんなの党公式サイト 2011年10月25日 江田憲司幹事長 記者会見 2011年11月10日閲覧
  222. ^ みんなの党農業アジェンダ(PDF)2011年02月 みんなの党公式サイト 2011年11月10日閲覧
  223. ^ 農業を成長・輸出産業へ・・・TPP参加(上)2010年12月6日 江田けんじ公式サイト 2011年11月10日閲覧
  224. ^ 川田龍平議員が語る TPPで医療もアメリカ化する 2011/10/24 YouTube 2011年11月10日閲覧
  225. ^ 「生活の党」基本政策生活の党公式サイト 2013年2月閲覧
  226. ^ “たたかいはこれからが正念場――TPP参加断念までがんばりぬこう/志位委員長のあいさつ”. しんぶん赤旗. (2011年8月28日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-28/2011082803_01_0.html 2011年11月10日閲覧。 
  227. ^ みどりの風 政策ギャラリー2013年2月閲覧
  228. ^ 社民党公式サイト 声明・談話 環太平洋経済連携 (TPP) 協定交渉への参加表明に反対する申し入れ 2011年10月24日2011年11月10日閲覧
  229. ^ 10月28日(金)ますぞえ要一代表が定例記者会見を行いました。新党改革公式サイト 2011年11月3日閲覧
  230. ^ “消費増税に反対=鈴木宗男氏、新党大地・真民主が旗揚げ”. 時事通信社. (2012年1月6日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012010600698 2012年1月7日閲覧。 
  231. ^ 民主、維新、みんなが「TPP推進議連」 自民揺さぶりへ 2013年3月1日産経ニュース 2013年3月閲覧
  232. ^ 超党派でTPP反対 「沖縄経済に打撃」 2011年11月4日琉球新報 2013年3月閲覧
  233. ^ “交渉、賛成は6知事 全国緊急アンケート”. 47NEWS. 共同通信社. (2011年10月29日). http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102801001028.html 2011年10月30日閲覧。 
  234. ^ 「環太平洋戦略的経済連携協定交渉に関する意見」を内閣総理大臣等に提出(平成24年9月18日)全国市長会公式サイト 2013年3月閲覧
  235. ^ “全国町村会がTPP反対決議 「農林漁業との両立困難」”. 朝日新聞. (2011年10月28日). http://www.asahi.com/business/update/1028/TKY201110280384.html 2011年11月3日閲覧。 
  236. ^ “TPPの参加は慎重に/東北市長会が要望書を提出”. しんぶん赤旗. (2010年11月19日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-19/2010111902_02_1.html 2011年11月3日閲覧。 
  237. ^ 国への要望決議/初の四国4県町村長・議長大会 2011/10/13 四国新聞社 2011年10月30日閲覧。
  238. ^ TPP参加慎重に審議を 日南で九州市長会総会 2011年10月20日宮崎日日新聞 2011年11月3日閲覧
  239. ^ “地方議会 TPP「反対」・「慎重」意見書1100超える/農水省調べ”. しんぶん赤旗. (2011年1月25日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-01-25/2011012502_03_1.html 2011年10月30日閲覧。 
  240. ^ TPP賛成45%、反対32% 日経の世論調査 2011年10月31日J-CASTニュース 2011年10月31日閲覧
  241. ^ a b “TPP決断「評価する」51%…読売世論調査”. 読売新聞. (2011年11月15日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111114-OYT1T00916.htm 2012年1月5日閲覧. "首相が自らの政策や考えを国民に十分に説明していないと思う人は86%に達した。首相はTPP交渉など主要政策について、より丁寧な説明が求められている。" 
  242. ^ a b “TPP「賛成」46%「反対」28% 朝日新聞世論調査”. 朝日新聞. (2011年11月14日). http://digital.asahi.com/articles/TKY201111130231.html 2012年1月5日閲覧. "ただし、TPPについて、野田内閣の国民への情報提供が「十分だ」という人は7%にとどまり、84%が「不十分だ」と答えた。TPPをめぐる米国などとの交渉における日本の交渉力への期待を聞くと、「期待できる」は「大いに」「ある程度」を合わせて25%にとどまった。「期待できない」は「あまり」「まったく」を合わせて73%に上った。" 
  243. ^ a b “テーマ「TPP問題」 「政府の説明不十分」94%”. 産経新聞. (2011年11月18日). オリジナル2011年11月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111119074335/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111118/fnc11111807230000-n1.htm 2012年1月5日閲覧. "「TPP問題」について、15日までに9125人(男性6527人、女性2598人)から回答がありました。(1)TPP交渉参加は日本に利益をもたらすか 13%←YES NO→87% (2)交渉参加をしても不利になった場合は離脱できると思うか 11%←YES NO→89%(3)政府の説明は十分か 6%←YES NO→94%" 
  244. ^ 朝日新聞デジタル:TPP参加表明「評価する」71% 朝日新聞世論調査 - 政治
  245. ^ 本社世論調査:TPP交渉63%支持 安倍内閣支持70%- 毎日jp(毎日新聞)
  246. ^ TPP「評価」60%、内閣支持72%…読売調査 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  247. ^ “「決断を」「断固反対」…TPP巡り両派が集会”. 読売新聞. (2011年10月26日). http://www.acs.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111026-OYT1T00493.htm 2012年2月5日閲覧。 
  248. ^ “「国民の声を聞け!」TPP交渉参加反対を訴える全国決起集会 東京・日比谷に3000人”. 農業協同組合新聞. (2011年10月28日). http://www.jacom.or.jp/news/2011/10/news111028-15276.php 2011年10月31日閲覧。 
  249. ^ 「TPPから日本の食と暮らし・いのちを守る国民集会」の開催!! (PDF)”. 全国農業協同組合中央会 (2011年11月4日). 2012年2月11日閲覧。
  250. ^ “TPP反対で6000人集会=農林漁業者ら-東京”. 時事通信社. (2011年11月8日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011110800742 
  251. ^ 毎日新聞2011年10月29日地方版、“JA県青年大会:TPP交渉参加に反対 特別決議を採択 /佐賀”. 毎日新聞. (2011年10月29日). http://mainichi.jp/area/saga/news/20111029ddlk41020459000c.html 2011年10月31日閲覧。 [リンク切れ]
  252. ^ 毎日新聞2011年10月30日地方版、“TPP:交渉参加反対で一色 知事や国会議員も参加、総決起集会に1500人 /熊本”. 毎日新聞. (2011年10月30日). http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20111030ddlk43020292000c.html 2011年10月31日閲覧。 [リンク切れ]
  253. ^ “TPP参加阻止3000人集会”. 読売新聞. (2011年11月7日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20111107-OYT8T01285.htm [リンク切れ]
  254. ^ “TPP反対「村挙げて」デモ 中川村長先頭に380人”. 朝日新聞. (2011年2月21日). http://mytown.asahi.com/areanews/nagano/TKY201102200446.html 2011年10月31日閲覧。 
  255. ^ 【東京都千代田区】 11/4(金) TPP絶対阻止!国会大包囲!国民行動”. 頑張れ日本!全国行動委員会 (2011年10月24日). 2011年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月31日閲覧。
  256. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am TPPに関する意見取りまとめ 平成24年7月19日現在 内閣官房作成(PDF) 2013年3月閲覧
  257. ^ a b TPP交渉参加へ 関西経済界は歓迎 2013/2/26 6:00日本経済新聞電子版 2013年3月閲覧
  258. ^ 2011.11.11 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉への参加表明に対する会長コメント中部経済連合会公式サイト 2013年3月閲覧
  259. ^ TPP交渉の参加に向けて 平成25年2月26日新経済連盟公式サイト
  260. ^ TPP交渉参加方針歓迎-釜造工会会長 掲載日 2011年11月16日日刊工業新聞 2013年3月閲覧
  261. ^ 政府のTPP交渉参加表明について日本建設業連合会2013年3月閲覧
  262. ^ a b c d e TPP交渉への早期参加を求める国民会議 メンバーリスト (2012年10月12日現在)。TPP交渉への早期参加を求める国民会議公式サイト 2013年3月閲覧
  263. ^ 大阪維新の会 TPPの参加を公約 2012年2月12日(日)しんぶん赤旗 同日閲覧
  264. ^ 幸福実現党がTPP交渉参加に関する声明を発表 2011.11.12ザ・リバティ web 2013年3月閲覧
  265. ^ 日本青年社の目的とその活動を語る座談会(2) 農業問題とTPP (2012年度開催)TPP参加に賛成の日本青年社は現在の日本の農業の実態とTPPについてどのように考えていますか。」日本青年社公式サイト 2013年3月閲覧
  266. ^ TPP 交渉参加決断は許されない 2013 年2月23日2013年3月閲覧
  267. ^ 2月の安倍首相訪米の“お土産”化への阻止激化――TPP交渉参加で参院選惨敗か 2013年 2 月6 日週刊金曜日ニュース 2013年3月閲覧
  268. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p STOP TPP!! 市民アクション 賛同団体募集 【実行委員会団体】(五十音順、11月30日現在39団体)STOP TPP!! 市民アクション公式サイト 2013年3月閲覧
  269. ^ TPP参加問題 断固阻止し健全な内需拡大を 全国商工新聞(2011年10月17日付)2013年3月閲覧
  270. ^ 北海道知事ら、27日にTPP交渉参加反対要請 政府・自民に 2013/2/26 21:03日本経済新聞電子版 2013年3月閲覧。
  271. ^ 平成23年度 事業報告書社団法人 北海道商工会議所連合会 2013年3月閲覧。
  272. ^ 「北海道活性化のカギは国際化」 インタビュー掲載/2010年12月号財界さっぽろ 2013年3月閲覧
  273. ^ 秋田県民フォーラム 許すな壊国TPP 守ろう地域経済JA秋田中央会公式サイト(PDF) 2013年3月閲覧
  274. ^ 山形県民集会に3000人 2011年11月8日(火)しんぶん赤旗 2013年3月閲覧
  275. ^ TPPみやざき3面 2012年02月02日付け 宮崎日日新聞
  276. ^ むしろ旗「TPP反対」「断固阻止・国民的運動に」 2010年11月11日(木)「しんぶん赤旗」2013年3月閲覧
  277. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 第6回国民医療推進協議会総会 第1188号(平成23年3月5日)日医ニュース(日本医師会サイト)2013年3月閲覧
  278. ^ 全日本民医連は、日本政府のTPP参加に反対します 2010年12月21日2013年3月閲覧
  279. ^ 徳洲新聞2012年(平成24年)9/3 月曜日 NO.8412013年3月閲覧
  280. ^ TPP阻止 拡大行動 2013年2月28日(木)しんぶん赤旗 同日閲覧。
  281. ^ TPPはくらしと地域経済を破壊する 2011.7.25自 由法曹団公式サイト(PDF)
  282. ^ 阿部とも子News ともことかえる通信No.43
  283. ^ 週刊SPA! 12/01/24号 「TPP参加で、日本の製造業は中国市場という生命線を失う<全聚徳>」
  284. ^ TPP「見極め必要」 減税日本の河村氏 2012.11.12産経ニュース 同日閲覧。
  285. ^ TPPに断固反対 農業は生命産業 2011年11月15日新社会党公式サイト 2013年3月閲覧
  286. ^ 【毎週火曜日】STOP TPP!! 首相官邸前アクション反貧困ネットワーク公式サイト
  287. ^ 神社新報 23.11.7 TPP参加問題 「伝統損なふ虞」 神政連四役会2013年3月閲覧
  288. ^ 日本民主青年同盟第36回全国大会決議 (2012年11月25日採択)
  289. ^ 緑の党グリーンズジャパン公式サイト. “政策集”. 2012年8月28日閲覧。
  290. ^ 晋遊舎『iP』2013年3月号「日本海賊党公式コラム ただいま党員募集中!」
  291. ^ TPP・環太平洋経済連携協定は不可 世界経済共同体党公式サイト2013年3月閲覧
  292. ^ 一水会機関紙「レコンキスタ」第389号(平成23年10月1日発行)
  293. ^ 国民をグローバル金融資本に売り渡すTPPに加盟の要なし! 平成23年10月13日維新政党公式サイト 2013年3月閲覧
  294. ^ 活動報告 平成23年11月4日(金) 11.4 TPP絶対阻止!国会大包囲!国民行動 を国会周辺で実施頑張れ日本!!公式サイト 2013年3月閲覧
  295. ^ TPP、国益は戦って死守せよ 2011年11月12日 西村修平イズム 2013年3月閲覧
  296. ^ 「TPPで国を壊すな!」在特会が都心でデモ行進 11-11-13 01:50 配信やまと新聞 2013年3月閲覧
  297. ^ 日本農漁業を壊滅に追いこむTPP参加阻止! 2012年2月革マル派公式サイト 同月閲覧
  298. ^ 週刊「前進」(2510号1面1)(2011/10/31)
  299. ^ 週刊かけはし 2013年2月18日(第2260号)
  300. ^ 2011・11・9「プロレタリア」505号(統合149号)
  301. ^ 2014年9月20日中日新聞朝刊3面
  302. ^ 国際協力部による法整備支援活動
  303. ^ アジア太平洋地域における知的財産権協力について 特許庁
  304. ^ 金融資本市場及び金融産業の活性化等のためのアクションプラン 金融庁 2010年12月24日

書籍[編集]

  1. ^ a b c d e f g 浜田和幸 『恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く』 角川マーケティング、2011年4月。ISBN 978-4047318397
  2. ^ 渡邊頼純 『TPP参加という決断』 ウェッジ、2011年10月。ISBN 978-4863100855
  3. ^ a b c d 中野剛志 『TPP亡国論』 集英社新書、2011年3月。ISBN 978-4087205848
  4. ^ a b 小倉正行、合同出版編集部 『これでわかるTPP問題一問一答』 合同出版、2011年5月。ISBN 978-4772610292

関連項目[編集]